星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

世にも奇妙な物語の名作イマキヨさんのストーリーネタバレ紹介

更新日

タモリさんをストーリーテラーに招き、世の中にある数々の奇妙な話を、オムニバス形式でストーリー展開していく『世にも奇妙な物語』。

昔はレギュラー放送されていた『世にも奇妙な物語』ですが、近年でもたまにホラードラマの一つとして、放送されています。

つい先日も、傑作復活編として、過去の作品から選ばれた人気上位作品の中から、選りすぐりの5作をリメイク。

そのことも影響しているのか、その他の作品も含めて、過去の名作に感動した話も耳にします。

そこで本記事では、『世にも奇妙な物語』の過去の人気作品や、そのストーリーとネタバレを紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

25年間も放送し続けてきた『世にも奇妙な物語』

世にも奇妙な物語

1990年に放送が開始され、数々の怪奇現象をドラマ仕立てで放送してきた『世にも奇妙な物語』。

はじめは、週1の連続ドラマとして、短編ストーリーをオムニバス形式で放送する形で展開されていきました。

そして今では、年に数回SPドラマとして『世にも奇妙な物語』が放送されるようになりました。

その時代に併せて、形は変わっていきましたが、『世にも奇妙な物語』は25年間の長きに渡り放送され続けています。

『世にも奇妙な物語』の話数も、これまでに492話と、多くの怪奇ストーリーが描かれていたことに驚かされます。

中でも人気作品として、傑作復活編としてリメイクされて放送された、

  • 『イマキヨさん』
  • 『昨日公園』
  • 『ズンドコベロンチョ』
  • 『思い出を売る男』
  • 『ハイヌーン』

の5作品は、多くの『世にも奇妙な物語』ファンから思い入れの強い作品として印象に残っていると言われています。

もちろん他にも『世にも奇妙な物語』の名作はたくさん残っています。

違う意味で感動しているファンも多くいるでしょうし、ただ怖いホラードラマとして、捉えているファンもたくさんいたことと思います。

もちろんドラマなので、こんなことは実際に起こりません。

しかし、その一つ一つにしっかり意味が込められていて、内容あるドラマとして描かれているのも『世にも奇妙な物語』の魅力。

その評価は人によって異なりますが、きっと変なスプラッタ映画よりも『世にも奇妙な物語』の方が面白みのあるドラマであることに間違いないでしょう。

テレビ離れが進む現代社会で、数々の長寿番組が淘汰されていく中、形が変わりつつも25年間続いてきたことには、意味があると筆者は考えています。

スキャンした人物が、ゲーム社会に取り込まれて、命をすり減らしながらゲーム世界を生きていくという話。

ある人物の命を奪い、捕まらないためにロッカーに逃げ込むと、二度と扉があかずに、そのままロッカーごとスクラップにされる話。

まさに非常識…。

『世にも奇妙な物語』は、そんな世界観でありながら、

『もしかしたら現実世界でも起こりうるかもしれない』

と考えさせられるようなドキドキ感がたまらなく、ファンは恐怖を感じながらも思わずドラマを見てしまいます。

『世にも奇妙な物語』とは、そんな絶妙なスパイスを与えながら、多くのファンの期待に応えたドラマとして25年間続いてきたのでしょう。

 

世にも奇妙な物語の『イマキヨさん』のストーリーネタバレ

『世にも奇妙な物語』は、過去492作品放送され、その中で人気No.1作品と呼ばれる

『イマキヨさん』

のストーリーネタバレを紹介していきましょう。

 

