星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

中国の食品偽装・汚染が超絶ヤバイ!食べると危険な物質が大量に!

更新日:

中国産の食品と言うと、なんだか怪しい雰囲気を感じてしまう昨今。

中国ではなんと、食品偽装・汚染が常習的におこなわれていて、もはやどれが安全で危険なのか見分けが困難になってしまっています。

過去には毒餃子事件や、マクドナルドの期限切れ鶏肉問題が日本で大騒ぎになりましたよね。

では実際のところ、中国の食品偽装・汚染問題はどこまで深刻なのでしょう?

本記事で、食品偽装・汚染問題など、中国の食の安全の真相を探ってみます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ますます深刻化!中国の食品偽装・汚染問題

皆さんは、

『中国産』

にどんなイメージを持っていますか?

笑ってしまうようなパチモノ、やたらと爆発する…。

など、さまざまなイメージがあると思います。

それでは、ターゲットを絞り、

『中国産の食品』

というと、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。

多くの人は、

「何となく食べたくない…」

と思うかもしれません。

それもそのはずで、中国では食品の汚染問題があまりにも多く、安全な食べ物などないと言えるほど、ひどい状況だからです。

 

たとえば魚。

中国では、息絶え絶えの魚を活き活きと見せるよう演出するために、謎の白い粉が使われました。

その白い粉は、中国で

"ゾンビパウダー"

などと呼ばれているのですが、その正体は日本で漂白剤などに用いられている

過酸化ナトリウム

だというのです。

この過酸化ナトリウムは、日本では食べるものには一切使われていません。

漂白剤や除菌剤、消臭剤などにしか使われていないのです。

具体的に過酸化ナトリウムを人体が摂取すると、どのような影響があるのかというと…。

身の毛がよだつような、とんでもない事実がわかりました。

実はこの過酸化ナトリウムには危険性があり、間違えて人が大量に飲み込んでしまうと、皮膚や粘膜が刺激され、

  • 口内や喉の痛み
  • 吐き気・嘔吐
  • 胃の不快感

が、初期症状として見られるそうです。

そして、最悪、

昏睡状態に陥ったり、呼吸困難を発症したりする

ことがあり、少量の誤飲でも、健康状態によっては、かなり危険なことになりかねない物質だというのです。

つまり、ゾンビパウダーが振りかけられた魚を人が食べることで、最悪、

命を落とすかもしれない

ということなのです。

しかも、このゾンビパウダーについて、中国・広西チワン族自治区水産研究所の副社長であるリー・シャオツェン氏は、

「魚のための健康補助食品のようなもので、問題ありません」

と断言しているという始末。

魚のための健康補助食品…?

もはや

「何言ってんの?」

と言いたくなる、あまりにもひどい言い訳ですよね。

また、魚においては、日本でも何度か問題となった食品偽装も行われています。

中国では、通常スーパーなどで売られている鮭の切り身が、

有害魚の切り身を鮭に偽装して売られていた

というのです。

有害魚というだけあって、人間が食べると人体に多大な影響をおよぼすと言われているため、

日本での販売は禁止

されています。

しかし、あくまで鮭として売られた場合は、中国ではその禁止の枠をスルーされてしまうそうです。

そのため、この有害魚を鮭と勘違いして食べた人は、恐ろしいことになってしまうかもしれないのです。

しかも驚いたことに、この有害魚は、中国では販売禁止にはされておらず、堂々と販売することも可能だそうです。

まだ堂々と売られていれば、それに手を付けなければ済む話で終わりますが、鮭と偽装して売られていれば、消費者は何も気にせず購入し、食べてしまいますよね。

そしたらどうなることか…。

日本でも、外国産のものを日本産と偽っていたニュースが一時期話題となりましたが、それが可愛く思えてしまうような大事件です。

中国のスケールがぶっ飛んでいますね…。

 

中国の危険な食品偽装・汚染問題一覧!

