星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

エドはるみの現在とテレビを干された(消えた)理由や原因を考察

更新日:

親指を突きたて、『グ~』という独特のフレーズによるギャグが人気を博した、お笑い芸人のエドはるみさん。

2008年には、『グ~』が流行語大賞にも選ばれましたよね。

そんなエドはるみさんですが、最近テレビなどのメディア露出が少なく、現在何をしているのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

そんな時に舞い込んだ情報として、エドはるみさんは最近、あの名門・慶應義塾大学の大学院に合格した話があります。

また、エドはるみさんが小池百合子東京都知事主催の政治塾を受講したニュースも聞かれます。

そこで本記事では、エドはるみさんが慶應義塾大学大学院へ行った理由や、芸能界を干された(消えた)理由、現在の動向などをまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エドはるみの経歴とプロフィールをチェック!

エドはるみ

エドはるみ

それでは、まずはエドはるみさんのこれまでの経歴をプロフィールとともに振り返ってみましょう。

エドはるみさんは、1964年5月14日生まれの51歳

年齢が判明したのは、2013年に『中居正広の金曜日のスマたちへ』に出演した際のことです。

それまでエドはるみさんの年齢は、公式的には『不明』といった状態でした。

 

エドはるみさんは、明治大学文学部文学科・演劇学専攻を卒業。

その後は、最初は女優として、主に舞台での活動を続けていたようです。

ちなみに、女優として活動していたエドはるみさんの役者仲間には、あの出川哲郎さんがいたとのこと。

また、その一方で、コンピューターインストラクターと、マナー講師の仕事もしていたらしく、現在も講演会などを行っているそうですよ。

そして2008年には、『爆笑レッドカーペット』の1周年記念特番で優勝しました。

その後は『Tomorrow~陽はまたのぼる~』で、女優としてレギュラー出演をしたりしています。

さらには、『24時間テレビ』でマラソンランナーに選ばれるなど、瞬く間にブレイクし、エドはるみさんが一躍時の人となりました。

持ちネタの『グ~』が流行語大賞となった時は、多く人たちがエド・はるみさんの真似をしていたのは、今でも筆者の記憶に残っています。

ちなみに、現在もこの『グ~』のネタは、多くの芸人たちに使われ、たまにバラエティ番組でネタだけは見かけることもありますね。

 

さて、念願の芸能界でのブレイクを果たしたエドはるみさんは、2010年に一般男性との結婚もしました。

そして、さらにエドはるみさんの活躍の場が増えていく…と思われたのです。

しかし、とある新人マネージャーによって、エドはるみさんのその後の人生を大きく左右されてしまうことになります。

そのため、現在ではすっかり一発屋の女性芸人として、エドはるみさんがほとんど芸能界で姿を見かけなくなってしまいました。

ネタだけは今でも愛されているというのに、本当に一寸先は闇とは、よくいったものです。

おばちゃんキャラでありながら、多くの人に愛されていただけに、非常にもったいない気もします。

これも時代の流れということなのだと、ふと感じた次第ですね。

 

エドはるみが干された(消えた)?テレビ出演等が減った理由

エドはるみ

エドはるみ

2009年以降、エドはるみさんは、メディア露出が急激に減り、一部では

「島田紳助に干された」

との報道もありました。

芸能人のメディア露出が急に減ると、

  • 芸能界の大物の機嫌を損ねてしまった
  • 天狗になりすぎてテレビ局が使わなくなった

など、何かと黒い噂をされてしまいがちです。

たしかに大物芸能人の機嫌を損ねたり、一時ブレイクして天狗になり、干されてしまった人もいるにはいるようです。

ですが、エドはるみさんの場合は違っていました。

そもそも、教養に溢れ、マナーにも詳しいエドはるみさんが、そのような事を招くとはとても思えませんよね。

では、エドはるみさんが干された(消えた)のはどのような理由だったのか?

