ユーチューバー(YouTuber)になるには?年収ランキングと危険リスク

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTube


ユーチューバー(Youtuber)になるには何が必要?

最近、HIKAKIN(ヒカキン)や、はじめしゃちょーといったユーチューバー(Youtuber)が大人気ですね。

彼らの他メディアへの出演が増え、世間的にユーチューバー(Youtuber)という職業が一般的になってきたことで、近年は

私もユーチューバーになりたい!

と考える若い人たちが増えてきているそうです。

しかし、よく考えてみて下さい。

ユーチューバー(Youtuber)として、人生の生計を立てていくことが、そんなに簡単なことだと思いますか?

そこで今回は、

  • ユーチューバー(Youtuber)になるために必要な条件
  • 年収ランキング
  • なった場合の危険リスク

など、そのリアルな実態についてまとめてみます!

 

特別なスキルは”必要なし”!?

「好きなことで、生きていく」

テレビを見ていて、1度は皆さんもこのフレーズを見たり、聞いたりしたことがあると思います。

これは、YoutubeのCMで使われていたフレーズです。

『Youtubeで自分の好きなことをして、生計を立てよう』という意味だと、筆者は解釈しています。

そして、ヒカキンさんやバイリンガールさんなど、有名ユーチューバー(Youtuber)に影響され、ユーチューバーに憧れを持つ若者が近年急増。

実際に、

ユーチューバーになるには、どのような学校へ進学したらいいですか?

というような質問が、専門家などの質疑応答企画に寄せられることがあるそうです。

では、ユーチューバー(Youtuber)になるためには、実際のところ、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

結論から言えば……

ユーチューバー(Youtuber)になるために、特別なスキルは必要ありません。

@bilingirl_chika)さんの投稿

よくYoutubeのトップページに表示される、ユーチューバー(Youtuber)の動画サムネを見ればわかるかと思います。

あの程度であれば、『ウィンドウズムービーメーカー』で簡単に作成することができてしまうのです。

つまり、高度な動画編集技術などは全く必要なし。むしろ必要なのは、

  • 何がどれほどの需要があるのかなどを分析できるマーケティング力
  • 人と違うことを行える発想力

の2つでしょう。

それに、撮影環境があれば尚良し◎

スマホのカメラで撮ったような、視聴者が見るに耐えない環境で撮影していては、視聴者からのウケは良くなりませんしね。

ですが、特別なスキルは必要ないからと言って、簡単にユーチューバー(Youtuber)になれるかと言えば大間違いです。

そもそもユーチューバー(Youtuber)と呼ばれるのは、

『YouTubeパートナープログラム』による収入だけで、生活ができる人

のことを言います。

そのような人は、日本、いや、世界を見渡しても一握りしかいないのが現状なのです。

 

1つだけ身につけるとしたら「動画編集技術」

ユーチューバー(Youtuber)になるために必要なスキルは特にないと話しましたが、1つだけ強いて言うのであれば、動画編集技術があると便利でしょう。

ユーチューバー(Youtuber)はコンテンツを企画して、撮影して終わりではありません。

さらに見やすいようにうまく動画を編集しなければいけないのです!
なのでユーチューバー(Youtuber)になりたい人は、手っ取り早く編集技術から身につけてしまいましょう♪

ちなみに、ユーチューブの編集時間は、10分程度の動画に対し1時間〜2時間程度と言われています。

主な編集作業としては、

  • カット作業
  • テロップ付け
  • BGM・効果音の追加
  • オープニング・エンディング付け
  • 動画UP
  • 動画UP後のメタ付け
  • 終了画面・カード付け

など。意外にもこんなに沢山やることがあるんですね〜。

それにコンテンツ企画から編集作業まで合わせると、20時間もかかってしまうユーチューバー(Youtuber)もいるようです。

動画編集に慣れている人であれば問題はありませんが、初心者はかなり時間が取られてしまうかもしれません。

それでも皆さんは、ユーチューバー(Youtuber)になりたいと思いますか?

人気ユーチューバーのリアルな年収事情、誰が一番稼いでる?