このストーリーの主人公は、就職活動中の和夫(役:松本潤)という人物。

彼がある日、二年間付き合った彼女から別れを告げられ、傷心の中、家路に着きます。

すると、就職面接をしていた企業からの合否の手紙が届いていました。

その手紙には不合格の文字が…。

まさに踏んだり蹴ったりの一日となった和夫。

イマキヨさん

もう何もかもやる気がなく、手紙を床に投げ捨て、ゴロンと横になっている和夫。

そこに突然テレビの電源が入り、黒い頭巾を被ったおじいさんがポテチを食べながら座っているのです。

和夫は不審者と思って、警察を呼びますが、警察にはそのおじいさんの姿が全く見えません。

どういうわけだか、警察からは、

「本当に黒い頭巾を被ったおっさんがそこにいるのか?」

と尋ねられ、少し苛立ちながら

「だからそうですって」

と和夫が答えると、警察は、その方向を見て急に拝みだします。

そして、警察からは

「取り憑かれた人を見たの初めてだ」

と言われてしまう和夫…。

後日、大学の友人にその事を話すと、そのおじさんが『イマキヨさん』という座敷童のような妖怪だということを知らされます。

このイマキヨさんは、一人暮らしの人にとりつき、幸せを運んでくれますが、それには、

『イマキヨさんを無理やり追い出さない』

『イマキヨさんを傷つけない』

『イマキヨさんの前で引っ越しの話をしない』

『イマキヨさんに謝らない』

という4つのルールが存在します。

このルールを守ることで、はじめてイマキヨさんは、幸せを運んでくれるのです。

これをもしひとつでも破ってしまうと、大変なことになると教えられるのです。

しかし、その事を忘れ、和夫はイマキヨさんを傷つけたり、追い出したりしてしまうのです。

これらのルールを破った場合、イマキヨさんの数が増えたり、つきまとったりするペナルティのような現象が起こります。

ただ、最悪なのはイマキヨさんに謝ってしまうことでした。

和夫は、イマキヨさんに付きまとわれてしまい、困り果てて

「もう許してくれ」

と謝ってしまい、その結果、彼自身がイマキヨさんになってしまったのです…。

 

以上が、『世にも奇妙な物語』のイマキヨさんのストーリーの結末までのネタバレです。

このストーリーのネタバレとしては、イマキヨさんに対してルールを破ると、数が増えたり付きまとわれたりします。

ただ一番怖いペナルティを知っているだけで、最悪の事態は避けられたはずなのです。

どんなことがあってもイマキヨさんに謝罪さえしなければ、命をとられることはなかったのです。

和夫はその事を知らずに謝ってしまったため、イマキヨさんになってしまい、命を落とした。

このことが、『イマキヨさん』の最大のネタバレと言っていいでしょう。

 

世にも奇妙な物語に共通のネタバレとは?

『イマキヨさん』に限らず『世にも奇妙な物語』には、

ある共通したネタバレ

が存在しています。

これらのストーリーの共通したネタバレとは、ズバリ!

どんなに怖いストーリーにも、

ちゃんと逃げ道が存在している

ということです。

今回紹介した『イマキヨさん』も、かなり不気味な存在ではあります。

しかし、たとえ引っ越しの話をしたとしても、追い出したり、傷つけたりしても、不気味な行動を取るものの、命を奪うことはしません。

ただし、『謝る』という最悪な選択をした場合、対象者は即座にイマキヨさんとなって命を落とします。

ハッピーエンドとは言わないまでも、セーフゾーンというべき選択と、バッドエンドで終わってしまう二つの選択肢が用意されています。

ただ必ず主人公はバッドエンドを選択してしまうのが『世にも奇妙な物語』のストーリーの展開の仕方なのです。

多くのスプラッタ映画などでは、最初から逃げ道がなく、ただ怖いだけです。

『世にも奇妙な物語』は、ちゃんと逃げ道を用意しているにもかかわらず、最悪の選択をするからこそ、より臨場感が出て、怖いドラマとなるのです。

そこまで意識した作りこみがあるからこそ『世にも奇妙な物語』が面白いと支持されているのですね。

ぜひ、その逃げ道がどこにあるのか意識しながら、『世にも奇妙な物語』を觀てみてください。

 

まとめ

ドラマ『世にも奇妙な物語』は、2015年で放送25年も続いてきた伝統的なホラードラマ。

時代とともに放送形態は変わっていきながらも、そのクオリティは、今も変わっていません。

2006年に放送された15周年記念作品の一つである『イマキヨさん』。

この作品は、『世にも奇妙な物語』での人気No.1作品として多くの視聴者の心に定着しているようです。

『世にも奇妙な物語』全体に共通するネタバレは、ただ恐怖を植え付けるだけのホラー作品ではありません。

最悪の選択肢を選ばなければ、本当は助かっていたという中身のあるストーリーが展開されるところに、面白さが隠されていたということ。

今後もそんな中身の濃い、『世にも奇妙な物語』に期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