星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

下町ロケットの吉川晃司の演技力は大根?ネットの評判と感想!

更新日

下町のとある中小企業が、

『純国産ロケットの打ち上げ』

という大きな夢に乗り、大企業:帝国重工の厳しい試験をパスしながら、ロケットのコアパーツとなるバルブシステムの部品供給を実現します。

そのロケットを飛ばすまでの壮大なストーリーを描いた、ドラマ『下町ロケット(ロケット開発編)』。

このロケット開発編は、第5話で完結し、続けて、ガウディ計画編という、医療機器開発に取り組む物語へと続いていきます。

そのドラマの中で、この帝国重工の宇宙航空部部長・財前道夫という重要な役を演じたのが、ロック歌手の吉川晃司さん。

しかし、彼の演技力に、ネットユーザーは賛否両論…。

そこで本記事では、吉川晃司さんの演技力、評価・感想をまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『下町ロケット』で財前道夫を演じた吉川晃司!

吉川晃司

ドラマ『下町ロケット』は、第5話で

平均視聴率20%を超える(顕密には20.2%)

大ヒットドラマとして、多くのファンから高い支持を受け続けています。

その魅力の一つとも言えるのが、夢に情熱を傾け、走り続けている無骨ながら熱血漢達の姿が、リアルに見られるところにあると思います。

それぞれのキャラクターは個性的であり、それぞれが大きく異なります。

主人公は、不器用ながら熱い情熱家タイプの阿部寛さん演じる佃航平。

経理部長:殿村直弘は、立川談春さんが演じます。

彼は元銀行マンで佃製作所をとことん愛し、経理として厳しい意見を言いながら、時に佃製作所を守るために熱く想いをぶつけています。

安田顕さんが演じるのは、佃製作所の技術開発部長として、たとえ200億積まれても、バルブシステムの特許を売ることには見向きもせず、

そのシステムが搭載された調圧バルブを部品供給すること

に、こだわり続けた山崎光彦。

その他にもまだまだ熱い男たちがいて、本当に不格好で暑苦しい印象も伺えますし、本当に

「良いおっさんたちが、何やっているんだ!!

と言いたくなる部分もあります。

しかし、それこそが『下町ロケット』最大の魅力なのです。

不器用で不格好だけど、リアルに夢を追いかけ続ける男たちの熱い情熱が、視聴者の心に届き、大ヒットドラマとして描かれています。

その熱い情熱は、佃製作所を中心ですが、決して佃だけではありません。

帝国重工・宇宙航空部長の財前道夫

という人物も、彼らに負けないほどの内に秘めた情熱を持った男でした。

そして、その熱い男を吉川晃司さんが見事に演じてくれています。

確かに吉川晃司さんの演技力は、阿部寛さん同様、かなり不格好でスマートではありません。

もし仮に当時、山下智久さんが出演していた月9ドラマ『5時→9時まで(5時から9時まで)』に出演し、山下智久さん演じる僧侶:星川高嶺を演じていたら、

あまりの大根ぶりに、とんでもないことになっていた

でしょう。

役者の中には、藤原竜也さんのように、なんでも起用にそつなく役を柔軟にそれなりに演じているタイプの役者もいます。

また、阿部寛さん・吉川晃司さんのように、一つのタイプの役に特化した俳優もいます。

吉川晃司さんには、スマートな役は似合いません。

しかし、財前道夫のような、無骨ながら情熱を持ち、さらに威厳と言うか、オーラをもっているタイプの役にはぴったり当てはまります。

『下町ロケット』第5話で、杉良太郎さん演じる帝国重工社長の藤間秀樹を説得するシーンは、大物同士の熱い火花が飛び交います。

実に白熱した最高の演技を見せてくれたと感動したくらいです。

藤間秀樹同様、

スターダスト計画を成功させ、自国だけの部品によって、ロケットを飛ばすこと

に熱い情熱を持った財前道夫を吉川晃司さんは、見事に演じきりました。

また今回のドラマ『下町ロケット』で、不格好ながら熱い男を演じたキャストたちに入り込み、水を得た魚のように活き活きと演じていた…。

吉川晃司さんの演技を見てそう感じた次第です。

 

