星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

媚空(映画)のストーリー結末ネタバレ!秋元才加の演技力は?

更新日:

AKB48卒業以来、女優・タレントとして幅広く活躍している秋元才加さん。

その彼女が、出演していたテレビドラマシリーズが『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』です。

秋元才加さんが、この『牙狼』で演じた魔戒法師・媚空が主人公となる、スピンオフ映画『媚空』が2015年11月14日に公開されました。

もちろん主演を務めるのは、テレビドラマシリーズに引き続き、秋元才加さんです。

彼女を含めたキャストや、ストーリー、そして、秋元才加さんの演技力など、気になる要素はたくさんあります。

そこで本記事では、映画『媚空』のストーリー結末ネタバレやキャスト、また、秋元才加さんの演技力に関してまとめていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

牙狼シリーズ・スピンオフ映画『媚空』のストーリー

秋元才加

秋元才加

元々は特撮ドラマの一つとして放送スタートした牙狼シリーズ。

テレビ東京系で深夜放送されたのをきっかけに、ドラマシリーズだけでなく、アニメ化や、パチンコの機種にもなりました。

単純に牙狼のことを知らない人も名前くらいは聞いたことがあるほどに有名な作品として定着しているそうです。

その牙狼シリーズの中で放送された『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』に、魔戒法師『媚空』役として出演していたのが、秋元才加さん。

秋元才加さんは、AKB48の二期生としてアイドル活動していた元メンバーでもあります。

当時から大島優子さんや宮澤佐江さんたちと共に、

アクロバティックな個性を持つチームKに所属していた

ことは有名な話。

そんな秋元才加さんも、2013年8月にAKB48を卒業し、現在は、女優・タレントとして活躍しています。

肉体的な潜在能力が最大限に活かされる特撮ドラマのキャストとして、秋元才加さんが起用された牙狼シリーズ。

そのスピンオフ映画『媚空』で、

秋元才加さんが主演を演じる

ことになりました。

 

映画『媚空』は、2015年11月14日公開しています。

『媚空』観覧後の評判では、『結構面白かった』声も聞かれています。

まぁ、純粋なラブロマンスよりも、アクションムービーのほうが、秋元才加さんに向いています。

一部のファンは、秋元才加さんのことをアスリートのように見ている人もいますから、アクション度の高い映画として見どころも多いでしょう。

 

秋元才加さん演じる『媚空』は、闇に堕ちてしまった魔戒騎士や、魔戒法師を葬るキャラクターです。

媚空は誰とも馴染むことなく、孤独の中で生き、闇と戦う人物。

そんな媚空という魔戒法師が、闇との戦いを通じ、どのような世界観を描いていくのか。

さて、肝心の映画『媚空』のストーリーあらすじを、ここで紹介していきます。

 

自身の力に奢り、道を踏み外してきた魔戒騎士や魔戒法師の心を探り、彼らを闇に葬る日々を過ごす、闇の魔戒法師の媚空(役:秋元才加)。

彼女は、周囲からも忌み嫌われ孤独を抱える『闇の狩師』。

ある日、一人の法師がショッピングモールで暴れていた…。

その法師の名はウサミ法師(役:中村尚輝)。

どうやら、ある事情を抱え、闇落ちしてしまったらしいのですが、その事を確認するように元老院から指令が入り、行動に移す媚空。

しかしなぜか、この司令を届けにやってきた元老院付きの若い魔戒法師・代知(役:須賀健太)が勝手に後をついてくるのです。

代知は、媚空が3年前に闇に葬ったムツキ法師(カエンの術を奪うために、仲間の魔戒法師の命を奪い闇に落ちている)の息子だったのです。

そのため、媚空を恨み復讐のチャンスを伺っているのかというと、実はその逆…。

母・ムツキ(役:屋敷紘子)を闇に葬った媚空の姿に憧れを持っていたのです。

そのため、媚空を慕い、どこまでも後を追っかけてくる代知を邪険にできず、結局二人でウサミ法師を追いかけることになります。

そんな中、媚空はウサミを発見すると、さっそく目を合わせた相手の心の中に入る『入心の術』を使い、ウサミの心の中を読もうとします。

しかし既に、ウサミの心の中は、完全に枯れ果てて崩壊寸前…。

しかも、媚空がウサミの心の中から出ると、ウサミの肉体は灰化し崩れ去ってしまうのです。

一体どういうことかと、媚空は師である白海法師(ミッキーカーチス)を訪ねようとしますが…。

 

