星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

沈まぬ太陽の原作モデルは日航機事故…ドラマストーリーネタバレも

更新日

衛生(BS)放送の一つとして、有料チャンネルながら、スポーツ・ライブ・映画など、多彩な番組を放送し、多くのファンから支持されているWOWOW。

このWOWOWの開局25周年記念として、2016年春に『連続ドラマW』枠で放送が決定したドラマ『沈まぬ太陽』。

実はこの『沈まぬ太陽』は、2009年10月24日に映画として公開された作品でもあり、当然原作も存在しています。

映画版『沈まぬ太陽』として主演されていたのは、あの渡辺謙さんで、実際にご覧になられた方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで、本記事では、この『沈まぬ太陽』の原作や、ストーリーネタバレ及び、この作品のモデルを探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

映画原作にもなった『沈まぬ太陽』とは?

沈まぬ太陽

みなさんは、かつて『沈まぬ太陽』という映画が公開されていたことをご存知でしょうか?

ある企業の労働組合社員の実体験を元に、人の命に関わる社会倫理を描いた作品で、2009年10月に渡辺謙さん、三浦友和さん、松雪泰子さんなどがキャストとして出演。

この『沈まぬ太陽』の放映時間も3時間22分の長編大作として、映画公開されているそうです。

4時間近い作品としては、 レオナルド・ディカプリオさん、ケイト・ウィンスレットさんが主演し、大ヒット作品として世界中で話題になった映画『タイタニック』もその一つ。

同様に『沈まぬ太陽』も4時間近くも放映されているだけに、中身もかなり濃く、長編大作として、公開時は多くのファンから支持されていた、という話も耳にします。

ちなみに、この『沈まぬ太陽』は、2011年2月11日に、金曜ロードショーでも放送され、視聴率は15.0%。

テレビ放送の映画としては、まずまずの視聴率といえるのではないでしょうか。

詳しい内容や原作については、後でお話していきますが、企業の中で労働組合委員長として経営陣と対立したがばかりに、海外に左遷されてしまい、その後も、事故処理など厳しく辛い仕事ばかり対応する羽目に陥り、精神的に苦しみ耐えぬいた話が描かれています。

人気ドラマ『半沢直樹』や、『下町ロケット』などは、そういう悪とも言える上層部の面々達の悪事を暴いて、勧善懲悪していきますが、正義を貫いても負けてしまうのが現実社会の常識であり、その姿がリアルに映しだされているフィクション社会派作品として描かれています。

それも、『沈まぬ太陽』の中での主人公は、左遷のような人事異動によって、母と別れ、家族とも引き離されてしまうというのですから、実に残酷ですよね。

中小企業の社長が、『社員は宝』だと発言しているテレビCMなどを見かけますが、一部の企業では、社員のことを何一つ大事に捉えておらず、反発しようものなら、パワハラやモラハラなど、権力を振りかざし、その人を精神的に潰しにかかるそう。

近年、何かと社会問題とされているパワハラ・モラハラなどを繰り返すブラック企業は、どこにでも存在し、ニュースで話題になっているのは、あくまで氷山の一角。

『沈まぬ太陽』は、そのブラック企業とも言える、ある企業の実態をモデルに、企業としての在り方に疑義を呈した作品であり、また、国民をも巻き込んだ大事故を引き起こした裏側に起こった事実を描いた作品でもあります。

そのため、いろんな意味で、この『沈まぬ太陽』という作品は問題とされ、なかなか映像化もされていなかった作品とも言われています。

また、この『沈まぬ太陽』は、長編作品として、またアフリカ篇・御巣鷹山篇・会長室篇の3部構成で描かれています。

労働組合は、まさに社員を守るための重要な組織ですが、労働組合委員として経営陣と対立しなければいけない立場にいることが、いかに大変なことなのか改めて痛感したような気もしますし、『半沢直樹』のような話は所詮妄想でしか無く、現実は、はるかに厳しい…

その事を見せつけられたような気がする作品が、この『沈まぬ太陽』だと筆者は捉えています。

 

沈まぬ太陽の原作ストーリーネタバレとモデル

沈まぬ太陽

『沈まぬ太陽』は、かなり重たい社会派作品として手がけられていますが、それもそのはず、この作品の原作者は、『白い巨塔』や『華麗なる一族』など、数々の社会派作品を手がけられている故・山崎豊子さんが1999年に発表した作品なのです。

『白い巨塔』は、時代を超えて何度もドラマ化され、医療現場の裏側にはびこる闇の部分にメスを入れている作品として、描かれているので、きっと皆さんも一度はご覧になったことがあると思います。

そんな作品を手がけた山崎さんの作品ですから、『沈まぬ太陽』が、かなり長編で重たい作品であるのは安易に想像がつきます。

また、この『沈まぬ太陽』は、今でも多くの人たちの脳裏に鮮明に記憶されている御巣鷹山での事故を引き起こし、社会問題にもなった日航機墜落事故モデルとされていると言われています。

作者である山崎豊子さんは、その事を認めていないみたいですが、明らかに、当時社員だった小倉寛太郎氏の経歴は、まさに『沈まぬ太陽』の主人公「恩地元」の経歴そのものとして描かれていますし、その他のキャラクターも、複数の元社員がモデルになっている、という部分が見受けらます。

