星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

フィギュアスケート

本田真凛(フィギュア)と妹・望結の仲は?両親の仕事をチェック!

更新日

本田望結さんは、ドラマ『家政婦のミタ』で注目され、それ以来、子役としてドラマ・映画など、数多くの作品に出演しています。

その他にバラエティ番組でも活躍し、多くのファンから愛されている本田望結さんですが、彼女には姉がいたのです…。

それも、平昌オリンピックを目指す本田真凛さんというのですからビックリですよね。

本田真凜さんは、本田望結さんの3歳年上とのことですが、いったいどんな人物(選手)なのか非常に気になります。

そこで本記事では、女優:本田望結さんの姉である本田真凛さんに焦点を当て、彼女のプロフィールを探ってみました。

また、妹・本田望結さんと、両親のことにも触れ、彼女のかわいらしさや魅力を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

本田望結の姉・本田真凛のプロフィール

本田真凛

本田真凛

みなさんは、『ポスト浅田真央』の一人として注目されているフィギュアスケーター・本田真凛さんのことを知っていますか?

この本田真凛さんは、

2001年8月21日生まれ、京都府出身の14歳。

まだ関西大学中等部に通う中学生でありながら、フィギュアスケーターとしての実績は折り紙つきです。

2015年もジュニアグランプリ・クロアチア杯で優勝するなどの実績を挙げ、

『次回の平昌オリンピックでもメダルを獲ってくれるのでは?』

と期待されています。

 

そんな本田真凛選手は、2歳の頃、兄:本田太一さんの影響でスケートをはじめました。

2歳の頃には氷上で『ハイハイ』していたというのですから、もう

フィギュアスケーターになるべくして生まれてきた申し子

のような存在といえる選手です。

このように本田真凛さんの活動は、フィギュアスケート中心であることに間違いありません。

しかし、かつてはテアトルアカデミーという、

子役専門の芸能事務所に所属

していたこともあります。

現在、本田真凛さんはオスカープロモーションに所属し、ドラマにも出演経歴を持っています。

活動の割合は低いものの、

芸能・フィギュアスケーターと、二足のわらじを履きながら

それでいてオリンピックでの活躍も期待されているのです。

本田真凜さんの将来のポテンシャルを考えると、もしかしたら浅田真央さん以上かもしれません。

あくまで可能性ではありますが、本田真凛さんは、それだけ期待ができる選手なのです。

もちろん本田真凛さんのルックスも、かわいいと評判です。

『かわいい』と評判である理由の一つに、フィギュアスケートでの表現力が大きく評価されているところも、影響しているような気がします。

海外からも、本田真凜さんの表現力が豊かで

第二の浅田真央

と見られているだけに、本田真凛さんは今後が非常に楽しみな逸材と言えるでしょう。

 

なお、本田真凜さんの平昌オリンピック出場の可能性ですが、期待はしたいのですが、

正直なところ難しい

のが率直なところだと言えそうです。

というのも、平昌オリンピックでの日本女子フィギュアスケート出場枠は1つ減少して2人と、厳しい状況にあります。

その中で、樋口新葉選手、坂本花織選手、三原舞依選手と、有力な選手がひしめく中、さらに同学年の白岩優奈選手が飛躍している戦国時代となっています。

ここに、好不調の波が激しいとはいえ、実力のある

本郷理華選手、そして怪我で離脱中の宮原知子選手

が加わり、日本代表の競争は激化してしまうと思います。

確かに浅田真央さん、村上佳菜子さんの引退によって、本田真凛選手にもチャンスが広がっていることは事実です。

だからといって、ソチ五輪のときのように、出場枠が3枠あるわけでもないですし、厳しくなっている印象は否めません。

まずは、本田真凜選手が、自分の滑走を100%できるかどうかが、平昌オリンピック出場の大きな鍵となってくるでしょう。

 

さて、そんな本田真凜選手の妹と言えば、みなさんもお馴染みの

子役・本田望結さん

ですよね。

本田望結

本田望結

現在は、子役と言うより、もう女優としての輝きを持ちはじめているような素晴らしい演技力で、様々なドラマ・映画で活躍中です。

しかも、姉・本田真凛さん同様に、本田望結さんもフィギュアスケーターとして、数々の大会に出場しています。

まだ、実力的には全国レベル(それでも凄い)といったところで、オリンピックを目指すには、まだまだ道は険しそうです。

ただ本田望結さんのフィギュアスケートの才能は、2006年トリノ五輪の金メダリストである

  • 荒川静香
  • プルシェンコ(ロシア)

二人にも認められていますし、将来のオリンピック候補の一角に入るでしょう。

ただし、それは現在、本田望結さんが重きをおいている女優を引いて、フィギュアスケート一本に専念すればの話です。

さすがに二足のわらじで、共に結果を出すのは難しいとは思います…。

 

そんな妹・本田望結さんにとっても、姉・本田真凛さんは

自慢の姉

今後、兄・太一選手共々、本田兄妹がフィギュアスケート・芸能界で大きく賑わせてくれることを期待したいものですね。

追記

子役の頃から『かわいい』と評判の本田望結さんです。

それは彼女に限らず、姉の本田真凜さんも、フィギュアスケート選手として注目されるようになり、男性ファンから絶賛されているみたいです。

ただ『かわいい』からフィギュアスケートで金メダルを取れるほど、甘い世界ではありません。

とはいえ、フィギュアスケートは採点競技なので、『かわいい』部分も、若干ではありますが、採点に影響すると思います。

技の完成度や美しさという部分で、本田真凜さんのかわいらしさという表現につながり、採点にも好影響をもたらしてくれれば、平昌オリンピックの道も開けてくるかもしれません。

まぁいかに才能豊富で期待されている選手といっても、同じレベルの才能を持っている実力者は、女子フィギュアスケート界にはゴロゴロいるわけです。

先程お話した、平昌オリンピックの切符を手にするのは、並大抵のことでは無理だと思います。

ただ、実力以上のもので勝負のわかれ目となっていくと思える戦国時代だけに、多くのファンから『かわいい』と絶賛される、

本田真凜さんの独特の魅力も武器

に変え、平昌オリンピックの切符を手にして欲しいですね!