吉川晃司の演技力に舞台演出家までも大根と…

『財前道夫』役を演じた吉川晃司さんに対する筆者なりの感想は、先程お話したとおりです。

ただし、視聴者全体の意見としては、吉川晃司さんの演技力について、完全に賛否がわかれているようです。

中には吉川晃司さんの演技力は、財前道夫だから成立しているだけで、

「はっきり言って大根以下だ!」

と切り捨てる舞台演出家もいます。

まぁドラマと舞台・ミュージカルは、質そのものが違います。

舞台演出家が切り捨てる領分など、どこにもないと思うのですが、まぁそれも人の感想なのでしょう。

あくまで個人的な意見を言わせてもらえば、先ほどお話したとおり、俳優にはいろんなタイプの役者がいます。

大きく分けて、柔軟性のある起用な俳優と、一つのタイプに特化した存在感の強い俳優の二通りです。

その素材となるキャストを上手く組み合わせ、脚本を描き、演出していくのが演出家の仕事だと思います。

時には、舞台演出家が思い通りに演じきれないキャストたちを、大根呼ばわりして、罵倒しているシーンを見かけます。

それは演出家の能力がないだけの話にも映ります。

本当の演出家は、最高の舞台なりドラマなりを作り上げていくために、キャスト選びから、脚本・演出などを綿密に組み立てます。

そして、その事をキャストや制作スタッフに、具体的にわかりやすく伝えることのできる、監督の仕事のできる人を演出家というべきでしょう。

吉川晃司さんの演技を大根と吐き捨てた舞台演出家は、そういう考えが全くない演出家なのだと思えます。

そもそも、藤原竜也さんのような起用に何でもこなすタイプの役者が、財前道夫のような男を演じて、吉川晃司さん以上に感動を生むのでしょうか?

