星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

はぶらし女友達のドラマキャストとストーリーあらすじ!主題歌は?

投稿日

NHKのドラマは普段、見ていない人も多く、一部の民放ドラマと比較して、見向きもされていない傾向にあるみたいですが、2016年1月5日からBSプレミアムで、8回に渡って放送開始される『はぶらし女友達』は、独特な世界観を演出するドラマと言われています。

そして、キャストも演技派を売りにする中軸・ベテラン俳優を多数起用していますし、『はぶらし女友達』主題歌も独特の世界観を持つ個性的なアーティストが担当します。

まさに、これまでに見たことのないドラマという印象もあり、また考えさせられる部分も多く、いろんな意味で気になりますので、『はぶらし女友達』というドラマのキャスト・ストーリー・主題歌や放送時間も含め、その全貌を軽く、本記事でご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『はぶらし女友達』とは?

はぶらし女友達

本来、人に優しく接し、お互い幸せに感じられる世の中であることが望ましいのは、誰もが心の何処かで、大なり小なり想い描く理想であることに違いないでしょう。

明らかな独りよがりの独善的な人を除けば、そういう人が大多数であり、だからこそ、オレオレ詐欺をはじめとする、あらゆる人の良さにつけこんだ問題行為がまかり通ってしまうのだと、筆者は考えています。

本当は思いやりを持つ人が、世界中で溢れていって欲しいと心から願っていますが、残念ながら日本をはじめ、世界のほぼすべての国には、おもてなし精神が全くなく、独りよがりの身勝手な振る舞いを行う様な、世知辛い世の中となっているように想います。

フランス同時多発事件をはじめとする様々な事件は、身勝手な政治家達の私欲に促された政治に反発するゲリラ組織による反乱ですし、もう武力には武力でしか身を守ることが出来ないのか、というところまで事態は最悪な方向を向いてしまっています。

そんな世の中に、一石を投じるようなドラマが、2016年1月にBSプレミアムで放送開始されます。

タイトルは、『はぶらし女友達』

主演内田有紀さんで、彼女の優しさが、池脇千鶴さん演じる「古澤水絵」によって、徐々に侵食されていくという、なんとも苛立たしさを感じさせられるドラマです。

しかし、『はぶらし女友達』というドラマを見れば見るほど、続きが気になるドラマにもなっているようです。

そして、

『人は何処までなら優しくして良いのか?』

と考えさせられるドラマでもあるのです。

内田有紀さん演じる、主人公の「真壁鈴音」は、人気連続ドラマの脚本を手掛ける脚本家として、尾美としのりさん演じる「プロデューサー・柳井護」とコンビを組み、次々とヒット作品を生み、公私共に充実していました。

しかし、20年音沙汰なかった高校時代の友人・古澤水絵が、子供を連れてずぶ濡れになって現れ、一晩泊めて欲しいと嘆願してくるのです。

行く宛が何処にもなく、自分を頼ってきた水絵を邪険にできず、鈴音は彼女を家に泊めてしまうのですが、いつの間にか、仕事が見つかるまでという条件にすり替わり、気がついたら寄生虫の様に、自宅に居座られてしまうのです。

それだけでも、かなり苛立たしい話なのですが、しまいには、

『私を救う義務がある』

と言われてしまい、どんどん人生を侵食されてしまう鈴音の姿に、一つの優しさが、自身をも崩壊させてしまうのか…と恐怖すら感じさせられてしまうドラマとして描かれています。

人は優しさを持って、何処まで他人の領域に入り込むことを許すことが正しいのか…

まさに現代社会における最大のテーマなのかもしれません。

筆者も、人の情を大切にしてきました。

それ所以に優しすぎる一面があって、訪問販売の詐欺師の泣き落としに騙され、多額の借金を背負うはめに陥りました。

今でこそ、その借金も全額返済し、いい勉強をさせていただいたと思っていますが、それ以降、自分以外は敵である、と身内ですら、時折信用せずに疑うようになりました。

実に哀しい話ですが、人に優しさを持った瞬間、やられてしまうかもしれない…

それが現実世界のリアルな姿なのかもしれません。

だからこそ、どこまで人にやさしくすることが正しいのか、そのことを真剣に考えていかねばないわけで、その一石を投じているドラマが、1月から放送される『はぶらし女友達』なのだと筆者は捉えています。

この『はぶらし女友達』のドラマ放送は、2016年1月5日(火)、BSプレミアムにて23:15から、8週連続で放送。

ドラマ『はぶらし女友達』が気になる方は、ぜひ御覧くださいね。

 

はぶらし女友達のストーリーあらすじ

はぶらし女友達

はぶらし女友達

さて、何かと優しさについて考えさせられ、また、終始苛立ちながらも、何故か続きが気になってしまうドラマとして描かれる、ドラマ『はぶらし女友達』ですが、やはり気になるのは、そのストーリーあらすじですよね。

先程もドラマのストーリーあらすじには、少し触れましたが、もう少し掘り下げて『はぶらし女友達』のストーリーあらすじをご紹介していきます。


 

真壁鈴音(役:内田有紀)は、37歳独身の売れっ子脚本家で、ここ数年プロデューサーである柳井(役:尾美としのり)とコンビを組んでヒット作品を手がけ続けてきました。

ただ、彼女と柳井の関係は、脚本家・プロデューサーの関係だけでなく、人目を忍ぶ男女関係と、公私共に、お互いを尊重しながらも、繋がりを持っていて、順調な人生を歩み続けています。