 

妹・本田望結と本田真凛の仲の良さは?

本田真凛と本田望結

本田真凛・本田望結・兄弟たち

兄弟・姉妹の関係にあっても仲が悪く、あまり関わらないようにしている人もいますよね。

兄弟であっても、どこかソリが合わないことはあり、いつも兄弟げんかが絶えない話は昔から珍しいことではないのです。

ただし、本田真凛・本田望結さん姉妹の間には、そのようなことはなく、二人は非常に仲も良いみたいです。

というのも、姉の本田真凛さんが、本田望結さんたち、妹の面倒をよく見ていたらしいのです。

妹の本田望結さんも、そんな姉・本田真凛さんのことを慕い、真凛真凛さんが出場している大会では、

たびたび応援している本田望結さんの姿

も見られているとか…。

フィギュアスケーターとしては、ライバル関係にありますが、本田真凛さん・本田望結さんの二人は仲の良い姉妹なんでしょうね。

現在は、姉・本田真凛さんがフィギュアスケート、妹・本田望結さんが女優業を中心に活動しているので、お互いのメインフィールドは異なっています。

しかし共に、

フィギュアスケーターであり、芸能事務所に在籍している身

であるのですから、もしかしたらどこかで二人が共演することもあるかもしれません。

実際に本田望結さんと、彼女の妹である本田紗来さんが、アイスショーで『アナ雪』に扮して滑走していた事がありました。

本田姉妹が共演したことで、話題になっていたほどですから、きっと姉・本田真凛さんと共演したら、世間も大注目することでしょう。

まだまだ未知数な部分も多い二人ですが、ポスト浅田真央と呼ばれ将来を期待されるほどですから、今後の動向に注目していきたいものですね。

 

本田真凛・本田望結姉妹の両親

本田家の兄弟は

本田真凛・本田望結姉妹をはじめ、兄の本田太一さん、妹の本田紗来さんと、長女以外はフィギュアスケートをしています。

本田太一さんと本田真凛さんは、オリンピックの強化指定選手にも選ばれていて、将来のオリンピック出場候補選手です。

そんな素晴らしい選手となる子供を育てるには、家庭的には、かなりお金がかかるのも事実でしょう。

これは荒川静香さんの場合ですが、なんと彼女は

生涯フィギュアスケートに費やしてきた金額が、2億円

というのですから、単純計算して四人で8億かかる可能性があり、お金持ちでなければ、とても厳しいです。

まぁ本田望結さんも女優として稼いでいるでしょうから、その収入を足せは、負担は軽減されるとしても、両親に掛かる負担は、計り知れません。

 

では、実際に本田真凛さんらの両親は、どんな凄い人なのかと調べてみると、

父・本田竜一さんは、ごく普通の会社員

母・本田真紀さんも専業主婦

と、至って普通の両親とのこと…。

それでは、どうやって本田真凛さんなどにかかるフィギュアスケート費用を捻出しているのだろう?

誰もがそんな疑問を持つと思います。

実は、父・本田竜一さんは、

本田家流子育てのヒント

という本を出版しているそうです。

本田真凛の両親の本

本田真凛さんの両親の本

彼らの子供が、フィギュアスケーター・子役として、それぞれの分野で天才として評価され育っているわけです。

いったいどんな子育てをしているのか、気にしている人も多いのかもしれません。

その本の印税や、子供たちが芸能事務所に入っていることも加味して、

フィギュアスケートを続けていることが、経済的に困り、費用を捻出できない

ということが起こっていないのだと思います。

まぁ本田太一さん、真凛真凛さんは、オリンピックの強化指定選手に選ばれているわけです。

フィギュアスケート協会側からも強化費として、費用が肩代わりしているでしょう。

ごく普通の家庭で生まれてきていても、やりようによっては、本田真凛さんのような

天才と呼ばれるフィギュアスケーターを育てていくことは可能

であることがよくわかりました。

本田真凛さんの両親は、一般人とあって、ほとんど情報は出回っていませんが、子供たちは間違いなく親の愛情を多大に受けているでしょう。

そして、女子フィギュアスケーターとして、多くのファンから支えられている本田真凛さんが、その愛に応えて多くの大会で活躍…。

さらには、次の平昌オリンピックでは、最高のパフォーマンスができるよう、選考会を勝ち抜いて、

たった2つしかない、平昌オリンピックの選手枠

を勝ち取って欲しいと期待しています!

 

まとめ

本田望結さんの姉であり、『ポスト浅田真央』とも呼ばれ、女子フィギュアスケーターとして将来が有望視されている本田真凛さん。

彼女は、フィギュアスケーターとして実力だけでなく、プライベートでも妹の面倒をよく見て、良いお姉さんとして慕われています。

そして、ただ才能だけが突出しているわけではありません。

性格も良く、かわいい部分が、

表現力として海外から評価される

ようになり、本田真凛さんは今後もますますフィギュアスケート界で活躍していくことでしょう。

両親や、周りの人の愛情をいっぱい受けながら、本田真凛さんが、いったいどんな選手へと育っていくのか、非常に楽しみですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-フィギュアスケート