おそらく、ただ演技が上手いなぁで終わっていたでしょうし、視聴率も20%以上取ることは、きっとなかったように思います。

別に藤原竜也さんの演技力が低いと言っているのではありません。

彼の演技は綺麗すぎて、財前道夫のような不格好で愚直な人間の役には向いていないと言っているのです。

吉川晃司さんの演技力は、かなり低いのかもしれません。

正直、筆者も、セリフが棒読みではないか?と思うこともしばしばありました。

しかし、吉川晃司さんがそういう役者だからこそ、『下町ロケット』に欠かせないキャラクター『財前道夫』という役を演じることができたのです。

同じく愚直なキャラクターとして阿部寛さんが演じた佃航平と、対等に渡り合っていったのです。

大根 = 芝居が下手

というのではなく、

大根という部分をうまく活かしながら、吉川晃司さんのように堂々と演じきり

それでいて大物感漂うオーラを存分に見せられれば、それは一つの個性となりえるのではないでしょうか。

それが、その作品にビタっと当てはまった時には、多くの視聴者から絶賛されるのだと思います。

吉川晃司さんの演技力だけに留まらず、阿部寛さんを含めたあらゆるキャストの演技力に、賛否はわかれています。

そんな中、『下町ロケット』第5話で平均視聴率20%以上取っている結果を見れば、全てをひっくるめて

多大な評価を受けている

ことは十分に伺えます。

吉川晃司さんとは、別の意味で大根と批判されたEXILE・AKIRAさん出演のドラマ『HEAT』は、視聴率4.12%と惨敗していましたよね。

同じ棒読みと評される役者でも、ここまでの差が出るのは、単純に『下町ロケット』が素晴らしいドラマであることだけではありません。

吉川晃司さんの役者としての存在感・オーラが多くの視聴者に受け入れられている証なのです。

追記

吉川晃司さんのことを『大根役者』と酷評する演出家がいるその一方で、『シャタラー』、『漂流街』、『天国から来た男たち』と、

3本の映画作品で吉川晃司さんを起用し続けてきた三池崇史監督

のように、吉川晃司さんのことを高く評価している監督もいます。

ちなみに、三池崇史監督が吉川晃司さんに対してどのような評価をしていたかというと、

「他の俳優にない異質な存在感を持っている俳優」

と彼のことを賞賛し、

「特別な役にもってこいな人」

として三池作品3作に、彼を起用したそうです。

まさに、小手先の演技力云々ではなく、

持って生まれた存在感が吉川晃司さんの最大の魅力

であり、吉川晃司さんが俳優として大成した大きな要因なのかもしれませんね。

ちなみに吉川晃司さんが、俳優として一般的に脚光を浴びるようになった作品は、2009年の大河ドラマ『天地人』だったようです。

このドラマでは織田信長を演じた吉川晃司さんでしたが、その際にも存在感が大きく、信長役にピッタリという声も耳にします。

まぁ、これは誰にでも言えることですが、酷評する人がいれば、その裏では、ちゃんと評価して認めてくれている人もいたりします。

そのことが、改めてわかったような気がした次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

視聴者の吉川晃司の演技力に対する意見も賛否両論

とある舞台演出家が、吉川晃司さんの『下町ロケット』での演技力に大根以下と吐き捨てました。

一般視聴者の意見も、厳しい意見から逆に賞賛する意見まで賛否両論となっているようです。

一般視聴者達は、『下町ロケット』という作品に対して、純粋にイメージを膨らませ、作品を観て楽しむだけです。

そのため、意見がわかれるのは当然のことだと思います。

料理で例えるなら、演出家はどんなに悪い素材と見えても、その個性を活かし調理して、おいしく提供していく側の立場にあります。

視聴者は、演出家やキャストによって、制作された美味しい料理(ドラマ・映画・舞台など…)を、純粋に楽しむだけです。

当然、まずければまずいと思うでしょうし、美味しければ美味しいと感じます。

それは素材の活かし方一つに対しても言えることで、感じることは人それぞれ自由です。

全く立場が違うわけですから、人の感情に開きが出るのは当たり前なのです。

その事をまさに象徴としているのが、映画『ギャラクシー街道』だと思います。

この映画は、コンセプトとして、難しく考えることなく、身体で感じて大爆笑して欲しいと願いを込められて作られています。

まさにそのことは、主演の香取慎吾さんや、キャストの一人である大竹しのぶさんが

「くだらないけど笑いがある」

と評したことでも物語っています。

おそらく監督である三谷幸喜さんは、絶大の自信を持って、映画を送り出したことでしょう。

しかし、蓋を開けてみれば、一般視聴者達の評価は大不評でした。

まさに、調理する側にいる三谷幸喜さんたち制作サイドの人たちと、料理された作品をフラットに観た一般視聴者達の

立場が違う

からこそ、真っ二つにわかれた意見と言えるでしょう。

そもそも、制作側が意図したコンセプトなんて、視聴者には全く関係ない話です。

そのことも加味して、面白くないと言われればそれまでです。

そういう意味でも、視聴者の見る目は厳しく、吉川晃司さんに対しても、

「下町ロケットでの演技力は大根以下」

と一刀両断している人が多いようです。

それが吉川晃司さんの最大の持ち味でもありますが、その事を感じていない人にとっては、ただの大根役者として映ってしまうのでしょう。

実際に、ネット掲示板などを見ても、

「セリフ棒読みが味になっている」

と賞賛する人と、

「大根以下」

と酷評する人の真っ二つにわかれています。

これが、まさに『吉川晃司』という役者の魅力を度外視したフラットな一般視聴者のリアルな声なのだと思います。

追記

何度もお話しているように、確かに吉川晃司さんの演技力に関して、『大根役者以下』という見方をしている人が多数います。

それは滑舌が悪いように聴こえるところも併せて言われていると思いますが、改めて吉川晃司さんの演技力についての評判を探ってみると、

「吉川晃司さんの財前部長がピカイチだった」

という人も結構いました。

もちろん、演技力の高さは、どこに基準を置いて見るかで意見が変わってきます。

その結果、『大根役者以下だった』と切り捨てられることもあるのでしょう。

 

まとめ

大好評のドラマ『下町ロケット』で、帝国重工の『財前道夫』役を演じる吉川晃司さんの演技力に、

賛否両論の意見がネットを通じて飛び交っている

らしく話題になっているようですね。

中には舞台演出家が、吉川晃司さんに痛烈な駄目を出しまでしているらしいのです。

一般視聴者ならまだしも、『吉川晃司』という役者に全く理解を示さない舞台演出家もいることがわかりました。

とは言え、三池崇史監督のように、吉川晃司さんの魅力である存在感を認めている人もたくさんいます。

あくまで賛否両論でしかないというのが率直なところなのでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