星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

真田丸のドラマ撮影場所はどこ?原作・脚本と織田信長役は誰?

更新日

2016年の大河ドラマとして、放送スタートとなる『真田丸』。

このドラマの主人公「真田幸村」役として、キャスティングされたのは、皆さんご存知の通り、堺雅人さんです。

堺さんは、2004年放送の『新選組』、2008年放送の『篤姫』に続く、3度目の出演で、今度は主演としての起用とあって、多くのファンから期待されているみたいですね。

さて、そんなNHK大河『真田丸』ですが、既にクランクインはされているみたいで、ネット上でも撮影場所や、『真田丸』原作、脚本のこと、織田信長を演じるキャスト予想など、何かと盛り上がっているようです。

そこで、本記事で、真田丸の撮影場所や、原作・脚本、織田信長を演じるキャストを探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

堺雅人主演NHK大河『真田丸』の撮影場所は?

ueda

吉田松陰の妹であり、明治維新から、新たな時代の政治に大きく携わる人物、楫取素彦、久坂玄瑞、吉田松陰、高杉晋作などを影で支えた人物『久坂美和』の半生を描いた物語として、描かれた大河ドラマ『花燃ゆ』。

いよいよ、この『花燃ゆ』もクライマックスを向かおうとしています。

そして、続いて2016年から放送されるのが、堺雅人さん主演のNHK大河ドラマ『真田丸』です。

この『真田丸』の舞台は、真田幸村や、父:昌幸、兄:信之と、共に拠点にしていた上田城がある、長野県上田市となっています

そもそも、真田家は武田信玄の家臣でしたが、信玄の息子である武田勝頼が衰退し、武田家が没落・滅亡し、真田家が独立した際に、上田城を構えて拠点としたようです。

『真田丸』の主人公である真田幸村が、活躍するのは、そのさらに後の大坂の陣でのことですし、資料そのものがほとんど無いと言われているだけに、NHKの大河ドラマで、どのようにストーリーが描かれていくのか、非常に楽しみです。

さて、そんな『真田丸』の撮影場所ですが、基本的には長野県上田市や、山梨県北杜市で撮影されているようです。

先程からもお話しているように、元々真田家は武田信玄の家臣であり、武田家の拠点が甲斐国(現:山梨県)ですので、真田家の拠点である上田市や、山梨県を撮影場所とするのは、最もな話でしょう。

そのほか、理由までは分かりませんでしたが、岩手県奥州市や、遠野市にある、ふるさと村の、のどかな風景で撮影されているそうです。

一体、どんなシーンで、岩手ののどかな風景が使われているのでしょうか。

その辺りにも注目しながら、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』を楽しみにしたいものですね。

 

真田丸の原作・脚本を手掛けるのは?

2016年から放送スタートするNHK大河ドラマ『真田丸』は、先ほどお話したとおり、真田十勇士などの題材にも用いられた戦国武将:真田幸村の半生を描いた物語です。

既に、昨年から、主人公:真田幸村のキャストは、堺雅人さんと決定し、何かとネットニュースで取り上げられているので、その話はご存知だと思います。

そして、ちょうど同じ頃、脚本に関しても公表されていましたよね。

この『真田丸』に原作は無く、完全オリジナルストーリーとなっていて、その脚本を手掛けるのが、あの三谷幸喜さんだということで、こちらも何かと話題になっています。

三谷幸喜

三谷幸喜

それもそのはずです。

本来、三谷幸喜さんは、どちらかと言うとコメディドラマ・映画を手掛けるタイプ脚本家であり、王道ドラマとも言われる大河ドラマの脚本のイメージはあまりありません。

一応、2004年の『新選組』で脚本を手がけていますが、『新選組』というドラマは、どちらかと言うと異色のドラマであり、主人公は「近藤勇」役の香取慎吾さんでしたが、沖田総司や土方歳三などが主人公であってもおかしくありませんし、正直、誰でも主人公になれるドラマです。

もちろんシリアスで、キリッと締まるシーンも多数用意されていましたが、どちらかと言えば活気あふれる男集団の物語という印象が強く、それは、『花燃ゆ』であるところの吉田松陰(吉田寅次郎)が生きて、松下村塾を開いていた頃の印象にも似ています。

