星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

芸能人格付チェック2016結果まとめ!GACKTの連勝記録と痛烈発言

投稿日

お正月恒例のテレビ番組『芸能人格付けチェック』で、天文学的な奇跡を引き起こしているGACKTさんの連続正解記録。

その連勝記録は、2016年の元日放送分で、相方であるジャニーズの中山優馬さん・北山宏光さんが外してしまい、チームとしての連勝記録は39で止まったものの、その後もGACKTさん自身の連勝記録は42まで伸ばして、現在も『芸能人格付チェック』における連勝記録は進行中です。

そのため、一部でヤラセではないか?という話も噂として流れ、何かと物議を生んでいる『芸能人格付けチェック2016』となりましたが、この連勝記録を持っているGACKTさんの発言や結果に、2016年はとくに注目が集まったそうです。

そこで本記事にて、GACKTさんの発言や、芸能人格付チェック2016の結果をまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ヤラセ疑惑も?GACKTの芸能人格付けチェック連勝記録

GACKT

GACKT

浜田雅功さん、伊東四朗さん、ABC女性アナウンサー(12弾からは、ヒロド歩美アナ)が、MCを務める正月特番『芸能人格付けチェック』。

2005年9月23日に放送された第2弾の放送と、別枠(品格版)として放送されているものを除いて、格付けチェックは、全てお正月特番として、年1回放送されていますが、その中で、唯一連勝を続けていたのが、GACKTさん。

それもチームを組む相方が毎回変わっている中で、39連勝していたわけですから、実に奇跡的な記録だといえますね。

そもそも、年1回の6問をほぼ交代しながら、半分ずつ答えて正解し続けなければいけないわけですが、他のチームが続々間違えていく中、GACKTさんのチームだけは、何故か正解し続けててしまいます。

それもクイズのような明確な正解がある問題ではなく、感性による価値観の問題ばかりで、とくに高級食材や、ワインを言い当てる問題なんて、微妙な鮮度の問題によって、感じ方も変わってしまうでしょう。

また、オーケストラの音感チェックなどは、演奏者のコンディションも影響して、微妙に聴こえ方が変わることで、正解と異なる選択をする可能性も十分考えられます。

それを長年全て正解していくとなると、いくら2択だと言っても、かなり難しいものがあります。

もちろん運だけで正解し続けることも可能ではありますが、その確率天文学的な数字であり、天変地異が起こるほどの奇跡と言っても過言ではないでしょう。

ましてや、中山優馬さん・北山宏光さんが間違えてしまったように、GACKTさんが直接関わっていない問題も半数はあるわけですから、それはどうすることも出来ず、GACKTさんに関わらず連勝が止まる何てことも十分有り得る話なのです。

2016年の元旦に放送された『芸能人格付けチェック2016』での連勝ストップまで、チームとして39問連続正解し、GACKTさん自身は、今もなお正解し続けるというのですから、当然、ヤラセ疑惑がネット上で巻き起こってしまうわけ。

一部では、7年間もGACKTさんが連勝し続けているのは、引っ張り過ぎだ、という話もあり、何かと物議も生まれています。

もちろん『芸能人格付チェック』の問題の中には、正解するには簡単な問題もありましたし、それで正解率が上がるのも多少は頷けます。

しかし、大抵は、問題と本人の感性がピタっと合わないと、なかなか正解できない問題ばかりが『芸能人格付チェック』なのです、

正直、1年に6問あって、その内の1問くらい外しても、全くおかしくない話です。

それがGACKTさんの相方も合わせて39連勝もしたわけですし、もし、不正解を推していた中山優馬さんの意見を退け、北山さんの意見を採用して答えを選んでいたら、今もなおGACKTさんは『芸能人格付チェック』の連勝記録更新中となっています。

『そんな、ほとんどあり得ない話が続くのだろうか?』

まだ、GACKTさん本人は、連勝記録更新中ですから、いろんな意味で、『芸能人格付チェック』における不気味な伝説は、今後も続いていくでしょうね。

 

GACKTがジャニーズに言い放った発言とは?

GACKT

GACKT

GACKTさんにとって、7年間もかけて連勝を重ねてきた『芸能人格付けチェック』の39連勝だけに、その記録が、自身の結果で途絶えたわけではなく、相方であるジャニーズアイドル達の結果によって止まってしまったことは、かなりショックだったみたいです。

オーケストラのプロの演奏者を当てる問題で、『Kis-My-Ft2』の北山さん、『NYC』の中山優馬さんが間違え、会場に戻ってきた二人に思わず、GACKTさんはこんな発言を言い放ってしまいます。

