星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

正月 雑学

初詣のおみくじは結ぶ?持ち帰る?大吉大凶の効果期間と由来とは

更新日

お正月になると、多くの人が行うことの1つに、初詣がありますよね。

初詣をした際には、毎年おみくじを買う人も多くいることかと思います。

しかし、このおみくじ。

その効果はいつまで続くのでしょうか?

また、引いたおみくじの処分方法は、どうするべきなのか?

などなど、意外におみくじについて知らないことが多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、初詣に引いたおみくじについて、調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

おみくじの由来とは?

おみくじ

おみくじ

現在では、一種の運試しのような扱われ方をしている『おみくじ』ですが、実は、昔のおみくじは、とても尊いものであった、ということをみなさんご存知でしょうか?

おみくじの「みくじ」は、「くじ」に尊敬の接頭辞である「み」をつけたもので、さらに「お」という接頭辞がついていますよね。

くじに尊敬の接頭辞「み」がついた「みくじ」に、さらに尊敬の接頭辞「お」がついています。

「二重敬語になるのではないか?」

と思ったりもしましたが、まぁその辺りはここでは置いておきましょう。

そんな、言葉だけでも尊厳さを感じさせるおみくじですが、実は、おみくじの起源も存在しており、これがまたかなり重要な役割を果たしているのです。

古代では、国の政治に関わる重要な事柄や、権力者の後継者を選ぶ際に、神の意志を占うためにくじ引きをすることがあったそうで、これがおみくじの起源と言われています。

国を動かすような大事なことを、くじ引きで決めてしまっても良いのかは疑問なところですが、くじ引きで後継者を決めるというのは古代のみならず、室町時代にも実際にありました。

くじ引き将軍で有名な室町幕府6代将軍・足利義教は、くじ引きによって任命された将軍として、歴史の教科書でも少しですが触れられています。

今で言えば、総理大臣をくじ引きで選ぶようなもので、とんでもないことですよね。

まぁ、当時は、現代で言う運に当たる要素が、神の意思だと信じられていたのかもしれませんし、王権神授説という思想があったからこそ、このようなことができたのだと思います。

ちなみに、今の寺社でおこなわれるおみくじの原型は、平安時代に存在した天台宗の僧、良源によるものが始まりとされています。

重要な事柄を占うため、権力者が行うものだったおみくじが、個人の吉凶を占うようになったのは、鎌倉時代からだと言われており、当時、くじを用意するのは、占われる人自身だったとのことですよ。

筆者としては、まさか、おみくじは古代から存在しているものだったとは驚きました。

 

おみくじの効果に期限はある?

おみくじ

おみくじ

おみくじを引くと、大吉であったり、中には大凶を引いてしまう人もいるかもしれません。

いずれの場合も、

「この効果はいつまで続くのだろう?」

と思う方もいるのではないでしょうか?

そこで調べてみると、実は、おみくじの効果というのは、特に期限がないそうです。

おみくじの結果というのは、その人がおみくじを引いた時の運気を表すものらしく、引いた時点での運気がどうだったかという証明にしかならないとのこと。

下手な話、例えば大吉を引いたのであれば、運気は上がりきっている状態にあるので、後は下がる一方かもしれない…

そんなこともありえるわけですね。

また、実際には運気を上げたり、維持するためには、書かれている内容を実践することのほうが大事なのだとか。

しかし、書かれている内容も、寺社の人いわく

「おみくじの項目は時代と共に変化しています。時代に応える内容にはなっていますが、全ての人に当てはまるものばかりではありません。引く人がおみくじに何を求めるかで、どの項目を見るかも決まってくるでしょう」

というわけです。

神様からのメッセージなので、ありがたく受け取り、内容を実践するべきとは言っても、結局は、当たり障りのないことを言って、多くの人にあてはまるようなことを書いているというだけの話なのです。

要するに、人の運気というのは、その時々によって変動するものですし、そもそも理論的なものではないので、おみくじの結果は、大したことのないものだということですね。

 

引いたおみくじは持ち帰る?結ぶ?どっち?

おみくじ

おみくじは、引いた後の処理で困ってしまうこともありがちです。

その辺に捨ててはいけない、ということは、なんとなくわかっていても、引いた場所に結ぶべきか、自宅に持ち帰るべきか悩みますよね。

おみくじの処理は、まさに人それぞれで、

「神様との縁を結ぶため、どんな結果でも絶対に結ぶ」

「いい内容ならば持ち帰る」

「厄を持ち歩かないため、悪い結果の場合は結ぶ」

と、理由も多種多様で、そもそもどうしたらいいのか、ますますこんがらがってしまいます。

これに関しての結論から言うと、おみくじの処理について寺社に関係する人の多くが、

「どちらでもよい」

と回答したそうです。

つまり、おみくじを持ち帰ろうと結ぼうと、何かが変わるわけではないのです。

仮に結ぶ選択をした場合は、1つだけ注意が必要です。

それは、寺社によっては、おみくじを結ぶ場所というものが設けられているので、必ず指定された場所に結ぶ、ということ。

木に結ぶと、木が傷んでしまい、成長を妨げることから、近年では木に結ぶことを許可しない寺社も増えてきています

結び方にも、縦結びは良くないと言われたり、おみくじをひねってはいけないなど、これまた縁起に関わる謂れがあるそうですよ。

筆者的には、縁起も所詮は常に変動する吉凶の前兆でしかないので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、おみくじの由来や効果、処理方法などについてまとめました。

おみくじの吉凶は、引いたその時点での運を形にしただけであり、結果を見て一喜一憂している間に既に運気は変わっている可能性もあるため、特に効果の期限は設けられていないということには、驚きました。

おみくじの効果や、内容をどう解釈するも、個人の自由らしく、いい結果が出るまでおみくじを引き直しても構わないのだそうです。

まぁさすがに何度も引き直して大吉が出たとしても、それは本当に喜んで良いものかとは思いますが…。

もちろん、おみくじはタダではありません。

財布から消えてしまった金額で我に返る…

そのようなことは、避けたいところです。

結局、おみくじに関しては、大凶を引いたからといって、特にその1年が特別に酷いものになるかと言えば、決してそうではないので、安心してくださいね。

また、大吉が出たからといって、1年をたるんで過ごしてしまうのは、如何なものかと。

最終的には、自分の行動・選択が、1年の行く末を決めるのです。

おみくじの結果は気休め程度にしておき、日々の努力を怠らないよう、過ごしていきましょう!

お正月の記事はコチラもよく読まれています!

初詣の神社や寺の参拝方法・マナーを紹介!賽銭金額はいくら?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-正月, 雑学