星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

AKB48(SKE48)宮澤佐江の卒業理由!今後の活動は舞台女優?

更新日

かつては、大島優子さん・秋元才加さん(いずれも元メンバー)たちとともに、AKB48の2期生として活躍し、2012年にはSNH48 (中国)へ移籍、2014年にはSKE48に兼任で移動となり、活動のフィールドが、徐々にAKB48から離れていったアイドル宮澤佐江さん。

宮澤佐江さんは、笑顔が似合いAKB48グループ内でもムードメーカーとして、10年近く走り続けてきた古参メンバーで、同時に多くのファンから愛されていたメンバーです。

しかし突然、先日放送されたFNS歌謡祭2015LIVEで、宮澤佐江さんはAKB48グループを卒業すると発表したのです。

宮澤佐江さんの卒業発表に驚き、一体何故卒業するのか気になるファンも続出しているそうなので、本記事で、その理由や今後の予定などを探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

宮澤佐江の突然のAKB48卒業!

宮澤佐江

宮澤佐江

倉持明日香さん・川栄李奈さん・松井玲奈さんなど、2015年もAKB48の中心メンバーだった方たちが続々卒業し、その上、来年春には総監督である高橋みなみさんの卒業が既に決まっている中、またしてもショッキングな発表が舞い込んできました。

AKB48の元気娘として活躍し、SNH48の移籍やSKE48との兼任でも、それぞれのグループを大きく牽引していくムードメーカーでもあった、あの宮澤佐江さんが、先日放送されたFNS歌謡祭2015LIVEで突然卒業発表。

筆者もファンの一人なので、この宮澤佐江さんの卒業には、全くもって寝耳に水で信じられませんでした。

確かにSNH48に移籍してからは、日中問題などの影響も受けて、就労ビザが降りず、劇場に立つことすらままならない日々を過ごし、裏では相当泣いていたというエピソードもありました。

明るく常に笑顔を絶やさない宮澤佐江さんが結構苦しんでいいたことは伺えます。

それでも何事にも負けずに前に進み続けてきた宮澤佐江さんだからこそ、総監督も抜けていくAKB48グループをこれから大きく牽引していってくれると信じていたのですが…

正直、SKE48のチームSリーダーとして、兼任ながらもムードメーカーの一人として、存在感を示していた宮澤佐江さんのその姿は、松井玲奈さんが卒業した後も、SKE48の存在感を薄めることなく、ファンに映しだしてくれていた様にも伺えます。

プライベートでの宮澤佐江さんの性格は、甘えん坊で泣き虫気質と言われていますが、一部でそういう部分を見せていたところもあるのでしょう。

多くのファンに元気を与えてくれる宮澤佐江さんの満面の笑顔と、明るさを見せ続けた最大級のムードメーカーが、AKB48を卒業するというと、非常に寂しさが募ります。

ただ、宮澤佐江さんの中でいろいろ悩みながら、次のステージに踏み出すタイミングとして、この瞬間での卒業発表を決意したのでしょう。

ファンとしては、『何故、卒業?』と信じられない気持ちでいっぱいではありますが、ここは素直に宮澤佐江さんに対して、感謝の気持ちを持ちながら、暖かく見送ってあげたい気持ちもまたいっぱいです。

まだ、詳しい卒業日などは決まっておらず、少なくとも10年はAKB48のグループメンバーとして居続けると言われていますので、実際の卒業時期は、2016年4月以降ということになりそうですが、それまでは、アイドル・宮澤佐江としての活躍を期待しましょう。

そして、卒業後は、『宮澤佐江』としての第2の人生を応援したいものです。

 

宮澤佐江の卒業の理由と背景は?

宮澤佐江

宮澤佐江

SNH48兼SKE48のメンバー宮澤佐江さんがAKB48グループを卒業する、とFNS歌謡祭2015LIVEで発表されましたが、彼女のファンとしては、その卒業理由が一体なんなのか、気になる方は多いはず。

では、何故宮澤佐江さんは、AKB48を卒業すると発表したのでしょうか?

