星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

チープカシオ(腕時計)の意味や名前の由来とは?人気の理由も考察

更新日

最近、カシオ製の腕時計が世界中で再評価されています。

また、日本でも近年、『チープカシオ』という言葉が大流行しましたよね。

この『チープカシオ』は、企業がつけたブランドの名前ではなく、なんと

SNSを中心に広まった愛称

というのです。

それにしても、『チープカシオ』は一体どういう意味があり、なぜ人気に火がついたのでしょうか?

当記事では、『チープカシオ』が人気になった理由について探っていこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

チープカシオの意味とは?

『チープカシオ』というのは、そもそもどういう意味があるのでしょうか?

一見すると、カシオが売り出しているブランド・商品名の1つかと思いますが…。

 

実は、『チープカシオ』は冒頭で触れたように、カシオが名付けたものではありません。

そもそもの名前の由来は、

SNSなどで腕時計ファンが広めた名称

と言われています。

では、『チープカシオ』とは一体どんな意味があるのでしょう。

『チープカシオ』の意味ですが、まさに意味そのものと言った感じで、

カシオが販売した腕時計の中でも、安価ながらも、機能的に充実している腕時計

のこと。

要するに、安いカシオ製の腕時計というわけです。

チープ = 安い

という意味の英語なので、ストレートな命名と言えるでしょう。

価格にして、だいたい数百円~1,000円程度ですね。

カシオのカタログにも載っていないような商品で、ショッピングセンターやスーパーなどで大量に吊り下げられている腕時計です。

そんなカシオの安価な腕時計を、SNSユーザーたちは

「安いけど高機能だし、なんかいい呼び名はないかな」

ということで、『チープカシオ』と名付けたのです。

ちなみに、略されて『チプカシ』とも言われているそうですよ。

単に安いだけでなく、高機能さも持ち合わせているから愛称がほしかったのでしょうか?

そう考えると、

「単なる安物」

という意味ではないでしょうし、蔑称ではないことは確かです。

また、同じように、シチズン製の安価な時計も売れるようになり、こちらは

『チープシチズン』

と呼ばれているとのこと。

しかし、実際のところ、『チープカシオ』といった安価な腕時計が人気になっているとはいえ、カシオなどの見立てでは、

「業績にはほとんど影響しない」

という悲しい現実があるようです。

ただ、『チープカシオ』は企業として大々的に売り出しているわけでもないのに、ユーザーの間で勝手に人気が広まって売れている…。

カシオにとってみれば、完全に想定外ではあり、ほとんど業績には影響しないとは言っても、嬉しいことに変わりはないでしょうね。

意外なところでユーザー発祥のブームが起き、宣伝もしていないのに自社の商品が売れ出す…。

こういった出来事もあるため、本当にネット社会になった世の中は不思議なものです。

 

チープカシオが人気の背景・理由は?

若者を中心に、安価で高性能なカシオの腕時計を総称して『チープカシオ』と呼び、SNSを経由して人気が広まっていることがわかりました。

しかし、今の時代、時間の確認はスマホで十分ですよね。

また、スマホであれば、時計の他にもさまざまな機能を得られるはずで、もう腕時計そのものを必要としなくなりつつあるように思います。

それなのに、何故いまさら『チープカシオ』として、安価な腕時計が人気になったのでしょう?

その背景には、

ファッションとしての意味合いがある

とわかりました。

『チープカシオ』ですが、まず安価だということがあり、何本も購入することが可能です。

また、デザインも幅広く存在していて、

  • スポーティなデザイン
  • カジュアルデザイン
  • 大人っぽいシックなデザイン
  • レトロなデザイン

など実に豊富。

それぞれのファッションに合わせた『チープカシオ』をアクセサリーとしてチョイスすることができるのです。

つまり、安くてさまざまなデザインが充実しているので、ファッションとして手軽に取り入れられる…。

そして何本も購入できる安さなので、その時の服装に応じた『チープカシオ』をストックしておけるわけです。

これらの理由が、広く『チープカシオ』が人気になった理由と言えそうですね。

しかも、それでいて高機能なのでありがたいことですよね。

実はこの『チープカシオ』の高機能さは、『チープカシオ』の人気以前にも話題になったことがありました。

それは主に日本ではなく、世界で注目を浴びたのです。

そのきっかけとなったエピソードを紹介しましょう。

カシオ製の腕時計が世界で再評価されることとなったのは、Facebookでの投稿が元だったようです。

 

時は2015年。

海外の英国人男性がFacebookにある投稿をしました。

男性が約20年前に紛失したデジタル表示のカシオ製の時計を偶然、自宅の庭で発見したのです。

男性が時計を手に取ると、なんとその時計は

7分しか誤差がない状態でまだ動いていた

とのこと。

つまり、このカシオ製の時計は、

20年も止まらず動き続けていた

ということになります。

男性が、泥だらけになってもこの時計が動いていたという記事を投稿すると、それは瞬く間に世界中に拡散。

こうして、カシオ製の腕時計のタフさが世界中で再評価され、人気急上昇。

これがきっかけで、世界中で拡散されていき、それを目にした若い世代がカシオ製の腕時計に興味を示し、『チープカシオ』としてSNSでどんどん拡散され、またさらに人気が出る…。

という経緯があったのです。

世界で高機能さが再評価され、SNSで拡散、その後は日本でファッションとして取り入れられ、若者を中心に大人気…。

安価なカシオ製の腕時計は、最終的にユーザーの間から『チープカシオ』という愛称までつけられるようになり、

一種のブランド物

として、成功を収めたと言っていいでしょうね。

 

まとめ

若者を中心に、また、世界でも再評価されているカシオ製の時計。

中でも『チープカシオ』と呼ばれるカシオの1,000円程度の腕時計が、日本ではファッションアイテムとして大注目されています。

さまざまなデザインがあり、かつ安価で高機能なため、ファッション用として何本も気軽に持てることが、その人気の秘訣なのでしょう。

ちなみに、重さも軽いらしく、腕が疲れることもないため、毎日のように『チープカシオ』を着用することができます。

ネット社会となった今、SNSの隆盛によって、今まで注目されなかった何でもないアイテムが人気となることがあります。

皆さんも、SNSなどで最新のトレンドを追ってみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、あなたがトレンドの火付け役になるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事