星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

愛内里菜が引退した理由は病気?改名して歌手復帰後の今後は?

投稿日

みなさんは、アニメ『名探偵コナン』の主題歌『恋はスリル、ショック、サスペンス』などを歌っていた、歌手:愛内里菜さんのことをご存知でしょうか?

愛内里菜さんは、5年ほど前までアニメ主題歌を中心に、歌手として多くのファンから愛され続けていましたが、突如、芸能界を引退し、現在は、ドッグリフレクソロジスト、愛護動物取扱管理士、ドッグヨガトレーナーとして、第二の人生を歩んでいるそうです。

そんな愛内里菜さんが、5年ぶりに再び歌手として芸能界復帰し、トークライブに出演されているそうですが、そこに至るまでの経緯や、復帰理由には、どんな背景があるのでしょうか。

また、愛内里菜さんの今後についても気になりますので、本記事で真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

アニメ界で慕われた歌手:愛内里菜の芸能界引退劇

konan

テレビアニメ『名探偵コナン』をこよなく愛する者なら、その名を知らないのは"モグリ"と言っても良いといえる程、アニメ『名探偵コナン』で数々の主題歌を担当し、多くのファンから愛された歌手:愛内里菜さん。

筆者も『名探偵コナン』は、好きなアニメ作品の一つであり、主人公であるキャラクター・江戸川コナンが、パラパラを披露するOPで流れる『恋はスリル、ショック、サスペンス』は、鮮明に覚えていて、今でもその映像を懐かしみ、たまにニコ動などで観たりもします。

その他、劇場版『名探偵コナン』銀翼の奇術師の主題歌であるDream×Dreamを手がけたのも、愛内里菜さんです。

それだけ、愛内里菜さんは、『名探偵コナン』と縁の深い歌手だったのです。

さて、そんな愛内里菜さんが、突如芸能界を引退し、テレビから完全に姿を消してしまうのです。

当時、多くのファンは、そのショックを隠しきれなかったそうですし、愛内里菜さんの復活を期待しているファンも多かったと話を聞きます。

そして、この5年、愛内里菜さんは、ドッグリフレクソロジスト、愛護動物取扱管理士、ドッグヨガトレーナーの資格を取得し、ドッグブランド『Bon Bon Copine』のプロデューサーを勤めながら、動物たちに囲まれた第2の人生を歩んでいくのです。

アニメ業界では、声優・水樹奈々さんのように絶大な人気を誇っていて、かつてはTHE BASEBALL 2003のテーマソングとして用いられた『FULL JUMP』を引っさげ、NHK紅白歌合戦に出場したこともあります。

同じようにアニソンだけでなく、J-POPで多くのファンを魅了し続けた愛内里菜さんの引退は、芸能界に衝撃をあたえたことでしょう。

そんな愛内里菜さんが何故引退したのか…

その理由は、ズバリ病気によるドクターストップでした。

愛内里菜さんは、芸能界引退する2010年に、甲状腺の病気に掛かってしまい、歌い続けることができなくなってしまったそうです。

甲状腺の病気と言っても、それだけではわかりづらいと思います。

その代表として知られるバセドー病・橋本病という病名は、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ざっくり言うと、喉仏の下にある身体の成長や、新陳代謝を司るホルモンバランスをコントロールする甲状腺の異常が起こると、大量の発汗による寒気を感じたり、動悸・息切れ、めまいなどを引き起こすなど、様々な症状を引き起こしてしまう病気が甲状腺異常。

愛内里菜さんの場合は、度重なるめまい、のどの不調、内出血、過呼吸症状にまで及び、とても歌を歌うどころではなかったと聞きます。

そういえば、芸能界の中でも、甲状腺の病気を患っている歌手は結構多く、絢香さんや、元ピンクレディの増田恵子さん、岩崎宏美さん、X JAPANのYoshikiさんも、甲状腺異常を抱えていらっしゃいます。

ひとえに甲状腺異常と言っても、症状も様々で、なんとか上手く付き合いながら歌手活動を続けている方もいれば、生活していくのも困難というくらい厳しい方もいらっしゃいます。

愛内里菜さんの場合は、歌手としての生命とも言える喉の不調も訴えていたそうですから、ドクターストップを受けて、やむを得ず歌手を続けることができなかったのでしょうね。

愛内里菜さんにとっても、非常に辛い選択だったのだと思いますが、当時はそれしか道が無く、それで第2の人生を歩んでいったのだと思いますよ。

 

ファンが待ち望んだ愛内里菜の芸能界復帰

rina_a

歌手:愛内里菜さんは、甲状腺異常によるドクターストップを受けてしまい、芸能界を引退してからの5年、全く音楽から離れた生活をされてきました。

新たな人生を歩んでいくために、ドッグリフレクソロジスト、愛護動物取扱管理士、ドッグヨガトレーナーの資格を取り、愛内里菜さんは動物たちに囲まれた生活を営んでいるそうです。