 

YouTubeでの収入の仕組み

ユーチューバー(Youtuber)の収入を調べていきたいと思うのですが…

その前に、まずはユーチューバーの収入がどのような仕組みになっているのかを確認しておきたいと思います。

まずはYouTubeのパートナープログラムという物に登録して、審査に通る事で広告を動画に掲載できるようになるのです。

そうして、広告が掲載できるようになると、その広告が動画の中で再生されたり、広告をクリックされると広告料が発生します。

掲載される広告はその動画を見ている人に合わせたものが自動的に選ばれるようになっているので、人によって違う広告が出る場合があるようです。

そのため、動画の再生数やチャンネルの登録数は直接的には収入には関係ないものとなっています。

極端な話ですが「ものすごい再生数があっても広告がまったくクリックされなかったり広告が再生されないと収入もなくなってしまう」ということですね。

さらにYouTubeの広告にはいくつか種類があります。

ユーチューバー(YouTuber)になるには?収入ランキングと危険リスク

 

広告の動画が再生される広告

動画を見ている最中にTVコマーシャルのように流れてくるものです。

広告の途中でスキップできたり最後まで見なきゃならないものまで、色々あります。

このコマーシャルが最後まで再生されたり、画面をクリックして広告先に移動すると広告料が発生するという仕組みです。

画面の下の所に出る広告

再生している動画の中に表示される広告で、横長のものが出てきます。

この広告をクリックすると広告料が発生するようになっていて、表示されただけでは広告料は発生しないようです。

また、右上のバツボタンで消した場合も発生しないようになっています。

動画の横に出てくる広告

動画の外側に出てくる広告で右側のサイドバーというところに表示されているものです。

こちらも広告をクリックされることで広告料が入るようになっています。

前の2種類の広告に比べるとクリックされる確率は減りますが、これも重要な広告です。

 

ユーチューバー(Youtuber)の収入ランキング!

お金

では、ユーチューバー(Youtuber)と呼ばれる人々の収入は、一体どのくらいあるのでしょうか?

今回は、2016年のユーチューバー(Youtuber)の年収・収入を調べてみました!

「何とか情報は見つかるだろう…。」
安易にそう思っていたのですが、ここで困った問題が発生します。

なんと、調べた先のユーチューバー(Youtuber)年収・収入ランキングが、それぞれでランキングが異なるのです。

あるサイトでは1位がAさん、あるサイトでは1位がBさん

というような状況になってしまっているのです。

どこも計算方法が違っているみたいで、いずれも年収・収入ランキングの信憑に問題がありそうです。

これでは、誰がユーチューバー(Youtuber)としての年収や収入1位なのかわかりません…。

ということで、当記事ではどのサイトの年収・収入ランキングでも上位にいるユーチューバー(Youtuber)を、何人かピックアップしてみることにしました!

HIKAKIN(ヒカキン)

@hikakin)さんの投稿

ユーチューバー(Youtuber)の代表格にして、日本でのパイオニア的存在のHIKAKIN(ヒカキン)さん。

HIKAKIN(ヒカキン)さんの2016年の年収は、

1億~2億円あたり

と紹介されていることが多いみたいですね。

しかし、HIKAKIN(ヒカキン)さんは、2つのチャンネルで大きく稼いでいるようなので、実際にはもっと高額なのかもしれません。

大半のサイトのランキングでは、HIKAKIN(ヒカキン)さんが、日本での最多年収ユーチューバーとして紹介されることが多かったです。

はじめしゃちょー

@hajimesyachodesu)さんの投稿

2016年のユーチューバー(Youtuber)年収ランキングをいくつか調べていて、

あのHIKAKIN(ヒカキン)さんを抜いて1位!

と紹介されることもあったのが、はじめしゃちょーさんです。
2016年の推定年収は、

9,000万~1億円

と紹介されていることが多かったですね。

ギリギリ年収1億円を超えるか超えないかあたりではないかと思われます。

AAAjoken

どのサイトのランキングでも、必ず上位に食い込んでいたのが、AAAjokenさんです。

主に幼児・子供向けおもちゃの紹介で大人気となっているユーチューバー(Youtuber)。

AAAjokenさんは、顔出しをあまりせず、出したとしてもマスクをしているため、目から上の部分しかわかりません。

そんな顔出しをあまりしていないにもかかわらず、高収入を得ている…。ある意味では、

「プライバシーを守りたいけどユーチューバー(Youtuber)もやりたい!」

という方が勇気づけられる存在です。

そんなAAAjokenさんの2016年の推定年収は、

7,000万~1億円あたり

のようです。

キッズライン♡Kid’s Line

@kidslinetv)さんの投稿

ランキングによっては、

はじめしゃちょーさんを凌ぐ収入

と紹介されていることもあるのが、キッズライン♡Kid’s Lineです。

このチャンネルは、子供向けのおもちゃを紹介するチャンネルです。

ただし、なんと『こうくん&ねみちゃん』という、実際の子供2人が遊んでいる様子が動画となっているのです。

当然ながら撮影や、シナリオは親が考えているのでしょう。

最近増加してきた親子ユーチューバー(Youtuber)の中では、先駆者とも言える存在です。

そして日本のみならず、世界でも大人気なのです!チャンネル内動画は、

累計再生回数は20億回を超え、英語にも対応するようになったりなどグローバルに活躍しています。

そんなキッズライン♡Kid’s Lineの2016年の推定年収は、

5,000万円~1億7,000万円。

チャンネル開設から4年が経過し、単純計算であれば5,000万円なのですが、ここ1~2年でキッズライン♡Kid’s Lineは急激に人気を伸ばして、世界にもその名が広まってきているのです。

