星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

ドラゴンボール超の作画(絵)が酷すぎる理由原因とは?改善傾向も!

更新日:

長年、多くの子供たちから支持を受け続けてきた鳥山明先生の大人気漫画『ドラゴンボール』。

当然ながら、これまで何度も『ドラゴンボール』はアニメ化され、そのシリーズの最新作が『ドラゴンボール超』ですよね。

正直、この『ドラゴンボール超』については、

「『ドラゴンボール超』の作画・絵が酷い」

と酷評されていたことしか筆者は知りません。

しかし、新しく始まった『宇宙サバイバル編』から、明らかに作画がよくなった評判を聞くようになったのです。

では、なぜ『ドラゴンボール超』のストーリーや作画・絵がよくなったのか?

当記事では、『ドラゴンボール超』の作画・絵の変化について紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラゴンボール超の作画・絵が酷い原因・理由は?

日曜日の朝に放送の『ドラゴンボール超』。

この作品は、『魔人ブウ編』~『エピローグ』までの空白の時間に起きた出来事をストーリーにした内容となっていて、これまでに

  • 破壊神ビルス編
  • フリーザ復活編
  • 破壊神シャンパ編
  • 未来トランクス編

と放送され、2017年2月からは、『宇宙サバイバル編』へと突入しています。

その『ドラゴンボール超』ですが、実は、

放送当初は作画がものすごく酷かった

ことを知っていますか?

なんと、作画崩壊レベルでひどい手抜き作画の絵になってしまっていたのです。

たとえば、フリーザはこんな作画になってしまっています。

か、顔が…。

フリーザって、こんな顔でしたっけ?と、思わず

「誰だお前!」

と言いたくなってしまうひどい顔です。

そして続いては、悟空とビルスとの戦闘シーンの作画なのですが…

これで悟空の攻撃をビルスが回避した後の作画になるのです。

なんという表現方法の下手さなのでしょう…。

どうみても悟空が巨大化している

ように見えてしまいます。

本来なら、ビルスは悟空の攻撃を回避したのですから、悟空の奥にいないといけないはず…。

それなのに、ビルスが手前にいるので、単に悟空が巨大化したようにしか見えません。

作画崩壊どころか、遠近法さえもまともに描けない…。

また、同じ放送回の次回予告の作画崩壊も見ていきましょう。

ベジータに注目してください。

よくみると…

ベジータの手が両方左手になってしまっている

という、どこぞのハングドマンの逆パターンになってしまっているのです。

もっとも、『ジョジョの奇妙な冒険』のJ・ガイルの場合、両方が右手の骨格になっている設定のため、『ドラゴンボール超』のミスとは比較にもなりません…。

 

なぜこのように、『ドラゴンボール超』では作画崩壊が起こってしまっているのか?

その理由は、推測ではあるものの、ネットのある説が濃厚になりつつありました。

それは…

予算の都合でフィリピンやインドといった、『ドラゴンボール』を知らない制作会社に委託してしまっているから

とのこと。

確かに、予算のコストカットをする関係で、アニメの作画を海外の会社に委託することはよくあります。

それで、低賃金で雇われている能力の低い外国人が作画をすることで、低クオリティな作画が生まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、『ドラゴンボール超』という、まさか『ドラゴンボール』シリーズでコストカットをするとは、なかなか考えにくい…、いや、考えたくない部分があります。

それで、世間で大きな話題となり、『ドラゴンボール』ファンから批判されてしまったのでしょう。

とくに作画に力を入れていた劇場版とは違い、こちらはテレビシリーズなので、スケジュールや人員、予算的にも多少の作画の劣化は仕方がないところです。

ただ、それにしても許容できない酷い作画ミスが多いですね…。

 

『ドラゴンボール超』の作画・絵が変わった!?

さすがにこういった批判を認知し、『ドラゴンボール超』制作サイドも「まずい!」と思ったのでしょうか。

徐々にですが、章を追うごとに作画・絵に変化がみられるようになり、次第に良くなっていくのです。

そして、2017年2月からの新章『宇宙サバイバル編』では、

「なんか作画めっちゃよくなってる!」

「まるで作画が『Z』時代みたいになってていい感じ!」

と、これまでこき下ろされていた『ドラゴンボール超』作画・絵で、ファンからの高評価を得たのです!

 

以前は、戦闘シーンでも酷い作画・絵でしたよね。

しかし、『未来トランクス編』あたりから作画は次第に変わっていて、ゴクウブラック、ザマスVS悟空、トランクスの戦闘シーンは、

「以前と違って戦闘シーンに緊張感が出てる」

「スピーディだし、初期とは大違いな戦闘シーンだ」

「紙芝居じゃなくなってるじゃん!」

「瞬間移動するところとかかっこよかった」

とこちらもまた、評価されていたのです。

一説によれば、どうやら重要な戦闘シーンになるため、

『ドラゴンボールZ』で作画を担当していた志田直俊さんを投入した

ために、こういった高クオリティになったとのことです。

また、それ以降も作画・絵が良くなっている件については、もしかしたら、東映が鳥山明先生から直々に、

「作画を何とかしろ!」

と言われてしまったかもしれません。

実際、鳥山明先生は、

「実写映画に腹を立てたり、アニメ映画の脚本を書き直したり、テレビアニメの出来に文句を言ったりしている」

とコメントしていました。

鳥山明先生が、『ドラゴンボール超』の作画を見て激怒した可能性も、なきにしもあらずです。

 

でも、『ドラゴンボール超』の作画・絵が最近は急に変わり、よくなったのか…。

結局、そのはっきりとした理由はわかりませんでしたが、いずれにしても、

「あの作画を何とかしろ!」

と願っていた『ドラゴンボール』ファンの思いが制作サイドに届いた…。

そう思ってよさそうですね。

『ドラゴンボール超』の作画・絵はだんだん良くなっていますし、『宇宙サバイバル編』も、いい評判のまま完走してほしいと思います。

 

まとめ

鳥山明先生が描いた大人気漫画作品『ドラゴンボール』。

その『魔人ブウ編』~『エピローグ』の間の時間軸を描いているアニメ『ドラゴンボール超』。

初期は、作画崩壊ともいえる酷い出来だったことから、ファンの間で批判が殺到していました。

その最大の理由は、コストカットにより、ドラゴンボールを知らない外国の会社が作画に携わってしまっていることが大きな理由原因となっています。

ただ、こうした批判の声を受けてかはわかりませんが、最近では

「作画変わった?良くなったよね」

と、『ドラゴンボール超』の作画・絵が良くなっている評判を聞きます。

このまま、今後も『ドラゴンボール超』の作画が安定することを祈るばかりですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.