星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

野球のストライク判定を機械ロボット化する利点とデメリットとは

更新日

2014年からメジャーリーグは、『チャレンジ制度』というシステムを導入し、

『誤審を減らそう』

という取り組みを開始したことは、野球ファンであれば記憶に新しいと思います。

そして、ベースボールの本場、アメリカでは

ストライク判定を機械が自動的におこなう

試みも始めています。

2015年からアメリカの独立リーグでは、この仕組みが試験的に導入されていて、将来的にはメジャーリーグでも球審の機械化の可能性も見えてきました。

そこで当記事では、この野球の審判の機械化の可能性や、その利点・デメリットなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

アメリカの独立リーグでストライク判定ロボット!

野球

『野球のストライク判定を機械がおこなう…』

野球ファンであれば、一度はしてほしいと思ったことがあるのではないでしょうか?

テレビ中継を見ていると、

「これはどう見てもストライクだろう…」

と思うことが多々あります。

ただ、このテレビ中継では、投手の真後ろから中継してしまうと投手の身体に隠れてボールが見づらくなってしまうため、カメラが少し横にずれて中継しているのです。

そのため、

「中継の角度を考えれば、これはボールで正しい」

というケースもあるので、実際は何とも言えません。

しかし、この角度のズレを考慮しても、明らかにストライクゾーンに入っているのにボールとなってしまったり、ボールのはずなのにストライクになってしまう…。

そんなことが、プロ野球では1試合に1回くらいは必ずあります。

人の目で判定すると、どうしても判定にバラつきが生じてしまい、公平性には欠けてしまいますよね。

しかも、

「この審判は右打者のアウトローをとらない」

「この審判は高めをよくとる」

など、審判によってストライクゾーンにバラつきがあるという、言語道断な事態も起きています。

中には、

「あのチームに有利な判定ばかりするなこの審判…」

と、判定のブレによって特定のチームを贔屓しているのでは?と疑いをかけられてしまう審判もいるほど…。

それによって、どちらかのチームに有利な判定がなされてしまう…。

そういった事態を起こさないようにするため、プロ野球の審判の機械化・ロボットを求める声も少なくありません。

かくいう筆者もそのうちの1人です。

どれほどコストがかかっても、ストライク判定の機械化・判定ロボットは、いつか導入するべきだと考えています。

実際、日本の2015年のプロ野球では、

誤審によりクライマックスシリーズ進出チームが変わってしまう

という、大変なことまで起きてしまいました。

まぁこちらはホームランに関する判定のため、ストライク判定とは関係がないのですが、誤審であることには変わりありません。

しかもこのケースは、

ビデオ判定を誤審する

という非常にお粗末な有様。

こうしたあってはならない出来事を防ぐためにも、筆者としては、野球のあらゆる判定の機械化を望んでいます。

 

