星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

吉田鋼太郎の4度目の結婚相手(嫁)のプロフィールと歴代離婚理由

更新日:

NHK朝ドラ『花子とアン』や、TBSドラマ『ウロボロス』などで、一気にブレイクしていったベテラン俳優:吉田鋼太郎さんが結婚。

なんと吉田鋼太郎さんは、すでに3回の結婚に失敗し、離婚しています。

さらにシルビア・グラブさんにナンパして、彼女の夫である高嶋政宏さんに

『うちの嫁を口説かないでください』

とまでクレームを入れられる程。

そんなチャラい一面を持っている吉田鋼太郎さんなので、そもそも再び結婚するなんて、思ってもいませんでした。

果たして吉田鋼太郎さんの結婚相手(嫁)となった人はどんな女性なのでしょうか?

そこで本記事では、これまで吉田鋼太郎さんの歴代嫁と、4度目の結婚相手となる方との出会い・プロフィールをまとめてみます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

吉田鋼太郎が4度目の結婚!

吉田鋼太郎

吉田鋼太郎

元々は舞台役者としてのキャリアを積み、NHK朝ドラ『花子とアン』で出演するようになった頃から、吉田鋼太郎さんのメディアでの露出が劇的に増えています。

名脇役として2015年だけでも、数多くのドラマに出演されていますね。

個人的には、『半沢直樹』のときから吉田鋼太郎さんのことを『良い役者だなと』注目していました。

 

そんな吉田鋼太郎さんは、20歳以上年齢が離れている俳優の小栗旬さんや、藤原竜也さんとも仲が良いそうです。

何故か呼び捨てにされたり、悪戯されたりしていながらも、吉田鋼太郎さんが包容力のある人柄なのか、彼らの行為を許してしまう心の広い方なんだそう。

当然、偉ぶることなく度量が大きい人で、そんな内面の良さが、年配の吉田鋼太郎さんでも若手が気さくに絡んでいける大きな要素となっているのかもしれません。

ただ、人好きな吉田鋼太郎さんは、イタリア人のように女性に対しても何かにつけて手を出す方として有名です。

過去には、三度も結婚して失敗しています。

その上、俳優仲間の妻にまでちょっかいを出してみたり、吉田鋼太郎と藤原竜也さんは、女性問題で大げんかして一時期に絶縁していた話もあるほどです。

ある種、ユニークな人でもあり、正直このようなエピソードを聴いて、筆者は、吉田鋼太郎さんの四度目の結婚はないと勝手に思い込んでいました。

だからこそ、吉田鋼太郎さんの四度目の結婚報道がされた時は、本当に驚きましたね。

その報道によると、吉田鋼太郎さんの結婚相手となったお嫁さんは、以前『A-Studio』の中で、話されていた

"銀座のママ"

らしく、近年の彼がクラブ通いが多かったのも、彼女との逢瀬のためだったことが改めて分かりました。

さらに、話によると、吉田鋼太郎さんは元旦に入籍を済ませています。

今後の挙式・披露宴の予定は無く、結婚相手のお嫁さんも妊娠されていないとのこと。

ちなみに親友である藤原竜也さんに仲人をしてもらったと一部報道されているそうです。

しかし、このことについては、吉田鋼太郎さんが事実と異なると否定されています。

それにしても本当に吉田鋼太郎さんの四度目の結婚が、よく実現できたものです。

高嶋政宏さんの妻であるシルビア・グラブさんを、彼の妻と知らずに、飲み屋で延々と口説いていたという伝説もあります。

さらに以前、まだ結婚されていた時に、別の女性が自宅に来て、修羅場を迎えたというエピソードもあります。

吉田鋼太郎さんは、なにかと女性問題が激しいことは有名です。

シルビア・グラブ

シルビア・グラブ

その上、女優:鈴木杏さんとは、舞台上でキスシーンがあったときには、ただ唇を重ねるだけでよかったのに、何故か

『舌を入れる』

とんでもない行為に走り、舞台裏で説教されていたというのです。

吉田鋼太郎さんが、いかにイタリア人のように女性にだらしない人なのかよく分かります。

そんなこともあり三回も結婚に失敗したわけですから、吉田鋼太郎さんに当然四度目の結婚などないと誰も思うはず…

それでも

家庭に憧れ

を持つ吉田鋼太郎さんは、また結婚したいと考えていたらしく、その当時交際されていた彼女と晴れて結婚できたというのが、今回の報道で明らかにされたようです。

本当に女性になら、誰かれ構わず手を出すチャラい性格でありながら、それでよく吉田鋼太郎さんが結婚できたものだと思います。

 

吉田鋼太郎の歴代の結婚相手・嫁は?

