星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

マリオテニスウルトラスマッシュ(WiiU)の評価レビューが超悪い理由

更新日

WiiUのゲーム『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、

『任天堂史上稀に見る駄作』

という評価・レビューを下されてしまっています。

確かに、先行発売された海外での『マリオテニスウルトラスマッシュ』の評価レビューが散々だった話は聞きましたし、日本でも、アマゾンを見ると、

星1評価が圧倒的に多い

という事態になっています。

では、なぜ『マリオテニスウルトラスマッシュ』は評価・レビューがここまで悪いのでしょうか?

そこで本記事では、『マリオテニスウルトラスマッシュ』のゲーム内容や、評価レビューの悪い理由や原因を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

WiiU『マリオテニスウルトラスマッシュ』とは?

『マリオ』シリーズのスポーツゲームと言うと、一番知名度が高いのは、キャメロットが開発している『マリオテニス』ではないでしょうか。

シリーズとして初めて登場したのは、『マリオテニス64』。

(厳密には、任天堂第一開発部が制作したバーチャルボーイ用ゲーム『マリオズテニス』がありますが…。)

この『マリオテニス64』は、最終的に100万本を超える売り上げを記録する大ヒットゲームとなりました。

その後も『マリオテニスGB』、『マリオテニスGC』など、『マリオテニスウルトラスマッシュ』を含めて7つの作品が発売されているのです。

そんな中、2016年1月28日に発売された『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、

シリーズ最低の販売本数

という不名誉な事態となってしまいました。

さらには2015年に先行発売されていたアメリカでは、

「『マリオテニス』シリーズどころか、『マリオ』シリーズ最低の作品」

とまで言われるようになってしまったのです。

では、一体なぜ、『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、そのような最低な評価レビューなのでしょう?

 

マリオテニスウルトラスマッシュのレビュー・評価は?

『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、海外でひどい低評価の嵐となっていました。

「これに50ドルの価値はない」

「これほど中身がスカスカで美しいゲームもなかなかない」

「間違いなく歴代最低ゲームです」

と、どこを見ても批判・批判・批判…。

海外では2015年11月に先行発売されていたため、日本では発売を待たずして、

「うわ、ここまでひどいのかよ…」

と嘆きたくなるような、海外ユーザーからの怒号・悲鳴・落胆の声が聞こえてきたのです。

『マリオテニスウルトラスマッシュ』の評価レビューした海外ユーザーの中には、

全シリーズをプレイしてきたが、『マリオテニスウルトラスマッシュ』で心を打ち砕かれた。

ショックで何と言葉にすればいいのかわからない…。

このような悲壮感溢れるコメントをしている人も見られました。

予めこういった状態を知っていたので、筆者は

「日本でも低評価の嵐になるんだろうなぁ…」

と思っていたわけで…。

そして、いざ『マリオテニスウルトラスマッシュ』が発売されてみると、案の定と言うべきか、日本でも最低評価の嵐となってしまいました。

実際に、アマゾンのレビューを見てみると、

123の評価のうち、星1が59

という、ほぼ半数近いユーザーが、『マリオテニスウルトラスマッシュ』に最低評価を下しているのです。

「原点回帰しようとするのはいいけど、原点回帰と退化は違う」

とまで言わしめた『マリオテニスウルトラスマッシュ』。

要するに、一言で『マリオテニスウルトラスマッシュ』を表すなら、

『クソゲー』

となるのでしょう。

一体なぜ、ここまで『マリオテニスウルトラスマッシュ』が最低評価レビューの嵐になっているのでしょう…?

 

マリオテニスウルトラスマッシュの評価レビューが悪い理由

任天堂

WiiUの『マリオテニスウルトラスマッシュ』が、『マリオテニス』シリーズ最低どころか、

『マリオ』シリーズ最低の作品

とまで言われてしまっているのには、何か理由や原因があるのでしょうか?

