クリぼっちの意味と2017年のクリスマスイベントや過ごし方を紹介

クリスマス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


街並みにはイルミネーションがあふれ、カップルたちが愛を育むビッグイベントとして有名なクリスマス。

子供たちも目を輝かせ、サンタクロースがクリスマスプレゼントを手に訪れるのを心待ちにしている…

そんな誰もが心浮き浮きするような、クリスマスシーズンにも関わらず、なぜか、

「クリぼっち」

という言葉が流行しているみたい…

では、クリぼっちとはどういう意味なのでしょうか?

また、クリぼっちでも十分楽しむことのできる、2017年のクリスマスイベントの過ごし方も、本記事で紹介していきます。

ぜひ、クリスマスの過ごし方の参考にしてみてくださいね。

 

「クリぼっち」の意味や流行している理由は?

クリぼっち

一人・孤立という意味を示す「ぼっち」という言葉の響きには、何か物悲しいものを感じてしまう…

そんなことを考えていたのは、一昔前の世代までかもしれません。

気がつけば、焼肉もカラオケも、一人で楽しむ時代が到来し、孤立という意味を示す「ぼっち」というワードから、寂しさは消えつつあります。

それにしても一昔前の世代からしてみれば、

「一人ぼっちなんて、まるで集団イジメでもあっているかのような印象もあり寂しいのに、そんなに良いの?」

と、こんな言葉を投げかけたくなる風潮なんですが、それでも時代の流れとともに、ある理由から「ぼっち」は流行っているようです。

その背景にあるのは、実は今のネット社会(とくにSNS)によるところが大きいと、一部で言われていますね。

ところで、みなさんは、

「既読スルー」

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

とくに10代の間で流行した言葉でもありますし、いじめ問題とリンクしてニュースにもなっています。

一度は耳にしたことがある人もいるはず…

ちなみに、既読スルーとは、SNSツール「LINE」で「既読」という確認済みの状態になっているにも関わらず、返信しないことを意味しています。

誰しも、わざとスルーしているわけではないのに、返信が届かないことに苛立たれ、既読スルーと相手からバッシングを受けることも…

そのことがいじめとして社会問題になったことは、今では有名な話ですよね。

筆者もLINEは全く手を付けていないのですが、その理由も、既読スルーと言われバッシングされないためという要因が大きいです。

やはり、人にはそれぞれ都合だってあるわけで、永遠にLINEのやり取りを続けることなんて不可能ですよね。

これが仕事上のやり取りで、時間をかけてスルーしていたというのなら、話は別ですが、あくまでプライベートならそこまで気を使う必要もない…

少なくとも筆者はそのように感じています。

しかし、現実は甘くはありません。

どうしても人間はネガティブな思考に陥りやすい傾向があります。

とくにSNSに対する依存度が高い人ほど、すぐに返信が来ないと無視されていると被害妄想に陥りやすいのです。

まぁ、その気持も当然理解はできます。

筆者は、仕事上でビジネスメールのやり取りをクライアント様としていますが、その際、あまりに連絡が遅いと不安を抱いてしまいます。

「本当に連絡が届いているだろうか?」
「何か問題は起こっていないだろうか?」
「最悪、仕事だけさせておいて音信不通を仕掛け、報酬を持ち逃げする気なのか?」

などなど、さまざまな不安が押し寄せられ、気がおかしくなることもあります。

あくまで、筆者の場合は、仕事上での話なので、また深刻度は違うでしょう。

ただ、SNSに依存しすぎている人たちは、もしかしたら、筆者と同じような感覚なのかもしれません。

一方、SNSにそれほど依存していない人たちは、相手からのLINEに対しても、時折確認だけすればOKと考えることもあります。

ただの連絡ごとであれば、普通、既読が確認できた時点で相手に伝わると理解できますし、返信しなくてもそれほど問題ない…

誰だってそのように考えますよね。

このギャップは既読スルーを巡って大きなトラブルに発展するようです。

そして、時にいじめや、自ら命を捨てる行為を引き起こし社会現象となっているわけです。

少し話がずれましたが、この既読スルーは、ぼっち文化に大きな影響をもたらすことなので、あえて、解説させていただきました。

では、話を本題に戻しましょう。

この「ぼっち」という悲しいい言葉が流行した背景には、社会現象にもなった「既読スルー」を避けるためでもあったようです。

「自分の時間を作りたい…」

この気持は、だれもが持つ感情ですが、どうしても集団生活となると、相手の都合に合わせることも必要となるため、なかなか自分の時間が作れません。

