星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

アマゾンのプライム会員で1時間商品配達のサービス内容とは?

投稿日

大手通販サイトのアマゾンが、通販サービスが激化していく今の時代に先駆けて、1時間以内で配達するサービスを掲げ、新たにサービス強化に努めようとしているようですね。

近年、通販サイトと、コンビニがコラボして、ネット注文してコンビニで受取可能というサービスが展開されるようになり、さらにはオムニ7という新たなネット通販サイトが誕生し、ますますネット通販サイトのサービス競争が激化していくことでしょう。

ところでこのアマゾンの1時間以内配達サービスとは、具体的にどういうものを差すのでしょうか?

本記事では、アマゾンのそのサービス内容と、実際に業務に当たる運送業者のことを探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

アマゾンだけじゃない!通販サイトの激化!

アマゾン

これまで様々なネット通販サイトが登場していますが、総合的な大手ネット通販サイトといえば、やはり楽天や、アマゾンが真っ先に思い浮かぶと思います。

CD・書籍から、家電製品、衣類、食材など、実に様々なアイテムが購入でき、しかも一部では送料無料で配達までしてもらえます。

自宅にいながら、ネットでショッピングできるシステムが好評で、何かと重宝させてくれているのが、この2社でした。

しかし、ここ最近、セブン-イレブンやイトーヨーカドーでお馴染みのセブン&アイグループが、オムニ7というネット通販サイトを立ち上げ、よりネット通販事業が激化していくのではないか?と言われるようになりましたね。

まだ、このオムニ7は、2015年11月に開設されたばかりで、まだ楽天やアマゾンと比べたら、その規模が小さく認知度も低いかもしれません。

オムニ7は、早速ながら、この通販サイトの基盤となるオムニチャンネルと、ユニクロ、大手百貨店、家電量販店などが業務提携され始めました。

このことで、楽天・アマゾンとは、大きく異なり、実際に系列のショップ(実店舗)で、商品の実物を見た上で、ネット上でより格安で購入するという、実店舗のショールーム化がさらに進み、よりオムニ7の人気が増していくのでは?という話も出回っているのです。

確かにアマゾンのようなネット通販の最大の弱みは、実際に商品を手にとって購入することが出来ないことにありますよね。

あくまで商品情報を元に購入するわけで、購入してから想い描いていたものとは違っていた、と後悔することも多々あり、無駄に浪費してしまったという話もよく聞きます。

オムニ7では、そういう失敗がなるべく少なくなるように、実店舗との業務提携をどんどん進めていくのです。

それを実現できているのは、コンビニチェーンや百貨店を運営していることでもお馴染みの、セブン&アイグループがこのオムニチャンネルを誕生させたということにあります。

コンビニ・百貨店運営に携わっている大手企業のノウハウの下でならという信頼感が、他の企業も業務提携に前向きになり、またいろんなコネをもっていることで、より提携しやすい環境を作れるのが、オムニ7の最大の強みです。

この部分では、先行しているアマゾン・楽天にはない強みです。

そして、今までのネット通販業務を運営していた楽天・アマゾンの信頼感と、今後新たに実店舗と結びつくオムニ7というネット通販サイトが、新時代のネット通販業の激化を進めていくことでしょう。

この現象は、さらなるサービス競争を生んでいます。

楽天は、ポイントカード・提携サービスを充実させ、大手コンビニチェーン店でもあるサークルKとも業務提携を結んでいます。

ネット通販でも、コンビニでの買い物でもポイントが付き、溜まったポイントで買い物が出来るというサービスは、消費者に取って嬉しい話ですよね。

当然、コンビニでの受け取りにも対応してくれているので、気軽にネット通販出来る環境をより強く充実させてくれています。

また、アマゾンは、配達スピードにこだわり、お客様を待たせないというサービスを特化させようとしています。

そして、これらの差別化を図るかのような独自サービスによって、ネット通販業の競争がますます激化していく事になり、いろんな意味で、消費者にとって嬉しいサービスの充実が進んでいく時代になっていくのではと思いますよ。

 

アマゾンが提唱する配達時間1時間サービスとは?

