星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

笑ってはいけない終了打ち切りの理由は視聴率?松本人志の真意とは

更新日:

NHK紅白歌合戦の裏番組として放送され、毎年多大な人気を得ているバラエティ番組『笑ってはいけない〇〇』シリーズ。

この番組は、元々バラエティ番組『ガキの使いやあらへんで』の一つの企画として放送されていたのです。

番組のレギュラーメンバーである

  • ダウンタウン
  • ココリコ
  • 月亭方正(山崎邦正)

の五人を笑わせるために、刺客となるゲストが、ネタを披露していく番組です。

しかし、なぜか2015年の放送を境に

「番組放送が終了する」

という話が噂されていたというのです。

そこで本記事では、笑ってはいけないシリーズが放送終了と噂された理由や、視聴率を探ってみました。

さらに、ダウンタウンの松本人志さんが語ったコメントも紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

笑ってはいけないシリーズの放送終了?

笑ってはいけない

毎年、大晦日に放送されているバラエティ番組、『笑ってはいけないシリーズ』も2015年で10年目。

2015年は、探偵事務所を舞台に、刺客となるゲストたちが、ガキ使メンバーを笑わそうと、あの手この手を使って襲いかかってきます。

 

さて、紅白歌合戦の裏で放送され続けてきたバラエティ番組『笑ってはいけないシリーズ』ですが、なんと2015年で

放送終了

するのでは?という話が出始めていました。

何事にも始まりがあれば終わりがあります。

なので、10年続けてきた『笑ってはいけない〇〇』シリーズが、終焉を迎えたとしてもおかしな話ではありません。

ただ、筆者の周囲でも人気があり、個人的にも注目していた番組ですから、本当に終わるのか?というのが正直な話。

話によると、2015年に放送する『笑ってはいけない探偵事務所』番組会見の席で、ガキ使メンバーの

浜田雅功さんや月亭方正さんが、『笑ってはいけないシリーズ』の終わりを示唆するような話をしていた

り、この席でダウンタウンが揃って出席する珍しい光景が見られたという話も聞かれます。

とはいえ、仕掛けも多く、ある種、会見の席からすでにネタが始まっていることもある番組です。

これだけで、本当に『笑ってはいけないシリーズ』が終了するのかどうかを判断するのは、非常に難しいような気もします。

それに2014年をみても、非常に人気の高い大晦日の特番だけに、本当に番組が終了してしまうのでしょうか?

一応、『笑ってはいけないシリーズ』は、10年目ということで区切りとしてはちょうどいいのかもしれません。

でも、もし本当に終了してしまうとすると、きっとさびしがるファンも続出するでしょうね。

 

笑ってはいけないシリーズの視聴率は好調

蛭子能収

蛭子能収

今では毎年の大晦日の特番として定着している日テレ系バラエティ番組『笑ってはいけない〇〇』シリーズ。

大晦日の特番として放送される前に放送されていた初期の段階から、視聴率はテレビ離れが進む現代としては、すこぶる調子良く、

第1回は15%

だったとか…

年末放送スタートとなる、2006年の第4回で

10.2%と不調

だったものの、年末特番として定着するに連れて、徐々に視聴率も回復し、2014年放送の『笑ってはいけない大脱獄』では、

1部で18.7%

2部で16.0%

の視聴率でした。

大晦日特番の割には、それほど視聴率を得られていないと思われがちかもしれませんが、

『NHK紅白歌合戦』を裏に回し、その上でこれだけの視聴率を得ている

のであれば、そのことは非常に喜ばしいことではないでしょうか。

実質20%近くの視聴率を叩き出し、評判も悪くない番組ですから、

「笑ってはいけないシリーズが本当に終わるのか?」

と言いたくなる気持ちもあります。

決して番組そのものの質が落ちたわけではありませんし、放送が続く限り、ますますこの番組はヒートアップしていくでしょう。

実際に番組の魅力である、奇想天外なゲスト出演者の登場には、腹を抱えて毎回笑わさられています。

  • ゴーストライター騒動で話題の作曲家・新垣隆さんが登場してきたシーン
  • 佐藤蛾次郎さんとマツコ・デラックスさんの共演シーン

など、時に奇想天外な笑いの展開で、ガキ使メンバーも全く想像もしないようなシーンが見られているのも魅力の一つ。

また2014年は、模範囚役として

蛭子能収さんも出演

していて、実に面白い放送回となりました。

そんな『笑ってはいけない〇〇』では、

コスプレして登場する人や、登場するだけで笑わせてくれる人

など、実にあの手この手でガキ使メンバーへ襲いかかるわけです。

こんな笑える番組は他ではなかなか見られません。

だからこそ多くの視聴者は、毎年年忘れの一環で『笑ってはいけないシリーズ』を見て、1年を笑い飛ばしてしまおうと考えているのでしょう。

そういう意味では、年末特番として、『笑ってはいけないシリーズ』は、なくてはならない貴重な番組だと思うのですが…。

紅白歌合戦の裏に隠れて、視聴率も伸び悩んでいるのであれば、打ち切り終了という話もわかるのです。

しかし、とくにそういう兆しも見えませんし、正直、本当に終わらせようと考えているのかどうかは不明で、おそらく

ガキ使メンバー達のリップサービス

だと思います。

ぜひ良い意味で期待を裏切り、来年以降も年末の風物詩として、『笑ってはいけないシリーズ』を続けていって欲しいですね。

 

