星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

掟上今日子の備忘録の視聴率が悪い理由はガッキーではなく原作の色

投稿日

2015年秋(10月期)ドラマの一つとして、現在放送中のドラマ『掟上今日子の備忘録』の視聴率が一桁台を推移していて、

『視聴率が悪い』

とネットで囁かれていますよね。

なんでも、主演を務めるガッキーこと新垣結衣さんに視聴率低迷の原因があるという話もチラホラ耳にしますが、正直言ってこの手のタイプのドラマは、賛否が両極に分かれるタイプのドラマであり、視聴率が悪くなる理由もある程度は、想像出来る話でした。

では、『掟上今日子の備忘録』が、何故、視聴率が何故悪いと言われるようになってしまったのでしょうか?

視聴率が取れないのは、本当にガッキーの責任なのか、その理由・原因を、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪く酷評も…

掟上今日子

寝てしまうと、それまで記憶していたことがリセットしてしまう、という特殊な病気に罹っている探偵・掟上今日子と、"厄介"という名前が影響し、あらゆる災いが降りかかり、事件に巻き込まれてしまう隠館厄介が、コンビを組み事件を解決するドラマ『掟上今日子の備忘録』。

まさに、ミステリーを見やすく、時にコミカルに描いた斬新なドラマ『掟上今日子の備忘録』が、2015年秋(10月期)ドラマとして放送されているわけですが、そのコミカルな一面が仇となっているのか、もしくは主演を務める新垣結衣さんに問題があるのか、何故かドラマの視聴率が悪いようです。

とは言っても、今期のドラマで断トツで視聴率が悪いというわけではなく、『家政婦のミタ』や『〇〇妻』、『花咲舞が黙ってない』など、好調だったドラマが多い中での話であり、今期のドラマの中では、中の下くらいの視聴率と言えるでしょう。

初回視聴率は12.9%と良い立ち上がりを見せていたのですが、徐々に視聴率は衰退を始め、『掟上今日子の備忘録』第6話では、更に視聴率が悪化し、7.6%にまで下落してしまう、という事態に陥ってしまっています。

特に『掟上今日子の備忘録』第6話の視聴率が大幅に落ちた理由の考察は、後ほどお話しますが、いずれにしてもこのドラマの主演を務めるガッキーに視聴率が悪い原因として、非難が集中してしまう結果となっています。

まぁガッキーはこのドラマ『掟上今日子の備忘録』の主演ですから、それは仕方ありません。

視聴率が右肩下がりの傾向にありますし、いくら平均視聴率10%台をキープ(6話放送終了時で、10.24%)しているとしても、このままでは一桁台まで落ち込むことが考えられますし、少し気がかりですね。

正直、賛否が大きく分かれるタイプのドラマであるだけに、なかなか視聴率を獲得することは難しいとは思いますが、何とか奮起して、平均視聴率10%台をキープし続けてほしいものです。

 

『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪い理由

掟上今日子

ネット上では、ドラマ『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪いと言われ、その理由が主演を務めるガッキーこと新垣結衣さんにある、とネットでは噂されていますよね。

やはりドラマの視聴率が悪いと、主演にその責任が全部降りかかり、

『演技力がない』

『時期尚早』

とかいろいろ批判されてしまうものです。

しかし、筆者としては、『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪いのは、本当にそれだけが理由とは、とても思えません。

確かに、これまでの清純派の役と比較すると、探偵でありながら、かなりチャラく、今時の女子高生というような印象すら伺える、軽いノリのキャラクターをガッキーが演じられていますが、決して彼女の演技に問題があるわけではありません。

これはドラマ放送前から、筆者も予測していたことですが、そもそも、コメディ色の強い探偵系ドラマは、金田一耕助シリーズや、浅見光彦シリーズなどの、本格ミステリー作品のファンからしてみれば、どうしても茶番に見えてしまいます。

