星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

速水もこみちの料理はオリーブオイルを大量に使って健康悪い?

更新日

俳優・速水もこみちさんが、出演されている日テレ系の朝の情報番組『ZIP!』の中の料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。

そこで速水もこみちさんが、料理にオリーブオイルを大量に使う光景をたまに見かけた視聴者たちが、こぞって

『健康に悪い』

と指摘し、物議を生んでいると耳にします。

確かに、料理によっては、結構な量のオリーブオイルを使用されているシーンを筆者も見ていますが、あからさまに健康に悪いと分かっているものを、何のためらいもなくテレビでガンガン紹介していくでしょうか?

そもそもオリーブオイルを大量に使う料理はどういうものなのか、と気にされている方も多いようなので、本記事では問題となっている料理の紹介と、オリーブオイルを大量に使っている理由を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

速水もこみちが大量のオリーブオイルを使う料理

モコズキッチン

日テレ系の朝の情報番組『ZIP!』のラスト数分で、視聴者からのお悩みメールに答えるような形で、その悩みを解決できるレシピを俳優の速水もこみちさんが紹介していくコーナー『MOCO'Sキッチン』が、放送されていますよね。

筆者も時折、この『MOCO'Sキッチン』を拝見していますが、数々のレシピにいつも驚かされています。

正直なところ料理は苦手な方なので、毎日のようにオリジナルレシピを考案して、提供されている速水もこみちさんの料理のスキルには、ただ尊敬するばかりです。

そんな速水もこみちさんは、近年何かとブームになっている料理男子の代表と言っても良いでしょう。

それで今、物議を醸しているのが、速水もこみちさんが紹介する料理の中で、度々使用しているオリーブオイルです。

オリーブオイルは、良いのですが、その使用量が見るからに大量であるために、時折「健康に悪いのでは?」と話題になっているのです。

その代表となるレシピが、『じゃがいもゴロゴロ!スパイシーなオーブンレシピ』です。

このレシピは、主人の実家から大量に送られてくるじゃがいもをなんとか処理したいと悩む主婦が、『煮物以外のじゃがいもレシピを教えてほしい』と番組にメールしてきたために、速水もこみちさんがその悩みを改善する料理として紹介された料理です。

まずは、じゃがいもの皮を一部残しながらピューラーで皮むきし、オーブン皿にオリーブオイルをひき、潰したにんにくを炒め、香りづけしたところへバターを溶かし、その中にじゃがいもやスパイスを投入してなじませていきます。

最後に櫛型に切った玉ねぎやローズマリーを乗せ、上からまたオリーブオイルを掛けて、パン粉をまぶし、230度のオーブンでこんがり焼いていきます。

そして、こんがり焼き上がったポテトに上からパセリを振りかけ最後の仕上げに、さらにオリーブオイルを掛けて出来上がり。

これだけ聞いていると、大量のじゃがいもにバター、そしてオリーブオイルが3度も振りかけられ、誰が見てもかなりカロリーの高そうなレシピに見えますよね。

見た目は美味しそうに見える料理ではあるものの、確実に健康に悪いと物議を生み、ネット上の一部で、問題視されているそうです。

 

MOCO'Sキッチンのレシピは健康に悪いの?

オリーブオイルの速水もこみち

オリーブオイルの速水もこみち

俳優・速水もこみちさんが、自身のレシピを紹介する、『ZIP!』内の料理コーナー『MOCO'Sキッチン』の中で、度々オリーブオイルを使用されたレシピが、テレビ公開され、健康に悪そうだ、と物議を生むこともあるそうです。

先ほどご紹介した『じゃがいもゴロゴロ!スパイシーなオーブンレシピ』も、そのレシピの一つで、一つの料理の中で、3度もオリーブオイルを使用していることから、『体に悪い』と言われているのだと思います。

しかし、これが本当に身体に悪影響を与えてしまうようなレシピなのでしょうか?

