星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

エドガーケイシーの予言!日本沈没が2018年3月の理由や原因とは?

更新日:


皆さんは、エドガーケイシーという人物を知っていますか?

『20世紀最大の奇跡の人』

とも呼ばれた心霊診断家・予言者です。

そんなエドガーケイシーが残した14000ほどの予言の中には、

日本が沈没する

という、なんとも恐ろしく胡散臭い予言が残っているそうです。

予言の新解釈によれば、2016年にこの日本沈没が起こるとのことでしたが…今は2017年。

とっくに2016年は過ぎてしまっています。

しかし実は、エドガーケイシーの予言には、まだ日本沈没のおそれが残っているのだとか。

この時点で既に胡散臭いのですが、エドガーケイシーが残した日本沈没の予言の根拠とは、一体何なのでしょうか?

当記事では、エドガーケイシーが残した日本沈没の予言について、まとめてみました!

スポンサーリンク

エドガーケイシーとはどんな人?

エドガー・ケイシー

"予言者"というと、胡散臭い人…。

そんなイメージがありますよね。

ハッタリで金儲けをしているような、ずるい人と思うこともあると思います。

有名なのは、日本でも話題になったことのあるミシェル・ノストラダムスあたりでしょうか。

ただ、あの有名な『ノストラダムスの大予言』は、著者の五島勉という人物の好き勝手な解釈によるものであり、実際に人類が滅亡することをノストラダムス自身は述べていなかった…。

とも言われています。

まぁノストラダムスの場合は予言というより、ある意味『詩』と言ったほうが良いとも考えられます。

何とでも解釈できるような内容の詩を書いていたため、解釈者によって予言の内容をどうとでも変えることができてしまうイメージですね。

 

さて、今回の主役は、そんなノストラダムスより300年ほど後、1800年代後半に登場した人物である


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.