星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

KARA解散の真相とメンバーの現在!破綻の理由原因は脱退と不仲?

更新日

K-POPの代表として、東方神起、少女時代と共に、多くのファンから愛されてきたアイドルグループKARA。

しかし、いろんな事情を抱えていたようです。

2008年2月にはソンヒさんが、その後、ジヨンさん、ハラさんの2名が加入するも、2014年、ニコルさんとジヨンさんがKARAから抜けました。

最終的には、途中から加入したホ・ヨンジさんのみとなり、KARAが事実上の解散へ…。

そして、KARA解散の裏には、メンバー不仲説などの理由・原因も噂としてささやかれているみたいです。

一体なぜKARAに何が起こったと言うのでしょうか。

そこで、本記事で、KARAの事実上の解散の理由・背景、各メンバーの現在を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

K-POPを支えたKARAの事実上の解散

KARA

KARA

ペ・ヨンジュンさん、チェ・ジウさんが主演の韓流ドラマ『冬のソナタ』をきっかけに日本でも一気に広がった韓流ブーム。

この韓流ブームは、何もドラマだけの話ではありません。

音楽でもK-POPとして、多くのアイドルグループが日本に進出して、多くの女性ファン・男性ファンを虜にしていきました。

その火付け役としても多大な人気を誇っていた、女性アイドルグループの一つがKARAです。

現在もKARAは、活動していますが、かなり紆余曲折している印象も見受けられます。

一時期の大活躍を見ると、その人気が凋落したと言って良いのかもしれません。

実際に、冒頭にもお話したとおり、初期メンバーだったソンヒさんが、2008年8月に事務所との個人的な摩擦によって脱退。

その後も、同じく初期メンバーの

ニコルさんが2014年1月に脱退。

そして、ソンヒさんの代わりとして2008年7月に正式にKARAに加入し、デビューした

ジヨンさんも2014年4月に脱退。

ここに新たにヨンジさんが加入しましたが、2016年になり、他のメンバー

ギュリさん

スンヨンさん

ハラさん

が所属事務所と契約更新せずに、今後個人で活動していく話に…。

2014年7月からKARAに加入したばかりのヨンジさんが、ただ一人取り残されてしまう

という最悪の状況のKARAに一体何が起こったのでしょうか?

それにしても、韓流アイドルたちは、所属事務所との揉め事も絶えないみたいですね。

実際に『東方神起』も所属事務所との軋轢によって、解散説が流れ、三人も脱退したことで、残った2名だけで活動しています。

JEWELRYに至っては、2015年1月7日に解散となっています。

JEWELRYの具体的な解散理由までは、はっきりしていません。

ただ少なくとも当時所属していたスター帝国から、メンバーが次々と脱退していったことが、大きく影響していることだけは事実です。

やはり何かしら事務所ともめていたのだと思われます。

KARAのケースも以前から解散説などが囁かれていましたし、事務所との軋轢があるのでは?という噂もあったわけです。

でも、三人が一気に抜けることは穏やかではない話ですよね。

残念ながら、KARAは事実上の解散になってしまいましたが、それでもグループの名前だけは残っています。

ヨンジさんは、現在もKARAのメンバーとして活動しているのです。

いろんな事情が解決し、再び集結するような事があれば、KARA再結成というかたちも見られるかもしれません。

ただ、色んな事情を抱えての事実上の解散なので、再結成は皆無と見ていいのかもしれませんね。

 

KARA解散の噂の原因・理由は事務所との軋轢?

DSP

紆余曲折し、メンバーも何度か入れ替わりながら、なんとか9年近く続けてきた韓国の女性アイドルグループ・KARA。

韓国の芸能事務所

DSPメディア

に対して、メンバーのスンヨンさん、ギュリさん、ハラさんが、契約更新をしないため、KARA解散…。

そんな衝撃的な噂が日本国内のネットニュースでも流れ、しかもただの噂ではなく、ほぼ間違いない話とも言われているそうです。

KARAファンにとっては、かなり深刻で心配な事態に事が運んでしまいました。

それにしても、メンバー脱退どころか解散という最悪な事態にKARAが陥ってしまうなんて、信じられない話ですよね。

KARAファンにとってみれば、嘘であって欲しいと願いたくなるような話です。

 

そこで、いろいろ調べてみたところ、KARA解散について、その理由・原因として考えられるいくつかの話が浮上してきました。

これはあくまで、いろいろKARA解散についての情報を調べていく中、推測の話に過ぎないことを前提とします。

そのいくつかのKARA解散の理由・原因を紹介しましょう。

KARA解散の原因1 方向性の違い

具体的に、

『方向性が違う』

という話があったわけではないのですが、

アイドルグループのメンバーが脱退して、個人で女優やモデルとして活動していきたい

と言う話は良く聞かれる話です。

実際に、知英(ジヨン)さんは、

  • 留学すること
  • 演技者への道へ進むこと

この2つの夢を叶えるために、その時の契約満了を機に更新せず、所属事務所を辞めて、KARAを脱退しています。

ジヨン

ジヨン

なお、ジヨンさんは、2014年8月から、女優・桐谷美玲さんや黒木メイサさんが所属する、

日本の芸能事務所『スウィートパワー』に所属

し、『知英』名義で女優として活躍する他、『JY』名義では歌手としても活動しています。

また2016年1月に、堀北真希さん主演ドラマ『ヒガンバナ』に出演していました。

歌手としても、月9ドラマ『好きな人がいること』、木10ドラマ『人は見た目が100%』の主題歌を歌っていました。

それで彼女の活躍を知っている人も多いでしょう。

話を本題に戻しますが、正直なところ、他のメンバーたちも知英さん同様の理由で脱退していったのか、その真相ははっきりしていません。

現在、それぞれがソロ活動しているみたいですし、多少なりとも方向性の違いはあったのかもしれませんね。

KARA解散の原因2 金銭トラブルや軋轢

これはある関係筋の話ですが、韓国の芸能事務所では、芸能人が得られる金銭は、シビアな一面を持っているらしいです。

KARAのメンバーたちも、あまりギャラをもらえていないのでは?という話もチラホラ聞かれます。

日本の吉本興業でも芸人が1割で、残りの9割を会社が持っていく、とんでもない話があります。

KARAのこの話が本当かどうか分かりません。

とはいえ、もしこのようなことを所属事務所がしていたとするなら、その事に苦悩するメンバーたちが、KARAを脱退するのも頷けます。

KARA解散の原因3 メンバーの不仲

正直、KARAのメンバーが不仲であったということは、KARAの場合は考えにくい話です。

そもそもKARA結成から約9年間、少なくとも筆者は、メンバー間で軋轢があった話を一度も聞いたことがありません。

いくら仕事上で笑顔を振りまき、不仲をごまかしていたとしても、9年もあれば、何かしらの不仲説は流れ、

信ぴょう性の高い目撃証言など

も情報サイトで出回っているはずです。

しかし、KARAにおいては、そんな話は調べてみても出てきませんでした。

それどころかニコルさん・ジヨンさんが脱退した時も、精神的にサポートしあって、仲良くしていた話が伺えるほどなのです。

どう考えてもKARAメンバーの不仲という話はないと思います。

それでも、一部のサイトでは、KARAの中で不協和音が響き、それが原因で解散になったのでは?と勘ぐっている人がいます。

可能性としては、かなり低いと思いますが、とりあえず考えられる解散の理由の一つとして挙げておきます。

 

まだ他にもKARA解散危機と思われる理由・原因は、いくつか挙げられると思いますが、ここまででやめておきます。

いずれにしてもKARAと所属事務所の間に、多少の軋轢があったこと以外は、解散の理由・原因としては、ないみたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

KARAとメンバーの現在の動向は?

既にみなさんも知っている通り、ギュリさん・スンヨンさん・ハラさんの3名が所属事務所との契約を更新しなかったために、

ホ・ヨンジさんだけが残り、KARAは事実上の解散

となってしまいました。

やはり、方向性の違いや、事務所内でのトラブルなど、様々な要因を抱えていたKARAが解散回避とはいかなかったようです。

なお、ホ・ヨンジさんはKARAのメンバーとして、まだ活動はしているみたいです。

なので、メンバーを増やせば、新しい形のKARAが誕生することも可能だとは思うのですが、さすがにそれは難しいみたいですね。

まぁ元メンバーの再集結の可能性も含めて、KARA復活劇へのハードルはかなり高く、厳しいものはあると思います。

一応、可能性としてはゼロではないでしょうし、気長にその日が来ることを待ちたいと思う次第です。

 