実は、中国の危険な食品偽装・汚染については、先ほど触れたような魚の問題だけではありません。

中国の食品偽装・汚染といえば、あらゆる食品に潜んでいて、

「中国産には手をつけるな!」

と言うしかない現状が待ち受けていたのです。

さっそく、その一例を紹介しましょう。

  • 冷凍ギョウザに有機リン系の殺虫剤成分・メタミドホスとジクロルボスが検出
  • 小豆からもジクロルボスが検出された(ジクロルボスは命を落とす危険性がある)
  • ナッツ類にアフラトキシンが含まれていた。(発がん性物質で、微量を摂取しただけで肝臓がんを発症する恐れがある)
  • サヤエンドウやインゲン、さらにはウーロン茶からも殺虫剤の成分が検出
  • 冷凍焼きアナゴから、大量の大腸菌群が検出された
  • きくらげやしいたけといった乾燥食品に漂白剤(二酸化硫黄)が使われている
  • 理髪店から回収された人毛からアミノ酸を抽出加工して作られた『人毛醤油』が輸入されていた(中国報道によれば日本にも輸出されていた?)
  • 粉ミルクがメラミンで汚染されていた
  • 下水道の汚水を再生食用油として使い、それをラードとして偽っていた
  • 人間の汚物から食用油を作っていた(そのグループは逮捕済)
  • カドミウムを含んだ米が流通した(カドミウムはイタイイタイ病の原因となったものの一つ)
  • 可塑剤が入った酒類・しょうゆを販売(可塑剤はプラスチックなどを柔らかくするために使うもの)
  • 中国製の冷凍食品から、基準に反する農薬が検出される
  • 狐や鼠の肉を牛や羊の肉として販売
  • ポップコーンを白くみせるため、漂白剤に漬け込んだ
  • 落花生の皮を黒く染めるため、重金属を使った
  • ニラに硫酸銅をふきかけて出荷(硫酸銅は劇物)
  • 廃液セメントを溶かし、香料を混ぜたものをミルクティーとして出荷
  • 豚肉を染色して牛肉と偽って販売
  • ホルマリン漬けにした残飯の肉を牛肉棒として販売
  • 白ゴマを大量の墨汁に漬けて黒ゴマとして出荷
  • スイカに化学薬品を使いすぎて、中毒症状や白い泡が発生、さらには爆発が起きた(!?)
  • 腐った肉塊の詰まった北京ダックをパック売り
  • 添加剤に浸して染色した饅頭を売っていた

これでも、まだ全てを紹介しきれていない状況です。

それなのにこの数、そして内容もえげつないものがあり、もはや恐怖としか言いようのない汚染・偽装。

これが中国では常習的におこなわれているのです。

それにしても、化学薬品を入れ過ぎて、スイカが爆発とは…。

中国ではスマホやトイレの便器が爆発する爆発大国だとは知っていましたが、スイカまで爆発してしまうんですね。(笑

ただ、笑い事では済まされないものもあります。

命の危険に関わるような有害物質まで含まれていたり、染めるために重金属を使う、さらには人毛の醤油は日本に輸出されたおそれまであるのです!

まだ野生で生活をしていたほうが安全ではないかと感じるほどの食品偽装・汚染…

日本では耳を疑いたくなるような出来事が、中国では起こっているわけです。

このような現実を知ってしまったら、もう二度と中国産の食品を手に取りたくなくなるのも、うなずける話でしょう。

 

まとめ

中国で何度も繰り返し起こっている食品偽装・汚染問題は非常に深刻です。

有害物質を含んだ食品、重金属や漂白剤で染めた食品、挙句の果てには爆発するスイカ…

中国だけの問題で済むはずもなく、過去には日本で中国毒餃子事件なども起きてしまっていますし、輸出されてきた中国産の食品も注意が必要です。

ただ安いからといって中国産の食品を手に取り、家族そろって健康被害に…

そんな事態は避けたいところ。

身の安全を一番に考えるのであれば、中国産の食品には手を出さないようにしたほうが賢明でしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.