そして、ここ1年の再生数だけをピックアップしたランキングでは、1億7,000万円という数字が出ています。

2017年には、もしかしたら、はじめしゃちょーやHIKAKIN(ヒカキン)を抜くということも、十分にあり得そうですね。

また、同じく親子ユーチューバー(Youtuber)では、Kan & Aki’s CHANNELせんももあいチャンネルも、年収7,000万円~1億円台となっています。

ピコ太郎

@pikotaro_ppap_official)さんの投稿

おそらくチャンネル開設から2016年12月までの期間での収入ということであれば、ダントツ1位になるのは、大ブレイクした

ピコ太郎こと古坂大魔王さん

ではないでしょうか。

チャンネル開設は、2016年8月23日で動画数も20個以下。
たった4か月にもかかわらず、ここまでのYoutubeでの推定収入は、

約8,000万円

と言われています。

これがこのまま年単位で続くかと言われるとわかりませんが、仮に2016年1月からピコ太郎さんが存在していたとして単純計算をすると、年収2億4,000万円になるわけです。

圧倒的ですね。

とはいえ、いきなり登場したということもあるので、最初は動画単価が低い可能性もあり、

『実は300万円程度なのではないか?』

とも言われています。

またピコ太郎さんは、エイベックス所属なため、収入の全てがピコ太郎さんに入らないことから、一気に億万長者に!ということはなさそうですね。

ちなみに、チャンネルの登録者や再生回数などでは、ピコ太郎さんの所属しているエイベックスの公式チャンネルも、HIKAKIN(ヒカキン)さんや、はじめしゃちょーさんに並ぶ規模となっています。

以上が、日本で高収入と思われるユーチューバー(Youtuber)でした。

ちなみに、年収世界1位のユーチューバー(Youtuber)は、ゲーム実況で急速に人気となった『The Diamond Minecart』のダニエル・ミドルトンさん。

世界一有名なユーチューバー(Youtuber)と言われるピューディパイ(PewDiePie)さんを抜いて、1位に輝いています。

その年収は、なんと

約15億円

とも言われています。

さすが世界と言うべきでしょうか、スケールが違いますね。

このように有名ユーチューバー(Youtuber)の年収・収入を見ていると、

好きなことでこんなにお金がもらえるなら、ユーチューバーになりたい!

と、考える方がさらに増えるかもしれません。

しかし、ここで1つ注意があります。

これまでYoutubeでの収入は、動画1再生につき、0.1円と推定されてきました。
しかし、ここ最近になって、

広告料レートが下がり、1再生0.025円ほどに下がったのではないか?

と言われているのです。

この噂が「ピコ太郎さんの収入が実は少ないのでは!?」と言われている一因ですね。

また、HIKAKIN(ヒカキン)さんなどの有名ユーチューバー(Youtuber)の場合は、逆に単価が上がっているらしいです。

先ほど名前に挙がったようなユーチューバー(Youtuber)は、いわば特例中の特例

彼らのような存在に簡単になれるかと言えば、なれません(笑)

HIKAKIN(ヒカキン)さんのような「ユーチューバーになりたい!」と言うことは、

「総理大臣になりたい!」

と言うのと、同じようなことになってしまっているのです。

また、ユーチューバー(Youtuber)になることには、数多くのリスクも存在します。

いま一度、ユーチューバー(Youtuber)を目指すことを考え直して欲しいため、次にユーチューバー(Youtuber)になることのリスクを紹介していきます。

 

ユーチューバー(Youtuber)になる3つの危険リスク

ユーチューバー(Youtuber)になるということは、数多くのリスクがあります。

必ずしも、そのリスクに見合った年収・収入が得られるとは限りません。

ここでは、ユーチューバー(Youtuber)のリスクを紹介していきます。

リスク①ユーチューバー(Youtuber)自体が既に飽和状態

ユーチューバー(Youtuber)を目指すことを控えたほうが良い理由の1つが、こちらです。

まず、適当な苗字の上、2文字をカタカナにして、”キン”という文字をつけてYoutubeで検索してみてください。
(鈴木であれば『スズキン』、佐藤であれば『サトキン』など)