以上が、映画『媚空』の簡単なストーリーあらすじです。

媚空には仲間がおらず、誰のことも信用していない性格なため、唯一相談できるのは、自身の師匠だけという状態です。

想定外の精神世界を目の前にした媚空は、師匠である白海法師から、どんな助言を受けて、どのように行動を取っていくのでしょうか。

普段の牙狼シリーズの中では、媚空は脇役の一人でしかなく、あまり心情などわからない部分も多いところ。

スピンオフ映画『媚空』だからこそわかる、媚空自身の心情もたくさん描かれていると思います。

それだけに、とくに牙狼シリーズのファンは、いろんな意味で気になっているはず…。

そして、ヒロインを演じる秋元才加さんが、独特でダークな世界観を持つ媚空をどのように演じてくれるのか…。

その全貌が気になる人は、一度、この映画『媚空』を観てくださいね。

追記

さて、ここからは、映画『媚空』のストーリー結末ネタバレに触れていきたいと思います。

(ストーリー結末のネタバレを観たくないという人は、この部分を飛ばして読んでください)

では、さっそくストーリー結末をネタバレしていきましょう。

 

先程も話したように、媚空と代知は、闇落ちしてしまったムツキを追いかけ『入心の術』を使い、ムツキの心の中に潜入していきます。

しかし、その心は既に崩壊状態で、肉体も灰化してしまいました。

その事態に戸惑い、師である白海法師に相談に赴く媚空たち。

しかし、白海もある事情を抱えて軟禁状態にあり、簡単に媚空が会うことはできませんでした。

そこで媚空は、白海法師のお世話役兼監視役の女法師・紗夜(役:朝倉えりかさん)に打診し、なんとか白海に会わせてもらうことに…。

そして、白海法師から、入心の術を編み出した絶心法師の話を聞かされます。

絶心法師は、この入心の術によって闇に触れすぎてしまい、狂喜した挙げ句、大事な妻子の命を奪ったため、闇に堕ちてしまったというのです。

本来ならば、闇に堕ちた絶心法師を闇に葬り去らなければいけなかった白海法師です。

しかし、この事実を知り、あまりにも不憫に思い、絶心法師をある場所に隔離して生かしていたのです。

そのことが元老院の意に背いたことで軟禁状態にあるわけ。

その一部始終を聞かされた媚空は、白海の心のなかに入り、封印の術を授かるために白海と対決することに…。

見事勝利して、封印の術を授かった媚空は、代知と共に絶心法師の所に向かいますが、既に絶心法師は息絶えていました。

門番に話を聞くと、

3日前に絶心の娘と名乗る女が、男を引き連れて面会に来ていた

らしいのです。

そして肝心のことを聞く前に、その門番までも命を奪われてしまうのです。

危険を感じた媚空は、これ以上ついてくるなと代知に告げ、別行動を取ります。

一方、途方に暮れていた代知は、白海法師の指示に従い、紗夜の手伝いをすることになるのです。

実は紗夜は黒幕に関わる重要な人物であり、代知は紗夜に拘束されてしまいます。

そんなこととは知らずに、媚空は絶心法師が唯一命を奪っていなかった娘・アズサに会いに行くのですが、そこである事実を知ることになります。

実は、アズサ以外にももう一人娘が生きていて、それが紗夜だったというのです。

しかも、黒幕は代知の身体を乗っ取ろうとしていたことを知り、慌てて駆けつけようとする媚空。

しかし、時既に遅し。

代知の身体は既に乗っ取られたあとだったのです。

この黒幕は、他ならぬ絶心法師。

現在は、紗夜が代知を拘束したクラブのオーナー・タキイという人物の肉体を乗っ取っています。

なお、

ウサミが灰化してしまったのも絶心の仕業

で、媚空と対峙している最中に、タキイの肉体に移転し、そのことでウサミは灰化してしまい、命を落としたのが真相でした。

ちなみになぜこのように、次々と相手の肉体を乗っ取っていたのかというと、絶心法師自身、

相手の身体を乗っ取ることはできても、適合できない場合、肉体が崩れてしまう

ため、自身に適合する身体を求め、次から次へと他者の身体を乗っ取っていたのです。

一方、紗夜は、完全適合する身体を手に入れて、絶心法師の子供を産むことを目的に活動していたのです。

そんな紗夜を媚空は撃破。

絶心との最終対決のために、『入心の術』で代知の精神世界に入っていきます。

代知の精神世界は、広大なる草原が一面に広がる世界でした。

その中で、唯一景色にふさわしくない扉を発見した媚空は、その中へと入っていきます。

その扉の奥には、絶心法師と彼に捉えられた代知がいました。

遂に最終局面を迎えた媚空ですが、絶心法師は手練で苦戦を強いられてしまいます。

そんな時に、媚空がかつて身分を明かさずに代知に渡していた魔導筆が、代知によって絶心に投げつけられます。

それをきっかけに、なんとか撃破し、代知を救うことに…。

ここで、『媚空』のストーリーはハッピーエンドを迎えるかのように思えたのですが、実はさらに黒幕がいました。

なんと白海法師が本当の黒幕!

自分を軟禁した元老院に復讐を遂げるために、絶心法師や紗夜を使い、裏で糸をひいていたのです。

自分が行動を起こすと闇に堕ちてしまいますが、あくまで行動を起こしたのは他の人物です。

白海自身は白い心を持ったままで、元老院に復讐を遂げようとしていたのです。

最終的に、媚空は白海法師の白い心を砕き、この一連の事件にケリをつけます。

代知は絶心から救ってくれたことや、

彼の母・ムツキのことを信じてやればいい

と、彼女が闇に堕ちてしまったことへの慰めの言葉をかけてもらい、改めて媚空に一礼するのでした。

 

以上が、映画『媚空』のストーリー結末ネタバレとなっています。

もちろん、まだまだ細かい部分もありますが、そこはぜひ、みなさんそれぞれがDVDなどで『媚空』を観て、確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

媚空の映画キャストも個性が強くユニーク…

映画『媚空』のヒロインに起用されたのは、『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』の中でも『媚空』役を演じている秋元才加さん。

その他のキャストもかなり個性の強いユニークなキャストとなっています。

媚空

媚空に魔戒法師のウサミが闇に落たかどうかを確認するように、元老院の司令を届ける法師代知を、子役の頃から俳優として活躍している

須賀健太さん

が演じます。

その他、媚空たちの身の回りの世話をしながら監視している紗夜役には、

朝倉えりかさん

媚空が唯一相談できる師匠:白海法師役に、

ミッキー・カーチスさん

媚空と代知がたどり着いていく謎の女性アズサ役に、

伊藤かずえさん

がそれぞれ演じます。

媚空

そして、最後に、入心の術を編み出した『絶心』役に、佐野史郎さんが起用され、かなりの曲者揃いとなっています。

はたして秋元才加さんを軸に、どのような演技を見せてくれるのか、彼らキャスト陣にも非常に期待できますね。

 

媚空の秋元才加は引き込まれる演技力の持ち主!