そんな鈴音のところに、突然、幼い子供を連れてきた高校時代の同級生:古澤水絵(役:池脇千鶴)が、雨に打たれずぶ濡れの格好でやってきて、

『一晩泊めて欲しい』

と懇願してくるのです。

幼い子供のこともあり、邪険に出来ない鈴音は、その優しさと20年ぶりの懐かしさから、一晩、水絵とその子供を自宅に泊めるのですが、いつの間にか、

『次の仕事が決まるまで』

という話にすり替わってしまい、水絵に自宅に居座られてしまいます。

完全に生活のリズムを狂わされてしまった鈴音は、仕事にも何かと影響し、公私共に順調だった鈴音の人生が音を立てて崩れてしまい、柳井との関係も悪化しはじめます。

遂に、堪忍袋の緒が切れた鈴音は、水絵に

『あなただけが不幸に見舞われているわけではないのよ』

と激怒し、詰め寄りますが、水絵は

『あなたは私を救う義務がある』

と反論するのですが…


 

以上が、ドラマ『はぶらし女友達』の大まかなストーリーあらすじです。

主な見どころは、人のいい鈴音の優しさを利用し、水絵が寄生虫のごとく、鈴音の人生を侵食していく様と、水絵に人生を侵食されまい、と抗う鈴音の攻防が見え隠れしていく部分が、ドラマ『はぶらし女友達』の一つの見どころとなっています。

そして、この二人を通じて、ひとは何処までなら自分の領域を許し、優しくなって良いのか、というかなり難しいテーマを考えさせられることとなるでしょう。

思わず苛立ってしまいそうになりながらも、続きが気になるこの『はぶらし女友達』の結末がどのように描かれていくのか、その全貌が気になる方は、ぜひ2016年1月5日から放送開始されるこのドラマをご覧下さいね。

 

はぶらし女友達のキャスト・主題歌は?

内田有紀と池脇千鶴

内田有紀と池脇千鶴

2016年1月5日からBSプレミアムで放送開始さる、ドラマ『はぶらし女友達』のキャスト・主題歌も、公式サイトで発表されていますので、ここでご紹介しておきます。

・はぶらし女友達の出演者(キャスト)一覧

真壁鈴音:内田有紀さん

古澤水絵:池脇千鶴さん

古澤耕太:手塚勇気さん(子役)

灘孝史:金子ノブアキさん

米澤美穂子:市川実和子さん

原口菜積:ちすんさん

曽我諒一:ダンカンさん

梅森正:岡田義徳さん

真壁鏡子:岡まゆみさん

柳井護:美としのりさん

このドラマ『はぶらし女友達』のキャストを見ると、一味も二味もある個性的な中堅・ベテラン俳優・女優が揃っています。

ある意味で豪華なキャストとも言えるのですが、単純に今旬のイケメン俳優・女優が出演する話題性重視のドラマというよりも、『はぶらし女友達』は、個性豊かなキャストの演技力を中心にストーリーが描かれていく、実に味わい深い本格的なドラマと言えるでしょう。

果たして彼女たちが『はぶらし女友達』で、どんな演技を見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

次に『はぶらし女友達』の主題歌に関してですが、これまた実に個性豊かなアーティストが手掛けることとなりました。

そのアーティストとは、グリコ・ポッキーのCMで一躍ブレイクし、ドラマ『ファーストクラス』でも女優として出演していた、あのシシド・カフカさん。

シシド・カフカ

シシド・カフカ

まさに、独特な個性を持つアーティストが、このドラマ『はぶらし女友達』の主題歌を担当することとなりました。

しかも、作曲と作詞の一部を織田哲郎さんが手掛けることになり、果たしてどんな楽曲に仕上がっていくのか、そちらも正直、想像もできず、非常に楽しみです。

一応、カフカさんの話では、タイトルである『crying』の感情に真正面からぶつかり合える様な、素敵な楽曲になっているとのことなので、おそらく、優しさの裏側に隠れた様々な感情のぶつかり合いが、ストーリー展開される心に響く楽曲となっていることでしょう。

ドラマ『はぶらし女友達』を盛り上げていくような素晴らしい楽曲に何処まで仕上がっているかは、2016年1月5日の放送を見てのお楽しみとなっていますので、気になる方は、ぜひドラマをご覧下さいね。

 

まとめ

2016年1月から、NHK・民法各局で、続々と新作ドラマが放送開始されますが、その一つとして2016年1月5日から放送が予定されているドラマ『はぶらし女友達』が、遂にそのベールを脱ぎます。

『はぶらし女友達』のストーリーあらすじとしても、優しさの裏側に漬け込み人の人生を侵食していく女との戦いが描かれ、人に優しく接し、自分の領域を開放することが正しいのか、それとも愚かなことなのか、を考えさせられる、実に味わい深いドラマとなっています。

『はぶらし女友達』のキャストや主題歌を担当するアーティストも個性的で、きっと他では見られないドラマとして手がけられると思いますので、人に優しさを見せるとどうなってしまうのか、その全貌が気になる方は、ぜひ本放送を御覧くださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