さて、ヨンジさん以外の元KARAのメンバーの現在についても、ここで触れておきましょう。

知英さんについては、先程お話したとおりなので、ここでは割愛しておきます。

KARA元メンバー ギュリの現在

ハラさん・スンヨンさん同様、2016年1月15日にDSPメディアとの専属契約を終了させたギュリさん。

しばらくは、ドラマ・映画出演のために個人事務所を設立して、なんとかやりくりする状況が続いていたようです。

とは言っても、個人事務所は仮のものです。

本人としては新たな事務所に入りたいと考えていたらしく、しばらくは受け入れ先の所属事務所を探していたようです。

そんな中、2016年7月。

韓国の芸能事務所『モーションメディア』に所属することが決まり、現在は韓国で女優として活動しているようです。

活動の拠点は異なりますが、知英さんと同じような活動をしているとも言えるでしょう。

母国である韓国を拠点にしているわけですし、そこでは彼女のファンも多いと思います。

女優として第二の芸能活動を成功させてほしいですね。

KARA元メンバー スンヨンの現在

2016年1月15日、DSPメディアとの専属契約が終了したスンヨンさん。

彼女は、『J,wide-company』と専属契約を締結し、ソロ歌手として活動再開しています。

既に、オフィシャルファンクラブや公式サイトも設立済みです。

2017年1月にはオリジナルミニアルバム『宇宙』がリリースされ、日韓またにかけて活動しているようです。

2016年には神戸・東京でライブも行われていたみたいですし、今後も、ソロ歌手として精力的に活動していくと思います。

KARA元メンバー ニコルの現在

スンヨンさん、ギュリさん、ハラさんより一足先にDSPメディアとの専属契約を終了させ、KARAを脱退したニコルさん。

その後、アメリカに渡り、ダンス・ヴォーカルのレッスンに明け暮れていました。

2014年10月、B2Mエンターテイメントと専属契約を締結…。

スンヨンさん同様、日韓またにかけて歌手として活動しているみたいですね。

ただし、日本でのソロデビューアルバム『bliss』の初動売上がかなり厳しい結果だったとか。

さすがにKARAの時のように簡単にブレイクできる状況とは言えず、ソロ歌手として成功していくには、まだまだ苦難の道のりが続きそうですね。

とはいえ、まだこれからですから、長い目で見てあげたいものです。

KARA元メンバー ハラの現在

ギュリさん、スンヨンさんとともに、2016年1月15日、DSPメディアとの専属契約を終了させたハラさん。

その後、韓国の芸能事務所『キーイースト』と契約を締結させると、女優としての活動を開始させます。

メインは韓国ですが、日本でも活動するようになり、

ロハス製薬株式会社の商品『オルフェス アクアモイスチャー シートマスク』のTVCMにも出演

し、話題となっています。

一方で、日本での活動に苦戦するニコルさん同様、心配の声も挙がっているようです。

確かに、KARAという大きな看板を下ろしているわけですから、これまでのようにブレイクしていかないと思います。

まぁ、ここからが本当の力の見せ所です。

ぜひとも日韓両国で、多くのファンから愛される女優として活躍していってほしいものですね。

 

以上が、KARAの元メンバーの現在の動向です。

正直、日本を拠点として活動しているのは、知英さんだけで、他のメンバーたちはどうしても知英さんと比較して目立ちづらい印象を受けます。

でもこれからの活動によっては、多くのファンから愛され、大ブレイクしていくことも可能なはずです。

ぜひ、彼女たちが、それぞれの道で大きく飛躍してくれることを期待したいものですね。

 

まとめ

元メンバーの、ギュリさん・スンヨンさん・ハラさんの3名が、2016年1月で契約満了により、所属事務所を去ったことで、

事実上の解散

となった韓国の女性アイドルグループのKARA。

現在も名義だけは残っていて、ヨンジさん一人が活動を続けています。

しかし事務所との軋轢や方向性の違いなど、いろいろ事情を抱えた中での事実上の解散です。

おそらくKARAが再結成することは、ほぼ皆無に近いでしょう。

ただ、それぞれの道で活躍し、需要がさらに高まれば、期間限定の再結成という可能性もゼロではないと思います。

ジヨンさんをはじめ、それぞれのメンバーが、日韓で女優・歌手として活躍していくことはもちろん、いつの日か再結成して欲しいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人