星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

世にも奇妙な物語の神回の怖い話!ロッカーのストーリーネタバレ!

投稿日

放送開始から25年、芸能人の中にも数々のマニアが居るとまで言われるホラー系ドラマ『世にも奇妙な物語』。

なんでもこのドラマ『世にも奇妙な物語』に対して、熱く語りマニアぶりを披露するCS番組まで放送されたらしく、その愛されぶりは尋常ではありません。

そんな『世にも奇妙な物語』は、放送開始から25年間で、492作品が放送されているわけですが、中でも最も恐ろしいと言われる神回が存在しています。

もちろん、視聴者によって、神回は異なると思いますが、多くの視聴者が賛同されているタイトルが幾つかあるのは事実です。

本記事では、その中から筆者の独断と偏見で選んだ、『世にも奇妙な物語』で最も怖い神回と思われる作品『ロッカー』のストーリー・ネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

世にも奇妙な物語で神回と呼ばれる怖い作品たち

世にも奇妙な物語

世の中には、『リアル鬼ごっこ』や、『バトルロワイヤル』のように、ただ命の危機を連想させるような怖い映画・ドラマや、一方で、『リング』の貞子のような幽霊をメインテーマとして用いるホラータイプの映画も、またたくさん放送・放映され続けてきました。

近年でも、島崎遥香さん主演の映画『劇場霊』、トリンドル玲奈さん主演の映画『リアル鬼ごっこ(女性版)』など、何かとバイオレンス・ホラー映画作品が世に輩出されていますよね。

『世にも奇妙な物語』は、時に家族で修羅場を迎える様な、とんでもない作品から、ホラー系の恐怖体験を綴ったタイプの作品など、多種多様の怪奇現象をテーマに取り上げたオムニバス形式のドラマとして放送され続けてきました。

その物語の数は492作。

もちろん中には、「ある缶を開けると、中から美しい女性が登場してくる」という男の下心もみえかくれする様な、ちょっとエッチな展開が期待される美女缶のように、思わず笑ってしまいそうな作品も存在します。

ただし、あくまで多くの視聴者が『世にも奇妙な物語』で観たい作品の傾向は、怖い怪奇現象を扱った作品が、その大多数ではないでしょうか。

実際、イマキヨさんという作品が『世にも奇妙な物語』の中では、最も支持を受けている作品でしたし、奇妙でありながら、怖さを追求した作品を多くの視聴者が求めている証なのだと思います。

※イマキヨさんのストーリーが気になる方は、下記の記事で紹介していますので、気になる方は合わせてご覧ください。

世にも奇妙な物語の名作イマキヨさんのストーリーネタバレ紹介

さて、そんな『世にも奇妙な物語』の中には、イマキヨさんの様に、"神回"と呼ばれる怖い作品が何作か登場しています。

例えば、スキャンした人物がゲームの登場人物と化してしまい、永久にゲームの世界で生活させられ、HPが0になった瞬間に実際に命を落としてしまう『悪魔のゲーム』。

凶悪な事件を繰り返したある男に、たった30日の懲役刑を与えるだけで済まされるという摩訶不思議な審判がくだされるものの、この期間に想像を絶する地獄を与えられ、30日後の解放されるころには、知人が見ても気が付かないほどの廃人にされてしまうという『懲役30日』

ある3人家族が交通事故に遭い、3人共、命を落としてしまいますが、その中の1人を誰かが命を奪えば、残る二人は生き返らせるという、神のお告げが舞い降り、そのことで、家族たちが狂喜乱舞しながら、人間愛と醜さをにじませながら、相手の生命を奪うことを考え、恐ろしい一面を覗かせていく『家族会議』。

この様に、奇妙で恐ろしい作品がいくつか存在していますが、その中でも最も神回として怖い作品のトップに位置づけられるのは、『世にも奇妙な物語』4作目として放送された、織田裕二さん主演の『ロッカー』という作品です。

ネット掲示板を見ても、この『ロッカー』を見たことで、閉所恐怖症になったという人も多数見受けられます。

筆者もこの『ロッカー』という作品は、全身から身の毛がよだつ程、怖い話と感じ、あまりの怖さに途中でチャンネルを変えてしまったくらいの作品でした。

まぁ、怖いもの見たさというのか、すぐにチャンネルを戻し、また話の顛末を観て行きましたが、本当に今でも思い出すと、かなりの怖さに背筋が凍りつきます。

今後もそういった神回と言われる名作は、『世にも奇妙な物語』から続々と登場すると思いますので、ぜひ今後の『世にも奇妙な物語』の作品に期待したいものです。

 

怖い神回『ロッカー』ストーリーネタバレ!