AKB48メンバーだった女優・タレントといえば、真っ先に連想されるのが、

前田敦子さんや大島優子さん、その他に篠田麻里子さんあたり

が、主なところだと思います。

やはり彼女らは、テレビや映画での活躍が目立っているために、女優としての存在感・印象が非常に強いのでしょう。

そんな彼女たちと比較すると、秋元才加さんはテレビや映画での露出は少ないです。

一部のファンは、

「(秋元才加さんが)本当に女優として活躍しているのか?」

と、首を傾げてしまっている人もいるそうです。

しかし、秋元才加さんは、舞台で本格的に女優として活躍しているのです。

彼女が出演している舞台・ミュージカルを見ている観客や周囲の役者・演出の人は、

秋元才加さんの高身長を活かした存在感・格好良さを見せられ、それでいて声が綺麗に通り、存在感が半端ない

と彼女の演技力を絶賛しているようです。

AKB48卒業間近では、選抜からも外れることが多かった秋元才加さん。

チームKをずっと牽引し続けながら、がむしゃらに熱く活動してきたアイドル時代が、女優の基盤として大きく役立っているように思います。

 

これは、かつてある番組で、元メンバーである大島優子さんが話していたことです。

秋元才加さんは、

「がむしゃらさとか、熱さをAKB48に与えてくれた人物」

だったそうです。

そして、現在のチームKが、AKB48の中でアクロバティックな個性を見せられているのは、

秋元才加さんがチームKの先陣を走り、背中で他のメンバー達を牽引してくれた

ことが大きかったのだとか…。

とくにミュージカルといえば、常に動きが求められる印象が多く、テレビドラマを『静』とするなら、舞台・ミュージカルは『動』の芝居です。

秋元才加さんは、根っからの舞台役者の素質を持つ女優なんだと思います。

今だからこそ思うことですが、正直、AKB48時代の秋元才加さんは、どこか浮いた存在のような気もしていました。

それは、彼女の個性であり、どんな境遇に置かれても決して弱音を吐かずに、前を向いて今できることをがむしゃらにやってのける…。

そんな秋元才加さんだからこそ、全てが現在の女優という仕事に繋がり、誰もが絶賛するような

アクロバティックで、魅了されてしまう演技力を持つ女優

と評価されていると思います。

まだまだ、舞台・ミュージカルが中心で、連ドラとしては『別れたら好きな人』が、久しぶりの出演です。

女優としての場数が少ないのは明白。

今後、この映画『媚空』をきっかけに、テレビドラマや映画でも出演数を増やして欲しいものです。

舞台・ミュージカルとは異なるジャンルもどんどん積極的に挑戦し、幅広く活躍する女優として、大きく飛躍していってもらいたいですね。

追記

元AKB48メンバーの秋元才加さんが主演する映画『媚空』が公開され、多くの人達が、

「格好いい」

「秋元才加だからこそ魅せられる世界観で、惹きこまれるものを感じる」

と大絶賛!

中には、本家・牙狼を超える大作と『媚空』を絶賛している声もありました。

やはり秋元才加さんのアクロバティックな演技力は、賞賛に値するだけの価値があることなのでしょう。

なお、その演技力が認められ、秋元才加さんが『媚空』公開後も、ドラマ・舞台などで活躍しています。

現在は、どちらかと言うと、『動』と言うべきアクション性の高い作品に出ることが多い印象の秋元才加さんです。

今後、ラブロマンスものにも出演し、ひと味もふた味も異なる、秋元才加さんの魅力を押し出し、多くのファンを惹きつけて欲しいですね。

 

まとめ

元AKB48メンバーの秋元才加さんが主演する映画『媚空』は、

アクロバティックな彼女の魅力を全面に引き出す作品

として、多くのファンから大絶賛されています。

秋元才加さんの演技力については、舞台で共演していた俳優:小日向文世さんも話していたことで、まだ経験は少ないものの、経験とともに確実に演技力が向上しています。

映画『媚空』の内容としても、終始クールでありながらも、時に温かみのあるストーリー内容です。

結末で描かれている代知が媚空に一礼したシーンが、全てを物語っているように思います。

ぜひ、みなさんも本記事で伝えきれなかった細かいところも含めて、映画『媚空』を見てみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.