その卒業理由は、FNS歌謡祭2015、宮澤佐江さん自身のブログなどでも語られていましたが、『AKB48』として活動する分には、今は"国民的アイドルグループ"という後ろ盾があるために、ある意味、アイドルとして非常に安泰していられる地位がしばらく約束されますが、その分、活動の範囲も制限されますよね。

宮澤佐江さんは、これまでにAKB48のアイドルとして10年近く活動しながら、いろいろ経験してきたことで、アイドルだけでなくタレント・女優など、いろいろ幅を広げて活動していきたい、と考えるようになってきたそうです。

そして、AKB48でいることよりも、今後、「宮澤佐江」としての自分の可能性を考えた方がワクワクしてきたらしく、そのような気持ちの変化から、そろそろ卒業のタイミングなのでは?と判断して、今回の卒業を決めたとのこと。

そもそもAKB48とは、夢の中継点となる場です。

女優・モデル・歌手・タレントと、様々なジャンルで活躍していきたいけど、知名度もなく、活躍の場やチャンスが全くない彼女たちが、そのチャンスを掴むために所属し、アイドルとして活躍していくのがAKB48なのです。

そして、ゆくゆくは個人としても知名度も上げて、ソロとして次の目標に向けて巣立っていく場でもあります。

宮澤佐江さんも、きっとAKB48のメンバーでいることよりも、一人のタレント・女優として新たなステージに羽ばたいていきたいと考え、その想いが強くなったからこそ卒業を意識したのでしょうね。

確かに、AKB48を卒業して、大きな後ろ盾が無くなってしまうという不安もあると思いますし、新たなステージに飛び込んでいくのは非常に怖いことです。

事実、宮澤佐江さんは新境地に挑んでいくために、一大決心をして、中国のSNH48に移籍しましたが、日中問題によって就労ビザがいつまでも取れずに、劇場に立つことすら出来ない時期を長らく過ごすことになってしまいました。

SNH48

SNH48

当時、新設されるSNH48に加わり、中国にアイドルグループを定着する力になりたいと、右も左もわからないアイドル候補生達を牽引し続けていた宮澤佐江さんが、国の政治によって直接舞台にも立てなかったわけですから、いかに悔しかったか…

それでも、宮澤佐江さんは前を向いて突き進んでいきました。

今ではSNH48も中国で人気のアイドルグループとして成長していますし、兼任で加わったSKE48も更に大きな飛躍を遂げています。

『宮澤佐江』という女性には、周囲を巻き込み力づけるパワーがある、と筆者は考えています。

それで宮澤佐江さんは、今後への不安よりも、ワクワク感が強まっていき、卒業を決めたのだと思いますよ。

 

AKB48卒業!宮澤佐江の今後は?

王家の紋章

宮澤佐江さんがFNS歌謡祭2015LIVEで突然AKB48グループからの卒業を発表し、ファンに衝撃が走りましたが、気になるのは今後どのような道を歩まれるのかという話ですよね。

宮澤佐江さん自身、AKB48からは卒業するものの芸能界そのものを引退するわけではありません。

アイドルを卒業し、「宮澤佐江」個人として、女優・タレントとして今後幅広く活躍されていくのだと思います。

その証というわけではありませんが、2016年8月には、ミュージカル『王家の紋章』で、宮澤佐江さんが「キャロル」役として出演することが決まっています。

もしかしたら、同じ2期生だった秋元才加さんのように、ミュージカル女優を目指されるかもしれませんし、ドラマ・映画を中心とした女優になって活躍されるかもしれません。

同じく2期生だった野呂佳代さんは、完全にバラエティタレントとして活躍されていますし、宮澤佐江さんもタレントとして、今後バラエティ番組に出演されるケースが多々見られるかもしれません。

宮澤佐江さんの場合は、極端に『コレ!』という明確な方向性は決めず、今は、あらゆる可能性を探っていきたい、ということみたいなので、アイドルの枠を外れて、女優・タレントとして、幅広くなんでも挑戦していくのだと思いますよ。

バラエティ、舞台、ドラマ、映画など、幅広いジャンルで宮澤佐江さんの姿を見ることが出来ると思いますので、彼女のAKB48卒業後の活躍に期待したいものですね。

 

まとめ

AKB48の姉妹グループであるSNH48(SKE48兼任)メンバーの宮澤佐江さんが、AKB48の卒業をFNS歌謡祭2015LIVEの席で発表し、多くのファンに衝撃が走りました。

その卒業理由として、宮澤佐江さんは10年間AKB48としてアイドル活動をし続け、今後はアイドルとして活動していくことよりも、その後ろ盾を捨てても新たなことにチャレンジして、女優・タレントとして幅広く活動していくことに、ワクワクしたためということだったようです。

具体的な卒業時期まではまだ決まっていませんが、少なくともAKB48加入から、10年間は辞めないと決めているそうなので、宮澤佐江さんは、2016年4月以降の卒業ということになりそうなので、それまではアイドルとしての彼女を応援したいものです。

卒業の記事はコチラもよく読まれています!

笑ってはいけない終了打ち切りの理由は視聴率?松本人志の卒業とは

AKB48内山奈月の卒業理由と今後の憲法アイドルの夢は法律学者?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB