星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

高畑裕太の出身高校から現在まで!ハニートラップの真実とは?

更新日

女優・高畑淳子さんの子供であり、2015年のNHKドラマ『まれ』に出演したことをきっかけに、バラエティ番組でも注目を浴びた俳優:高畑裕太さん。

高畑裕太さんは2016年に、まさかの

49歳の中年女性に手を出した

という疑いで逮捕されてしまったのです。

その後、釈放されたものの芸能事務所からは契約解除。

現在、芸能活動は休止中、しかも現在の高畑家は家庭崩壊している噂もあります。

しかし、普通に考えて、49歳の中年女性に高畑裕太さんが手を出すとは思えません。

「ハニートラップだったのでは?」

との噂も、ネットでは囁かれていますよね。

そこで当記事では、高畑裕太さんの逮捕の真相や、現在の状態など、気になる情報を調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

高畑裕太の出身高校はどこ?

暁高校

俳優の高畑裕太さんは、

『高畑淳子さんの息子』

としてブレイクしました。

そんな高畑裕太さんの出身高校は、一体どこなのでしょう?

 

さっそく調べてみると、

学生時代は野球を続けていた

高畑裕太さんの出身高校は、

暁星国際高等学校

と、みられています。

決して、野球が毎年強いわけでありませんでしたが、中日の小笠原二軍監督が在籍していたころは強く、千葉県予選で準優勝した結果を残しています。

そして、高畑裕太さんは高校卒業後、高畑淳子さんも卒業した

桐朋学園芸術短期大学

に進学しました。

ただ、発達障害を疑われてしまうなど、何かと問題児として過ごしてきた高畑裕太さんの学校生活。

元から素行が悪かったのでしょうか…。

そして、それが影響し、高畑裕太さんがハニートラップに引っかかり、冤罪で逮捕されたのに、マスメディアや世間から、

「高畑裕太は犯罪者だ!」

という扱いを受けてしまうことになります。

続いては、そんな高畑裕太さんの逮捕されてしまった事件の真相を探ってみましょう。

 

高畑裕太の逮捕は冤罪でハニートラップの可能性!?

俳優の高畑裕太さんは、2016年8月に、滞在していたホテルの女性従業員(49歳)に暴行を加えたとして逮捕されてしまいました。

しかし、普通に考えてみてください。

高畑裕太さんほどの若い人であれば、わざわざ49歳の中年女性に手を出すことがあるでしょうか?

筆者としては、その時点で何かが怪しい…。

そう思っていました。

すると、やはりというべきか、高畑裕太さん逮捕については、

被害女性は美人局であり、高畑裕太さんはハニートラップに引っかかった

という恐るべき情報があったのでした。

この情報が発覚すると、たちまち世論は掌返し。

高畑裕太さん批判から、一気に被害女性を装った美人局の49歳女性批判へと変わっていったのです。

 

当時のマスコミなどの発表では、

被害女性に対し、高畑裕太さんが

「5分後に歯ブラシを部屋に持って来てほしい」

と言い、持ってきたところを強引に部屋へ連れ込んで、暴行した…。

これが事件の内容でした。

しかし、これは

全くのデマだった

ことが判明!

歯ブラシの件は、この事件の警察の調書内には存在しておらず、それどころか、

二人が仲良くエレベーターに同乗していることを確認

と書かれてあったのです。

つまるところ、高畑裕太さんの一件は、

全て同意のうえだった

ということになります。

前橋署は、

事実関係の裏がとれないまま、被害女性と知人男性の一方的な意見のみを信じた

という無能ぶりを晒してしまったのです。

 

そして、当時は被害女性の弁護士と言われていた、高畑裕太さんの件を警察に通報した知人男性について。

フライデーや女性セブンなどの取材の結果、実はこの知人男性…

暴◯団関係者だった

という衝撃の事実が判明したのです。

となると、この被害女性も暴◯団と関係があると考えられます。

そうなると、

「この女、金目的の美人局だな…」

という考えが、筆者の中で浮かんできます。

 

そしてさらに、高畑裕太さんがハニートラップに引っかかったと確信する出来事がありました。

それは、高畑裕太さんと被害女性の間で示談が成立し、その後、弁護士がコメントを出しましたよね。

そのコメントの中で、弁護士は

  • 仮に暴行行為であれば、お金を払えば不起訴というほどの単純な犯罪ではない
  • 『合意の上だった』と高畑裕太さんは思っていた
  • もし起訴されて裁判となったのであれば、無罪を主張するつもりだった

という旨を伝えています。

しかし、通常では、こういったコメントは被害女性に対して精神的苦痛を与える可能性があることから、公開されるものではありません。

また、被害女性側が、『合意の上だった』というコメントを出されたのに何も反論していない部分も、何か怪しいと思いませんか?

 

ここからは筆者の憶測に入ってしまいますが、おそらく自称・被害女性は

逆告訴を恐れたために、弁護士のコメントを容認した

のではないかと思うのです。

通常、この手の事件が不起訴となると、

逆告訴すると、主張がほぼ確実と言っていいほど認められている

という判例があります。

高畑裕太さんのような、当時売り出し中だった芸能人から逆告訴となると、自称・被害女性の美人局は、

高畑裕太さんから示談で、だまし取ったお金の返還程度では、賠償金を払いきれない

ことは確実だと思われます。

つまり、自称・被害女性は、

『逆告訴されると明らかに自身が不利になるため、合意の上だったという内容のコメントを認めたのではないか?』

と解釈することもできるわけです。

 

これらのことを総合的に判断すると、

高畑裕太さんは、美人局にはめられた

と思えて仕方ありません。

また同時に、改めてテレビの情報は鵜呑みにしてはいけないと感じました。

とくに、ある番組で解説をしていた弁護士が、逮捕当初は

「この事件は示談になったとしても、不起訴にはできないくらい重い罪だ」

などと言っていたのに、高畑裕太さんが釈放されると、

「示談したために不起訴になった」

などと自分の言ったことと正反対のことを語りだしていましたからね。

一方的な報道をし、好き勝手言い放題した後、事実が逆になると、謝罪もせずに最初からそう報道していたかのように振る舞う…。

マスコミ、そしてマスコミに呼ばれる人間に、ロクな人がいない気がします…。

 

高畑裕太の現在は?

現在の高畑裕太さんは、どうしているのでしょうか?

実は、高畑裕太さんの現在は、

仙人のように髪もひげも伸びきった状態で引きこもってしまっている

状態になっているようです。

あれから対人恐怖症になってしまったらしく、芸能活動を再開するのは難しそうな印象を受けますね。

高畑裕太さんが気の毒でなりません。

冤罪にはめられたとなれば、人間を信用できなくなるのも頷ける話です。

また、高畑裕太さん以上に変化してしまったのが、母・高畑淳子さんだと言います。

高畑淳子さんは事件後から、高畑裕太さんを重罪とみなした報道をしたマスコミに対し、敵意をむき出しにするようになったのです。

取材をしにきた女性自身に対しては、

「あの子の人生が台無しになったんですよ!」

と怒りをあらわにして追い払い、周辺にマスコミを見つけると警察に通報するまでになったのです。

これもまた、気の毒でなりませんね…。

今回の事件で、女性の美貌を武器に相手をだまし、人の人生を台無しにすることで快感を得るような女性に対し、ますます嫌悪感を抱くようになった次第です。

 

まとめ

高畑裕太さんは、暴◯団関係者と組んだ美人局にはめられ、示談金をもぎ取られたどころか、その後の人生まで台無しにされてしまいました。

ここで憎まれるべきは美人局の自称・被害女性でしょう。

そして、当時マスコミの報道を鵜呑みにしてしまった世間にも、反省すべき点はあるのではないでしょうか。

弁護士なども、こぞって高畑裕太さんを重大犯罪者のように扱っていた中、唯一当時から慎重論を唱えていた、郷原信郎氏のコメントなどもありました。

何事に対しても、一方だけの意見を鵜呑みにするのではなく、賛成・反対など両側の意見を聞き、そのうえで物事を判断する…。

なるべく多くの人に自分の頭で考える力を身につけてほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人