『花燃ゆ』は、松蔭も久坂玄瑞も高杉晋作も亡くなりますし、ヒロインである草加美和(杉文)の人と人をつなぐ絆をテーマに描かれたドラマなので、特に後半はガラリと変わっています。

そのことを考えても、時にエネルギッシュで活気が見られ、時に無邪気さや天真爛漫さを見せてくれるような、まるっきりコメディと言う形ではなく、またひと味違ったポップなドラマとして展開されていく『新選組』は、NHK大河ドラマとしては、異色中の異色のドラマと言えました。

しかし、『新選組』そのものは決して歴史の主人公ではなく、三谷さんもおっしゃるように、時代に取り残された敗者であり、次の『真田丸』の主人公である真田幸村も歴史的敗者であることに違いありません。

だからこそ、多少ドタバタしたとしても、そこが味・魅力となっていくのでしょう。

事実、全くNHK大河のイメージが無かった三谷幸喜さんが手がけた、2004年放送の『新選組』は、視聴率平均視聴率17.41%と、まずまずの支持を得ていました。

まぁ、イメージが合わないと思っていた視聴者もいたために、まずまずの結果となったのだと思いますが、その経験を得て、映画『清須会議』も大ヒットを収めたていらっしゃいます。

それだけに、真田丸で

『戦国時代が好き』

と語っている三谷幸喜さんが、その歴史好きを活かして、どんな脚本を手掛けるのか…

いろんな意味でNHK大河ドラマ『真田丸』を楽しみにしたいものですね。

真田丸で織田信長を演じるのは誰?

NHK大河ドラマ『真田丸』のキャストが続々発表され、兄:真田信之に大泉洋さん、父:昌幸に草刈正雄さんを起用する、大胆なキャスティングも見られています。

その象徴と言うべきキャストが、佐助(猿飛佐助)役の藤井隆さんです。

佐助と言うと真田十勇士の中でも中心の人物で、ゲームなどで知られる佐助のイメージは、実にクールでイケメンと言う印象のキャラクターですが、何故かお笑い芸人の藤井隆さんという、クールでイケメンという佐助のイメージから離れたキャストが起用されています。

他にもまだまだ大胆といえるようなキャストが起用されているので、彼らがどんな風に『真田丸』で役を演じてくれるのか期待したいものです。

ただ、大胆といっても、そこは三谷幸喜さん脚本のNHK大河ドラマですから、これまで三谷ファミリーとして起用されている、西村雅彦さん、大泉洋さん辺りがキャスティングされるというのは、これはもう一つのカラーでもあります。

さて、肝心の『真田丸』の「織田信長」役ですが、今のところまだ決まっていません。

藤岡弘さんが「本多忠勝」役を演じるなど、それなりに役に適したキャラクター性を持つキャストが起用されている『真田丸』なので、織田信長という人物を演じ、その上で、なおかつ三谷カラーを出せる俳優というと、佐藤浩市さんの他に無いだろうと筆者は考えています。

佐藤浩市

佐藤浩市

佐藤浩市さんは、『マジックアワー』や『オリエント急行◯人事件』など、数々の三谷作品に出演された三谷ファミリーの一人です。

三谷ファミリーとしての実績は、『古畑任三郎』で起用された西村雅彦さんよりも佐藤浩市さんの方が上かもしれません。

それだけに、威圧感もあり、オーラをもっている佐藤浩市さんに織田信長の白羽の矢が飛ぶかもしれませんね。

実際に、他のネットユーザーも、佐藤浩市さんが織田信長になるのでは?という話をされていますし、現段階では、まだ予想の範疇でしかありませんが、2016年に誰が織田信長を演じるのか、非常に楽しみにしたいところです。

 

まとめ

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の放送が、あと1ヶ月ちょっとでスタートしますよね。

既に、ドラマの撮影は開始して、その場所としては長野県上田市、山梨県北杜市で撮影されているようです。

その他、岩手県奥州市や、遠野市にある"ふるさと村"なども、『真田丸』の撮影場所として起用されていますので、具体的にどのシーンで、この中のうちの、どの風景が映し出されていくのか、楽しみに見させていただきたいものですね。

また、『真田丸』に原作は無いものの、脚本が三谷幸喜さんのオリジナルということで、キャストも非常に個性的なものとなるでしょう。

織田信長に関しては、残念ながらまだ決まっておりませんが、佐藤浩市さんではないか?という話もありますので、今から誰が演じるのか、その動向を見守りたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