星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

野球のストライク判定を機械ロボット化する利点とデメリットとは

更新日:


2014年からメジャーリーグは、『チャレンジ制度』というシステムを導入し、

『誤審を減らそう』

という取り組みを開始したことは、野球ファンであれば記憶に新しいと思います。

そして、ベースボールの本場、アメリカでは

ストライク判定を機械が自動的におこなう

試みも始めています。

2015年からアメリカの独立リーグでは、この仕組みが試験的に導入されていて、将来的にはメジャーリーグでも球審の機械化の可能性も見えてきました。

そこで当記事では、この野球の審判の機械化の可能性や、その利点・デメリットなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

アメリカの独立リーグでストライク判定ロボット!

野球

『野球のストライク判定を機械がおこなう…』

野球ファンであれば、一度はしてほしいと思ったことがあるのではないでしょうか?

テレビ中継を見ていると、

「これはどう見てもストライクだろう…」

と思うことが多々あります。

ただ、このテレビ中継では、投手の真後ろから中継してしまうと投手の身体に隠れてボールが見づらくなってしまうため、カメラが少し横にずれて中継しているのです。

そのため、

「中継の角度を考えれば、これはボールで正しい」

というケースもあるので、実際は何とも言えません。

しかし、この角度のズレを考慮しても、明らかにストライクゾーンに入っているのにボールとなってしまったり、ボールのはずなのにストライクになってしまう…。

そんなことが、プロ野球では1試合に1回くらいは必ずあります。

人の目で判定すると、どうしても判定にバラつきが生じてしまい、公平性には欠けてしまいますよね。

しかも、

「この審判は右打者のアウトローをとらない」

「この審判は高めをよくとる」


次のページへ >

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.