星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

ワンピース単行本コミックス最新刊(85巻)の発売日と収録ストーリー

更新日

ワンピースの世界で描かれた麦わらの一味の手配書。

サンジが、どう見ても別人にしか見えません。

しかし、あの手配書の理由がワンピースの単行本コミックス84巻で明らかにされていきます。

また、すでに次の最新刊である単行本コミックス85巻の発売日を気にしているファンも多いようです。

ストーリーとしても、サンジのフィアンセとなるプリンの意味深な発言などに注目されていました。

そこで本記事で、漫画・ワンピースの単行本コミックス最新刊(85巻)の収録ストーリーや発売日を、84巻の内容のおさらいとともに紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

『ワンピース』単行本コミックス84巻をおさらい

ワンピース84巻

2017年2月3日に発売された漫画家・尾田栄一郎先生の大人気漫画作品『ワンピース』の単行本コミックス84巻。

遂に、ビッグマムのいるホールケーキアイランドへ、ルフィたちが乗り込んでいくストーリーが描かれています。

いよいよゾウの国(ビッグマム)編も中核に触れていくって感じです。

ただ、単純に勧善懲悪の世界観が描かれていくというわけではなく、サンジが、なぜホールケーキアイランドへ乗り込んでいったのか。

その理由も見えてきましたね。

簡単にサンジを連れ戻すことができず、もどかしい思いをしているルフィたち麦わら一味の心情も複雑…

いろんな伏線が絡みながら、時に

サンジの過去

に触れる回想シーンなども盛り込まれた内容となっていたのが、単行本コミックス84巻のストーリーです。

これまでのサンジの手配書で、完全に別人と思えるような顔になっていた理由も見えてきました。

一方、レイジュ以外、本当にサンジの兄弟かと思えるほどクズな面々が揃っている

ジェルマ一族

本当に苛立つくらいのクズぶりが、ある意味で面白いのかも…。

これだけの人でなしで、自分のことしか考えられないクズ連中が、心優しく『義』に生きているサンジを落ちこぼれ扱いするのは、どう考えてもありえないです。

サンジが幼少の頃は、ジェルマ一族の父親の命もあって、サンジに鉄仮面まではめて、牢獄に閉じ込めてしまうんですから、どこまでもクズという印象は拭えません。

(ちなみに長女であるレイジュは、ヨンジのことをクズ扱いしていました)

いずれにせよイチジ、ニジ、ヨンジは、どこまでも救いようのない連中なのでしょう。

 

さて、話を元に戻しますが、このワンピースの単行本コミックス84巻では、

サンジvsルフィ

という珍しいバトルも見られます。

その背景にあるサンジの心情が描かれているだけでなく、行動をはじめたブルックやペドロたちの動きも描かれています。

既に、ワンピースの単行本コミックス84巻は発売されていますので、具体的な内容が気になる方は、どこかで入手し読んでみてくださいね。

 

『ワンピース』単行本コミックス最新刊(85巻)の収録ストーリー

ワンピースの単行本コミックス84巻では、ビッグマムの下にいるサンジを連れ戻そうと、ホールケーキアイランドに乗り込んだ麦わら一味。

ルフィたちの下に戻ろうとしないサンジとルフィが熱く戦うシーンもあり、色々ストーリーが展開されていきました。

ビッグマムがジェルマ一族と政略的な結びつきを図るために、娘・プリンとサンジを政略結婚させようとしていましたが、サンジははじめのうちは拒否していました。

しかし、ジェルマ一族のクズとも言える兄弟たちに、サンジが以前に世話になっていた海上レストラン『バラティエ』の料理長(サンジが親父と慕っていた人物:ゼフ)の命を奪うと脅され、またルフィたちをビッグマムの手から逃がすために、政略結婚を受け入れます。

一方、フィアンセとなるプリンが何か策略を企てている様子でルフィたちと接触。

さらに、ブルックたちがホールケーキアイランドの宝物庫に忍び込み何かを画策しているようですが…

 

