星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

恵方巻

ファミリーマートの恵方巻き2017!具材や価格・予約方法をチェック

更新日:

ここ最近で、いつの間にか節分のイベントと同じくらいに定着した恵方巻き。

節分で豆を食べるより、恵方巻きを食べるという人も、増えているのではないでしょうか。

その恵方巻き文化をいち早くコンビニ業界で取り入れたのが、ファミリーマートと言われています。

ただ、関西地方など元から恵方巻きの習慣が根付いていた地域のみで販売していて、皮肉にも恵方巻きを全国へ広めたのは、ライバルであるセブンイレブンでした。

では、コンビニ恵方巻きの先駆けとも言えるファミリーマートの2017年は、どのような恵方巻きのラインナップを取り揃えてきたのでしょうか。

ファミリーマートの恵方巻きについて、当記事で紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファミリーマートの恵方巻き2017!

ファミリーマートといえば、冒頭でもお話したとおり、恵方巻きを初めてコンビニで販売した企業です。

そんなファミリーマートが販売する2017年の恵方巻きを確認していきましょう。

ファミリーマートの恵方巻き2017『恵方巻』

ファミリーマートの提供する『恵方巻』は、一番スタンダードな恵方巻きで、節分の定番商品。

まさに『THE・恵方巻き』といった一品です。

七福神にちなんだ、縁起に良いと言われる7種類の具材が、食べた人に2017年の福を呼んでくれそうです!

この『恵方巻』の具材はというと…

・玉子焼

・おぼろ

・椎茸煮

・かんぴょう煮

・きゅうり

・高野豆腐

・穴子

の7種類が入っています。

『恵方巻』は、1本入りが

税込み420円

となっており、3本入りは

税込み1,170円

2016年と比べると、なんと約30円の値上げになっているようです。

う~ん、なぜここまで高くなったのでしょうか?

どうしても割高に感じてしまいます。

ちなみに、

3本入りは1本を3つ買うよりも90円お得です。

さらに、

2017年1月17日(火)午前9時までに予約した場合は、早期予約特典として、さらに50円値引き

されるそうです。

ファミリーマートの恵方巻き2017『海鮮恵方巻』

恵方巻き

『海鮮恵方巻』は、7種類の具材を使っており、海の幸を風味豊かに楽しめます。

キハダとメバチの2種類のマグロをつかったたたき…

脂の乗っているサーモン…

そして生きのいいとびっこなど…

これでもかというほど海鮮具材がたっぷり詰まっています!

具体的にファミリーマートの『海鮮恵方巻』の具材は…

・とびっこ

・いか

・海老

・玉子焼

・サーモン

・きゅうり

・まぐろたたき身

となっています。

『海鮮恵方巻』の価格は、1本入りが

税込み420円

3本入りが

税込み1,170円

『海鮮恵方巻』も値上げです…。

こちらも、『恵方巻』と同様に早期予約特典として、

2017年1月17日(火)午前9時までに予約した場合はさらに50円値引きされる

割引サービスがあります。

ファミリーマートの恵方巻き2017『サラダ恵方巻』

海鮮具材をマヨネーズで仕立て、さっぱりとしたサラダ仕立ての『サラダ恵方巻』。

2016年のファミリーマートには存在しなかった種類の恵方巻きです。

昨今はヘルシー志向が高まっています。

『サラダ恵方巻』は、子供や女性でも手軽に食べられる恵方巻きとして人気の商品となるでしょう。

この『サラダ恵方巻』の具材はというと…

・玉子焼

・きゅうり

・海老

・カニカマ

・とびっこ入りマヨネーズ

・からしマヨ

となっています。

『サラダ恵方巻』の価格は、

税込み350円

と比較的リーズナブルです。

ただ、1つだけ残念なことに、この『サラダ恵方巻』、

沖縄県では取り扱っていないそうです。

ファミリーマートの恵方巻き2017『国産牛炭火焼肉恵方巻』

ファミリーマートの『国産牛炭火焼肉恵方巻』は、その名の通り、国産牛肉を使った恵方巻きです。

2017年は、牛肉の炭火焼きに進化しています!