先程も少し触れましたが、オムニ7という新たなネット通販サイトが登場したことで、さらなるネット通販業のサービス競争が激化し、アマゾンもお客様を待たせないための配達時間短縮サービスを提唱する様になりました。

その短縮とは、通常であれば宅配に数日掛かるものを、たった1日に短縮するというレベルではなく、1時間で配達するという驚異的なスピードで宅配してくれる画期的なサービスなのです。

そのサービス名は『Prime Now』。

アマゾン

この『Prime Now』は、あくまで、アマゾンのPrime会員向けに新展開されたサービスですが、

『890円の送料を支払い1時間以内に配送してくれる』

または、

『送料無料で、2時間以内で配送してくれる』

という、かなりの時間短縮で配達してくれるサービスとして、注目されているのです。

ところでこのPrimeというのは、一体どういうものなのか?

きっと多くの皆さんが感じていることと思いますよね。

実は、アマゾンPrimeという会員サービスというのは、年間3,900円を支払うことで、急なご入用に併せて配送手配してくれたり、タイムセールに30分前倒しで注文できるなど、アマゾン利用において、ちょっとお得なサービスを無制限で受けられるサービスとのこと。

詳しくは、アマゾンのサイトで確認してほしいのですが、Kindleで販売されている書籍も、1ヶ月に1冊は無料で読むことも出来るというのですから、何かと重宝出来る会員サービスと言えそうですね。

そのプライム会員限定サービスとして、アマゾンで新展開されたのが、1時間以内での配達サービスとなっているのです。

さらにプライム会員が使う専用アプリで配送状況をリアルタイムで確認できるのが、このサービスの魅力で、忙しい現代社会には画期的なサービスと言えます。

ただ、まだ『Prime Now』は、新展開されたばかりで、対象エリアが東京都(世田谷区、目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、新宿区(一部除く))のみとなっていて、他の都道府県ではサービスは受け付けていないようです。

まだまだ始まったばかりで、プライム会員限定のサービスとなっているため、多くの消費者にとってはあまり利用価値が無いようにも見えます。

ですが、今後アマゾンのサービスの充実化が進み、後にはプライム会員以外も受けられるかもしれないと考えるとその価値は高いですよね。

オムニ7・楽天と、さらなる通販サイトの充実化が進んでいく時代となっていくだけに、アマゾンのさらなる進化に期待したいものです。

 

1時間以内での配達を実現させている運搬業者

アマゾン

いくらエリア限定であったとしても、特に東京都などは、道も混雑してわかりづらく、時に渋滞することもしばしばありますよね。

そういったことも考慮すると、

『本当に、アマゾンが1時間で配送なんて実現出来るの?』

と疑問に思う消費者が多いのも事実のようです。

しかし、実際にアマゾンで注文してみると、1時間以内で配送サービスを受けることが出来、何処か配送業者が誇らしげにしていたという話もチラホラ…

では、この1時間以内での配送を実現させている運搬業者とは何処なのでしょうか?

いろいろ調べてみたところ、現在のところは特にこの業者に、運搬業務全般を任せているという話が公表されていません。

また、コンビニ業者などとの提携を進めて、順次エリアを拡大していく、という話なので、郵パック・佐川急便・ヤマト運輸辺りと提携するのでは?というのが、ネットユーザー達の見解となっているようです。

ただ、そうなってくると、宅配業者にかかる負荷が格段と増えることになりますし、運送業者側から

『アマゾンのためにそこまでやらなくてはならないのか?』

と不満の声も上がってくるはずです。

ピザ屋のように独自でデリバリー(配送)するようなシステムを確立するならまだしも、宅配業者と提携となると、今後様々な問題も勃発していきそうな気がしますね。

まだまだサービスそのものが始まったばかりで、問題点も多い『Prime Now』ですが、ぜひネット通販サイトによるサービス競争の激化が進む時代となっていくだけに、アマゾンもこれらの課題を克服し、消費者から認められる通販サイトとして大きく発展して欲しいものです。

 

まとめ

ネット通販サイトによるサービス競争が激化していく中で、大手通販サイトが新たに打ち出した1時間以内での配達サービスが、何かと注目されていますが、そこにはいろいろ課題も勃発しています。

それは、年間3900円支払う『アマゾンプライム会員』限定サービスでしか無いということ、そして、エリアも東京都の一部のエリアにしか対応しておらず、宅配業者との提携が出来なければ実現できていないという問題が山積しています。

やはりこれだけのサービス展開する以上、独自の配送システムは必須で、エリア拡大、サービス対象者の拡大も重要課題。

アマゾンが、これらの大きな課題を乗り越え、さらなるサービス充実を図ってくれると期待しています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事