星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

逃げる女のドラマストーリーとキャスト!ロケ地と賀来賢人の役は?

投稿日

冤罪によって8年もの間、刑務所に入れられ、不遇の人生を辿った主人公が、ようやく刑期を終えて、刑務所を出所したものの、とある犯罪者との出会いによって、逃避行の旅に出るハメに陥ってしまう…

実に呪われた人生を辿りながらも、生々しいリアルな女性の姿が映しだされていくドラマ『逃げる女』。

ニュアンスは異なりますが、かつてドラマや映画でも作品化された『逃亡者』の女性版のようなドラマとも、ある意味で言えるかもしれません。

そんな濃密なドラマ『逃げる女』が、NHKの新作連続ドラマとして2016年1月9日から放送されます。

そこで本記事で、『逃げる女』のストーリーあらすじや、キャスト、ロケ地、そして、このドラマに出演する賀来賢人さんの役どころなどをご紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『逃げる女』のストーリーあらすじ

逃げる女

かつて、江口洋介さんが主演を務めた『逃亡者 RUNAWAY』というドラマが放送されていたことを、みなさん記憶しているでしょうか?

このドラマは、江口さんが演じる保護観察官の永井徹生が、妻や子供の身に起きた事件の容疑を掛けられ、逮捕されてしまい、警視庁への護送中にトンネルの爆破事故が起こり、なんとか脱走した永井が、逃亡しながら真犯人を探し、濡れ衣を晴らすというドラマでした。

まさしく、国家権力で守られた警察たちが、まともな捜査をしていないために冤罪を掛けられ、挙句に逃亡しながら真犯人を追いかけなければならなくなった不遇な人生を背負わされた男の人生を綴ったドラマです。

そして、このドラマの基盤となる映画『逃亡者』は、アメリカ映画でもあり、日本国内でも江口さんが主演したドラマだけでなく、たくさんリメイクされ、世代を超えて、多くの人たちに知れ渡っている作品と言ってもいいでしょう。

そんな歴史的作品と同じようなニュアンスの作品が、2016年1月に放送されます。

タイトルは『逃げる女』

この『逃げる女』というドラマでも、警察のまともな捜査が何一つされずに、嘘の情報などに惑わされ、何の罪もない女性が冤罪に掛けられ、釈放されるまでの8年間も刑務所にて人生を奪われてしまいます。

しかも、ようやく釈放されたというのに、ある犯罪者と出会ってしまい、自分を裏切った友人を追いかけるどころか、またしても警察から逃亡する日々を過ごすハメに…

本当に不遇の域を通り越して、彼女は呪われているといった方が良いかもしれません。

そんな中で、彼女はどんな人生を歩んでいくのか…

非常に興味深いものがあると思いますよ。

では、早速ドラマ『逃げる女』のストーリーあらすじを簡単にご紹介していきます。


 

児童養護施設での事件の犯人として逮捕され、8年間も刑務所に閉じ込められていた梨江子(役:水野美紀)

実は、彼女は冤罪に掛けられていて、何の罪もないのに事件の容疑を晴らせずに、親友にアリバイまでも否定され、苛烈な取調べを受けて、挙句の果てに、8年間も刑務所に入れられてしまっていたのです。

8年後、ようやく冤罪が晴れて、刑務所を出所することができた梨江子ですが、周りの人々は、相変わらず、彼女に冷たい目線を向けたまま…

それもそのはず、梨江子の家族までも事件の犯人の家族として、誹謗中傷を受け続け、両親は離婚、妹は苗字を変えることになったのですから、それはもう致し方ありません。

それも、警察の怠慢で、私利私欲な無責任極まりない言動が全てを狂わせてしまったのです。

しかし、彼女はそこで立ち止まるわけには行かなかったのか、アリバイを否定した友人:川瀬あずみ(役:田畑智子)を探す旅に出始めます。

一方、行き過ぎた取り調べや、無能な捜査のために、梨江子に冤罪を掛けてしまった警察官の佐久間(役:遠藤憲一)は、償いの気持ちで梨江子の身を案じていましたが、若手刑事安藤(役:賀来賢人)は、ただ状況を冷静に見ているだけ…

本当に、彼ら警察は、人の人生を滅茶苦茶にして、反省一つもできないのか…

そんな中、梨江子の前に謎の若い女・美緒(仲里依紗)が現れ、梨江子の旅につきまとうのですが、何故か周囲で動機不明の事件が起こり、梨江子は友人探しどころではなくなり、逃亡することになってしまうのですが…


 

以上が、ドラマ『逃げる女』の簡単なストーリーあらすじです。

美緒という謎の女に付きまとわれるのも不運ではありますが、元々は警察組織が梨江子に冤罪を掛けなければ、彼女がこんなに苦しむ人生を送らなくて済んだわけで、本当にドラマであるとしても、かなり卑劣な話ですよね。

一体、彼らは人の人生を何だと思っているのでしょうか?

本当に憤りを隠せない話ですが、そんな最悪の人生を背負わされた梨江子は、一体何を思いながら、逃亡者となって、謎の女・美緒と共に逃避行の旅に出て行くのでしょうか?