国産牛肉だけでなく、さらにナムル、韓国海苔で仕立て上げられており、食べごたえ十分な一品となりました。

ただ、温めないと焼肉が微妙な味になりそうなので、ぜひ温めて食べたいところ。

具体的な具材はというと…

・牛焼肉

・小松菜

・もやし

・にんじん

・大根

となっています。

ファミリーマートの『国産牛炭火焼肉恵方巻』は1本入りのみの販売で、価格は

税込み540円

『国産牛炭火焼肉恵方巻』も40円値上がりしていますね。

これまでは500円ならば…という価格だったと思うのですが、これが540円となると、手を出しにくくなってしまったような気がします。

ファミリーマートの恵方巻き2017『ファミマプレミアム海鮮恵方巻』

『ファミマプレミアム 海鮮恵方巻』は、

"ファミマプレミアム"

というだけあり、先ほど紹介した『海鮮恵方巻』とは、具材が異なります。

キハダとメバチだったまぐろも、メバチが本まぐろの変わっているのです。

この他にも多くの具材にこだわっており、中身は…

・甘海老

・三陸産いくら

・本ズワイガニ身煮

・玉子焼

・キングサーモン

・まぐろたたき身

・きゅうり

となっています。

確かに、本ズワイガニに三陸産の上質な鮭から取れるいくら、キングサーモンなど豪華な海鮮具材になっています。

この『ファミマプレミアム 海鮮恵方巻』の価格は、1本

税込み700円

不思議なことに、他の恵方巻きは軒並み値上がりしているのですが、『ファミマプレミアム 海鮮恵方巻』だけは値上がりしていません。

その他のラインナップが値上がりしているところを見ると、『ファミマプレミアム 海鮮恵方巻』が少しお得に感じてしまうかも。

とはいえ、1本700円ですから、高価であることには変わりありません。

お財布と相談して、購入を検討してみてくださいね。

以上が、ファミリーマートの2017年の恵方巻きです。

ほとんどの商品が、40円ほどの値上がりをしており、筆者の感想を正直に言ってしまうと、

「これなら他の店舗のコンビニがいいな…」

と思えてしまいます。

値上がりした分、何か特別に変わったというのであれば、多少は納得できるところですが…。

40円の値上がり部分が何を意味しているのか…。

それだけに、ファミリーマートの2017年の恵方巻きは、価格設定で大幅な値上げがあったことだけが、とても残念ですね…。

 

ファミリーマートの恵方巻き2017の予約方法と期間!

それでは、次にファミリーマートの恵方巻きの予約の締め切りなどについてまとめてみます。

ファミリーマートの恵方巻きの予約は、

店頭のみの受付

となっています。

つまり、ファミリーマートは、

恵方巻きのネット予約はない

ということですね。

  1. 恵方巻きの『予約承り票』に必要事項を記入
  2. 『予約承り票』をファミリマート店舗のレジへ持っていく
  3. 『予約控えの紙』を受け取る
  4. 受取日に『予約控えの紙』と注文した恵方巻きを交換

という流れになっています。

恵方巻きの受取日は、

2017年1月30日(月)~2月3日(金)

の期間です。

そして、予約の締切日は、

2017年1月28日(土)午前9時まで

となっています。

ここで注意点が1つ

1月30日~31日の受け取りにしている場合は、予約の締め切りが

2017年1月26日(木)午前9時まで

なので、早めに受け取る場合は、忘れないようにしましょう!

 

まとめ

コンビニ恵方巻きの先駆けとも言えるファミリーマートの恵方巻き。

2017年のファミリーマートの恵方巻きは、正直なところ、筆者としてはあまりおすすめできません。

2016年までであれば、価格も手ごろなのでとても嬉しいラインナップだと思っていたのですが、2017年は、大半の恵方巻きが値上がりしました!

40円もの値上がりになっているため、ちょっと割高に感じてしまいます。

さらに、ネット予約もありませんし、かなり不便…。

ライバルであるセブンイレブンに優位に立たれてしまったと思わされる、2017年のファミリーマートの恵方巻きでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-恵方巻

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.