吉田鋼太郎

吉田鋼太郎

吉田鋼太郎さんは、かつて3度結婚されたという話ですが、厳密には2回の婚姻歴というのが正しい表現と言えるでしょう。

まず一人目ですが、吉田鋼太郎さんは

一般人女性と婚姻届を出す寸前まで

話が進んでいたにも関わらず、婚姻届け提出直前に破局。

間違いなく何かしら一悶着があり、『これから先、一緒にやっていけない』ということになったのでしょう。

次に二人目との結婚相手との間には、吉田鋼太郎さんの子供もできたらしいです。

前回の失敗を糧に今度こそ幸せな家庭生活を築いていくのかと思いきや、またしても

お酒と浮気

に明け暮れてしまい、気がついたら、お嫁さんには

家財道具一式を持って家出

され、何処にいるのか消息すら分からず、離婚へ…

最後に三人目のお嫁さんとの話は、一切見つからず、結局、吉田鋼太郎さんと結婚した三人は、一般人であると思われます。

三度目の結婚も、価値観のズレというべきか、吉田鋼太郎さんの女性に対して、だらしない態度やお酒にのめり込んでいく姿についていけず、破局になった模様。

おそらく三人目のお嫁さんのことを言っているのだと思いますが、吉田鋼太郎さんの母親が亡くなった時に、葬儀に駆けつけてくれたという話もあり、今でも交流はあるという話も耳にします。

あくまで一般人の元嫁ですし、何よりも二人目のお嫁さんに関しては、半ば夜逃げ同然で、吉田鋼太郎さんの知らない間に行方をくらましている凄い話ですから、彼女の詳しいプロフィールなどは一切分かりませんでした。

ただ、吉田鋼太郎さんのこの離婚が良いか悪いかは別として、いずれの女性も次の人生を歩んでいることだけは間違いなさそうですね。

 

吉田鋼太郎の結婚相手となったお嫁さんのプロフィールは?

着物の女性

吉田鋼太郎さんが電撃結婚されることが分かり、そのお嫁さんも、以前、トーク番組で話が持ち上がっていた"銀座のママ"であることが改めて分かったわけですが、具体的に、結婚相手のお嫁さんは、どんな女性なのでしょうか?

そこで、いろいろ調べてみたところ、先程にもお話したとおり、

銀座のクラブでママ

をされている一般女性で、詳しいプロフィールは判明していません。

ただ、所属事務所より、軽く結婚相手のプロフィールが公表されているようです。

その情報を元に、お嫁さんのプロフィールをまとめていくと、関西出身の34歳、ショートヘアがよく似あうスレンダーの女性なんだそうです。

なにやら家事をよくこなす

世話女房タイプ

の女性らしく、おそらくお酒や女性にだらしない吉田鋼太郎さんを、家庭的にサポートしながら牽引してくれるのではないでしょうか。

ただ、いくら家庭的な方といっても、吉田鋼太郎さんが相変わらず女性にだらしないままで浮気などが発覚すると、4度目の結婚も再び失敗に終わる可能性もあるでしょう、

吉田鋼太郎さんも56歳になられているのですから、もうそろそろ落ち着いてほしいものです。

さて、何かと気になる吉田鋼太郎さんの結婚相手との出会いのきっかけですが、出会いは2015年9月

話によると、吉田鋼太郎さんの知人が主催したパーティーで、結婚相手のお嫁さんと出会い、意気投合して交際に発展したようです。

相手が"銀座のママ"であるということもあり、また、実際にクラブ通いすると、どれくらいお金がかかるのか実際に体験したいと考えた吉田鋼太郎さんは、それ以降、銀座のママがいるクラブに通いつめ、徐々に2人は惹かれ合うようになります。

そして、2015年12月に吉田鋼太郎さんからプロポーズして、元旦に都内区役所に2人で婚姻届を提出して、無事入籍を済ませたそうです。

4度目の吉田鋼太郎さんの結婚までは、約4ヶ月とかなりのスピード結婚ですが、堀北真希さん・山本耕史さんの交際0日の超電撃婚の例もあるわけですから、二人の気持ちが固まりさえすれば、たとえ4ヶ月での結婚でも問題は無いでしょう。

世間では、吉田鋼太郎さんのことだから、5度目の結婚もあるかもしれないと、既に失敗することを冷ややかに予測するような話題も上がっていますが、万が一にもそんなことにならないように、末永く幸せになってほしいものですね。

 

まとめ

俳優:吉田鋼太郎さんが、34歳の家庭的な一般女性と元旦に入籍を済ませ、電撃結婚として世間に報道されました。

吉田鋼太郎さんは、これまで3度も結婚していますが、いずれも女性やお酒にのめり込み過ぎて、破局を迎えてしまいます。

どう考えても吉田鋼太郎さんは結婚に向いていないような印象が強い方ですが、それでもなんとか4度目の結婚が実現できたのは、"銀座のクラブ"でママをしながらも、家庭的で世話女房タイプな女性と巡り会えたお陰だと思います。

もしかしたら、吉田鋼太郎さんにとって、これがラストチャンスかもしれませんし、もう56歳になるわけですから、いい加減お酒と女遊びは控え、公私共に落ち着きを持って、こんどこそ幸せな家庭生活を営んでもらいたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.