星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

掟上今日子の備忘録(ドラマ)の視聴率が悪い理由はガッキーと設定?

更新日:


2015年秋(10月期)ドラマの一つとして、放送されたドラマ『掟上今日子の備忘録』。

その視聴率が悪いと囁かれていたことを、みなさん覚えていますか?

正直、この手のタイプのドラマは、賛否が両極にわかれるドラマです。

視聴率が悪くなる理由もある程度は、想像できる話でしたが、なぜか一部からは、主演のガッキーこと新垣結衣さんに、その責任があるという話も…。

では、『掟上今日子の備忘録』が、なぜ視聴率が悪いと言われるようになってしまったのでしょうか?

視聴率低迷は、本当にガッキーの責任だったのか、改めてその理由・原因を、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

ドラマ『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪く酷評も…

掟上今日子

『寝てしまうと、それまで記憶していたことがリセットしてしまう』

という特殊な病気にかかっている探偵・掟上今日子。

『厄介』という名前が影響し、あらゆる災いが降りかかり、事件に巻き込まれてしまう隠館厄介。

この二人がコンビを組み、事件を解決するドラマが、『掟上今日子の備忘録』です。

ミステリーを見やすく、時にコミカルに描いた斬新なドラマ『掟上今日子の備忘録』が、2015年秋(10月期)ドラマとして放送されています。

ただ、そのコミカルな一面が仇となっているのか、もしくは主演を務める新垣結衣さん(ガッキー)に問題があるのか、なぜか『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪いようです。

とは言っても、当時のドラマの中で断トツで視聴率が悪いというわけではありません。

『家政婦のミタ』や『〇〇妻』、『花咲舞が黙ってない』など、好調だったドラマが多い中での話なのです。

ドラマの中で、『掟上今日子の備忘録』は、中の下くらいの視聴率と言えるでしょう。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.