ロッカー

筆者を始め、多くの『世にも奇妙な物語』を見てきた視聴者たちが、怖い神回な作品の一つと考えている、第4作目の『ロッカー』。

先程もお話したとおり、この『ロッカー』という作品を見た人の中には、閉所恐怖症になってしまった方もいらっしゃるほど、恐ろしい作品として位置づけられています。

では、早速『世にも奇妙な物語』4話『ロッカー』のストーリーネタバレを見ていきましょう。


 

舞台は薄暗い研究所らしき場所…

産業スパイの悟(役:織田裕二)は、ある研究データを盗もうと、夜中に研究室に忍び込み、ある設計書をコピーしていたところ、たまたま残業していた研究員に見つかってしまいます。

悟は、その研究員と揉み合いながらも、ガラスの灰皿で、相手の命を奪ってしまい、そのショックのせいか、灰皿を落としてしまいます。

たまたま、その灰皿の落下した音を聞きつけた警備員が、異変に気づき、研究室に駆け寄ります。

悟は、何とか逃れようと、名前が記されていない空のロッカーに逃げ込み、間一髪、警備員の目から逃れますが、警備員がその場を立ち去り、ロッカーから出ようとすると、今度はロッカーの扉があかず、出ることができなくなってしまいます。

後日、この警備員から通報された警察が、研究所を訪れ事情聴取がスタート。

警備員は、何か『ガタン』と音が鳴ったのを聞きつけて、研究所の部屋を点検しようとしたところ、床で亡くなっている人がいることに気がついたと言います。

その間、悟はロッカーに身を隠したまま…

そこで、ふと、目をロッカーの壁面に向けると、悟が命を奪った相手の男が写った写真と、「佐口」という名前が刻まれた名刺が貼ってあったのです。

つまり、悟が隠れたロッカーは、研究データを盗もうとした際に見つかったがために、命を奪ってしまった「佐口」という人物のロッカーだったのです。

自ら命を奪った人物のロッカーに身を潜めて、時を過ごすという最悪の状況に精神を削られながら、息を押し殺して耐え忍んでいる悟。

そして、日が変わり、夜が明けると、再び警察が研究室を訪れ、事情聴取を再開させます。

すると、ある刑事が悟の隠れたロッカーの異変に気が付きますが、すぐさま廃棄予定のロッカーであることが告げられ、産業廃棄処理業者によって、悟の入ったロッカーは、外に運ばれてしまいます。

完全に警察の手からも逃れ、後はロッカーを脱出するのみと、ほくそ笑んでいた悟でしたが、相変わらずロッカーの扉は開きません。

そして悟が入っているロッカーが連れてこられたのは、廃棄処分するための処理場(スクラップ工場)。

完全に自分がスクラップにされてしまうと思い込み、恐怖におののき悲鳴を上げてしまう悟。

その悲鳴に気が付き、一人の作業員が別の作業員に

『おい!なんか聴こえなかったか?』

と訪ねますが、気のせいとスルーされてしまいます。

そして、磁気を帯びたプレスクレーンで吊るされて、スクラップされていく最中、ロッカーの中の写真に写された佐口が笑っているかのように見えたところで目が覚める悟。

この時点では、あくまで眠っていただけであり、まだロッカーと悟は、スクラップにされていなかったのです。

『夢か…』

と思い、ようやく逃げ切ることが出来ると歓喜に浸っているところ、夢と同じデジャブ現象が起きようとしていたのです。

再び、プレスクレーンで吊るされるロッカー、今度は夢ではなく現実にクレーンで吊るされ、地面にたたきつけられると、ロッカーの隙間から悟は助けを呼びますが、誰もその声を聴くことが出来ず、生きたまま悟は、スクラップにされてしまうのでした…

