杉内俊哉(巨人)の成績と年俸をチェック!超絶減俸の理由とは?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
杉内俊哉


2017年のプロ野球は、巨人がセ・リーグ王座を奪還するために、史上稀にみる大型補強を行いましたね。

乱獲とも言えるFA選手3人の獲得から、トレードまで…。

しかし、ドラフト1位の吉川選手がコンディション不良、2位の畠投手とFA移籍してきた陽選手が怪我。

また、山口投手も違和感で3軍スタートなど、新戦力は散々な状態です。

新戦力が軒並み不調の中、怪我からの完全復活を目指す杉内俊哉投手は、キャンプでも好調を維持しています。

当記事では、怪我からの完全復活を目指す巨人の杉内俊哉投手について、成績や年俸、怪我の状態などについて、まとめてみました。

[adsense]

杉内俊哉の2017年の年棒は?

巨人の杉内俊哉投手と言えば、2016年に、

4億5000万円ダウンとなる、5000万円プラス出来高

で単年契約したことが、話題となりましたよね。

この減俸額は、減俸の上限額を大きく上回るものとなり、なんと球界史上最大の減俸となってしまいました。

しかし、これには深い事情があります。

そもそも、この大減俸は、巨人ではなく、

杉内俊哉投手からの直訴

によるものでした。

基本年俸を抑えて、出来高をつける契約をしたいという申し出に、巨人が合意した形です。

杉内俊哉投手は、怪我によって手術をしたため、実践復帰できたのは2016年夏のことです。

2016年のシーズンを棒に振り、さらには手術や入院も、巨人が全面バックアップしたわけです。

そう考えれば、この年俸も納得できます。

杉内俊哉投手は、2017年の契約更改に臨み、その結果、

5000万円プラス出来高

という現状維持で契約を結び、2017年の完全復活を目指していくことになります。

 

杉内俊哉の年度別成績を紹介!

ここで、これまでの杉内俊哉投手の成績を確認していきましょう。

杉内俊哉のダイエー・ソフトバンク時代の成績

2002年 2勝2敗、防御率5.93 WHIP1.61

2003年 10勝8敗、防御率3.38 WHIP1.25

2004年 2勝3敗、防御率6.90 WHIP1.82

2005年 18勝4敗、防御率2.11 WHIP0.98 ★最多勝、最優秀防御率、MVP、ベストナイン、沢村賞

2006年 7勝5敗、防御率3.53 WHIP1.31

2007年 15勝6敗、防御率2.46 WHIP1.07

2008年 10勝8敗、防御率2.66 WHIP1.01 ★最多奪三振

2009年 15勝5敗、防御率2.36 WHIP1.09 ★最優秀投手、最多奪三振

2010年 16勝7敗、防御率3.55 WHIP1.25 ★最優秀投手

2011年 8勝7敗、防御率1.94 WHIP1.00

杉内俊哉の巨人時代の成績

2012年 12勝4敗、防御率2.04 WHIP0.98 ★最多奪三振

2013年 11勝6敗、防御率3.35 WHIP1.12

2014年 10勝6敗、防御率3.16 WHIP1.16

2015年 6勝6敗、防御率3.95 WHIP1.29

2016年 登板なし

こうして見てみると、杉内俊哉投手の2005年の成績は圧巻ですね。

2007年までは、隔年エースと言われていた杉内俊哉投手。

その後は安定して2桁勝利を積み重ねていきます。

そして、2011年オフには、FAで5億円という大型契約で巨人へ移籍。

巨人の3連覇の立役者の1人として活躍をしました。

巨人移籍後は、年間12勝が1年間における最高勝利数なため、

「これで5億円は少しもらいすぎではないか?」

と思いがちですが、

  • 勝率の高さ
  • 安定して1年間ローテーションを守れる
  • WHIPが1.10前後で安定

ということを加味すると、それもアリなのかもしれませんね。

 

杉内俊哉投手の魅力は、何と言っても高い奪三振率にあります。

高校時代から、

『南国のドクターK』

と言われており、三振を奪う力は注目されていました。

さらに、杉内俊哉投手は、36歳であるにもかかわらず、2016年終了時で、通算奪三振数は

歴代14位

となっています。

これは、現役投手ではダントツの1位です。

いかに杉内俊哉投手が、三振を多く奪っているか、おわかりいただけるかと思います。

(現役2位の和田毅投手とは400の差)

身体の力を抜いたようなフォームから、リリース時に力を込めて投げる投球術は、多くのプロ投手のお手本にもなっています。

決して球速が速いとは言えないのですが、ゆったりしたフォームのおかげで球速以上に球が速く見え、さらにはチェンジアップをストレートと同じ腕の振りで投げるため、バッターも対応に苦しむのです。

これが、杉内俊哉投手が、33歳の時に

史上最速2000奪三振

を記録できた秘訣なのだと思います。

 

杉内俊哉の怪我の状態は?

杉内俊哉投手の怪我の状態ですが、実はもう、

『完治している』

と言っていい状態にあります。

そのため、2016年10月にはフェニックス・リーグに参加しています。

秋季キャンプにも、杉内俊哉投手が30代の選手で唯一参加しました。

現在行われている、巨人の2次キャンプでも、杉内俊哉投手は1軍組として参加しているようですし、このまま何もなければ、

2017年の開幕ローテーション争いに加わることは間違いない

と思われます。

巨人ファンにとっては喜ばしいことに、自慢のスライダーも、手術前と変わらないほどのキレを取り戻しているそうですよ。

また、新球としてシュート、そして縦のスライダーも試しているらしく、杉内俊哉投手は、36歳にしてさらなる進化を遂げそうな予感がします。

杉内俊哉投手本人曰く、

「2桁勝てる自信がある」

とのことです。

もし、これが有言実行となれば、巨人にとっては大きなプラス要素。

巨人の王座奪還へ、杉内俊哉投手という頼りになる存在が帰ってくることとなります。

2017年の巨人の新戦力は怪我人ばかりで、いきなりスタートが危ぶまれています。

これは杉内俊哉投手の復活に、期待した方がいいかもしれませんね!

 

まとめ

巨人の杉内俊哉投手は、2017年も、現状維持の5,000万円プラス出来高で契約したことが判明しました。

2016年の杉内俊哉投手は怪我からの復帰を目指したため、プロで初めて1軍登板のない年となってしまいました。

しかし、2017年の杉内俊哉投手は、球のキレも戻ってきており、キャンプでも順調に調整できているようです。

素晴らしい過去を知っているだけに、杉内俊哉投手には頑張って完全復活を遂げてほしいところですね!

ページトップへ