星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

高校野球

選抜高校野球2017の21世紀枠の出場校一覧!選考基準や条件は?

更新日:

2017年の春の甲子園こと、第89回選抜高校野球大会が近づいています。

その選抜高校野球大会ですが、近年は、21世紀枠という、特別な出場枠が設けられています。

『21世紀枠』と名前だけはよく聞くものの、具体的に選ばれる条件などを知らない方は多いのではないでしょうか?

そこで当記事では、今までなんとなく聞き流していたような、選抜高校野球大会の21世紀枠が誕生した理由や、選考理由・基準について探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

春の甲子園・選抜高校野球大会の21世紀枠とは?

みなさんは、選抜高校野球大会に設けられた、

21世紀枠

という特別枠をご存知でしょうか?

この21世紀枠は、その名の通り、

21世紀となる2001年から創設された特別枠

のことです。

『…何か事情を抱えて苦境に立たされながらも、高校球児として模範となるような頑張りを見せている学校をなんとか救いたい…』

と、期待を込めて、この特別枠が創設されたのです。

例えば、大きなトラブルにより、野球どころでなくなってしまったものの、なんとか復興しようと、ボランティア活動などを通じて、前向きに活動している高校。

また、過疎地域であるために、子供の数が極端に少なく、部員数ギリギリながらも懸命に頑張っている高校など…

悪環境に負けずに奮闘している高校に対して設けられているのが、この21世紀枠なのです。

 

では、何故このような配慮(救済処置)があるのでしょうか?

野球の実力だけで甲子園の選抜大会を実施すると、実力校ばかりの出場となってしまいます。

それでは夏の甲子園とやっていることは変わりません。

また、選抜高校野球大会は、出場校が32校のため、全く甲子園のチャンスが訪れない都道府県もあります。

それでは、そのエリアの野球をやっている高校生たちの夢や希望がなくなってしまいます。

あくまで、広く高校生たちに野球が普及しなければ、高校野球大会を開催するという目的が失われてしまうわけです。

そのため、

『あと一歩で甲子園!』

というところまでの実力があり、その上で、将来において期待を持てる活動をしている高校に対し、21世紀枠が設けられたのです。

私立高校のような、育成に多額の資金を掛けられるような強豪校に阻まれ、これまで甲子園出場が難しかった公立校でも、21世紀枠でなら、チャンスが生まれます。

高校生たちにとっては、21世紀枠のおかげで、より野球に情熱をかけられるようになり、そのことが、

「将来はプロ野球選手!」

という希望に繋がるかもしれません。

野球界への貢献という意味では、21世紀枠は、とても重要な役割を果たしているのです。

 

春の甲子園・選抜高校野球大会の21世紀枠選考基準

選考

「21世紀枠ってよく聞くけど、一体どんな選考基準があるの?」

という方もいると思いますので、ここで、選抜高校野球大会の21世紀枠の選考基準を挙げておきます。

基本的には、

秋季都道府県大会ベスト8以上に入っている

ということが大前提です。

ただし、

128校以上参加の地域に関しては、ベスト16以上に入っていればOK

のようですね。

そのうえで、

  • 他校の模範となる功績、災害や部員数削減など、困難な環境・状況を克服している
  • 予選において常に良い成績を残している

など、他の高校より秀でている部分がある高校が、選抜高校野球大会の21世紀枠として選考されます。

ただ、それでも選考しきれないと判断された場合、

前回の甲子園出場から一番遠ざかっている高校が選ばれる

ということもあるそうです。

 

以上が、主な21世紀枠の選考基準です。

結構アバウトなところもあるような印象を受けますが、いずれにしても秋季大会で、最低ベスト16以上に入っていないことには話になりません。

優勝はできずとも、好成績を挙げていて、なおかつ、ほかに負けない何かしらのアピールができている…。

かなり厳しい道程でしょうね。

いずれにしても、選抜高校野球大会に出場するのは、並大抵の努力ではできません。

 

選抜高校野球2017の21世紀枠の出場校

それでは、2017年の選抜高校野球大会に、21世紀枠で出場する3校の高校をご紹介していきます。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校1 不来方(岩手)

岩手の不来方高校は、

部員がたったの10人しかいない

という高校です。

しかし、部員が10人しかいないながらも、2016年の秋季大会は、

岩手県大会準優勝

という、輝かしい成績を収めています。

決勝戦で敗れはしたものの、甲子園の常連・盛岡大附属高校に対し、わずか10人で戦ったことは、素晴らしいの一言です。

出場が決まった後も、入部希望者が現れなかったため、10人での甲子園ということになりますが、ぜひ、初出場の甲子園で、勝利を目指してほしいですね!

選出理由としては、やはり

部員が少ないながらも奮闘している

という面が評価されたのでしょう。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校2 多治見(岐阜)

21世紀枠で出場する多治見高校も、これが甲子園初出場となります。

秋季大会では、学校としては初の

岐阜県大会優勝

という成績を残した多治見高校。

選出理由としては、

  • 小学生を対象にふれあい野球教室を行っている
  • 県大会に市民の応援団が駆けつけるなど地域から愛されている

といった地域密着での貢献。

また、野球を広めるという、野球界への貢献が評価されたのだと思います。

2017年の選抜高校野球大会は、東海勢は至学館、多治見ともに甲子園初出場なので、初出場パワーで、頑張ってもらいたいです。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校3 中村(高知)

2017年の選抜高校野球大会に、21世紀枠で出場する高校の3校目は、中村高校です。

愛知県にも中村という高校があるのでややこしいのですが、こちらは高知の中村です。

40年ぶりの出場となった中村高校。

おそらく、

前回の出場から長らく遠ざかっている

という、選考しきれなかったパターンでの選出となるのでしょう。

40年前の1977年の第49回選抜高校野球大会では、たった12人という部員の少なさながら、

準優勝

の快挙を果たし、

『二十四の瞳』

として、高校野球ファンを沸かせました。

2016年の秋季大会も、わずか16人という部員数ながら、高知大会決勝戦で高知の強豪・明徳義塾相手に完封勝利!

見事、県大会優勝を果たしており、実力も備わっています。

40年前に果たせなかった、甲子園優勝の悲願を達成できるのか!?

中村高校の快進撃に注目です!

 

まとめ

毎年、春の甲子園こと、選抜高校野球大会では、21世紀枠という特別な枠が設けられています。

2017年は、

  • 不来方
  • 多治見
  • 中村

の3校が、21世紀枠で出場する高校となりました。

21世紀枠は、1回戦突破すら難しいという印象を受けますが、2017年の選抜高校野球大会の21世紀枠は、県大会優勝校が多いですよね。

つまり、他の高校とも引けを取らない強さを備えていると言っても過言ではありません。

もしかしたら、

21世紀枠で出場する高校が優勝

ということも、あり得るかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-高校野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.