星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

荒地の恋のストーリーあらすじとキャスト相関図!モデルは北村太郎

投稿日

詩人・小説家として知られる、ねじめ正一さんと、映画『20世紀少年』『娚の一生』など、様々なシチュエーションながらも、大人の男性を演じる俳優・豊川悦司さんが強力タッグを組み、この2016冬ドラマとして放送されると話題の、連続ドラマW『荒地の恋』。

やはり、豊川悦司さんが主演を務めるということもあって、TBSドラマとして爆発的にヒットした『愛していると言ってくれ』を彷彿するような、濃密な大人のラブストーリーが展開される模様。

そのような話もあり、非常に楽しみにされて言うファンもいらっしゃると思いますので、本記事では、ドラマ『荒地の恋』のストーリーやキャスト相関図をご紹介しながら、このドラマのモデルにも触れていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

WOWOWが贈る大人のラブドラマ『荒地の恋』

荒地の恋

『MOZU Season 2〜幻の翼〜』や『闇の伴走者』など、大人をターゲットにした、かなり密度の濃いドラマ作品を次々と手がけているという印象が強く残るWOWOWの連続ドラマW枠。

このドラマ枠で、またしても濃密なドラマが、2016年1月9日から放送れるらしく、しかも、そのドラマが、ラブロマンス系のドラマでダンディーな大人を演じられている俳優・豊川悦司さんを主演に起用したラブストーリーとあって、ネット上でも大きく注目されているようです。

ドラマのタイトルは、荒地の恋

なんとも意味深なタイトルで、まだまだWOWOWに加入していない人も多いと思いますが、いろんな意味でストーリーが気になってしまうドラマですよね。

しかも、この『荒地の恋』の原作は、直木賞作家のねじめ正一さんが手がけた同タイトル小説という話で、これまた非常に興味津々。

実際に『荒地の恋』公式サイトで少し内容を探ってみると、これまた非常にダークで禁断の愛や、人について深く掘り下げているように感じる作品であり、豊川悦司さんを主演に起用したのも納得です。

さて、実際に『荒地の恋』のストーリーあらすじをご紹介する前に、軽くドラマの内容をご紹介していきましょう。

『荒地の恋』の舞台は、1970年~80年代の、現在40代の面々が生まれたバブル経済中(一部直前)の時代。

当時50代に入り、残された時間をどのように生きて、どのような最期を迎えていくのか、という人間の最大のテーマを軸に、その中で禁断の愛に溺れていく、人間のリアルな姿を映しだした作品となっているそうです。

今でこそ、『終活』として、自身の最期を見つめ、人生の終わり方を考えるようになりましたが、昔は、「し」という言葉そのものが不吉な言葉として捉えられ、まず誰にでも訪れる人生の最期について、真剣に考えるという人はいませんでした。

終活

人生で必ず訪れる最期

逆にそんなことを考えることは縁起でもないことと毛嫌いされ、どのようにこれからを生き続けるのか、を考える方が大半で、中にはずっと若く生き続けることを望む人もいた、という話すら耳にするほどです。

もちろん、永遠に生き続けることなんてありえない話で、人間として生まれた以上、必ず人としての老いや最期が、いつかは訪れるわけで、その姿を見つめ、戦前・戦中に生きた世代が、残された時間をどうやって過ごし、終わりを迎えていくのか…

しかも53歳の男性が、禁断の愛に溺れていくというのですから、とても若い男女に推奨するような、ライト感覚で観るドラマでないこともよく分かります。

大人の世界観をリアルに映しだした、すごく深みのあるラブストーリーとして描かれているので、残りの人生の生き方や、人生の終わり方、そして年老いた男が恋愛に生きるリアルな姿を、このドラマを通じて見ていきたいものですね。

 

ドラマ『荒地の恋』のストーリーあらすじ

荒地の恋

荒地の恋

先程もお話したとおり、WOWOWで放送される連続ドラマW『荒地の恋』は、戦前・戦中を生き抜いたある男性が、人生の終わりを考えながらも禁断の愛に溺れていく、という濃密なラブストーリーが描かれているドラマとなっています。

では、もう少し掘り下げて、『荒地の恋』がどんなラブストーリーが描かれていくのか、そのストーリーあらすじを軽くご紹介していきます。


 

戦争の爪痕が色濃く残る1947年、北沢太郎(役:豊川悦司)三田村貴一(役:松重豊)、有川信夫(役:田口トモロヲ)など、戦前から友人関係を持つ詩人たちが集結し、現代詩運動の一環として、雑誌『荒地』が創刊された…

『荒地』は、1年間に渡り発行されていましたが、その後、廃刊。

それから28年後の1975年、53歳になった北沢は、新聞社の校閲部に勤務しながら、細々と詩作を続ける日々を過ごしていました。

北沢には、妻(「治子」役:富田靖子)も、娘(「優有子」役:川島海荷)もいて、平凡ながら不自由なく幸せな日々を過ごしていましたが、親友の三田村の妻・明子(役:鈴木京香)と何度か出会うことで、恋に落ちてしまうのです。

妻や娘がいる中で、さらに相手が友人の妻です。

これは北沢にとって、まさに禁断の愛

常識なら、落ちてはいけない禁断の愛を断ち切り、家庭と仕事を優先させていくのですが、北沢は家族を置き去りにし、更には仕事までも捨てて、同じく家を出た明子と駆け落ち同然で、暮らし始めていくのです。

そして、北沢は、これまでに無いほどの情熱と言葉を取り戻すのですが、当然、その代償は計り知れず、残された治子と優有子、明子の夫・三田村を始め、それぞれが荒地となる人生を歩んでいくことになるのですが…


