星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

白鳥麗子でございますのストーリーあらすじと原作漫画ネタバレ!

更新日

皆さん過去に放送された『白鳥麗子でございます!』というドラマをご存知でしょうか?

1989年、漫画家:鈴木由美子の恋愛漫画として漫画雑誌『mimi』(講談社)に連載され、その後OVAやドラマ化。

さらに映画化されているのが、この『白鳥麗子でございます!』です。

とくにドラマ化は2度行われ、TBS版では鈴木保奈美さんを主演に起用し、4話の連続ドラマとして放送され、フジテレビ版では、松雪泰子さんを主演に起用し、2シーズンに渡りドラマ化されています。

そんな『白鳥麗子でございます!』が、約20年ぶりに連ドラとして帰ってきます。

そこで本記事では、『白鳥麗子でございます!』のストーリーあらすじと、原作漫画のネタバレをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

伝説のお嬢様系ドラマ『白鳥麗子でございます』

白鳥麗子でございます!

白鳥麗子でございます!

平成の時代に放送されたドラマの世界で、お嬢様系・お坊ちゃま系のドラマは、意外とあり、『メイちゃんの執事』で榮倉奈々さん、『花より男子』で井上真央さん『ヤマトナデシコ七変化』で大政絢さんなどが、女優としてブレイクしていくきっかけにもなりましたよね。

しかし、そんなドラマ達の元祖ともいうべきドラマとして、1989年(8月28日~31日)にTBSで4日間の連続SPドラマとして、1993年には(1月期、10月期)の連ドラとして、フジテレビで放送されたのが、『白鳥麗子でございます!』なのです。

TBS版は知らない人が多いかもしれませんが、フジテレビ版では、いまや伝説化されていると言っても良い、あの『花より男子』よりも衝撃的で、

『こんなお嬢様が世の中にいるのか?』

といった印象を多くの視聴者に植えつけたドラマとして大人気でした。

『白鳥麗子でございます!』のドラマ視聴率も第1シーズンでは、平均16.7%、最終回は20.8%の高視聴率を叩きだしたドラマとして、今でも語り継がれているそうです。

筆者としては、高飛車でプライドの高い主人公は、本当に大嫌いなタイプの人間で、普通だったら絶対に観ないドラマなんですが、何故か気がついたら魅入ってしまったドラマでした。

それだけ個性的で魅力的なドラマなのが、『白鳥麗子でございます!』であり、また、クールで時に冷たい印象すら与える大女優:松雪泰子という個性を、多くの視聴者たちに大々的に植え付け、彼女がブレイクしたきっかけになったドラマでもあります。

その後、松雪泰子さんは、『救命病棟24時シリーズ』、『きらきらひかる』、『家族狩り』などに、出演し、何処かクールでありながらも、時に壊れたように感情を爆発させるあの独特の演技力を存分に披露されていますよね。

松雪泰子さんの今があるのは、『白鳥麗子でございます!』で、腹が立つほど高飛車でプライドの高いお嬢様でありながら、時に恋に溺れ崩れていく様が魅力的なキャラクター:白鳥麗子を演じたことに全てが凝縮されているのではないか、と思うのです。

NHK朝ドラ『瞳』で注目され始めた榮倉奈々さんが一気に大注目され、さらに女優としての地位を確立したきっかけを与えたドラマ『メイちゃんの執事』も、実に独特の世界観が展開され、面白いドラマだったように記憶しています。

そのお嬢様系ドラマの先陣を切っていたドラマが『白鳥麗子でございます!』だったわけで、フジテレビ版では、これも伝説の音楽バンド『ZARD』が主題歌を提供(負けないで、きっと忘れないの2曲)されていたことも相まって、今でも支持されているファンは多いようです。

そんな伝説のドラマ『白鳥麗子でございます!』が、1995年の映画化以来、約20年ぶり(2016年1月放送)に帰ってきます。

今回の『白鳥麗子でございます!』の主演は、河北麻友子さんが務め、メーテレ制作のドラマとして、

tvk(テレビ神奈川)

テレ玉(テレビ埼玉)

チバテレ(千葉)

メ~テレ(名古屋)

KBS京都

サンテレビ(兵庫)

KBC九州朝日放送(福岡)

で放送されるそうです。

詳しい放送時間はまだ分かっていませんが、放送の際には、ぜひ今一度観てみたいものですね。

 

『白鳥麗子でございます!』のストーリーは?

白鳥麗子でございます!

白鳥麗子でございます!

伝説のドラマの一つとして、何度もテレビドラマ化され、今も記憶している視聴者が多い、と言われるドラマ作品『白鳥麗子でございます!』が、2016年に復活しますが、具体的な内容・ストーリーを知らない方もいらっしゃいますよね。

そこで簡単に、このドラマの内容・ストーリーあらすじをご紹介します。

まずドラマの内容としては、プライドが高く高飛車な性格で、常に世間の人たちを見下して歩く様なタイプのお嬢様・白鳥麗子が、幼少期から愛した「秋元哲也」に振り向いてもらいたい一心で、あの手この手使うものの、墓穴を掘って、波乱万丈な人生を送るドラマです。

周囲が苛立ちを通り越して、ドン引きするほど、高飛車でプライドの塊のような白鳥麗子が、恋愛に溺れてしまって、どんどん壊れていく姿が実にコミカルで面白く描かれていますよね。

それでも白鳥麗子自身は、プライドが邪魔して素直に恋愛に飛び込めない…

余計に不器用で不格好に見えるさまが面白いと評判になっているのが、ドラマ『白鳥麗子でございます!』です。

では、早速、肝心のストーリーあらすじをここでご紹介していきます。


 

プライドが高くて思い込みの激しいお嬢様・白鳥麗子は、幼少期の頃に「ブス」と悪口を言われ虐められますが、そんな彼女を唯一「かわいい」と言って救ってくれたのが、幼馴染の秋元哲也。

白鳥麗子は、そんな哲也に想いを寄せていきますが、元来のプライドが邪魔をしてなかなか告白できず、気がつけば大学生に…

そして、まるでストーカーの様に哲也を追いかけ上京する白鳥麗子は、今度こそ哲也への想いを告白したいと決意しますが、やはりプライドが邪魔をしてなかなか告白できず、振り向いてもらうためにあの手この手を使いますが、何故か墓穴を掘って、告白に至らず哲也にはスルーされてしまう始末。

そして、七転八倒しながら、ようやく哲也に想いを告白した麗子は、晴れて同棲生活を始めますが、そこでもお嬢様生活では考えられなかった波乱万丈の生活が展開されていくのですが…


 

以上が、簡単な『白鳥麗子でございます!』のストーリーあらすじです。

高飛車でプライドの高いお嬢様・白鳥麗子が、人を見下して終わるだけのドラマなら、きっと誰もが見向きもしないドラマで終わっていたでしょう。

かつて、このドラマで主演を演じた松雪泰子さん自身にも言えることですが、普段クールでプライドの高い麗子が、心情の変化によって泣き崩れたり、時に、取り乱し壊れていくさまが、高飛車な態度とのギャップを生んで面白いからこそ、爆発的に支持されています。

きっと今回の白鳥麗子もそんな表情を見せてくれると思いますので、3代目となる河北麻衣子さんの演技に注目してきたいものですね。

 

『白鳥麗子でございます!』の原作漫画ネタバレ

白鳥麗子でございます!

白鳥麗子でございます!

漫画コミック・OVA・ドラマ化と、幅広く展開され、多くのファンから支持され続けている『白鳥麗子でございます!』ですが、実は、この漫画には続きがあり『新・白鳥麗子でございます!』がリリースされていることをご存知でしょうか?

1992年9月に第1巻が発売され、それ以降5巻まで発売されていますが、実はこの漫画まだ終わっておらず、未完のまま永遠と時だけが流れているのです。

普通、連載中のものを除き、大抵の漫画はどこかで終わりを迎えています。

しかし、一部の漫画には、『続きがある』と告知しておきながら、いつの間にかフェードアウトするタイプの漫画があります。

『新・白鳥麗子でございます!』も第5巻の巻末に『第6巻に続く』と記載されているそうなのですが、そのまま時が流れ、今だに発売されていないのです。

まさか『白鳥麗子でございます!』の原作漫画が終わっていなかったとは、本当にびっくりな話ですよね。

『新・白鳥麗子でございます!』第5巻ラストでは、白鳥麗子がウエディングドレス姿になり、パパが『結婚は許さん』と式場に乗り込んでいくところで、終わっていくという話ですが、本当は麗子と哲也がゴールインするところが描かれて終わる予定だったのかもしれません。

もしかしたら何かの伏線があるのかもしれませんが、ちょっと消化不良のような終わり方ですよね。

なかなかこの事実を知らない方は多いと思いますが、そんなネタバレも『白鳥麗子でございます!』には隠れていたことが改めて分かった次第です。

『白鳥麗子でございます!』が気になる方は、ぜひ一度2016年から放送されるドラマをご覧になってみてくださいね。

もしかしたら、原作漫画では描かれなかった白鳥麗子の姿が見られるかもしれません。

 

まとめ

過去に何度もドラマ化され、1995年には映画化もされた伝説のドラマ『白鳥麗子でございます』が約20年ぶりに、メーテレ制作のドラマとして2016年1月に放送されます。

2016年版の『白鳥麗子でございます!』主演は、河北麻衣子さんが務め、またあのプライドの高い高飛車のお嬢様の壊れっぷりが観られるかと思うと、今から放送が楽しみです。

何故か、原作『白鳥麗子でございます!』は、未完のままフェードアウトしていますが、新ドラマでは、果たしてどんなストーリー展開を見せてくれるのか。

白鳥麗子と哲也は無事ゴールインを迎えることができるのか、非常に楽しみにしている方は多いだけに、ドラマでの動向に注目したいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