まず北山さんに向かって、

『なんでお前譲るの?』

と質問し、北山さんが

『後輩がこんなに自分を主張してくるから』

と答えると、

『ずっといけてたじゃん!!ずっと…』

と言われ、更にMCの浜田さんからも

『ずっと当たってたやん』

と責められる始末。

そして、最後には、二人に向かって

『怒ってんじゃないんだよ!!悲しいんだよ…』

と言い放つのです。

GACKT

北山さんと中山さんに言い放つGACKTさん

ヤラセ疑惑が巻き起こっているこの『芸能人格付けチェック』の連勝記録ですが、もしこれがガチであるならば、GACKTさんにとっては、かなりショッキングな話でしょうね。

他の問題からすれば、かなり分かりやすい楽曲演奏の問題を外しているわけですから、GACKTさんが激怒していたとしても、おかしくはありません。

その怒りをストレートに表現されたら、まだ救われるかもしれませんが、

悲しいんだよ

と言われてしまい、ジャニーズの二人にとっては、痛烈でかなりきつい言葉だったと思いますよ。

それにしても、何故あの問題に限って、いくら自分を主張されたとしても、北山さんは中山さんに意見を譲ってしまったのでしょうか?

明らかにそれまで正解できていない中山さんの意見を優先させて、もし間違えていたらどうする気だったのかと考えると、かなり怖い判断であり、もし仮に筆者が当事者であるなら到底真似できません。

相方のGACKTさんも失敗を許してくれそうな気配がありませんでしたからね。

その状況で、かなりの確立で間違いとわかっていて、それを譲るという選択肢はありえません。

それをやってしまう北山さんは、後輩想いというべきか、ただ無謀なだけというべきか、実に不思議でした。

そして、その後も、GACKTさんは、メンタルが弱いとか、ネガティブな発言を連発しながらも、次の盆栽の問題で正解し、「メンタルリセット」と発言し、自身を取り戻されました。

ヤラセ疑惑や、ジャニーズとのやり取りなどを含めて、実に不思議な光景が見られた、『芸能人格付けチェック2016』のGACKTさんの発言だったと思う次第です。

 

GACKTの芸能人格付けチェック42連勝の信憑性…

GACKT

GACKT

冒頭でもお話していたように、GACKTさんの個人的な『芸能人格付けチェック』の42連勝が何かと話題になっています。

相方と二組で半分ずつ問題を答えているわけですし、正直、個人的と言っても42連勝なんて実質不可能としか思えません。

オーケストラなどの音感チェックや、映画監督とタレントの撮影の違いを見分ける映像問題ならまだしも、食感を重視する、高級食材を当てる問題や、高級ワインを当てる問題などは、ただ会場で見ているだけで当てられるわけがありません。

見た目や食感を全て機能させて、それでも鮮度などの問題もあって、感覚が狂ってしまい、当てられないことも多々あるのに、それでも当て続けられるのか…

それも1問も外さずというのですから、どう考えてもヤラセとしか考えられず、信ぴょう性としてはかなり低いと、筆者としては考えています。

もちろんヤラセという確証が無いので、推測でしかありませんが、流石に42連勝と言うのは、出来過ぎと言えるでしょうね。

さらに、39連勝までは、チームとしての記録に過ぎません。

筆者自身、全ての『芸能人格付けチェック』の放送を見ていたわけではないので、なんとも言えないものがあるのですが、実は、GACKTさんの選んだ選択が間違っていて、たまたま相方が正解していたため、その選択が正解に導かれた、という問題も過去に数問あったらしいのです。

それが、どの問題だったのかは分かりませんでしたが、もしこの話が本当だとするなら、あくまで39連勝はチームとしての記録に過ぎず、GACKTさん自身の記録ではないことになります。

それをさも自身の記録のように言っているのだとしたら、『芸能人格付けチェック』が完全にヤラセと言われても仕方ないでしょう。

何度も言いますが、どんなに感性豊かな人でも、『芸能人格付けチェック』の全てで正解し続けることはかなり困難なことで、ほぼ奇跡的な話とも言われています。

現状では、そんな常識ではありえない結果をGACKTさんが叩きだしたと言わざるを得ないでしょうね。

GACKTさんは、セレブでワイン通・食通でもあるのは分かりますが、もう少し現実味のある結果を見せて欲しいと思う次第です。

 

まとめ

『芸能人格付けチェック2016』で7年間続いたGACKTさんのチームの連勝記録が、遂に39で止まり、連勝を止めた張本人である中山優馬さん・北山宏光さんに対して、ショックのあまりに言い放った発言がネットで話題になっています。

確かに

『怒ってんじゃないんだよ、悲しんだよ』

と言い放った一言には切なさを感じさせられますし、前の問題でも間違えていた中山優馬さんの意見を優先させた挙句に、間違えた結果を突きつけられれば、誰でもイラッと来てもおかしくないですよね。

『芸能人格付けチェック』のGACKTさんの結果を見て、ヤラセという話も一部にはありますが、いずれにしても痛烈な一言であったことに違いなく、いろんな意味で、物議を生みそうな格付けチェックと言えそうです。

芸能人格付けチェックの記事はコチラもよく読まれています!

GACKT!やらせ疑惑の芸能人格付けチェック2015での一流名言まとめ

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