星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

進撃の巨人の単行本コミックス最新刊の19巻発売日と収録ストーリー

更新日

圧倒的な力と図体を持つ巨人たちが、捕食を目的に人間社会に襲いかかり、また一方では、そんな巨人たちに抗いながら、平和を守ろうとする人間たちのバトルを描いたダークファンタジー漫画『進撃の巨人』

この『進撃の巨人』は、月刊誌である別冊少年マガジンに掲載中の漫画ですが、週刊誌掲載の漫画以上の人気ぶりが伺え、実写映画やアニメ作品としても大きくメディア展開されています。

さて、そんな『進撃の巨人』も単行本コミック19巻の発売の話が、ネット上でチラホラ囁かれていますが、実際のところは最新刊である19巻で何処までストーリーが収録され、いつ発売されるのでしょうか?

そこで本記事では、『進撃の巨人』の単行本コミックス19巻の発売日や、収録ストーリーを、現在分かっている範囲でご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『進撃の巨人』単行本18巻のストーリーおさらい

進撃の巨人

進撃の巨人18巻

『進撃の巨人』は、単純に人間vs巨人の抗争を描いた漫画作品と思われがちですが、結構、人間同士の確執的なものも描かれているらしく、随所であちこちに話が飛んでいる印象もあり、非常に理解するのに時間がかかる、という印象を持つ作品でもあります。

よほど『進撃の巨人』マニアの方ならいざしらず、大抵の人が所々で話がわからなくなってしまっているかもしれませんので、ここでまず、『進撃の巨人』最新刊となる単行本19巻のストーリーに触れる前に、18巻のおさらいとして、そのストーリーに軽く触れておきます。

『進撃の巨人』単行本コミックス18巻では、革命事変から2ヶ月後のストーリーが描かれ、エレン達が行方不明になった父:グリシャ・イェーガーを探索している最中に、最も身近にいた人物:キース=シャーディスが、その手がかりを持っていることに気が付き、シャーディスに近づきます。

そして、エレン達は20年前のイェーガーのことを聞き付けますが、まだ情報が足りず、今度はシガンシナ地区を奪還する行動を取っていくのです。

それは、巨人たちに潰されたウォール・マリアを奪還することでもあったのです。

と、ここまでがざっくりとした『進撃の巨人』単行本コミックス18巻のストーリー内容でした。

つまり、エレン達がエレンの父・イェーガーの手がかりを探りながら、シガンシナ地区をなんとか取り戻そうと、巨人たちに挑んでいくというストーリーで、そこから展開されていくストーリーが、『進撃の巨人』単行本コミックス19巻に掲載されているのだと思われます。

果たして、『進撃の巨人』単行本コミックス19巻で、シガンシナ地区を奪還できたのか、また別のストーリーが展開されていくのか、非常に気になるところです。

 

『進撃の巨人』単行本コミックス19巻ストーリー

進撃の巨人

『進撃の巨人』単行本コミックス18巻までのストーリーで、シガンシナ地区奪還作戦に移っているエレンをはじめとする、第104期訓練兵団卒業生達は、巨人達によって破壊されたシガンシナ地区の外門をエレンの硬化によって、塞ぐことに成功しました。

しかし戦いは、これで終わりではなく、まだ内門を塞ぎ、ウォール・マリアを奪還した上で、シガンシナ地区全体を取り戻さなくてはなりません。

巨人たちは、エレンの持つ『座標の力』を求め、またエレン達は、ウォール・マリア及び、シガンシナ地区の奪還、イェーガー一家の地下室の解明のために、それぞれが行動開始。

そして、エレン達がシガンシナ地区の内門を塞ごうとしている最中、壁の中に潜伏していたライナーが登場し、また他の獣の巨人たちが内門を岩で塞ぎ、退路が経たれ、エレン達は身動きが取れなくなってしまいます。

そこで、一気に、この巨人たちを倒すべく2つの戦略を立てていくこととなるわけです。

その戦略とは、

・ライナーvsエレン(ハンジの班がバックアップ)
・獣の巨人vs馬を死守する調査兵団と獣の巨人を狙うリヴァイ

この戦略を立てて、行動を取ったのには理由があり、まず、ライナーを馬から外して被害を最小限に止めたかった事、そして獣の巨人とライナーを分離させて、戦力を二分化させたかったことが考えられます。

