星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

道端ジェシカとF1レーサーバトンの離婚理由!慰謝料はいくら?

投稿日

ファッションモデルとしてだけでなく、道端三姉妹の次女としても有名な道端ジェシカさんと、F-1レーサーであるジェンソン・バトンさん。

とあるインタビューの仕事を通じて出会い、その後2008年の日本グランプリで、バトンさんと道端ジェシカさんが再会したことをきっかけに、交際に発展しました。

道端ジェシカさんとバトンさんは、破局復縁を繰り返し、紆余曲折を経て交際関係を築きながらも、2014年に無事に結婚に至ります。

お互いの酸いも甘いも知った中での結婚だっただけに、きっとうまく夫婦関係を営むものと思っていたのですが、先日、道端ジェシカさんとバトンさんの離婚が成立したという衝撃的なニュースが…

果たして2人は何故離婚してしまったのでしょうか?

そこで本記事では、道端ジェシカさんとバトンさんの離婚理由と、慰謝料について真相を探ります。

スポンサーリンク

アドセンス

道端ジェシカとジェンソン・バトンが離婚!

バトンと道端ジェシカ

バトンと道端ジェシカ

世の中には、衝動的に愛し合って結婚し、結婚直後にお互いのことを知ったがために、うまく夫婦関係を築けず成田離婚してしまったり、そのまま仮面夫婦を演じるはめに陥ったりする夫婦はたくさんいますよね。

最近では、平子理沙さん・吉田栄作さんが、結婚当初から仮面夫婦だったと言われ続け、遂に離婚も成立した、という話が芸能ニュースなどで流れています。

平子理沙さん・吉田栄作さん夫婦の件は、あくまで成田離婚や仮面夫婦の例として挙げたに過ぎません。

芸能人カップルに限らず、お互いのことを知らずに結婚しよう、という熱に浮かれたカップルは非常に多いのですが、道端ジェシカ・ジェンソン・バトン夫婦は、彼女らとは違います。

そもそも2人が出会った当初は、まだジェンソン・バトンさんに別の女性がいたために、道端ジェシカさんとは、あくまで仕事だけの関係でした。

それが、ジェンソン・バトンさんが別の女性と破局した後、2008年の日本グランプリで、道端ジェシカさんが招待されると、そこから交際に発展。

順調に結婚に向けて愛を育んでいるかと思いきや、何故か2人は破局し、しばらくして道端ジェシカさんが心を入れ替えて復縁。

道端ジェシカさんが心を入れ替えた、といってもそんな大げさなものでもありませんし、2人が大げんかして別れたわけでもありません。

当時の破局理由は、単純にバトンさんが道端ジェシカさんとの遠距離恋愛に耐え切れずにいたため、破局に陥っただけでした。

道端ジェシカさんは、日本を拠点にしてモデルとして第一線で活躍されていますし、バトンさんはF1レーサーとして世界を点々としているわけですから、どう考えても2人の距離が縮まることなど、そうそうありえないことで、遠距離恋愛になってしまうのは、仕方のないことです。

ただ、それに耐え切れず、バトンさんから道端ジェシカさんに別れを切り出し、一旦は破局を迎えていますが、亡くなったバトンさんの父の

『ジェシカは今まで交際してきた中でバトンに最もふさわしい女性』

という一言が、バトンさんと道端ジェシカさんの2人を復縁させたそうです。

そして、紆余曲折しながらも、2人は2014年に結婚。

一時的な感情で結婚に至ったわけではなく、長年苦楽をともにしながら、また酸いも甘いも知り尽くしている2人という印象も強く、これから夫婦となってお互い支え合う素敵な関係を構築していくのだろう、とこの時まで筆者は信じていました。

しかし、2015年12月22日

『バトンさんと道端ジェシカさんの離婚が成立した』

というニュースが、英国紙で流れたというのです。

お互いセレブ同士で超有名なビッグカップルですし、何よりも荒波を乗り越えてまで結婚した夫婦ですから、その話が信じられず、衝撃を受けているファンは多いでしょう。

年末に向けて、流石にこれ以上の電撃婚や離婚・破局は無いだろうと思っていたところの離婚ニュースだっただけに、いろんな意味で驚かされた次第です。

 

道端ジェシカとジェンソン・バトンの離婚理由

割れるハート

道端ジェシカさんは、F1界というか、ジェンソン・バトンさんの周囲では、『勝利の女神』とも言われ、今でも二人の仲はかなり良好のようです。

それなのに何故、道端ジェシカさんとバトンさんの2人は、離婚という運びになってしまったのでしょうか?