もちろん、それでもうまく時間を作っている人はたくさんいますが、全く一人ぼっちの状況と比較したら、制限は出てきます。

その上、何かとSNSを通じてつながりやすくなっている時代になり、多くの人たちは、その繋がりを断ち切ろうと動き始めています。

このことが、「ぼっち」という言葉が流行した最大の理由だったのです。

昔は、焼肉やカラオケに一人でいくのは寂しいし恥ずかしいと思われがちでした。

だからこそ、友達を集めてあちこち出かけたわけですが、当然、集団行動ですから、都合を合わせなくてはなりません。

誰もが仕事やプライベートなどの都合があり、いつ何時でも、都合を合わせられるわけではありませんよね。

その点、一人なら、何の気兼ねなしに気の向くままに、焼肉だってカラオケだって、好きなところに行って好きなことを楽しめます。

そういった魅力のほうが、一人の寂しさ・恥ずかしさを上回り、一人で行動する人が増えたというわけ。

そして、カップルが多く街中を行き交うクリスマスシーズンでも、一人で行動する人たちが増え始めました。

やはりSNS文化が根付き、陰湿ないじめ問題や人間関係のトラブルなど、いろんな要因によって、逆に集団行動に疲れてしまう人も多いのでしょう。

そこで、何かと流行し始めたのが「クリぼっち」という言葉です。

もうここまで来ると、みなさんも「クリぼっち」の意味を察知されていることと思います。

みなさんの想像通り、「クリぼっち」とは、クリスマスにひとりぼっちで行動する人たちのことを総称した言葉なのです。

クリスマスはカップルで甘いひとときを過ごすもの…

そんな話を誰が決めたのか?

恋人がいない人は、そのような印象をもっていると思います。

そして、カップル限定イベントなども多く開催されるクリスマスシーズンにも関わらず、堂々と一人でクリスマスを楽しむのです。

それも、一人の寂しさなんてそっちのけで、自由気ままにクリスマスを楽しんでいるのですから、なんともたくましさを感じますよね。

近年は、そんな「クリぼっち」のためのイベントも開催されるようになりました。

その一つが「クリぼっちパーティー」。

どんなパーティーなのかというと、一人で会場に赴き、全く見ず知らずの、別のお一人様たちと、共にクリスマスを楽しく過ごすパーティーなんだとか…

話によると、これがまた合コンみたいで楽しいんだそうですよ。

結局、クリぼっちと言いながらも、終わってみればカップル誕生なんて可能性もあり、決して今までのような孤立した寂しさはありません。

そのため、今後もますます「クリぼっち」は増え続けていくことでしょう。

集団生活による時間の制限をかけられることは一切なく、自由気ままに楽しみながら必要に応じて他人と絡んでいく…

これからは、そんな自分の時間も大切にしたライフスタイルが流行っていくのでしょうね。

 

『クリぼっち』でも楽しめるおすすめクリスマスイベント

クリぼっち

クリぼっちといわれると、クリスマスにたった一人で時を過ごす寂しさを感じさせられますが、決してそんなことはありません。

先程もお話しした通り、一人でも楽しめるクリスマスイベントはたくさん増え、クリぼっちだからといって寂しいことはなくなりました。

では、具体的にどんな楽しい「クリぼっち」用のクリスマスイベントがあるのか、紹介していきますね。

・東京湾お台場船上クルーズフェス 2017

イルミネーションの映える夜景を楽しむイベントは、カップルだからこそクリスマスムードが盛り上がるものと思われがち…

しかし、それはここ数年までの話…

近年は、クリぼっち用の夜景を楽しむイベントもたくさん増えています。

そこで、東京近辺にお住いのクリぼっちたちに、おすすめしたいイベントが、

「東京湾お台場船上クルーズフェス2017」

です。

なんと、クリスマスにクルージングしながら、素敵な夜景とBGMを思う存分楽しんじゃおうというイベントが開催されるのです。

限定250名なので、事前にチケットを購入しておかないと、イベントに参加することはできません。

しかし、クリぼっちであるかないかは一切関係なし!

仕事の疲れを癒しにイベントに参加するも良し、単純に夜景やディナーなど、クルージングしながらクリスマスイベントとして楽しむも良し…

まさに色んな楽しみ方ができるクリスマス限定イベントとして開催されます。

なお、当日は、全国の人気DJやゲストが多数出演されるので、一種の音楽フェスとしても楽しむことも可能!

クリスマスに一人カラオケも良いですが、同じ音楽を楽しむならフェスの方が、圧倒的楽しめますよね。

まさにクリぼっちにも超おすすめな、贅沢三昧のクリスマス限定イベントなのです。

「クリスマスは仕事があるから…」

と、周囲に言い訳するかのように仕事を入れて、寂しさを紛らわせている方がいますよね。

でも、もうそんな必要はありません。

価格もVIPテーブル席ですら1万円とクルージングイベントの割には格安!