実際にその狙いは見事に当たり、ライナーはエレンに襲いかかり、相手の戦力は見事の二分化されました。

獣の巨人は、調査兵団とリヴァイによって潰されかけ、かなり劣勢に立たされ、もう一方のライナーもエレンの雷槍によって、かなり大きいダメージを受けます。

相手戦力の二分化が、エレン達の窮地を救うきっかけなったのです。

とりあえず現時点では、この辺りのストーリーまでしか描かれておらず、この闘いの巨人vs人間の最終決着は描かれていません。

しかも予想では、まだまだ決着には時間が掛かるのでは?という話もあり、おそらく『進撃の巨人』19巻での決着は難しいのでは、と思われます。

あくまで『進撃の巨人』単行本コミックス19巻では、巨人と人間の最終決戦の序章が描かれている、ということで終わっていきそうですね。

果たして、シガンシナ地区や、ウォール・マリアを取り戻すために、エレン達はどんな戦いを挑んでいくのでしょうか。

そのさわりがストーリー展開されていくと思いますので、気になる方は、ぜひ『進撃の巨人』単行本コミックス19巻を手に取り、じっくりその世界観を満喫してみてくださいね!

『進撃の巨人』単行本コミックス19巻発売日は?

指を立てる男性

いよいよ『進撃の巨人』も最終局面に移行しているのか、巨人と人間の大きなバトルが18巻以降で大きくストーリー展開されているように思われます。

もちろん、これまでも巨人vs人間の戦いは繰り広げられてきましたが、いろんなサイトで話を聞く限り、今回の戦いは、その比では無いらしく、漫画『ONE PIECE』のドレスローザ編のように、何話にも渡ってストーリーが展開されていくのでは?という話も聞かれます。

おそらく『進撃の巨人』単行本コミックス19巻は、そのさわりの部分を見ることが出来るだけかもしれません。

しかし、じっくりストーリーを理解しながら読んでいかないと、この漫画は内容の理解が難しい印象もあるため、中途半端に飛ばして読むなんてことはやめておいた方が良いでしょう。

そのような『進撃の巨人』であるためか、早速ながら、単行本コミックス19巻を早く読みたい、という熱烈なファンも多いようです。

しかし、現在までに掲載されているのが、月刊誌(別冊少年マガジン)であることも影響していて、ストーリーの進捗速度は非常にゆっくりと進んでいます。

たとえ、4話を一冊に収録してストーリー展開していったとしても、4ヶ月は単行本コミックス発売に時間がかかり、2015年12月9日に18巻が発売されたばかりですから、そんなにすぐには発売されません。

実際に調べてみたところ、発売時期も、多少のタイムラグはありますが、大体4ヶ月周期で発売され、ここ最近は4月、8月、12月に発売されていることが多いです。

その事を踏まえて考えても、『進撃の巨人』単行本コミックス19巻は、間違いなく2016年4月発売となるでしょう。

なお正式発表はまだみたいですが、いろんな情報サイトで、『進撃の巨人』単行本コミックス19巻は、2016年4月8日(金)に発売と言われていますので、おそらく間違いないものと思われます。

ただし、作者や出版元の都合で予定が変わることも十分考えられますので、『進撃の巨人』19巻を購入する予定の方は、その前に一度確認しておくと良いかもしれませんね。

なお、アマゾンなどで予約を考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、現在のところ予約の受付は一切されていないみたいです。

まだ2015年12月9日に『進撃の巨人』単行本コミックス18巻が発売されたばかりなので、予約云々という話ではないのでしょう。

この辺りの話は、きっと来年あたりから、単行本コミックス19巻の予約の受付も随時行われていくと思いますので、折を見て一度書店に問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

2016年の1月号・2月号の内容も、『進撃の巨人』19巻には掲載されると思われますので、ストーリーが何処まで展開してくのか、今から楽しみにしながら2016年4月の発売日を楽しみにしたいものです。

 

まとめ

『進撃の巨人』単行本コミックス19巻は、いよいよクライマックスに向けての大きな戦いがストーリー展開されるらしく、シガンシナ地区奪還作戦から、人間vs巨人の最終対決と伺えるような大きなストーリーが描かれているそうです。

鎧を着た巨人兵ライナーと、エレン及びハンジ達の対決、調査兵団&リヴァイvs獣系巨人と、ふた手に分かれて壮大な戦いが展開されるそうですが、このまま人間側が有利なままで、ストーリーはハッピーエンドを迎えていくのか、それとも真逆のストーリー展開を見せていくのか非常に楽しみ。

『進撃の巨人』単行本コミックス19巻の発売日はまだ先ですが、今からどんな結末に向かってストーリーが展開されていくのか、心待ちしたいものですね!

追記:

『進撃の巨人』単行本コミックス20巻についてはコチラです。

進撃の巨人の単行本コミックス最新刊の20巻発売日と収録ストーリー

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画