その大きな理由は、2人が一度破局した理由と全く同じで、

仕事がもろに影響した大きなスレ違い

だったようです。

先程もお話したとおり、ジェンソン・バトンさんは、F1レーサーとして海外を点々としていますし、道端ジェシカさんは、結婚後も日本を拠点としてモデルとして活動しているため、お互いの接点が、ほとんどない状況だったというのです。

道端ジェシカさんが心を入れ替えた、という話も聞いていたので、出来る限りバトンさんに寄り添っていたのかと思いきや、彼女はバリバリに日本で活動していたため、相変わらず遠距離での夫婦生活が続いていたわけ。

もちろん仕事を大切にしていることが悪いわけではありませんが、結局は、お互い仕事を重視してしまい、そのために、夫婦としてすれ違いが生じているわけですから、ほとんど結婚している意味がありませんよね。

ジェンソン・バトンさんは、海外を点々としているとはいえ、生活の拠点をモナコにおいています。

もし、ジャン・アレジさんと結婚した後藤久美子さんのように、フランスのパリやスイスのジュネーブに生活の拠点を移していれば、まだ離婚にはなっていなかったのかもしれませんが、道端ジェシカさんの生活の拠点は日本にあります。

逆にバトンさんが、拠点を日本に移せたら、それもうまくいっていたかもしれませんが、やはりバトンさんにも事情があったのか、拠点を日本に移すだけでなく、休日のときすら日本に来ることが出来ず、結果的にすれ違いが生じ続けてしまいました。

その理由から、お互いの人生を歩んでいった方が良いだろう、と2人で話し合った上で離婚が成立したそうです。

道端ジェシカさんと、バトンさんのように、どんなに愛し合っていても、いざ結婚となると、時にうまくいかないケースもたくさんあるのですね。

 

バトンから道端ジェシカへの慰謝料はいくら?

お金

ジェンソン・バトンさんは、英国紙の記事によると、3500万ポンド(約62億8000万円)の資産を持っていると言われています。

筆者からしてみれば、この金額は想像もできない程の大きな金額ですが、それだけの資産を持っている方が離婚する場合、慰謝料一つでも結構もめてしまうらしいのです。

今回のジェンソン・バトンさんと道端ジェシカさんの離婚は、すでに成立しているものの、慰謝料に関しては、これからもめそうという話も…

あくまで、2人は忌み嫌いあった挙句に離婚したわけではなく、夫婦として生活の拠点を合わせることができないことを理由に離婚するだけです。

道端ジェシカさん自身、モデルとして活躍していて、そこまで慰謝料にこだわる必要性もありませんし、慰謝料無しという可能性もあるでしょう。

まぁ、とくに2人に子供がいるわけでもありませんし、慰謝料が無くてもお互い独身に戻るだけで、仕事もなくなるわけでも無いので問題は無いと思います。

ただ、基本的に夫婦となった以上、財産は共有するものと、法律的に定められているわけですし、道端ジェシカさんの態度次第で、慰謝料も発生するでしょう。

もし、道端ジェシカさんへの慰謝料が発生した場合ですが、一応、噂上では10数億は、バトンさんからもらえるのでは?と言われています。

60億円以上の資産を持っているバトンさんにとってみれば、10数億円は、そこまで大きな金額ではないのかもしれませんが、筆者だけでなく、世のほとんどの人にとっては、まさにとんでもない額が慰謝料としてもらえるのだと、驚きを隠せないでしょう。

私達が、一生馬車馬になって働いても、1億どころか数千万稼ぐのがやっとなのに、10億円以上なんて桁違いな額を離婚で手に入るというのですから、なんだか働いているのが馬鹿らしくなってくる話ですよね。

きっと、これが私達一般人には体験することが出来ない、セレブならではの世界観なのかもしれません。

果たして、道端ジェシカさんは、実際にどれくらいの慰謝料を貰うことになるのでしょうか。

まだ具体的な金額は明かされていませんが、もしかしたら、今後その話も芸能ニュースなどで明かされるかもしれませんので、今後の動向を見守りたいものです。

 

まとめ

道端ジェシカさんとジェンソン・バトンさんの離婚が、2015年12月22日に成立。

正直、夢にも思わぬビッグカップルの離婚ですが、この離婚が『不仲』という理由ではなかったものの、元々生活の拠点が違う二人であったことが大きな離婚理由になっているようです。

2人の仕事の都合上、すれ違いが出来やすい関係性であったために、道端ジェシカさんとバトンさんは、夫婦生活を続けることが困難で、お互いの話し合いで離婚が決まりました。

2人は交際していた頃に、一度今回の離婚理由と同じ理由で破局していただけに、結婚当初からこのような問題を抱えることはわかっていたはずなんです。

結局は、その問題は改善できず夫婦関係も続けられなかったのでしょう。

なかなか夫婦の関係を構築していくことは難しいものですが、道端ジェシカさんとバトンさんは、離婚した以上、お互いの人生を再び邁進していってほしいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人