星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

ももクロが紅白歌合戦2015に落選?出場しない理由と卒業発表!

投稿日

先日発表された紅白歌合戦2015の出場者・アーティスト一覧を見ると、何故かももクロの名前が外され、不思議に思うファンも多かったようです。

これまでにももクロは3年連続出場していて、田中将大投手をはじめとする『モモノフ』という絶大なファンも多いですよね。

紅白歌合戦2015の柴崎哲也チーフプロデューサーが、囲み取材の中で言っていた

『今年の活躍・実績』

『世論の支持』

『演出・企画に沿う出演者』

という3つの条件に当てはまっているにも関わらずにももクロは落選。

そして、この発表を受けて、「紅白歌合戦卒業!」とももクロが発表したというのですが、一体どういうことなのでしょうか?

本記事では、紅白歌合戦2015でももクロが出演者から外れたその理由を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

衝撃!ももクロがNHK紅白歌合戦2015から落選

ももクロ

ももクロ

国民的アイドルグループであるAKB48と肩を並べるほど、絶大な人気を誇るアイドルグループももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が、紅白から落選!!

まさに衝撃の事実が、先日の紅白歌合戦2015の発表で告げられ、何か一つの時代の終焉を告げたかのように錯覚したファンも出てしまいかねないような事態が起こりました。

毎年紅白歌合戦は、その年を象徴とするような話題のアーティスト、世間での人気度などが反映された形で選出されています。

それ故に、28作連続オリコン1位を獲得しているAKB48や、その姉妹グループで松井珠理奈を中心に活躍されているSKE48、AKB48グループの公式ライバルグループで、2015年はアニメ主題歌も手がけた乃木坂46、世界からも多くのファンを獲得しているももクロなど…

ここに上げたアイドルグループは、ほぼ間違いなく実績を残していて、紅白歌合戦にも出場するとばかり睨んでいたファンは多かったはず…

しかし、いざ紅白歌合戦2015の蓋をあけて観れば、AKB48と乃木坂は出場したものの、共に3年連続出場していたSKE48と、ももクロが落選する事態が起こっていたのです。

確かにアイドルグループばかり出演させてしまうと、紅白歌合戦の独自性が阻害され、マンネリ化に繋がってしまいますので、NHK運営側としては、その事を危惧したのだろうと理解はできます。

しかし、2015年に目立った活躍が見られていない印象のあるNMB48が出場している中、SKE48とももクロの落選は、まさかの出来事です。

今でも一体何故NHKは、SKE48と、ももクロを落選させたのか、とかなり疑問が残るほど…

とくにももクロに至っては、田中将大投手も大ファンであるとして有名で、彼のように海外からファンになられている方も結構いらっしゃるそうです。

それだけ毎年人気の高いアイドルグループが、何故2015年は、急に落選となってしまったのでしょうか?

実に不思議な話ですが、これも一つの時代の終わりなのかもしれないと、感慨深く発表を見届けた次第です。

 

ももクロが紅白歌合戦2015を落選・卒業した理由

紅白歌合戦

紅白歌合戦

先程もお話したように、紅白のチーフプロデューサー柴崎哲也氏が囲み取材の中で言っていた『今年の活躍・実績』『世論の支持』『演出・企画に沿う出演者』という3つの条件に、ももクロが当てはまっているはずなのに、落選してしまいました。

他にも、きゃりーぱみゅぱみゅ、SKE48など、最近の常連メンバーが2015年は落選してしまっていますし、本当に紅白歌合戦2015出演者発表時の光景が異様にすら見えてくる次第です。

実際に、紅白歌合戦2015の会見後、ある芸能記者が囲み取材の中で、何度も

『個別のアーティストに対する落選理由が何なのか?』

と、質問されています。

しかし、NHK側は、個別の質問には対応できないと一点張りで、いっこうに答えが返ってこなかった模様。

さらに、このももクロの紅白歌合戦2015の落選を受けて、すぐさまももクロが公式サイトで、

「紅白から卒業する」

と発表をしてしまうのです。

そのためNHKからオファーがあったものの、ももクロがオファーを蹴ってしまったのではないか?という話も飛び交い、また、一方では紅白から落選を言い渡され、それなら別の道を辿ろう、とももクロが紅白卒業を決意したのか、という話まで、様々な話が飛び交っています。

そこで、いろいろ調べていくと、少なくとも今回のももクロの紅白歌合戦2015落選の話は、ももクロがNHKのオファーを蹴ったということではなく、あくまで、落選であること分かりました。

というのも、ももクロのメンバーである佐々木彩夏が自身のブログで、紅白落選を受けて、

『本当に悔しい』

と、本音を吐露していることが発覚し、自ら紅白歌合戦の落選と明示しているのです。

この話を見ると、明らかにももクロがオファーを蹴るということはありえない話であり、あくまで単純に落選したために、それならもう紅白に振り回されずに自分たちの道だけ歩もうと、年末にカウントダウンライブをスケジュールに入れたのでしょう。

では、NHKは何故、ももクロを落選させたのでしょうか?