と、こんなところでワンピースの単行本コミックス84巻は終わります。

そして、次の最新刊である単行本コミックス85巻へと続いていくわけですが、具体的に、85巻ではどのようなストーリーが描かれているのでしょうか。

まずは、収録ストーリーのサブタイトルを紹介していきましょう。

ワンピース最新刊(85巻)の収録ストーリーのサブタイトル

第849話『鏡の国のチョニキ』

第850話『一筋の光』

第851話『シケモク』

第852話『ジェルマの失敗作』

第853話『ここじゃねェ』

第854話『何やってんだ』

第855話『ぐぎゅるるる!!!』

第856話『ウソつき』

第857話『ルーク』

第858話、第859話、第860話:未定

以上の12話が、単行本コミックス85巻に収録されるのではないかと予想されます。

859話、860話あたりは、86巻へスライドされてしまう可能性もありますが、個人的には間違いないと思います。

 

さて、肝心の最新刊(85巻)のストーリーに関してです。

まずホールケーキアイランドでの

  • ビッグマム一味(ジェルマ一族も含めて…)と麦わらの一味のバトル
  • 間に挟まれているサンジの行く末

が描かれていくストーリーとなっているものと思われます。

本当はルフィたちと、海賊の旅を続けたいと思っているサンジ…

しかし、ビッグマムの娘であるプリンと結婚しなければ、ルフィたちはもちろんのこと、サンジを海賊の旅へと送り出してくれた、

海上レストラン『バラティエ』の料理長:ゼフの命も狙われてしまうため

サンジは、あえてルフィたちと敵対せざるを得ない状況ですよね。

そんなサンジの心情を見抜いているのがルフィであり、麦わらの一味も、なんとかサンジが帰ってこられるように必死に戦いを挑んでいきます。

そこに"ある画策"を企て、近づいているプリンの本性も描かれていくみたい…

それにしても、単行本コミックス84巻のラストで、プリンがルフィにある一言を話し、そのことにルフィが驚いていました。

一体何を話したというのでしょうか?

そして、最後に

「さよなら」

と言った言葉の意味とは一体何か…

まずは、その答えから単行本コミックス85巻のストーリーがはじまっていきます。

サンジの心情だけでなく、プリンの動向、そして2人を軸にビッグマムたちと戦う麦わら一味に注目です。

なお、単行本コミックス85巻では、ビッグマムvsブルック、ペドロvs卵男爵のシーンが描かれるだけでなく、改めて

ジンベエの登場シーン

も見られますので、そこも楽しみにしたいですね!

 

『ワンピース』単行本コミックス最新刊(85巻)の発売日

さて、次にワンピースの単行本コミックス最新刊(85巻)の発売日についてです。

早速、いつ発売されるのか調べてみたところ、

2017年5月5日

に85巻が発売予定と判明しました。

5月5日といえば、GW真っ只中。

『こどもの日』でもあり、まさに子供から大人までの大人気の少年漫画としては、多くの読者が休みの日に、ワンピースの世界観にどっぷりハマってもらうにはうってつけの発売日でしょう。

まぁこれは集英社が意図的にタイミングを図っているわけではありません。

ワンピースの単行本コミックスが約3ヶ月周期に発売されるサイクルの中で、偶然、このタイミングでの発売日となっているにすぎない話です。

 

まとめ

ホールケーキアイランドを舞台にしたゾウの国編もいよいよ中盤です。

サンジを取り戻すために、ルフィたちが四皇・ビッグマムのいるホールケーキアイランドに乗り込み、ある事情から、

サンジvsルフィの一戦

も見られたワンピースの単行本コミックス84巻。

この84巻には複数の伏線が隠されていて、とくにラストで描かれたビッグマムの娘プリンのサヨナラの言葉の意味が、ワンピース最新刊となる85巻で明らかになっていきます。

果たしてサンジは、麦わら一味に帰ってくるのでしょうか。

それともその答えは出ずに、激しいバトルが繰り広げられていくのか…

その顛末は、これから発売日を迎えるワンピースの単行本コミックス85巻をじっくり読みながら紐解いてみたいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画