星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ユーチューバー(YouTuber)になるには?収入ランキングと危険リスク

更新日:


では、ユーチューバー(Youtuber)になるためには、実際のところ、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

結論から言えば、ユーチューバー(Youtuber)になるために

特別なスキルは必要ありません。

よくYoutubeのトップページに表示される、ユーチューバー(Youtuber)の動画サムネを見ればわかるかと思います。

あの程度であれば、『ウィンドウズムービーメーカー』で簡単に作成することができてしまうのです。

つまり、高度な動画編集技術などは全く必要ないのです。

むしろ、必要なのは、

  • 何がどれほどの需要があるのかなどを分析できるマーケティング
  • 人と違うことを行える発想力

この二つでしょう。

それに、撮影環境があればよいでしょう。

スマホのカメラで撮ったような、視聴者が見るに耐えない環境で撮影していては、視聴者からのウケは良くなりません。

特別なスキルは必要ないからと言って、簡単にユーチューバー(Youtuber)になれるかといえば、大間違いなのです。

そもそもユーチューバー(Youtuber)と呼ばれるのは、

『YouTubeパートナープログラム』による収入だけで、生活ができる人

のことを言います。

そのような人は、日本、いや、世界を見渡しても、ほんのわずか、一握りしかいないのが現状なのです。

 

ユーチューバー(Youtuber)の収入ランキング!

お金

では、ユーチューバー(Youtuber)と呼ばれる人々の収入は、一体どのくらいあるのでしょうか?

そこで、2016年のユーチューバー(Youtuber)の年収・収入を調べてみました。

何とか情報は見つかるだろう…。

安易にそう思っていたのですが、ここで困った問題が発生します。

なんと、調べた先のユーチューバー(Youtuber)年収・収入ランキングが、それぞれでランキングが異なるのです。

あるサイトでは1位がAさん、あるサイトでは1位がBさん

というような状況になってしまっているのです。

どこも計算方法が違っているみたいで、いずれも年収・収入ランキングの信憑に問題がありそうです。

これでは、誰がユーチューバー(Youtuber)としての年収や収入1位なのかわかりません…。

ということで、どのサイトの年収・収入ランキングでも上位にいるユーチューバー(Youtuber)を何人かピックアップしてみることにしました。

HIKAKIN(ヒカキン)

ユーチューバー(Youtuber)の代表格にして、日本でのパイオニア的存在がHIKAKIN(ヒカキン)さんです。

HIKAKIN(ヒカキン)さんの2016年の年収は、

1億~2億円あたり

と紹介されていることが多いみたいですね。

しかし、HIKAKIN(ヒカキン)さんは、2つのチャンネルで大きく稼いでいるようなので、実際にはもっと高額なのかもしれません。

大半のサイトのランキングでは、HIKAKIN(ヒカキン)さんが、年収1位と紹介されることが多かったです。

はじめしゃちょー

2016年のユーチューバー(Youtuber)年収ランキングをいくつか調べていて、

あのHIKAKIN(ヒカキン)さんを抜いて1位!

と紹介されることもあったのが、はじめしゃちょーさんです。

2016年の推定年収は、

9,000万~1億円

と紹介されていることが多かったですね。

ギリギリ年収1億円を超えるか超えないかあたりではないかと思われます。

AAAjoken

どのサイトのランキングでも、必ず上位に食い込んでいたのが、AAAjokenさんです。

主に幼児・子供向けおもちゃの紹介で大人気となっているユーチューバー(Youtuber)。

AAAjokenさんは、顔出しをあまりせず、出したとしてもマスクをしているため、目から上の部分しかわかりません。

そんな顔出しをあまりしていないにもかかわらず、高収入を得ている…。

ある意味では、

「プライバシーを守りたいけどユーチューバー(Youtuber)もやりたい!」

という方が勇気づけられる存在です。

そんなAAAjokenさんの2016年の推定年収は、

7,000万~1億円あたり

のようです。

キッズライン♡Kid's Line

ランキングによっては、

はじめしゃちょーさんを凌ぐ収入

と紹介されていることもあるのが、キッズライン♡Kid's Lineです。

このチャンネルは、子供向けのおもちゃを紹介するチャンネルです。

ただし、なんと『こうくん&ねみちゃん』という、実際の子供2人が遊んでいる様子が動画となっているのです。

当然ながら撮影や、シナリオは親が考えているのでしょう。

最近増加してきた親子ユーチューバー(Youtuber)の中では、先駆者とも言える存在です。

そして、日本のみならず、世界でも大人気なのです!

チャンネル内動画は、

累計再生回数は20億回を超え、英語にも対応するようになったりなど

グローバルに活躍しています。

そんなキッズライン♡Kid's Lineの2016年の推定年収は、

5,000万円~1億7,000万円

となっています。

チャンネル開設から4年が経過しています。

単純計算であれば5,000万円なのですが、ここ1~2年でキッズライン♡Kid's Lineは急激に人気を伸ばし、世界にもその名が広まっています。

そして、ここ1年の再生数だけをピックアップしたランキングでは、1億7,000万円という数字が出ています。

2017年には、もしかしたら、はじめしゃちょーやHIKAKIN(ヒカキン)を抜くということも、十分にあり得そうですね。

また、同じく親子ユーチューバー(Youtuber)では、Kan & Aki’s CHANNELや、せんももあいチャンネルも、年収7,000万円~1億円台となっています。

ピコ太郎

おそらくチャンネル開設から2016年12月までの期間での収入ということであれば、ダントツ1位になるのは、大ブレイクした

ピコ太郎こと古坂大魔王さん

ではないでしょうか。

チャンネル開設は、2016年8月23日で動画数も20以下。

たった4か月にもかかわらず、ここまでのYoutubeでの推定収入は、

約8,000万円

と言われています。

これがこのまま年単位で続くかと言われるとわかりませんが、仮に2016年1月からピコ太郎さんが存在していたとして単純計算をすると、年収2億4,000万円になるわけです。

圧倒的ですね。

とはいえ、いきなり登場したということもあるので、最初は動画単価が低い可能性もあり、

『実は300万円程度なのではないか?』

とも言われています。

また、ピコ太郎さんはエイベックス所属です。

収入の全てがピコ太郎さんに入らないことから、一気に億万長者に!ということはなさそうですね。

ちなみに、チャンネルの登録者や再生回数などでは、ピコ太郎さんの所属しているエイベックスの公式チャンネルも、HIKAKIN(ヒカキン)さんや、はじめしゃちょーさんに並ぶ規模となっています。

以上が、日本で高収入と思われるユーチューバー(Youtuber)でした。

ちなみに、年収世界1位のユーチューバー(Youtuber)は、ゲーム実況で急速に人気となった『The Diamond Minecart』のダニエル・ミドルトンさん。

世界一有名なユーチューバー(Youtuber)と言われるピューディパイ(PewDiePie)さんを抜いての1位に輝いています。

その年収は、なんと

約15億円

とも言われています。

さすが世界と言うべきでしょうか、スケールが違いますね。

このように有名ユーチューバー(Youtuber)の年収・収入を見ていると、

「好きなことでこんなにお金がもらえるなら、ユーチューバーになりたい!」

と、考える方がさらに増えるかもしれません。

しかし、ここで1つ注意があります。

これまでYoutubeでの収入は、

動画1再生につき、0.1円


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.