見るも無惨な、再生数2桁や3桁で終わってしまった動画が、ごろごろと転がっています。

言うなれば、ユーチューバー(Youtuber)を目指そうとした若年層の砕け散った夢の破片でしょうか。

結局「皆考えることは同じ」なんです。
ヒカキンさんのようなユーチューバー(Youtuber)になろうとした結果、

似たような名前や、似たような内容の動画が大量に増え、飽和状態となってしまっている

のです。普通に考えて、既にある内容を真似ても、

○○と同じことをしてるだけじゃん

と、視聴者から相手にされません。

他のユーチューバー(Youtuber)が、まだやったことのないようなコンテンツを制作できない限りは、ユーチューバー(Youtuber)になることは、諦めた方が賢明でしょうね。

ただ、デカキンさんなど、現在では有名ユーチューバー(Youtuber)のモノマネをしている人も増えているようです。

全く同じことをするのではなく、

有名ユーチューバー(Youtuber)のモノマネで笑いを取る

というジャンルであれば、まだ道は拓けるかもしれませんね。

 

リスク②収入が不安定

お金

1つ目に挙げたことも重要ではあるのですが、もっとも重要なのは、こちらかもしれません。

まず、ユーチューバー(Youtuber)は、収入がかなり不安定であるということです。

先ほどもお話したように、最近は広告料レートが下がっている、と言われています。

さらに、そのレートをYoutubeが公開していない以上、全てのユーチューバー(Youtuber)は、あくまでもYoutubeに従うしかありません。

ユーチューバー(Youtuber)の手綱は、当たり前ですがYoutubeが握っているという状況なのです。

また日本では、ユーチューバー(Youtuber)は、小学生などの低年齢層に人気です。

しかし、彼らに対するマーケティング効果は薄いと見られています。

そのため、スポンサーの判断で、今後さらに広告料のレートが下がることも想定されます。

そうなれば、一部の有名ユーチューバー(Youtuber)以外は、全て淘汰されてしまう…。
そんな未来が訪れても不思議ではないのです。

 

リスク③個人情報流出の危険性

ユーチューバー(Youtuber)の中には、ゲーム実況者の兄者弟者さんのように、顔出しをせず人気になっている方もいます。

ただ、それは一部の人で、基本的には顔出しが必要となります。

そうなれば、個人情報がバレバレになってしまいますよね。
仮に、炎上でもしようものであれば、

顔を知っている知人に、個人情報を流されてしまう

恐れもあります。

インターネットで、個人情報に直結する顔などを公開してしまうわけですから、言わば諸刃の剣です。

またYoutubeは、アメリカのデジタルミレニアム著作権法にしたがって著作権管理をしています。

この管理方法を悪用し、

政府勢力に個人情報を奪われてしまった

という事例もあったそうです。

個人情報の流出を避けたいのであれば、ユーチューバー(Youtuber)になることはおすすめできません。

ユーチューバー(Youtuber)の主なリスクは、以上の3つとなります。

さらに言えば、同じことばかりしていては、当然飽きられてしまいます。

日々の流行を追い求め、情報収集をしたりなど、毎日コツコツと勉強し、更新しなければならないことが山ほどあります。

結局のところ、好きなことをしていても、人々の観たい知りたいという需要がなければ人気になることはありません。

実際のところ、ユーチューバー(Youtuber)として、生計を立てることは、本当に難しいことなのです。

 

おわりに

最後にこちらの動画をご覧ください。

人気ユーチューバー(Youtuber)・はじめしゃちょーからの「ユーチューバーを夢見る子供達へのメッセージ動画」です。

「ユーチューバー(Youtuber)になって大金を稼ぐ!」と夢見ている方もいるでしょうが、現実はそう甘くありません。

ユーチューバー(Youtuber)になろうとして、3桁、ひどい場合には2桁再生で終わってしまった人達は山ほどいます。

ユーチューバー(Youtuber)というコンテンツは、既に開拓が進みすぎているのです。

正直なところ、もう新規参入の枠を手に入れるのは、困難なレベルと言っても良いかもしれません。

実際に、マーケティング効果が薄いことから、広告料レートも低下。今後はさらに、レートが右肩下がりとなるとも予想されています。

しかも最近では、有名人がYouTubeにチャンネルを開設して、そこで趣味などを行っている様子を動画で配信し始めましたよね。

同じ趣味のことをするにしても、すでに有名人というだけで人が集まり、その腕前に関係なく視聴者をさらっていってしまうのです。

安易にユーチューバー(Youtuber)になりたいと考えている人は、どうか考え直してください。

中には、仕事を辞めてまでユーチューバー(Youtuber)となり、わずかな再生に終わり、

人生お先真っ暗となってしまった…

そんな人も少なくないのです。

「せいぜい自分の趣味をYoutube上に公開して、お小遣いが入ればいい」

その程度の認識で始めて見ることを、筆者からはオススメします。

ページトップへ