そして、スクラップされ、鉄の塊化したロッカーには、悟が被っていた赤い帽子がへばりつき、とどことなく悟の血のような赤い色がにじみ出ていたのです。


 

以上が、『世にも奇妙な物語』の『ロッカー』の簡単なストーリーネタバレです。

そもそも産業スパイなんてしなければ、こんなことになることも無く、最悪警備員に捕まっていれば、命を奪った罪と、スパイ容疑で逮捕されて、刑に服せば、さすがに生きたままスクラップにされることはありません。

しかし、悟は、なんとかして逃げ切ろうと、ロッカーに逃げ込むという最悪な選択をしてしまいました。

それも、自分が命を奪った人物のロッカーに…

結果、命を奪われた佐口の呪いが降りかかったようにロッカーが開くことなく、ようやくスクラップの直前にロッカーの一部が、地面にたたきつけられた衝撃で開きかけた時には既に時遅く、そのままロッカーごと、悟はスクラップにされてしまうのです。

この『ロッカー』という作品も、ちゃんと逃げ道は用意されていたのですが、最悪の選択を取り、奇妙な物語として展開されながら、恐怖を植え付けていくわけで、状況はどうであれ、生きたままスクラップにされるその恐怖に怯え、一部の人は閉所恐怖症になってしまったそうです。

そんな恐ろしさを秘めた作品が、『ロッカー』なのです。

また、よりその恐怖を植えつけた演出として、産業廃棄処理業者の作業員の一人が、故・マイケル・ジャクソンの名曲『スリラー』を聞きながら作業していたところを見ると、それ自体が何かの接点が見られるような気もして、非常に怖さを感じさせられます。

ほんのちょっとしたことですが、細部へのこだわりも見せながら、恐怖ドラマとして展開していった『世にも奇妙な物語』。

だからこそ多くの視聴者から支持されたのかもしれませんね。

 

ロッカーで扉が開きづらくなることは有り得る話…

ロッカー

『世にも奇妙な物語』で放送されたロッカーは、一度、中に入って内側から閉めた扉が開かなくなったことで、悲劇が起こりましたが、新品のロッカーなどであれば、そういう現象は見られません。

しかし、『ロッカー』のように、サビつき今にも廃棄されようとしているロッカーなら、そういうことは起こりえます。

もちろん、わざわざロッカーの中に入って隠れるために、忍び込んで中から閉めるなんてことは、非常識的な話ですが、子供がいたずらで行うなんてことは、十分に考えられます。

もしこのようなことが現実に起こり、子供が行方不明となり、気がついたらスクラップされていた…

そんなことを想像すると、あまりにも怖すぎて身の毛がよだちます。

扉は開いたら、必ず閉まるし、その逆も当然発生するというのは、あくまで人間の勝手な思い込みで、サビつきや故障を理由に閉まった扉が開かないなんてことはあり得る話なのです。

そのようなわけで、安易な悪戯でロッカーに隠れないように、くれぐれも気をつけましょうね!

 

まとめ

『世にも奇妙な物語』は、現実には起こらないような怪奇現象を軸に、ストーリー展開されていく恐怖ドラマとして、放送され続けてきたわけですが、神回の中でも選りすぐりの恐怖作品として推奨される『ロッカー』は、数少ない現実にも十分に起こりえそうな恐怖作品といえます。

悪戯などをきっかけに、ロッカーの中に身を潜めているなんてことは、子供の頃には一度はあるでしょう。

しかし、ロッカーというものは、鉄製で出来ているために、長年使っているとサビが発生し、開閉ができなくなる何てこともあるので、安易に隠れて出られない、なんてことにならないように気をつけましょう。

そして、『世にも奇妙な物語』の『ロッカー』などという神回をきっかけに、トラウマに陥らないようお気をつけ下さい!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