星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

世界で最も美しい&ハンサムな顔2016の日本人上位と選定基準を紹介

更新日

先日、アメリカの映画レビューを行っている個人サイトの『TC Candler.com』が、毎年恒例となる、

『世界で最も美しい顔100人』

『世界で最もハンサムな顔100人』

の2016年版のランキングを発表しました。

日本人のランクインや、世界のトップに誰が立ったのか、気になる方も多いかと思います。

しかし、人の顔の見た目などというものは、それを見た個人の受け取り方次第で、大きく変わるものです。

正直、この『世界で最も美しい&ハンサムな顔』ランキングの結果というものは、全員が納得する結果にはなっていないと思っています。

選定基準が不明瞭である以上、あくまで参考程度の面白ランキングと思っておくぐらいで良いでしょう。

それでは『世界で最も美しい顔100人』『世界で最もハンサムな顔100人』のランキング結果と、日本人の上位者、また選定基準についてご紹介しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

世界で最も美しい顔&ハンサムな顔の選定基準とは?

毎年、年末になると発表される

『世界で最も美しい顔』

『世界で最もハンサムな顔』

という上位100人に絞ったランキング。

そもそもこのランキング、一体どのような組織、またどのような選定基準で行っているものなのでしょう?

調べてみると、このランキングは、

何らかの企業が行っているというわけではありません

ニュースなどを見ると『アメリカの映画サイト』という言われ方をしていますが、『TC Candler.com』というのは、単なる

個人の映画レビューサイト

なのです。

いや、レビューサイトというのすら、おこがましい…かもしれません。

『TC Candler.com』について調べてみると、中には日本でいう『シネマトゥデイ』のような感じ、と『TC Candler.com』紹介しているブログもありますが、それは

明らかな誇大

です。

『TC Candler.com』は、いわば個人ブログで、アクセスもせいぜい中規模と言ったところ。

運営をしているTC Candler氏は、

自称・映画評論家のポーカー選手出身の人物

映画評論に関しては、評判もあまりよくなく、『世界で最も美しい顔』『世界でもっともハンサムな顔』は、

TC Candler氏個人の好み

が選定基準なのです。

またはTC Candler氏に

「○○もおすすめだ!」

という提案をし、それをTC Candler氏の基準で判断し、勝手にランク付けしているだけのことなのです。

この時点で、既に『シネマトゥデイ』みたいなサイトと同列に比較することは、『シネマトゥデイ』に対して、失礼だと言えます。

ちなみに、映画へのレビュー内容に対して、疑問のコメントをした方が、

「じゃあお前がしてみろ、しかし君はできないだろう。君は僕じゃないから」

というコメントを返してくるそうですよ。

これでは、まるで逆ギレですよね。

結論を述べるならば、『TC Candler.com』で発表されている『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』というのは、

「ぼくがかんがえた一番美しい顔」

「ぼくがかんがえた一番ハンサムな顔」

勝手にランク付けを行うのと同じことだと言えます。

実際に、TC Candler氏はアメリカのWikipediaでページが作成されていないほか、『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』についても作成されていません。

個人ブログなので、実態は周囲に影響を与えるレベルではないということでしょうか。

日本で大々的に『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』が報じられるようになったのは、数年前に、韓国が大きく取り上げたからという背景があります。

それもたちの悪いことに、

韓国の中でも質の低いメディアが『TC Candler.com』をあたかも企業が運営しているようなサイトと誇大して報じたから

です。

韓国大手のメディアであるスポーツ朝鮮は、

「信頼のあるメディアではなく、私的な見解が優先されているサイトという点で信憑性はやや不足して見えた」

との見解を記事にしています。

韓国内でも『TC Candler.com』に対しては、懐疑的な意見もそれなりに見られているわけですね。

 

つまり、『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』の選定基準は、

個人の好みの顔を選んでいるだけで、公平性などゼロに等しい!

そう言っても過言ではないでしょう。

あたかも世界中で大きな話題となっているような報道がなされていますが、このランキングに注目しているのは、正直なところ、日本と韓国だけでしょう。

これからも毎年『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』ランキングが発表されるでしょうけど、あまり深く考えずに見たほうがいいかもしれませんね。

 

世界で最も美しい顔2016!ランクインした日本人は誰?