それでいて、クルージングで、レインボーブリッジや東京タワー・東京スカイタワーなども船の上から見ることができます。

クルージングって、非日常生活そのもので、なかなか体験できるものではありませんよね。

そんなクルージングを、クリスマスに体験できるなんてステキです。

これなら参加しない手はありませんよね。

もうクリスマスが目前に迫っているので、チケットは残りわずかですが、いまならまだ間に合います。

少しでも心に引っかかった関東周辺にお住まいのクリぼっちたちは、ぜひ、参加してみてください。

なお、このイベントとは異なりますが、クリスマスにクルージング可能なイベントは、全国で開催されています。

筆者が調べた範囲でも沖縄のクルージングディナーが

「船上のクリスマス スペシャルディナー」

と称して開催される予定です。

ここでは、全てを紹介するとキリがないので、割愛しておきますが、気になる方は、ぜひ、ネットで検索してみて、探してみてくださいね。

・オルゴール・クリスマス・ナイトコンサート2017

異国情緒あふれる街・神戸は、クリスマス気分を味わうには最高のスポットですよね。

東京・大阪などのイルミネーションを楽しむのもおすすめですが、神戸近辺にお住まいの人なら、圧倒的に神戸のイベントスポットはおすすめ。

そんな神戸・六甲オルゴールミュージアムでは、今年もオルゴール・クリスマス・ナイトコンサートが開催されます。

オルゴールの音色や甘いお菓子の家の香りに包まれた、このコンサート会場は、どこかメルヘンチックで幻想的な別世界が満喫でき魅力的。

もちろんカップルで来られれば、また別の楽しみ方ができるのかもしれませんが、クリぼっちの人たちが参加しても十分楽しめます。

オルゴール等の自動演奏によるミュージック、ドイツのクリスマスを意識した幻想的な世界観、そして心を癒やしてくれるディナー…

どれをとっても一級品で、クリぼっちだからこそ楽しめる非日常が体験できます。

また、同じくクリぼっちで参加している人を見かけたら、声をかけてみても良いかもしれません。

そのことをきっかけにステキな恋が生まれるかもしれません。

その点では、ある意味、恋活イベントにだって繋げられる可能性を秘めたイベントでもあります。

なお、残り座席はあとわずかということなので、気になる方は、ぜひお早めに予約を取ってイベントに参加してみてくださいね。

・クリスマスツリー展示会(竹古場キルンの森公園)

関東・関西とクリぼっちでも楽しめるイベントを紹介してきましたが、最後に紹介するのは、九州のイベントです。

九州・佐賀県(竹古場キルンの森公園 飛龍窯工房)で開催される「クリスマスツリー展示会」は、絶対おすすめ。

極端な話、他のイベントと異なり、展示会に過ぎないといえば、それまでです。

しかし、このイベントは、陶器でできたクリスマスツリーが実にメルヘンチックでステキ!

陶器による暖かさに、ライトがほんのり灯り、実に幻想的で、日頃の疲れを全て吹き飛ばせてくれる癒しが、あなたを出迎えてくれます。

それこそ、クリぼっちである寂しさなんてどこかに吹き飛んでしまうほど、存分にクリスマスを楽しめるイベントスポットです。

なので、佐賀県周辺にお住まいの人にはまさにおすすめ。

人数制限など一切ありませんので、気になる方は、ぜひ、一度足を運んでみてくださいね。

ちなみに、佐賀限定となってしまうかもしれませんが、ネット上でのオフ会の場として利用してみるのもおすすめ。

元モー娘。メンバーの石川梨華さんも、食事会を通じて今の旦那(野上亮磨投手)と出会い、愛を育み結婚されています。

まぁ、あくまでほんの一例に過ぎませんが、もしかしたら、同級生と再開して、新たな恋が生まれるかもしれませんよ。

単純に一人で楽しむも良し、SNSで繋がったクリぼっちと共に訪れてみるのもおすすめ。

クリぼっちといってもいろんな楽しみ方が満喫できるスポットなので、ぜひ、うまく活用してみてくださいね。

以上、クリぼっちでも楽しむことのできるイベントスポット3つを紹介させていただきました。

その他にも、探せば婚活イベントやクラブイベントなど、たくさんクリぼっちでも楽しめるイベントは開催されています。

みなさんも、ぜひ一度ネット検索して、クリスマスイベントを探してみてください。

たとえクリぼっちだからといって諦める必要は一切ありません。

今からでも十分間に合うイベントが見つかりますので、これぞと思ったものを探してイベントに参加してみましょう。

そして、クリぼっちならではのクリスマスを思う存分楽しんでみてくださいね。

 