とくに視聴率が悪かったと言われている、『掟上今日子の備忘録』第6話放送分では、何故か学校に婦人警官がピンポイントで登場していますよね。

それも何故か学園の校門前らしきところだけでの登場…

まぁ、何か事件が起こっていて、その通報を受けた婦人警官が学校に来ていた、という設定ならまだしも、通報を受けて捜査をしているのは別の刑事。

その真相を探ろうとした、掟上今日子と隠館厄介のことは、その刑事と知り合いです。

しかも、学校の事務員として隠館厄介は、学校に勤務しているのです。

もうどう見ても、全く必要のない婦人警官が、何故ドラマに登場するのか、全くもって意味不明です。

ましてや、いきなり隠館厄介を怪しみ、職務質問する設定なんて、矛盾だらけで不自然すぎます。

現れるタイミングといい、全てにおいて、あまりにも不自然極まりないのです。

あくまで制作サイドが、吉田沙保里選手のレスリング選手としての知名度にあやかって視聴率を稼ぎたいと画策し、婦人警官として起用されたのだと思います。

それこそ茶番であり、吉田沙保里選手自身、レスリングに集中すべきで、ドラマに出演している場合ではないはず…

しかも、もう一人誰かわからない人物まで連れて来ているというのですから、もう何がなんだかといった感じです。

あくまで筆者個人の感想ですが、吉田沙保里さんと、もう一人の人物が扮した役は、どう見ても婦人警官に扮した不審者にしか見えなかったというのが率直なところです。

ただ、これも『掟上今日子の備忘録』なら全く問題ない演出だったりするのです。

そもそも『掟上今日子の備忘録』は、ミステリーファンから言わせれば完全に茶番です。

ミステリーでは、犯人が撹乱するために用意した無駄な設定を除いては、推理に必要となる設定しかおいていないのが定石です。

しかし、『掟上今日子の備忘録」には、そういったセオリーが一切ありません。

何よりもミステリーを観たいけど、とっつきにくいと思い込んでいる視聴者を取り囲もう、というのがドラマ『掟上今日子の備忘録』の狙いなので、コミカルに描くために、こういう無駄を配置するのが、逆に定石となっているのです。

当然、純粋なミステリーファンの一部は、これを不快に思うでしょうし、賛否が分かれ、『掟上今日子の備忘録』の視聴率が大幅に下がる理由の一つになるのは明らかです。

『掟上今日子の備忘録』第6話の視聴率が大きく下落したのも、そういった背景・理由があるのだと筆者は考えています。

こういった不自然すぎる設定があからさまに、視聴率を下げる結果に繋がったのでしょう。

そして、特に『掟上今日子の備忘録』第6話では、舞台設定も女子校であり、狂言めいたものであったわけですから、どちらかと言えば、女子校の日常を映しだしただけ、という見方も出来ます。

やはりミステリーから離れ過ぎてしまった印象は拭えず、『掟上今日子の備忘録』の視聴率が落ちたのでしょうね。

確かに、チャラい印象のガッキーに抵抗があるのか、何かにつけて彼女の責任に転嫁したい気持ちはわからなくはありません。

大体、ガッキーが主演ですし、そういう運命であるのは、彼女自身よく理解していることでしょう。

ただ、この『掟上今日子の備忘録』は、茶番を前提としたコミカルなミステリー。

ミステリーファンが思い描くような、サスペンス要素満載の事件や、難解なトリックはそんなに出てきません。

登場するトリックも意外と簡単だったりしますし、あくまでミステリーを分かりやすく、なるべく多くの人に見てもらいたい、というのが目的だと思われる作品なので、サスペンス系ドラマとは、かけ離れたものになるのは、ごく自然なことです。

逆に言えば、それこそが、『掟上今日子の備忘録』の最大の魅力でもあります。

そんなコミカルさを演出している最大の要素が、登場人物にあります。

女探偵として登場する掟上今日子が、たった1日で全てを解決する優秀な探偵ながら、眠った瞬間に全ての記憶がリセットするなんて、本格ミステリーでは危なっかしくて使えません。

大体、事件は一つで終わるなんて決まっていませんし、連続して事件が起こったら、1日で解決できない可能性だって有ります。

もっと言えば、『掟上今日子の備忘録』第1話のように、睡眠薬などで眠らされたら一発で終わりです。

そんな危なっかしいキャラクターを、一般的なミステリーで主役には持ってこれないのは当然のこと。

また、『名探偵コナン』の毛利小五郎じゃないんですから、いたるところで事件を呼び込み、容疑者として疑われる隠立厄介というキャラクターも、かなりの違和感を覚えますよね。