『世界で最も美しい顔』のランキングは、ただの個人が好みを発表しているだけのことである…

選定の仕組みを紹介してしまったところなので、ここでそのランキング結果を紹介しても、あまり意味はないかと思いますが…

何故か日本ではそれなりの影響力があるみたいなので、一応、ここでもランキング結果を紹介しておきますね。

まずは、『世界で最も美しい顔』ランキングのトップ10を見てみましょう。

世界で最も美しい顔2016のトップ10

1位 ジョーダン・ダン(イギリス)

2位 リザ・ソベラーノ(フィリピン・アメリカ)

3位 ナナ(韓国)

4位 ゴルシフテ・ファラハニ(イラン)

5位 チラン・ブロンドー(フランス)

6位 石原さとみ(日本)

7位 カミーラ・ベル(アメリカ・ブラジル)

8位 ツウィ(台湾)

9位 アリシア・ヴィキャンデル(スウェーデン)

10位 アリア・バット(インド)

なんと、2015年では19位だった石原さとみさんが、ついにトップ10入りの6位にランクインを果たしました!

自己最高で、個人の好みと言えど、世界中の女性の中から6位に入るわけですから、これは快挙?なのかもしれません。

石原さとみ

石原さとみ

その後の日本人を見てみると、

38位に桐谷美玲さん

92位に島崎遥香さん

と続きます。

これまでランクインしていた佐々木希さんは残念ながら、2016年のランキングで落選?になってしまったようです。

世界を見てみると、1位は、2015年に3位だったイギリスのスーパーモデルのジョーダン・ダンさんが受賞。

そして2014年から2年連続1位だった韓国のナナさんが陥落し、3位という結果でした。

 

『世界で最も美しい顔』ランキングの上位者の傾向を見てみると、

眉と目の幅が狭く、眉がつり気味の女性

が、TC Candler氏の好みということでしょうか?

もっと日本人をたくさんランクインさせてほしいと思う場合は、

TC Candler氏にとって、好みとなるような日本人を直接紹介してみること

をおすすめします。

それか、同じように個人ブログを開設し、自己流の『世界で最も美しい顔2016』を決めて、公開してしまうのもアリかも!?

 

世界で最もハンサムな顔2016の日本人は誰?

続いては、『世界で最も美しい顔』の男性版、『世界で最もハンサムな顔』の2016年版ランキング、そのトップ10を紹介します。

世界で最もハンサムな顔2016のトップ10

1位 ミキール・ハースマン(オランダ)

2位 SOL(韓国)

3位 アレキサンダー・スカルスガルド(スウェーデン)

4位 マット・ボマー(アメリカ)

5位 オスカー・アイザック(グアテマラ)

6位 マイク・コルター(アメリカ)

7位 ゴッドフリー・ガオ(台湾)

8位 キット・ハリントン(イギリス)

9位 シドハース・マルホトラ(インド)

10位 トム・ヒドルストン(イギリス)

という結果になっています。

ちなみに、日本人トップは、

31位に元KAT-TUNの赤西仁さん

がランクインしています。

赤西仁

赤西仁

次点では、日本国籍を持つ金城武さんが、91位に滑り込んでいますが、日本人男性でランクインしたのはこの2名のみ。

『2015年とは、かなり様変わりしたようなランキングだな』と個人としては感じました。

3位にランクインしたアレキサンダー・スカルスガルドさんが、2015年の4位だっただけで、

その他の9人は全員が2015年はトップ10にいなかった人物です

また、日本のKPOPファンの間では、2位にBIGBANGのSOLさんがランクインしたことで騒がれていたようです。

筆者として韓国に関心がないので誰のことかさっぱりですが…。

それにしても、トップ10がガラッと入れ替わった『世界で最もハンサムな顔2016』。

この1年で、TC Candler氏の男性の好みに何か変化が起こったのでしょうか?

少し気になるところですね。

 

まとめ

TC Candler氏という個人が運営している個人サイトで公開されている『世界で最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』。

2016年版のランキングも恒例のように発表されました。

信憑性はゴシップ誌のように薄く、大衆的なランキングではないので、勘違いしないようにしてください。

TC Candler氏というのは、今でこそ自身のサイトに、

「プロの映画評論家で、世界で最も美しい顔100人のクリエーター」

と書いていますが、以前は、

「映画評論家で、プロのポーカープレイヤー」

でした。

しかも、自身のフェイスブックで、

「日本の新聞に載っちゃったよ!」

などと、はしゃいでもいます。

なんとも怪しい人物です。

『世界の最も美しい顔』『世界で最もハンサムな顔』というランキングは、個人の趣味を掲載しただけのランキングである…

日本のメディアには、この正しい情報を一緒に伝えて欲しいところですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事