そんな愛内里菜さんが、2015年9月に放送された、テレビ東京系の番組『THEカラオケ★バトルスペシャル』に出演し、再び歌手活動されていた頃の美声を響かせ、視聴者たちを魅了し、注目を受けることになります。

そして、愛内里菜さんは、芸名を垣内りかに改名し、歌手として芸能界に復帰するのです。

ちなみに、愛内里菜さんが改名した理由は、本名である垣内里佳子に近い名前に変えることで、ペット業界でも認知されたかったためなんだとか…

要は、愛内里菜という名前に頼ること無く、しっかり地に足を付けて地道に頑張っていきたい、ということなのでしょう。

そして、ペット業界の実業家として、愛内里菜さんは成功を掴み、甲状腺の病気もだいぶ回復したということで、再び芸能界に復帰されました。

改名はされていますが、愛内里菜さんが前向きに病気と戦い、そして、実業家としても成功を収めたことを多くのファンが喜び、尊敬されているという話もあるようです。

そして、愛内里菜さんがまた再び歌手として活動を再開したことに歓喜しているファンも多いとか…

それだけファンが待ち望んだ愛内里菜さんの復帰でしたから、先日開催されたトークライブでも、思わず涙ぐむファンも多く見られたそうです。

まだ新曲をリリースするという話などは出ておらず、トークライブでも愛内里菜さんが披露したのは、宇多田ヒカルさんの『First Love』、椎名林檎さんの『ギプス』のカヴァーを含めた12曲のみ。

しかし、病気を克服し、復帰してくれたことが何よりも大きく、ますます愛内里菜さんを支持するファンは増えていくでしょう。

まだ愛内里菜さんは、病気が完治したわけではないので無理はできませんが、ペット業界での成功を維持し続けながらも、歌手として、またあの頃のような活躍を魅せてくれると期待しています。

 

愛内里菜が芸能界復帰した理由と今後

rina_a2

それにしても愛内里菜さんが、"垣内りか"に改名し、ペット業界に転身して実業家として成功していたのに、何故再び歌手としての道を歩もうとしたのでしょうか?

普通だったら、別の道で成功しているわけですから、わざわざ歌手に舞い戻る必要は無いと思うものなのですが…

ただ、愛内里菜さんには、歌手に戻る明確な理由が2つ存在していました。

まずひとつは、歌手として歌を続けたい気持ちが、愛内里菜さん自身にまだあったこと。

やはり、甲状腺異常に見舞われ、やむを得ず突然歌手の道を断たれたわけですから、愛内里菜さんとしても、どこかで歌手を諦めきれない気持ちがあったのかもしれませんね。

そしてもうひとつは、ファンが大きく背中を押してくれたことにあります。

歌手の道は諦め、別の道を歩いていた愛内里菜さんですが、歌手:愛内里菜の復帰を願うファンの声が、ブログなどを通じて、多くコメントされていたことに感激し、ファンのためにも歌手として復帰したいと思うようになったそうです。

『名探偵コナン』のOP及び、EDを担当したアーティストとして、ZARD、倉木麻衣さん、B’Z、GARNET CROWと共に多数の楽曲を提供したアーティストとして、愛内里菜さんは絶大な人気を得ているため、もう一度彼女の声を聴きたいと願うファンは多いそうです。

そんなファンの後押しを受けて、愛内里菜さんは甲状腺の病気を克服し、なんとか歌手として復帰を果たしたのです。

そして、今後は、ペット業界でも成功していることから、ペット参加が可能なライブを開催して、ファンに還元していきたいと奮起されているそうです。

これまでのペット業界で事業活動と、元々愛内里菜さんをスターダムに押し上げた歌手としての活動を両立させながら、新たに「垣内りか」として、今後もファンから愛される歌手兼実業家として活躍されていくことと思いますよ。

 

まとめ

歌手の愛内里菜さんが2010年に突然芸能界から姿を消し、2015年に再びテレビ出演したことで、多くの人たちから注目されています。

芸能界から姿を消していた間、愛内里菜さんは甲状腺の病気と闘いながらの波乱万丈な人生だったそうです。

本当は歌手として活動をし続けたくても、なかなか身体が思うように動かず、歌手として命の次に大事な喉の不調や、過呼吸症状なども見られ、完全にドクターストップ。

しかし、実業家としてペット業界で成功する中、ファンの

『復帰して!!』

という何よりも大きい後押しを受け、甲状腺の病気を克服し、『垣内りか』と改名して、歌手として復帰します。

ぜひ、今後もファンの期待に応え続け、歌手・実業家として成功し続けて欲しいと願っています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人