かなり濃い話ではありますが、よほどの事が無いと体験できないようなドラマの中から、どんな人間模様を観ることが出来るのか、いろんな意味で楽しみなドラマ『逃げる女』の登場と言えるでしょうね。

ドラマ『逃げる女』の放送は、2016年1月9日土曜日22時~NHKにて放送スタート。

梨江子の逃避行の様子が気になる方はぜひ御覧くださいね。

 

『逃げる女』のドラマキャストとロケ地は?

佐世保

佐世保

かなり濃密なドラマとして描かれると予想される、ドラマ『逃げる女』ですが、やはりキャストやロケ地も気になる情報の一つ。

では、誰がキャスティングされているのか、また『逃げる女』の撮影ロケ地も分かっている範囲でご紹介していきます。

まず『逃げる女』のキャスト陣ですが、主なキャストは以下のとおりです。

逃げる女のキャスト一覧

西脇梨江子:水野美紀さん
谷口美緒:仲里依紗さん
佐久間学:遠藤憲一さん
安藤純也:賀来賢人さん

川瀬あずみ:田畑智子さん
斉藤浩一:高橋克典さん
天野直将:加藤雅也さん
柏木健作:でんでんさん

香村綾乃:原田美枝子さん
深見元:高橋努さん
西脇喬雄:古谷一行さん
松尾結花:水崎綾女さん

以上が、ドラマ『逃げる女』の主要キャストです。

今回の『逃げる女』では、水野さん演じる「梨江子」は、遠藤さん演じる「佐久間」や賀来賢人さん演じる「安藤」にマークされながら、逃避行の旅に出るハメになってしまうようですが、果たして、梨江子はこの逃避行の中から、何を掴んでいくのでしょうか?

『逃げる女』には、個性豊かなキャストが揃っていますので、いろんな意味でドラマを楽しみたいものです。

次に、『逃げる女』のドラマロケ地に関してですが、調べてみたところ舞台が長崎らしく、昨年の10月から、佐世保市、伊万里市、平戸市、松浦市などで撮影されていたそうです。

話によると、ロケ地である佐世保市内の商店街でも、水野さんや遠藤さんが撮影しているところに、かなりの人だかりが出来たという話もあり、結構ロケ中に見学者が、『逃げる女』の撮影現場を訪れていたみたいですよ。

佐世保の商店街

佐世保の商店街

筆者自身は、長崎には一度も訪れたことがないので、イマイチ『逃げる女』のロケ地と言われても、風景などはっきり思い浮かべることが出来ず、ピンと来ていません。

しかし、きっと長崎にお住まいの方なら、よく知っているところで『逃げる女』が撮影されているかもしれませんね。

そういった意味で『逃げる女』に共感も持てるかもしれませんし、気になる方は、放送にて具体的にどこで撮影されているのか確認してみましょうね。

 

『逃げる女』で賀来賢人の役どころ

kento_k吉高由里子さんが主演を務めたNHK朝ドラ『花子とアン』でブレイクした俳優:賀来賢人さんは、その後も何かとドラマや映画に出演していて、今回のドラマ『逃げる人』でも、どんな役で登場するのか、賀来賢人さんの役どころを気にするファンも続出しているそうです。

先程も少し触れていますが、賀来賢人さんの役どころは、安藤純也という佐久間の後輩刑事で、『逃げる女』のストーリーあらすじを見ていくと、どうやら、かなり冷めたい人間のようです。

自分の仕事のためなら誰がどうなっても構わない、という性格の刑事を賀来賢人さんが演じるように思います。

そんな印象が強く残る理由として、梨江子の件を忘れられない先輩刑事の佐久間を、あえて問いただすこともあるというのですから、冤罪に掛けた警察の人間として罪の意識がないのかと、思ってしまうのです。

もちろん8年前の話ですから、安藤が直接捜査に関わっていないのかもしれません。

しかし、それにしてもかなりクールで、梨江子や佐久間の行動を冷静に見ながら、一方で事件の捜査として、美緒の過去を探っていく仕事一筋な人物のような印象も受けます。

ただ、これらはあくまで『逃げる女』の公式サイトや、第1話予告などから得た情報を元にまとめた安藤刑事の人間像でしか無く、ドラマ放送が続いていく中で、何かと変化が生じるかもしれません。

そういう部分を確認する意味でも賀来賢人さんファンにとっては、ドラマ『逃げる女』を観る価値があると思いますよ。

実際に、賀来賢人さんがどんな演技でファンを楽しませてくれるのか、非常に楽しみですね。

 

まとめ

ドラマ『逃げる女』は、冤罪を掛けられ、8年もの間、刑務所の中に入り、その上、ようやく出所したかと思ったら、謎の女に付きまとわれ、逃避行の旅に出るハメに陥る不遇な女性。

その姿を通じて、その周囲の人間模様や、本性などが描かれているドラマ『逃げる女』が2016年1月9日に放送開始されます。

友人にアリバイを否定されていなければ、また、警察がまともな捜査をしていたら、まず冤罪に掛けられることなんてなかったでしょう。

ちょっとしたボタンの掛け違いによって、自身だけでなく、家族にも大迷惑がかかる中、さらなる不遇を押し付けられていく主人公が、『逃げる女』で、どのような逃避行をストーリー展開していくのか、いろんな意味で注目していきたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