 

以上が、簡単な『荒地の恋』のストーリーあらすじです。

戦前からの親友であったはずの三田村を裏切り、彼の妻である明子と禁断の愛に溺れてしまった北沢は、妻や・娘まで捨てて、彼女らのいない別の地を訪れ、そこで新たな生活を送り始め、情熱や言葉を取り戻していきます。

しかし、その一方で、罪悪感は芽生えているでしょうし、何よりも取り残された北沢の妻・娘、そして友人の三田村が、取り残されたという傷を背負いながら、別々の人生を歩まなければならなくなっています。

TBSドラマ『Nのために』でも、主演を務めた榮倉奈々さん扮する杉下希美の父・杉下晋が、急に残りの人生を自分のために生きると豪語し、家族を捨てて愛人との生活に生きましたよね。

Nのために

Nのために

しかも、家から家族を追い出し、身も心も傷つけたその様は、多くの視聴者が反感を持たれたそうで、とても衝撃的な話として、今もなお、筆者の記憶に残っています。

今回のドラマ『荒地の恋』での北沢のケースは、家からも追い出したわけではなく、北沢自身が明子と共に家を出て新たな人生へと旅立つわけですが、いずれにしても自分勝手でひどい話であることに違いありません。

ただ、人生の終わりを考えた時、人は、最後にやり残すことをなくすために、時に暴走してしまうのかもしれません。

このドラマでは、そんな人間のリアルな姿が映しだされているそうなので、気になる方はぜひ本放送をご覧下さいね。

 

『荒地の恋』のキャスト相関図!原作モデルは?

荒地の恋

荒地の恋

2016年1月9日から放送される連続ドラマW『荒地の恋』のキャストや相関図、原作モデルなども、気になる方はきっと多いと思います。

そこで、早速ながら『荒地の恋』のキャスト相関図や、原作モデルをご紹介していきます。

まずは、キャストからみていきましょう。

『荒地の恋』のキャストは、以下の面々です。

・荒地の恋キャスト一覧
北沢太郎:豊川悦司
北沢治子:富田靖子
北沢優有子:川島海荷
北沢尚:千阪健介

三田村貴一:松重豊
三田村明子:鈴木京香
本庄梢:前田亜季

有川信夫:田口トモロヲ

田所秀夫:郭智博
田所みち代:橋本美和

橋本阿子:村川絵梨
片山孝蔵:斎藤歩
日吉豊一郎:春海四方
最上ふみ:リリィ
加山匡夫:山田裕貴
片桐雅夫:PANTA

以上が、ドラマ『荒地の恋』のキャストとなっています。

メインキャストは、北沢太郎を中心に、妻・治子と娘・優有子、三田村貴一・明子ですが、北沢家には、もう一人の子供がキャストとして用意されていたり、北沢家の友人夫婦が登場したりと、その世界観に広がりを見せるようなキャストが起用されています。

また、三田村貴一にも恋人がいたり、何かと複雑な人間模様もあるみたいで、『荒地の恋』の奥深さを更に演出しているように感じさせてくれます。

昼ドラのようなドロドロ感は無いかもしれませんが、また違った意味で、複雑な人間模様をリアルに描いていると思いますので、『荒地の恋』に一見の価値はあると思いますよ。

さて、キャストの相関図に関してもここで触れておきます。

簡単な相関図がこちらになります。

荒地の恋

荒地の恋

『荒地の恋』のキャスト相関図

あくまで簡単なキャスト相関図で、わかりづらい部分もあるかもしれませんが、人物の説明を観てもらえばわかるように、いずれも北沢家・三田村家に関わる面々ばかりです。

相関図を見て改めて分かりましたが、北沢太郎には亡くなった元妻の存在があったらしく、その元妻にそっくりな「橋本阿子」と恋人関係だったり、明子との恋愛劇だけでなく、実に複雑な人間模様が幾重にも絡みまくっているように思われます。

この幾重にも絡んだ禁断の愛が、どのような結末をもたらすのか、非常に楽しみになりますね。

最後に、気になる『荒地の恋』原作モデルに関してですが、かつて朝日新聞社に勤務されていた方で、原作者である、ねじめ正一さんの先輩でもある、詩人・北村太郎さんがモデルと言われています。

また、三田村貴一のモデルは田村隆一さんらしく、雑誌『荒地』の創刊も事実ですし、今回の『荒地の恋』の原作ともなった同タイトルの小説は、実話を元に描かれているようです。

実際に起こった話が、何処までデフォルメされてドラマ化されているのか。

もしくは一部名前だけ変更したノンフィクションに近い作品として描かれているのか。

いろんな意味で、『荒地の恋』のその世界観を楽しまさせていただきたいものですね。

 

まとめ

俳優:豊川悦司さんと、直木賞作家である、ねじめ正一さんが強力タッグを組みストーリー展開される連続ドラマW『荒地の恋』が、2016年1月9日22時00分から、WOWOWプライムにて放送されます。

この『荒地の恋』というドラマは、戦前・戦後を生きた詩人・北村太郎さんをモデルに描かれたドラマとなっていて、友人の妻との禁断の愛の為に、家庭も仕事も捨てて、53歳の男性が残りの人生を歩んでいきます。

そして、取り残された面々を含め、まさに荒地となった人生や、禁断の愛を貫いた二人の人生をどのようにリアルに描いていくのか。

『荒地の恋』は、非常に奥深い人間のリアルが観られるドラマだと思えるだけに、いろんな意味で、その世界観を楽しみたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