笑ってはいけない打ち切り?終了の理由と松本人志

松本人志

『笑ってはいけないシリーズ』の放送が、2015年で放送終了すると、ネット上でも囁かれていました。

その背景には、さきほどの会見のネタのような衝撃発言があったことが、大きく影響しているようです。

というのも、番組会見の席で、ロケの感想を聞かれたところ、月亭方正さんが

「信頼関係がなくなった」

と答え、さらにダウンタウンの浜田雅功さんも

「この年末でスタッフとの信頼関係が完全になくなり、キレてしまった」

と答えているのです。

確かに、総合演出という形で携わっていた菅賢治氏が、2014年に日本テレビを退社し、そのことで多少の人事異動もあったのでしょう。

ダウンタウンをはじめとする出演者たちと、スタッフたちの信頼関係に多少なりとも隔たりができてしまったことは間違いなさそうです。

しかし、それだけで本当に終わってしまうのか…。

そんな不思議な気持ちで、さらに掘り下げて調べていくと、ダウンタウンの松本人志さんが

「10年間やってきてちょうど区切りが良いので、2015年で完全にフィナーレという形で卒業しても良いのでは?」

という話をしていることがわかりました。

『笑ってはいけないシリーズ』の撮影そのものが辛いわけではなく、あくまで信頼関係だけの話なんだろうと思います。

しかし、あくまでこの話は演者たちの話が前提にあるにしか過ぎず、スタッフたちの話はまだ何一つわかっていないのです。

なので、ほんとうに確執があるのかどうかも不明…。

好評で視聴率も取れている『笑ってはいけないシリーズ』なのに、それを捨ててしまうなんて、

『そんなもったいないことができるのか?』

と首をかしげたくなるばかりです。

ただ、その裏側で、『笑ってはいけないシリーズ』そのものに、大きな変化が見られなくなってきました。

そのために、徐々に

『マンネリ化しているのではないか?』

という話も見え隠れしています。

確かに基本的な設定は、それほど変化が見られているわけではありません。

ある設定上のストーリー(テーマ)にしたがって、あらゆるゲストが奇想天外な登場をして、ガキ使メンバーを笑わせているだけに過ぎません。

『笑ってはいけないシリーズ』は、そこからの脱却も必要とされているのかもしれませんね。

しかし、最大の魅力でもあるゲストの登場シーンを切ってしまうこともできないでしょう。

多少マンネリ気味に見えたとしても、まだまだ面白い番組です。

ぜひこれからも『笑ってはいけないシリーズ』を続けて欲しいのですが…。

果たして、ガキ使メンバー達が話している話は、ただのリップサービスなのでしょうか?

追記

最終回が噂されていた『笑ってはいけないシリーズ』。

みなさんも知っている通り、既に2016年の『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』が、大晦日に放送されているので、

2015年度の笑ってはいけないで最終回という噂は完全にガセ

と明らかになりました。

まぁ最終回になると誤解を受けてしまいかねない発言などが会見の席などで見られてきたからこそ、変な噂として流れてしまったわけです。

仮にリップサービスの部分があるとしても、信頼関係がなくなったとは、言わないほうがいいのかもしれませんね。

結局、2016年も番組は放送され、『笑ってはいけない科学博士24時』では、斎藤工さんなど想定外のゲストが想定外の登場をしていました。

なので、番組としては大盛況だったみたいですよ。

やはり一年の笑い納めという意味でも『笑ってはいけないシリーズ』として、ずっと続いていて欲しいものですね。

 

まとめ

毎年大晦日に、スペシャルゲストが出演して奇想天外のコスプレやネタを披露し、大爆笑させてくれる『笑ってはいけないシリーズ』。

その放送が、

「2015年を最後に放送終了」

と、一時期に噂されていましたが、結局はガセだったことが判明し、2016年も無事放送されていました。

確かに出演者たちも、多少不満めいたところはあり、スタッフとの信頼が揺らいだこともあったのかもしれません。

とはいえ視聴者としては、大晦日にこの番組が見られないと、実に寂しく感じます。

それだけに、ダウンタウン、ココリコ、月亭方正さんの五人は大変だと思いますが、ぜひとも来年以降も番組が続いていくことを心から期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テレビ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.