星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

大塚明夫が声優として顔出しNGにした理由はしゃべくり007の嘘?

更新日

独特の低音ボイスの魅力的な声を響かせ、洋画・アニメなどのキャラクターを演じる声優:大塚明夫さん。

筆者も、大塚明夫さんの声には何度も魅了された経験があります。

野太く響く低音ボイスは、どこかとてつもないオーラ・安心感すら与えてくれるようです。

そんな大塚明夫さんが、バラエティ番組『しゃべくり007』に出演せず、顔出しNGとしたと放送されました。

ただ実は大塚明夫さんが顔出しNGとしたわけではなく、『しゃべくり007』側が勝手に嘘の理由をでっち上げた噂が流れています。

そこで本記事で、大塚明夫さんの顔出しNGの真相や、視聴者の反応を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ダンディなキャラクターを演じる声優・大塚明夫

ハリウッドのアクションスターとして『沈黙の戦艦』シリーズなど、様々なアクション映画に出演している俳優:スティーブン・セガール。

彼は大の親日家としても知られています。

そんなスティーブン・セガールの出演している映画の日本語の吹き替えを担当している声優が誰か、みなさん知っていますか?

実は、

『名探偵コナン』の横溝参悟刑事

『ONE PIECE』の黒ひげ

など、洋画の吹き替えだけでなく、アニメの声も担当している声優:大塚明夫さんが、スティーブン・セガールの声を吹替しているのです。

大塚明夫

(左から)横溝参悟・黒ひげ

ほかにも大塚明夫さんの有名なキャラクターとして、

『ブラックジャック』

『ソリッド・スネーク』(大人気ゲームのメタルギアソリッドシリーズ)

も大塚明夫さんが担当しているのです。

(左から)ブラックジャック・ソリッド・スネーク

(左から)ブラックジャック・ソリッド・スネーク

とくに『ONE PIECE』は、絶大な人気を誇るアニメです。

そういうアニメで声優として出演しているところを見ても、大塚明夫さんが凄い声優であることがよくわかります。

ちなみに、大塚明夫さんの父親は、『ルパン三世』の初代・石川五右衛門の声や、『ゲゲゲの鬼太郎』でねずみ男の声を担当するなど、

声優として有名だった故・大塚周夫さん。

まさに親子鷹として、大塚明夫さんは父の背中を追いかけるように、声優の道へと進んでいったのです。

 

といっても、元々大塚明夫さんは声優になりたくて声優になったわけではないそうです。

文学座に通って、芝居の勉強をしていた頃、父である大塚周夫さんのコネで、

故・納谷悟朗さん(ルパン三世の『銭形』の声でお馴染みの声優)

に面倒を見てもらう形で、声優の世界に飛び込んで行ったのです。

もし大塚周夫さんが声優をやっていなければ、きっと今の大塚明夫さんはいなかったでしょう。

不思議なところで縁ができ、その中で大塚明夫さんは声優として、活躍していったわけです。

今でこそ声優という仕事を誇りにはしていると思いますが、決して声優だからといって、そのことを鼻に掛けるような人ではありません。

ましてや大塚明夫さんは、バラエティ番組に出演拒否するような人ではないのです。

 

大塚明夫が『しゃべくり007』に顔出しNGは嘘?

大塚明夫

ことの発端をお話していくと、日テレ系『しゃべくり007』で、ゲスト出演した松坂桃李さん。

彼の『逢いたい人』ということで、相手に出演交渉し、

スタジオに来てもらう

という趣旨の企画が行われていたのです。

そこで松坂桃李さんが逢いたい人の一人として挙げた、声優・大塚明夫さんが出演NGだったというのです。

そして、『謝罪BOYS』が代わりに状況を説明し、

大塚明夫さんが声優としてのイメージを損なわないようにするために、顔出しNGとした

と説明が入り、松坂桃李さんは大塚明夫さんと会えずじまいとなってしまったのです。

ところが、この話にツッコミを入れたのが、他の誰でもない大塚明夫さん本人でした。

大塚明夫さんはTwitterで、

「別に顔出しNGではないのだが、まいっか…」

と、やんわり反論しているのです。

大塚明夫さんの父親が健在の時には、トーク番組で親子共演していた事があり、その時に顔出しNGはしていませんでした。

とくに気難しい何かがある人ではないので、そのようなことをするはずがないのですが…。

それでも、もしかしたら心境の変化があって、イメージを崩さないために大塚明夫さんがアニメファンのことを考慮してくれているのか?と思っていたのです。

しかし、実は全く話は違っていたみたいですね。

 

では一体なぜ、大塚明夫さんは『しゃべくり007』に出演しなかったのでしょうか?