そこで、筆者もいろいろ油について調べてみました。

そこでわかったのは、人間は、将来起こるかもしれない飢餓に備えて、脂質を摂取しようとする身体のメカニズムが、無意識の内に働いてしまうことが分かりました。

つまり、人間は全く油なしで生活することは無理で、自然と油成分をどこからか摂取しているわけです。

ただし、現代のグルメ思考が進んだ社会では、油を取り過ぎてしまうことで、脂質が増えて太ってしまう原因になってしまうため、NGとみなされているケースが多いのが実情。

あくまで、何でもバランスが重要というわけです。

さて、肝心の速水もこみちさんが、おすすめする料理で大量に使っているオリーブオイルは、本当に大丈夫なのか、というと、もちろん個人差もあるので絶対とは言い切れませんが、少なくともオリーブオイル以外の油を使うことを考えれば、健康にも良く身体に良いということがわかりました。

何故そんなことが言えるのかというと、実は、オリーブオイルは他の油とは違い、実や皮、種をまるごと絞ってできた天然の油で、他の油のような生成されたものでは無いので、直接的に健康に害をもたらすどころか、健康に良い働きも十分期待できるのです。

こんな言い方をすると、他の油が全て悪いと聞こえてしまうので、オリーブオイル以外の油が決して健康を害する有害物質であるというわけではないことだけは、前もって誤解のないように言っておきます。

ただ、オリーブオイルが天然のオイルである分、他の油とは異なり、悪玉コレステロールを減らし、胃がんの発生原因とも言われるピロリ菌を抑えるなどの効果も期待され、身体に良いと言われているのは事実です。

その他、骨からカルシウムの損失を抑制し、さらにポリフェノールやビタミンEを豊富に含んでいるために、アンチエイジングや、ダイエット効果、便秘改善などの副次的な効果も期待できます。

もちろん、これらのオリーブオイルの効果には個人差があり、効果そのものに絶対の保証は出来ませんが、少なくともサラダ油など、他の一般的に使われる油より身体に良いのは間違いないでしょう。

しかし、だからといって、ものには限度がありますので、むやみやたらにオリーブオイルを大量に使いすぎるのは厳禁です。

ただ、速水もこみちさんは、生粋のオリーブオイルマニアで、どのオリーブオイルが、身体に良いのかも精通されている方で、おまけに独自ブランドのオリーブオイルも発売されている程です。

速水もこみちさんがテレビで紹介する中では、大量にオリーブオイルを使い、その料理が健康に悪いようにも見えてしまいますが、きっと使いすぎても問題のないオリーブオイルを限度となる量を見極めて使われているのでしょう。

 

オリーブオイルの適正量

オリーブオイル

オリーブオイルが健康に良い油であることは、先程の話で少しはご理解いただけたと思います。

しかし、何度も言うように、ものには限度があり、必ず適正量が存在しているので、『オリーブオイルが健康に良い』という話を鵜呑みにして、大量摂取したら、逆に健康被害に遭うかもしれません。

では、実際にオリーブオイルの適正量とは、1日どれくらいの摂取が好ましいのでしょうか?

そこでいろいろ調べてみたところ、使用するオリーブオイルにもよりますが、目安として、大さじ1杯120kcalあるらしく、オリーブオイル4杯使うことで、約1食くらいのカロリー数を摂取することになる、という話でした。

ですから、オリーブオイルは、だいたい大さじ2杯~3杯くらいまでが、適正量といえるでしょう。

まぁ、『MOCO'Sキッチン』の中で紹介された『じゃがいもゴロゴロ!スパイシーなオーブンレシピ』は、どう見積もっても大さじ3杯以上は使用しているように見えますが、これはそもそも1人前の量を作っているわけではありません。

あくまで見た目上ではありますが、3人前から4人前くらいの分量だと思いますので、あれくらいの使用量は決して大量という程でもないと思います。

きっと速水もこみちさん自身、オリーブオイルの適正量をしっかり考えた上で料理されていると思いますよ。

皆さんもオリーブオイルを使う際は、適正量を考えながら、使い過ぎには気をつけるようにしましょうね。

 

まとめ

『MOCO'Sキッチン』で、速水もこみちさんが紹介した『じゃがいもゴロゴロ!スパイシーなオーブンレシピ』に使われているオリーブオイルの量が、大量すぎて健康に悪いのではないか、とネット上でも何かと物議を生んでいます。

しかし、オリーブオイルは他の油とは異なり、比較的健康に良い油であり、適正量であれば、逆に健康に良いという話もあるので、確かに使い過ぎは厳禁ではありますが、一日大さじ2杯~3杯を目安に正しく使用していけば問題は起きないでしょう。

そして、『MOCO'Sキッチン』のレシピを参考にしながら、適度にオリーブオイルを食卓に取り入れていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