クリぼっちの過ごし方2017・自宅編

先程は、クリぼっちでも楽しめるイベントスポットを紹介させていただきました。

しかし、クリぼっちが楽しむクリスマスは、なにもイベントだけとは限りません。

自宅で自由気ままにクリスマスを楽しむのも、クリぼっちならではのクリスマスの楽しみ方の一つです。

では、自宅でどのように楽しめるのか、その過ごし方を紹介していきます。

・飾り付け・イルミネーションで気分を盛り上げる

クリスマスといえば、やっぱりイルミネーションが魅力的ですよね。

各家庭でもイルミネーションや飾り付けを施し、クリスマスムード一色というところも少なくありません。

そこで、クリぼっちでもできる自宅でのクリスマスの過ごし方として、クリスマスならではの飾り付けで盛り上がってみることをおすすめします。

近年、100均などで、クリスマスのオーナメントなども販売されていますし、イルミネーションだって、いろいろ探せば販売されています。

あとは飾り付けをするくらいで、よほどこだわらない限り、そんなに手間がかかるものではありません。

クリぼっちである以上、そんな大それたイルミネーションは必要ないと思いますし、少しクリスマスムードを高めるくらいで十分たのしめます。

せっかくのクリスマスですし、ちょっとだけクリスマスムードを高める飾り付けを施し、特別なイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

・クリスマスディナーをコンビニ・スーパーで購入する

クリスマスムードを高めるもう一つの要素といえば、やはりディナーではないでしょうか。

とくにクリスマスシーズンによく見かけるローストチキンやクリスマスケーキは、今やコンビニでさえ販売されていますよね。

コンビニでは高いと言うならスーパーで購入しても構いません。

手軽に購入できるクリスマスケーキとチキンを用意し、少しリッチにクリスマスディナーを楽しんでみるのもおすすめ。

たとえクリぼっちでも、クリスマス料理とスパークリングワインがあれば、十分クリスマスは楽しめますよ。

ぜひ、一度試してみてくださいね。

・ロマンチックな恋愛映画でクリスマスムードを高める

女性のクリぼっちにおすすめしたい、自宅ならではのクリスマスの過ごし方ですが、できれば

恋愛映画のDVDを観て過ごす

ことがおすすめ。

それも、かなりロマンチックで心ときめかせるような恋愛映画が、クリスマスにはキュンとしてしまいます。

中でもおすすめしたい恋愛映画(DVD)は、

「めぐり逢えたら」

「ゴースト/ニューヨークの幻」

の2作品。

映画そのものは古いですが、まさに恋愛映画の王道的作品で、男女ともに、今なお人気の高い超有名作品です。

とくにメグ・ライアン主演映画「めぐり逢えたら」は、涙なしでは観られません。

まぁ、それは筆者がメグ・ライアンの大ファンだった事もあったのかもしれませんが、そのことを抜きにして、恋愛映画として超おすすめ。

簡単に映画の内容を紹介すると、

最愛の妻を病気でなくしたサム(トム・ハンクス)が、息子の奇跡の行動によって遠く離れた女性とめぐり逢うというラブストーリー。

本当にかいつまんで端的に言うとこんな感じになってしまいますが、小さな子供が父親の心の傷を治そうと奮闘する姿には泣けます。

小さな男の子が、ラジオ番組を使って奥さん探しまでする姿は、健気で可愛らしいですよね。

また、遠く離れたところで生活するアニー(メグ・ライアン)も、この子供の行動をきっかけに徐々に心が惹かれていく…

そして二人はめぐり逢うのです。

恋のキューピッドということばあありますが、自分の息子がその役目を司るとは、誰が想像できるでしょうか。

そんなステキな恋愛映画なので、クリスマスに観るには、ぜひ、おすすめしたい一本です。

カップルでこの映画を見ると間違いなく愛が深まる作品です。

しかし、一人で観ても涙があふれ、クリスマスを満喫できます。

こういった、映画は、クリスマスムードをより一層高めてくれるので、ぜひ、一つの過ごし方として活用してみてくださいね。

以上、クリぼっちならではの、3つの自宅でのクリスマスの過ごし方を紹介させていただきました。

いずれも、ちょっとしたことではあるのですが、こういったちょっとしたことがクリスマスムードを高めてくれます。

ぜひ、今年のクリスマスの過ごし方の参考としてみてくださいね。

 

まとめ

クリぼっちとは、もともとは、クリスマスにも関わらず一人ぼっちで過ごすという、実に寂しい意味を持つ言葉でした。

しかし、近年は、自分の時間を大切にしたいと考える人が増えたことで、クリぼっちはポジティブな意味で捉えられています。

そして、クリぼっちを対象としたイベントも開催され、一方、自宅でもクリスマスを楽しめるようなアイテムが発売されています。

あとは、みなさん次第…

今回の記事でも、クリぼっちでも楽しめるイベントや、自宅での過ごし方を紹介させていただきましたので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

クリぼっちたちが、今年のクリスマスを満喫するきっかけになれば幸いです。

ページトップへ