これには別の理由があると言われています。

実は、松坂桃李さんの高校時代の担任である黒岩隆利さんを、

「他の『逢いたい人』が出演できない中、唯一出演してくれた!」

として、『しゃべくり007』番組サイドが演出したかったのではないか?と噂されています。

つまり大塚明夫さんには、『しゃべくり007』からの番組オファーすらしていなかったのが、実際の話のようですね。

それにしても、まるで大塚明夫さんを噛ませ犬として、名前だけ利用する真似をするとは、すごい失礼なことをしていますね。

まぁ大塚明夫さん自身、とくにそういうことにいちいち気にするタイプではないみたいなのです。

オファーがないのに勝手に名前を利用されたとしても、それほど支障はないでしょう。

逆に美談に聞こえる話として使われるなら、まぁ良いかという態度を取っているのだと思います。

でも大塚明夫さんのファンからしてみれば、

「それなら最初から『逢いたい人』に会わせるという企画すら行うな」

と言いたくなるのでしょう。

大塚明夫さんにオファーしなかった経緯がどうであれ、いろんな意味で視聴者をバカにした話に聞こえます。

できることなら、こういうことは起こさないで欲しいものです。

追記

大塚明夫さんの顔出しNGの一件に関して、色々憶測や噂は流れていました。

実は、このブログの読者から情報が寄せられ、単純に、

大塚明夫さんが別の仕事で都合が合わずに、出演オファーを断っただけ

ということがわかりました。

そして、この一件をきっかけに、松坂桃李さんが炎上騒ぎに巻き込まれた話もありました。

松坂桃李さんの炎上被害がどれだけのものだったのか、その規模はわかりませんが、視聴者の一部にはBPOに訴える人もいたそうです。

この話が事実なら、具体的な被害を受けていたかもしれません。

いずれにしても松坂桃李さんは単純に番組企画を通じて、大塚明夫さんに会いたかっただけです。

何の落ち度もないのに、番組スタッフのいい加減な演出のために。とんだとばっちりを受けたところですね。

テレビ業界を見ていくと、ヤラセ問題やら過剰演出など、BPO放送委員会で問題視されているところも多く、テレビ離れも進んでいます。

それだけに、こういう嘘の演出は、ただ悲しいだけなのですが…。

 

ますますテレビ離れしそうな視聴者の反応

今回の一件で、番組上では

「声優として視聴者達のイメージを損なわないように、顔出しNGとさせてもらった」

と大塚明夫さんの美談によって出演拒否したと言われていました。

しかし実際は、そんなことは一切なく、Twitterで大塚明夫さん本人から突っ込まれる『しゃべくり007』。

そんな『しゃべくり007』番組制作サイドに対して、視聴者からは

「もうテレビはなんでもありで嘘つきまくり…」

と呆れた態度を示す人が続出してしまいます。

確かに、後で大塚明夫さんが別の仕事を抱えていたために、オファーを断っていたということがわかりました。

それなら、なぜ別の仕事の都合で…ということをはっきり言わなかったのでしょうか。

最初から正直に言っていれば、顔出しNGが番組上の演出だったという変な噂も流れることはなかったはずなのです。

大塚明夫さんに対しても

「顔出しNGにしている」

という勝手な嘘をついて失礼な行動を取っています。

これでは『しゃべくり007』が批判の対象となるのは当然の流れでしょう。

ますますテレビは信用できなくなってしまいます。

実際に、今回の一件で、『しゃべくり007』を見ていた視聴者の中には、

「番組に騙された」

「視聴者を舐めすぎている」

と一刀両断している人もいます。

裏切りとも受け取れる、だまし討ちをするのは、いくらバラエティでも許される話ではありません。

視聴者をバカにする極めて失礼な話です。

こんなことがたびたび起これば、

「ほらやっぱりテレビは低俗でしょ!!」

とさらなる誤解を生んでしまうだけでしょう。

 

この一件は、まさにますますテレビ離れを加速させてしまう原因となりそうです。

日テレは、『家政婦のミタ』を筆頭に、好評とされるドラマが数々あります。

某局と異なり、ヤラセ問題なども見られていなかっただけに、この嘘(だまし討ち)とも受け取れる一件は、非常に残念でなりません。

どんなに素晴らしいドラマが放送されたとしても、低俗な番組をどこかで放送してしまったら意味がありません。

テレビ局(番組制作サイド)の人たちには、真摯な気持ちで、

「本気で面白いテレビ番組を作る気がある!」

という心意気を、示して欲しいと願うばかりですね。

 

まとめ

松坂桃李さんの『逢いたい人』に、出演オファーを出して、会わせようという『しゃべくり007』の企画。

当初、声優:大塚明夫さんが、なぜか顔出しNGとしていましたが、実は別の仕事が重なり出演オファーを断っただけでした。

なのに、番組が

勝手に嘘の理由をでっち上げ

後日、大塚明夫さんから

「顔出しNG、ではないけど、まっいっか…」

とTwitterでツイートされてしまう始末…。

視聴者からは、

「人の名前を勝手に利用して、視聴者をバカにして」

という意見も聞かれました。

テレビ離れする時代に、このような嘘が平気で通る番組を作らないで欲しいと願うばかりですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人