ここから先は、あくまで筆者の推測でしかありませんが、きゃりーぱみゅぱみゅさんが熱愛&破局報道を受けたこの一年で、イメージが悪いと判断されて外された節が伺えることを見ても分かるように、NHKとしては出演者が抱えるスキャンダルのイメージは避けたいようです。

その事を考えると、ももクロも、ある一つの騒動が、大きな余波となって紅白歌合戦2015の落選に繋がってしまったのでは?と思えて仕方ないのです。

その一つの騒動とは、2015年10月31日に開催された福岡での、ももクロ男性ファン限定ライブ『男祭り』に対して、女性団体が猛批判し、ネットや報道番組を巻き込んで大騒動となったことです。

ももクロ男性限定ライブ『男祭り』

ももクロ男性限定ライブ『男祭り』

常識的に考えて、あくまで演出の一つとしてやっているだけの話なのに、意味もわからず男女平等に反すると、こういう時ばかり男女平等を振りかざす卑怯な女性団体によって、ももクロのイメージが悪くなるような話にもなりましたよね。

ただ、大多数が、

『何が悪い?』

と、ももクロを擁護されているので、イベントそのものも問題なく開催され、無事に閉幕しています。

しかし、NHKとしてはイメージを気にして、大人の事情を振りかざして、ももクロを落選させた可能性は十分考えられます。

また、そんな大人の都合で、何の落ち度の無い、ももクロとしても、明確な理由もなく紅白歌合戦を落選させられるなら、今後は出ないと卒業を決めた…

そのように考えると、ももクロの紅白歌合戦の卒業の理由としても、十分に納得がいくでしょう。

いずれにしても、ももクロファンがショックを受けていることは、間違いないですし、大人の事情で傷つくのは、ももクロよりもファンですから、もし、これが仮に本当なら、こういうお粗末極まりないことはしないほうが良いと思いますよ。

 

ももクロの紅白歌合戦卒業でファンの反応は?

考える女性

ももクロが紅白歌合戦を落選をしたことで、『紅白卒業』を発表し、そのことでファンはショックを隠し切れない模様ですが、その裏では、紅白だけが全てではないと、ももクロを何処までも信じ抜いて、ついていくというファンが結構いらっしゃいました。

確かに音楽番組だけを見ていても、年末は、紅白歌合戦しか無いわけではありません。

スキャンダルによって、紅白歌合戦出場から遠のいた小林幸子さんも、地道に活動していく中で、ラスボスという愛称で若者たちから慕われ始めましたよね。

ももクロは、紅白歌合戦に頼ること無く、モモノフという絶大なファンがいますし、とくに紅白歌合戦を落選し、自ら卒業したとしても、同日にカウントダウンライブを開催すれば、本当のももクロファンは、そちらになびいていくことでしょう。

ももクロファンが言うように、紅白が全てではないことは明白ですので、これに落ち込まずに我道を信じ、ももクロらしく、多くのファンに魅力を与えるアイドルグループで居続けて欲しいと願うものです。

 

まとめ

ももクロがNHK紅白歌合戦2015の落選を受けて、『紅白卒業』を公式ブログで発表し、ファンたちに衝撃が走りました。

あくまで推測ですが、先日福岡で開催された男性ファン限定ライブである『男祭り』に、女性が参加できないのは不平等という意味不明の抗議によって、ある種のスキャンダルになり、NHKから考慮され、大人の事情で落選したのだと思われます。

しかし、ももクロとしては、男祭りも含めて何も落ち度は無く、自身のポリシーを捻じ曲げてまで、紅白歌合戦に参加する意味が無い、と紅白卒業を示唆したのでしょう。

ももクロの卒業発表は、何も悪い話ばかりでは無いので、これからも、ももクロらしくファンに愛されるアイドルグループとして、居続けて欲しいと願うばかりですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人