 

それは、先程もすこし触れたとおり、エドはるみさん自身ではなく、

ある新人マネージャーが担当になった

ことが、彼女の人生を大きく狂わせたのです。

それも、単純にネットの噂話ではなく、エドはるみさん自身が、ブログで語っていることなので、間違いない話と言えるでしょう。

 

では、具体的にエドはるみさんに何が起こっていたのか、そのブログに綴られた全貌を、明らかにしていきたいと思います。

まず、メディア露出が減った理由について、エドはるみさんは自身のブログで、こう語っています。

その大きな理由は、

『吉田(仮名)』なる新人マネージャーのせいだった

と証言しています。

実は、この吉田というマネージャーの行動は、あまりにもマネージャーとしての責任感に欠けている人物だったようです。

マネージャーであるにも関わらず連絡がつかなかったり、オファーを勝手に断る

さらには収録の連絡すらせず、エドはるみさんが番組スタッフと会った際に、初めて収録の存在を知る

などなど…。

本当にマネージャーとして、あるまじき行動を取り続け、エドはるみさんがいつの間にか信頼を失っていた話もあるような、とんでもない人だったそうです。

まぁ、マネージャーが酷いだけなら、事務所に代わりのマネージャーを立ててもらえば済むだけの話です。

ちゃんと説明さえすれば、仕事上の関係者も理解してくれることと思いますが、エドはるみさんはそれができていなかった…。

もちろん、マネージャーに対する指導もしていたと思いますが、彼は全く聞く耳持たずという状況だったらしいですよ。

結局、その事を事務所や他の先輩芸人に相談できなかったのか、最後まで環境を変えることができず、エドはるみさんはマネージャーに振り回されてしまったようです。

彼女自身、マナー講師をしていた経験もあるくらい、マナーに厳しい人でもあります。

友人関係を見ても、同じくマナーに厳しいタレント・木村祐一さんなどがいるというのに、なぜ彼に相談しなかったのか…。

木村祐一さんは、かなり友人関係が広く、大御所として人気のダウンタウン、明石家さんまさんなどとも、交流を持っているわけです。

そんなわけで、相談していればなんとかなったように思えてならないのです。

松本人志さん、明石家さんまさんなどの大御所が束になって訴えていけば、

いかに芸人に冷たいと噂されている事務所

も改善に務めていくことでしょう。

 

以下は、あくまで筆者の憶測にしか過ぎません。

やはり、エドはるみさんが、一人でこの問題を抱え込んでしまっていたことが問題だと思います。

事実、ブログで事の真相を発表するまで、エドはるみさんは誰にも話せなかったと語っています。

ただ、これはエドはるみさん本人だけが語っていることです。

単純にエドはるみさんの一方的な話という可能性も考えれば、どこまでが事実なのかは、筆者が知るよしもありません。

でも、本人の発言だからこそ信じたいところではあります。

 

まぁこの話は、どうみてもこの吉田というマネージャーの行動は目に余るものがあります。

とてもエドはるみさんが仕事に専念できる環境を、彼が整備(管理)しているとは思えないのです。

結果、エド・はるみさんは『天狗になっている』と誤解を受け、信用を失い、芸能界から干される(消える)ことになったわけですから、本当に最低なマネージャーですよね。

それは、事務所側の汚点でもあり、やはりエドはるみさん自身が、先輩芸人に相談するなり、事務所に相談するなりしなければならなかった…。

 

