星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

恵方巻

スシローとほっともっとの恵方巻き2017!具材・価格・予約方法!

更新日:

もうすぐ節分。

季節の始まりを迎える立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指す節分ですが、一般的には『2月のイベント』という認識が強いと思います。

そして、この節分と言えば、『豆まき』や『恵方巻き』ですよね。

これまで当ブログでは、コンビニの恵方巻きについて、いくつも紹介してきました。

しかし、恵方巻きを販売しているのは、コンビニのみならず、回転寿司チェーンの『スシロー』や、持ち帰り弁当チェーンの『ほっともっと』も販売しているのです。

そこで当記事では、『スシロー』と、『ほっともっと』の2017年の恵方巻きについて、まとめてみます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『ほっともっと』の恵方巻き2017

持ち帰り弁当で有名な『ほっともっと』。

恵方巻きを発売しているというのは、意外と感じた方も多いのではないでしょうか?

これまでも『ほっともっと』は、恵方巻きの発売を行っていたそうですが、この事実を知らなかった筆者としては、まさに驚きでしたね。

さて、この『ほっともっと』から2017年に発売される恵方巻きは、2種類となっています。

『ほっともっと』の恵方巻き2017『のり弁巻』

『ほっともっと』の『のり弁巻』は、『ほっともっと』の定番商品である『のり弁当』をそのまま恵方巻きにしたものです。

『のり弁巻』の具材は発表されていませんでしたが、2016年と同様であるならば、

・白身フライ

・ちくわ天

・キンピラ

・かつおたくあん

・おかか昆布

だと思われます。

弁当屋の恵方巻きというだけあり、具材もとても個性的ですよね。

『ほっともっと』の『のり弁巻』の価格は、

税込み400円

ハーフサイズの『のり弁巻』も存在しており、ハーフサイズでの価格は、

税込み220円

です。

『ほっともっと』の恵方巻き2017『から揚巻』

『から揚巻』は、『から揚弁当』を恵方巻きにしたものとなっているようです。

具材は…

・から揚

・だし巻玉子

・桜でんぶ

・小松菜

・油揚げ

となっています。

こちらも他の恵方巻きにはない具材で、とってもオリジナリティがありますよね。

この『ほっともっと』の『から揚巻』の価格は、

税込み500円

こちらもハーフサイズが存在し、ハーフサイズは、

税込み280円

以上が、『ほっともっと』の恵方巻きのラインナップとなっています。

どれも数量限定となっているので、予約時期には気をつけましょう!

 

『ほっともっと』の恵方巻き2017の予約方法は?

それでは、『ほっともっと』の恵方巻きは、どのように予約していくのでしょうか?

基本的には、

2017年2月1日~2月3日の間に、『ほっともっと』店頭で販売される

ことになっています。

もちろん恵方巻きの予約も可能で、『ほっともっと』店頭で予約するか、またはネットで予約をするという方法があります。

ネット予約の場合は、こちらから必要事項を入力することで、恵方巻きの予約が完了できます。

簡単なので、ネット予約のほうが手間もかからず、楽に予約ができると思いますよ。

数量限定での販売なので、予約の締め切りは、店舗によって異なるのだそうです。

予約する場合は、早め早めを心がけましょう!

 

『スシロー』の恵方巻き2017

それでは、次に回転寿司チェーンの『スシロー』の恵方巻きについて紹介します。

2017年の『スシロー』の恵方巻きは、なんと3種類!

あの『キンパ太巻』が待望の復活です。

『スシロー』の恵方巻き2017『特上海鮮太巻』

『スシロー』の『特上海鮮太巻』は、海鮮具材をふんだんに盛り込んだ恵方巻きとなっていて、ボリュームたっぷり。

『スシロー』曰く、

「一番贅沢」

とのこと。

『スシロー』の『特上海鮮太巻』の具材は…

・上穴子

・いくら

・生サーモン

・みなみ鮪赤身

・活〆大えび

・ねぎまぐろ

・玉子

・きゅうり

・えびおぼろ

・中具(しいたけ・かんぴょうの甘煮)

となっています。

この『スシロー』の『特上海鮮太巻』は、ハーフサイズで

税抜き550円

となっています。

一番贅沢な恵方巻きというだけあって、若干高い価格設定みたいです。

『スシロー』の恵方巻き2017『上太巻』

『スシロー』の『上太巻』は、7種類の具材を使った、いわば定番中の定番な恵方巻きです。

『上太巻』の具材はというと…

・うなぎ

・えび

・玉子

・高野豆腐

・かんぴょう

・きゅうり

・えびおぼろ

となっています。

『スシロー』の『上太巻』は、1本で

税抜き350円

『スシロー』の恵方巻き2017『キンパ太巻』

『スシロー』の『キンパ太巻』は、ごま油の風味が絶妙な『スシロー』オリジナルの太巻となっています。

2016年は販売されなかったのですが、どうやら、2017年は復活したようです。

『キンパ太巻』ファンにとっては、嬉しい話ですよね。

この『スシロー』の『キンパ太巻』の価格は、

税抜きで350円

となっています。

『スシロー』の恵方巻き2017『小巻セット』

『スシロー』の『小巻セット』は、子供でも食べられるように小さなセットとなった一品。

ねぎまぐろ巻と牛塩レタスマヨ巻、ツナレタスサラダ巻の3種類

が入っています。

子供でなくても、食べたくなるような内容ですね。

『スシロー』の『小巻セット』の価格は、こちらも

税抜きで350円

以上が、『スシロー』の恵方巻きとなっています。

回転寿司チェーンの『スシロー』ならではの出来が期待できるので、海鮮色の強い本格的な恵方巻きが食べたいという時は、『スシロー』の恵方巻きがおすすめです。

 

『スシロー』の恵方巻き2017の予約方法は?

続いては、『スシロー』の恵方巻きの予約方法を紹介します。

『スシロー』の恵方巻きには、ネット予約は存在しません。

直接店舗へ出向いて予約するか、店舗へ電話をして予約する

こととなります。

『スシロー』も、とくに予約に期限はないようで、2017年2月3日の節分当日でも購入できるみたいですね。

しかし、

当日はかなり混雑しますし、2種類とも数量限定なので、店舗によっては在庫がなくなり次第終了

ということになってしまいます。

こちらも早め早めの予約を心がけることにしましょう。

恵方巻きの受取日は、

2017年2月1日(水)~2月3日(金)

となっています。

忘れずに受け取ってくださいね。

ただし、

2月1日(水)と2月2日(木)の2日間は、事前予約分のみしか対応していません。

これも忘れないようにしましょう。

 

まとめ

大手回転寿司チェーンの『スシロー』と、持ち帰り弁当チェーンの『ほっともっと』の2017年の恵方巻きについて紹介しました。

『ほっともっと』は、弁当チェーンならではの個性的な具材を使用した恵方巻き、『スシロー』は、回転寿司チェーンらしい本格的な海鮮恵方巻き…

そんなラインナップとなっています。

どちらも予約に明確な締め切りはないものの、数量限定商品。

それだけに恵方巻きの在庫がなくなり次第終了になることが予想されます。

『スシロー』や『ほっともっと』の恵方巻きに興味がある方は、早めに予約しておきましょう。

『ほっともっと』は、便利なネット予約があるので、ネット予約がおすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-恵方巻

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.