それも、いつの間にか掟上今日子とコンビを組んで、事件を解決していくわけですから、これ以上、違和感だらけのキャラクター設定は、なかなか見られません。

何度も言いますが、違和感だらけのキャラクターを登場させ、コミカルに描くからこそ、『掟上今日子の備忘録』は、ミステリーを誰にでも楽しんでもらえるように完成されているのです。

どう考えても、本格ミステリーに不釣合いのキャラクターが、主人公となっているドラマですから、はっきり言って本格ミステリーを好む方たちには、全く不向きな作品です。

そういう方は、この『掟上今日子の備忘録』を観ずに、サスペンスドラマを観ればいいだけの話。

最初から、視聴率だけを意識していたら、こういう『掟上今日子の備忘録』といったドラマは作れないと思いますよ。

だから、平均視聴率10~14%あたりで、放送が終了すれば、筆者個人の意見を言わせていただくなら上出来です。

はっきり言って、今のところは何の問題もなく、程よい茶番としてのミステリードラマが描かれているように思います。

あくまでミステリーに対して『怖い』『難しい』など、負の印象を持ってしまい、興味があるけど敬遠しがちな視聴者の心に届くドラマとして、『掟上今日子の備忘録』には、コミカルで面白く描いて欲しいと期待しています。

 

掟上今日子の備忘録はフジ系であれば高視聴率?

掟上今日子

何かと厳しい評価を受けているドラマ『掟上今日子の備忘録』ですが、何故かネット上では、

『フジ系のドラマなら良かったのに』

という皮肉めいた意見も飛び交っているそうです。

その理由も、『掟上今日子の備忘録』が叩きだした視聴率7.6%(第6話分)なら、フジでは遜色ないどころか、優秀な視聴率と言えますし、間違ってもガッキーが批判されることは、一切ありません。

そもそも全体的な平均視聴率を見ると、初回放送の12.9%の影響もあり、10.24%と、月9ドラマ『5→9(5時から9時まで)』と比較しても、約1.4%しか差がありません。

フジテレビのドラマの中で、一番視聴率が取れているのが、月9ドラマで、そのドラマと大差がないというのであれば、ガッキーが責められる理由が全く無いことになりますし、逆に評価されることもあり得るわけで、まさに『フジテレビだったらよかったのに』ということになるのも頷けます。

一方、日テレ系は、何かと視聴率が良かったりするだけに、比較してしまうと、ちょっと視聴率が悪いだけでも、すぐに叩かれてしまいます

そういった背景もあり、フジテレビだったらよかったのに、と言われてしまっているのです。

ただ、筆者としては、『掟上今日子の備忘録』を正直ここまでよく頑張っていると評価したいです。

大体、題材からして賛否別れるテーマですし、これまでガッキーが演じてこなかったタイプの飄々としながらも、随所でチャラい性格が織り込まれていくキャラクターですから、元々イメージが違う、と批判される方もいらっしゃるでしょう。

『掟上今日子の備忘録』は、題材そのものが批判される可能性の高い題材なのですから、皮肉を言われることも致し方なしという部分があるのです。

もちろん、一部に批判されたとしても、これが好きな人には、とことん好かれるタイプの原作ドラマですから、平均視聴率が最終的に10~14%なら万々歳。

仮に一桁に落ちたとしても、8%後半で留められたなら御の字だと思いますよ。

あとは、『掟上今日子の備忘録』最終回に向けて、今の視聴率をキープ出来るような盛り上がりを見せてくれればと期待しています。

 

まとめ

ガッキーこと新垣結衣さん主演ドラマ『掟上今日子の備忘録』が、初回視聴率12.9%だったにも関わらず、徐々に右肩下がりとなり、第6話放送分が7.6%と低く、ここまでの平均視聴率が10.24%となってしまいました。

そのため、ガッキーに視聴率が悪い責任があるとか、フジテレビだったら視聴率が多少悪くても、それ以上に悪いドラマ・情報番組が多すぎるので、責任転嫁されることはなかった、というような皮肉まで言われる事態に…

しかし、元々が賛否別れる題材のドラマであることは明白で、ガッキーどうこうの問題ではなく、『掟上今日子の備忘録』は、むしろ結果を出していると思います。

ぜひとも、この調子でミステリーを分かりやすくコミカルに展開して欲しいと期待しています!

掟上今日子の備忘録の記事はコチラもよく読まれています!

掟上今日子の備忘録のドラマキャストとストーリー!新垣結衣が探偵役

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