もちろん、それは非常に難しいことでもあります。

一つ発言したことが、クレームと受け取られ、エドはるみさん自身がクレーマーとみなされ事務所から干されてしまうことだってあるでしょう。

それにできれば身内だけで解決したいと思うのは心情です。

ただ、人間一人ではどうすることもできないことが多々あります。

とくに組織の中にいると、その事を嫌というほど痛感させられてしまうのも事実です。

単純に人とのめぐり合わせがよく、成功している人もいれば、めぐり合わせが悪く、最悪の人生を辿ってしまう人も少なくないでしょう。

今回、エドはるみさん自身の努力ではどうにもならない問題に直面し、結果、彼女が芸能界から干されて(消えて)しまうこととなってしまったわけです。

決してエドはるみさんに相談できる人脈がなかったわけではないだけに、いろんな意味でもったいないと思う次第ですね。

追記

ブログでの発表後、エドはるみさんは『ナイナイアンサー』に出演し、芸能界から干された(消えた)別の理由も語っていたそうです。

何でも、飛行機での移動中、空調がきつすぎて、あまりにも寒かったので、CAさんに

「あまりにも寒いので、席を変えてもらうことはできませんか?」

と訪ねたところ、『座席が埋まっている』と断られてしまったそうです。

しかし、辺りを見渡すと、空席が目立っていたので、

「ここ空いてますが…」

と、そのCAさんに再度語りかけると、

「は?」

と逆ギレされてしまったらしく、その事がきっかけで、ネット上で誹謗中傷されたために、芸能界から干された(消えた)と証言したそうです。

つまり、マネージャーだけでなく、ネットでの誹謗中傷も原因だったというわけです。

まぁいずれにしても、いろんなところでトラブルに巻き込まれ、芸能界から干されて(消えて)しまったのが事の真相なのでしょう。

いろんな意味で、悲しい話ですね…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エドはるみが慶應義塾大学大学院に行く理由

慶應義塾

それでは、芸能界から姿を消した(干された)エドはるみさんの現在は、一体何をしているのでしょうか?

 

どうやら、現在でもお笑い芸人として、地方での営業や、またマナー講師などをしているようです。

その講演会の一部を、吉本興業グループが開設しているYoutubeのチャンネル『吉本興業チャンネル』でも見ることができます。

さらに先日、エドはるみさん自身がブログで、

2016年春から慶應義塾大学大学院の修士課程に合格し、システムデザイン・マネジメント研究科に通う

ことを発表しました。

システムデザイン・マネジメント研究科のHPによれば、ここで言うシステムというのは、

複数の構成要素が相互作用する集合体で、ITなどの限定的な意味のみならず

情報、通信、メディア、ハードウエア、サービスから、人間、組織、社会、地球環境までのあらゆるシステムを包含する

とのことです。

エドはるみさんは、この学科で、

「笑顔で学ぶ人財育成プログラム作りの研究をして行きたいと思っています」

と語っていました。

エドはるみさんは、人と人が接する際の『こころ』が、商品において重要と考えているらしいのです。

最近では、その接しあう『こころ』が抜け落ちていることに、危機感を覚えていたというエド・はるみさん。

現代社会で欠けつつある『こころ』と『笑顔』が、社会へ広がるような研究をしたいみたいですね。

それがエドはるみさんが慶應義塾大学大学院に行く理由なのでしょう。

 

自らの目標のために、50歳を過ぎても、なお挑戦を続けるエド・はるみさんの姿勢は、人間の限界を感じさせない、素晴らしいものだと思います。

エド・はるみさんが、学んだ理念がお笑いでの巡業や、講演会などで多くの人に伝わることで、世の中も笑顔で溢れてほしいですよね。

このテーマでの研究は、誹謗中傷などに苦労しながらも、それと向き合ってきたエドはるみさんだからこそ挑戦したいことなのでしょう。

追記

エドはるみさんが、小池百合子東京都知事の主催する政治塾を受講したニュースが流れました。

正直、「なぜエドはるみが政治塾に?」という思いはあり、『ゆくゆくは政治家にでもなろうと考えているのだろうか?』と、ふと考えさせられます。

結婚、政治塾へ受講、マナー講師、タレント活動などなど…。

いろんなことに果敢にチャレンジしていくエドはるみさんの姿には、

「歳を取ったから、もう諦めるべき…」

と考えるのは時期尚早で、

人はいつからでもチャレンジできる

ということを、改めて教えられたような気がした次第です。

 

まとめ

エドはるみさんが、2016年春から慶應義塾大学大学院へ進学しました。

その一方では、小池百合子東京都知事主催の政治塾も受講し、ネット上でも話題となっています。

いろんなトラブルに見舞われ、一時は芸能界から干された(消えた)エド・はるみさんです。

芸能界と異なるところで、エドはるみさん自身、第二の人生を歩んでいるみたいですね。

ただ、エドはるみさんは、完全に芸能界を撤退したわけではなく、彼女が所属する『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』も、

「今後は芸能活動と並行して、大学院での研究に取り組むことになります」

としていますね。

地方での営業もあり、スケジュール調整は大変だと思いますが、ぜひ頑張ってほしいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.