そのため、日本航空も名誉毀損であると『沈まぬ太陽』に対して憤慨していたという話も…

正直な話、今でもその当時、日本航空内部で何が起こっていたのか、その具体的な話は見えていません。

どこまで事実に近づいて描かれているのか、その真相は、きっと当時日本航空に所属していた方だけが知り得る話なのでしょう。

それでは、早速その社会問題ともなった長編映画『沈まぬ太陽』のストーリーネタバレをざっくり簡単にではありますが、ご紹介していきますね。

沈まぬ太陽・アフリカ篇

航空会社・国民空港の社員で、労働組合の委員長である恩地元は、人の命に関わる事故が起こってしまうほどの劣悪な労働環境をなんとか改善したい、という想いで、経営陣と対立していたのですが、その事を面白くないと感じている経営者達は、彼を左遷同様の人事異動として、海外に赴任させます。

その赴任先は、カラチ・テヘラン・ナイロビ、といずれも遠いアフリカの地で、足掛け10年の人事異動。

社員のことを考え、しっかり労働できる環境を作っていこう、と紛争していた恩地に対して、経営陣側は、かなり厳しい対応を取っていきます。

その結果、母親と別離し、家族とも別れることとなり、心身ともに厳しく辛い10年間を過ごすことに…

一方、労働組合委員会の副委員長を務めていた行天四郎は、堂本常務の言葉によって、手のひらを返したかのように、恩地と袂を別ち、出世街道を歩み始めるのです。

沈まぬ太陽・御巣鷹山篇

10年後、ようやく日本に帰国してきた恩地でしたが、相変わらず経営陣たちからの仕打ちは終わっておらず、東京本社で閑職(要は窓際族)に追いやられ、まともに仕事ができない状態となってしまうのです。

そんな中、御巣鷹山で、『国航ジャンボ機墜落事故』が発生。

恩地は、救援隊・遺族係へ回されてしまうことに…

沈まぬ太陽・会長室篇

御巣鷹山での大事故から4ヶ月後、国民空港は、国見正之を会長に据え、抜本的な見直しを行い、新体制をスタートさせます。

当時、遺族係として大阪に赴任していた恩地は、東京に呼び戻され、国見が新設した『会長室』の部長に抜擢。

企業改革を拡散する国見の右腕として企業改革に奮闘するようになります。

一方、次期社長の座をねらう行天は、ここまで出世のためには手段を選ばず、国民空港の役員まで上り詰めていました。

ここで国民空港の腐敗体質の温床として、自身の立場が危うくなるのですが、その背後には黒幕の存在もいて…


 

以上が、『沈まぬ太陽』のざっくりしたストーリーネタバレとなっています。

最終的には、会社の改革に大きく携わっていく恩地ですが、その間に10年以上の月日が流れ、また、母との別離や、家族との別れなど、とても『正義が勝つ』といえるような話には思えません。

直接の原因かどうかは別としても、大事故を引き起こした御巣鷹山での大事故も、経営陣達の悪事が大きく影響しているわけですし、最終的に改革されたとしても、その分、何の関係もない、ただの乗客をも巻き込み、多くの犠牲を生んでしまっています。

その事を考えると、とても勧善懲悪作品なんて言えることは出来ず、これが、『半沢直樹』や『下町ロケット』のような妄想のようなストーリーとは、大きく異なるリアルな姿と言えるでしょう。

なお、この『沈まぬ太陽』のモデルとなった日本航空は、この作品に対して激怒し、それ以降、当時連載していた週刊新潮の日本航空機内での取り扱いをやめたそうです。

『沈まぬ太陽』は、大きな社会問題をも巻き起こした大作ですから、一見の価値ありと言えるでしょうね。

WOWOWの25周年記念で放送される沈まぬ太陽

上川隆也と渡部篤郎

上川隆也と渡部篤郎

かなり社会問題にメスを入れている問題作として、何度も映像化に失敗し、ようやく2009年に角川映画として放映された作品が、この『沈まぬ太陽』。

それだけに、なんとか映画として『沈まぬ太陽』は放映はされたものの、『白い巨塔』のように、リメイクされることはありませんでした。

しかし、WOWOWの25周年記念作品として、2016年春に連ドラ化が決定。

しかも放送される連続ドラマW枠としては、異例の長編20話の作品として放送されていくというのですから、本当にびっくりな話です。

従来、連続ドラマW枠は、だいたい5話前後放送されていて、長くても8話程度であり、10話以上というのは、この『沈まぬ太陽』のみです。

きっとWOWOWも、それだけ25周年記念作品として力を入れている、ということなのでしょう。

連続ドラマW版としては、恩地元を上川隆也さんが、行天四郎を渡部篤郎さんが演じます。

果たしてこの2人が、ドラマ版『沈まぬ太陽』を、他のキャストと共にどのように描いていくのか、非常に楽しみですね!

 

まとめ

日航機墜落事故を一つのモデルとして描かれた、故・山崎豊子さんの小説『沈まぬ太陽』が、WOWOWの25周年記念作品として、2016年春に、連続ドラマW枠で放送されることが決まりました。

あくまでこの作品はフィクションとして手がけられていますが、当時、日本航空の社員だった小倉寛太郎氏の経歴が、主人公・恩地元の経歴と同じであることからもわかるとおり、御巣鷹山での日航機墜落事故の裏に隠れた企業の闇の部分にメスを入れた作品としてみていいでしょう。

今でも鮮明に私達の記憶に残っている日航機墜落事故の裏側では何が起こり、また恩地元が受けるとんでもない不遇とは何だったのか、ぜひドラマ『沈まぬ太陽』を通じて、その世界を体感してみたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