このストライク判定の機械化・ロボットの実現は程遠いだろうと思われていたのが、これまででした。

しかし、これまで夢の話だったストライク判定の機械化・ロボットが、まさに近い将来現実になろうとしており、

2015年7月にアメリカ独立リーグで試験的にストライク判定の機械化・ロボットが導入された

のです。

このストライク判定ロボットが導入された試合では、人間の球審はいるものの、ストライクやボールの宣告を行ったのは、

バックネット裏のテレビモニター前に座っていた、アスレチックスやダイヤモンドバックスでプレーをしていたエリック・バーンズ氏

エリック・バーンズ氏が、コンピュータの判定をコールしていくという形で試合は進められました。

この試合は、プロの野球の試合で初めて、機械がストライク・ボールを判定した歴史的な試合となったのです。

このストライク判定は、メジャーリーグの30球場に配備されている『PITCHf/x』と呼ばれるボールの軌道を追跡するシステムによって行われました。

バックスクリーンとバックネット裏に設置された3台のカメラで球速、軌道、ボールの位置を記録し、ストライクゾーンに入っているかを判断します。

メジャーリーグの公式サイトでは、既にこの『PITCHf/x』を使用した1球速報が行われており、試合の判定にも行われているそうですよ。

試合の当事者となった、独立リーグ・バリェロの監督であるゲイリー・テンプレトン氏は、

われわれにはこういうことをする技術がある。

とてもいい経験ができた。

打者にとっても本当のストライクゾーンは何なのかいい経験になった。

と、前向きに受け止めています。

また、2017年4月には、MLBのロブ・マンフレッドコミッショナーが、

「遅かれ早かれ、われわれは正確で迅速なコンピュータによるストライク判定の技術を手にする。」

そして、

「それについて真剣に深く考える必要がある。」

と発言し、コンピュータによるストライク判定をいずれは導入するかもしれない…。

と示唆する発言をしたのです。

もしかすると、もうしばらくすれば野球は機械がストライク判定をする時代が来るのかもしれませんね。

 

野球の球審をロボット・機械化する利点とデメリット

今回、試験的に導入されたストライク判定の機械化・ロボット。

これが進めば、ついには球審の機械化になります。

球審が機械化すると、どのような利点やデメリットがあるのでしょうか?

まず、利点を挙げるとすれば、

完全なる公平性

を得ることができます。

『審判によって、このコースはストライクをとって、このコースはとらない』

という、スポーツにはあってはならない、言語道断な判定がなくなるのです。

中には、審判の癖を考慮して戦略を練ることが面白いと言う人もいますね。

しかし、それはスポーツの判定としては公平性の欠片もなく、本来あってはならないことです。

筆者としては、論外だと感じています。

また、日本プロ野球で言えば、ストライクカウントを宣告する際の個性的なポーズがなくなることにもなりますね。

審判にも審判なりの思いがあるとは思います。

ただ筆者としては審判のパフォーマンスの必要性を感じていないので、パフォーマンスがなくなることが問題だとは思いません。

それよりも、審判の雰囲気や誤審で試合を決められてしまったり、シーズンの行方を左右される…。

そのような事態がなくなることのほうが、何倍も大切なことです。

タッチプレーなどに対するチャレンジ制度と組み合わせれば、野球というスポーツにおける公平性がかなり高まるので、いち早く導入を期待したいところですね。

 

しかし、ストライク判定の機械化・ロボット化には、デメリットも存在します。

たとえば、

費用が膨大になる

こと。

ストライク判定ロボットを各球場に設置しないといけないため、何十体も用意する必要があります。

しかも、あらゆる角度から判別しないといけないため、カメラも当然ながら、複数台必要となります。

ロボットや、判定のための複数のカメラの設置費用やメンテナンス代などを考えれば、金銭的負担は確実に膨らんでしまいます。

また現在、メジャーリーグは試合時間の短縮が課題となっています。

仮に機械化によってストライクを判定し、その結果を見てコールということであれば、前々から課題となっている

試合時間短縮には向かい風

となってしまうのです。

機械によるストライク判定は、結果がわかるまでにどのくらいかかるのかはわかりませんが、人間の球審がその場でコールするより遅れるのは確実でしょう。

ただ、機械というものは、技術的進歩が可能です。

ロブ・マンフレッドコミッショナーがコメントしていたように、

将来的に判定から結果を表示する速度も速くなり、現在の人間の審判が判定する場合と遜色ないものになる

ということは十分に考えられます。

そう言った意味で、今後のさらなる技術進歩にも期待したいところですね。

 

まとめ

野球の本場、アメリカの独立リーグで『PITCHf/x』を利用したストライク判定をロボットで自動的に行う取り組みが試験的にスタートしました。

技術進歩次第では、いずれ独立リーグだけでなく、このストライク判定ロボットをメジャーリーグでも導入…。

そんな将来も、ありうるかもしれませんね。

野球の本場であるアメリカで、最先端技術を取り入れて実践していくことはとても喜ばしく、今後の取り組みにも期待したいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球