そこで、『マリオテニスウルトラスマッシュ』の評価やレビューを総合的に見て判断した結果、

明らかに手抜きと思われても仕方のない出来

と言える作品だとわかりました。

簡単に言えば、

あらゆる要素がスカスカで、全くボリュームがない

のです。

 

まずはキャラクター数。

『マリオテニスウルトラスマッシュ』はWiiUの作品であるにもかかわらず、キャラクター数は…。

歴代『マリオテニス』の中で一番少ない16人

しかいないのです。

初代の『マリオテニス64』でも20人、『マリオテニスGC』や、3DSで発売された『マリオテニスオープン』ですら18人いました。

それなのに、最新のしかも据え置き機のゲームのキャラクターがシリーズ最低とは、誰が予想するでしょうか。

 

また、ボリュームの少なさで言えば、モード数の少なさも評判レビューが悪い理由に繋がっていました。

なんと、『マリオテニスウルトラスマッシュ』のモード数は、

  • クラシックテニス
  • メガバトル
  • メガボールラリー
  • 勝ち抜きチャレンジ
  • インターネット

の5つしかないのです。

これまでのシリーズには存在していた『トーナメント』や『スペシャルバトル』も廃止。

それどころか、オプションすら存在しないのです。

しかも、モードが減ったにも関わらず、その分を補えるようなボリュームがあるわけでもないという状態…。

これではすぐにゲームに飽きてしまいますし、価格にして高くても3,000円程度が妥当でしょう。

これが5,000円で売られていたというのですから…。

 

このほかにも、評判レビューが悪い理由となっている要素がもりだくさん。

たとえば、オンラインでの対戦は見知らぬ人としかできず、

フレンドとの対戦が存在しない

のです。

以前のシリーズでは可能だったレフティ(左利き)への変更も廃止。

こちらも以前のシリーズとの比較になってしまいますが、多数存在していたミニゲームも、『マリオテニスウルトラスマッシュ』では、

ミニゲームに相当する要素が『メガボールラリー』しかない

という惨状…。

しかもこの『メガボールラリー』、ただ単にどれだけラリーを長く続けられるかという単調なゲーム。

そんなルールにも関わらず、CPUが何でもない球を打ち損じたりするのです。

自分がミスしたわけではないのに失敗してしまったら、たまったものではありません。

 

このように、『マリオテニスウルトラスマッシュ』は

あまりにも内容がスカスカすぎて、手抜きに思われた

というのが、レビューや評価が悪い理由・原因に繋がってしまったのでしょう。

とくに、低評価を下しているユーザーは、これまでの『マリオテニス』シリーズをプレイしてきた層に多く見られました。

何度も言いますが、今までの『マリオテニス』と比べると、『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、あまりにもボリュームがなさすぎるのです。

逆に言えば、『マリオテニスウルトラスマッシュ』で、初めて『マリオテニス』シリーズをプレイした人からは、一定の評価を得ているみたいですね。

 

また、余談ですが、内容のなさという意味では、なんと『マリオテニスウルトラスマッシュ』には、OPムービーも存在しません

せっかく、HD画質になり、それをアピールするべきところなのに、画質の進化を見せるムービーがないとは…。

本当に、なぜキャメロットはこんな手抜きゲームを作ってしまったのでしょうか。

 

まとめ

キャメロットが開発している『マリオテニス』シリーズ第7作の『マリオテニスウルトラスマッシュ』は、

海外・日本ともにレビューが低評価の嵐

という悲惨な結果になってしまいました。

その理由は、

圧倒的なコンテンツ数不足

と言うべきで、なぜか従来のシリーズよりボリュームが激減してしまっていることにありました。

一体なぜこのような手抜き品を作ってしまったのかはわかりません。

そして、この『マリオテニスウルトラスマッシュ』の大コケが響いたのか、その後の『マリオテニス』は、

『マリオゴルフ』などのスポーツとセットになった『マリオスポーツ スーパースターズ』というゲームに登場

したのです。

今後も『マリオテニス』が発売されていくのか気になるところですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム