星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

大橋未歩と元旦那の離婚の理由原因と現在の夫のプロフィール考察

更新日:


そうなれば大橋未歩アナがアナウンサーとして現場復帰できていたかどうかも分かりません。

しかし現実には、旦那さんが献身的に妻である大橋未歩アナを支えていたことは、紛れもない事実です。

少なくとも『離婚したい』と思うほど不仲だったというわけではなさそうです。

 

では一体、大橋未歩アナと旦那さんに何が起こり、離婚となったのでしょうか?

いろいろ調べてみても、正直その理由・原因は、はっきりしませんでしたが、一つの推測として、2015年に旦那である城石憲之さんが、

日ハムの二軍打撃コーチに就任

したことが、大きく影響しているのではないかと考えられます。

城石憲之

城石憲之

大橋未歩アナは、テレビ東京のアナウンサーとして仕事をしながら、東京を基盤に生活しています。

まだ脳梗塞から復帰して、1年も経っていないうちに、旦那さんが2軍の本拠地である千葉県鎌ヶ谷、もしくは北海道に行ってしまうわけです。

大橋未歩さんにとっては、相当に寂しかったのではないでしょうか?

もちろん仕事がないときは、旦那さんも自宅に帰ってくるでしょう。

しかし、お互いに仕事にうちこめば、どうしても生活にすれ違いも起こってしまいます。

だからといって大橋未歩アナは、テレビ東京でも人気の看板アナですし、簡単にアナウンサーとしての仕事を辞められない…。

そういった複雑な状況が、大橋未歩アナと旦那さんの二人を離婚に追いやってしまった最大の理由・原因かもしれないと考えています。

 

脳梗塞に罹った大橋未歩アナを献身的に介護してくれた旦那さんと破局し、その後1年経たないうちに次の夫となる男性と結婚したわけです。

ですから、大橋未歩アナに対する世間のイメージは、かなり悪くなってしまったと思います。

ただ、本来なら離婚すらありえない状況ながらも、大橋未歩アナの脳梗塞という大きなアクシデントがありました。

そしてその後に旦那さんが多忙となった。

大橋未歩アナにとって、旦那さんと別居せざるを得なくなった事実。

それが耐えられない深刻な事実となってしまったのかもしれません…。

もちろん、この一件には賛否が大きく分かれるとは思います。

いろんな立場の状況を考えた時、そこまで厳しく大橋未歩アナを非難はできないと筆者は感じ、非難は控えてあげたいと思う次第です。

 

大橋未歩の現在の夫のプロフィール

大橋未歩アナが、2016年1月4日に、新しい夫と結婚。

元旦那さんと離婚後にスピード結婚したことで、何かと話題になっているようです。

いくらすれ違いが生じていたといっても、そんなに次の結婚相手がポンポン見つかる程、世の中そんな簡単なことはないでしょう。

では、大橋未歩アナはどうやってスピード再婚できたのか。

そもそも、

『結婚相手(夫)は一体誰なのか?』

と、大橋未歩さんの新しい夫を気にしている人が続出したようです。

そこで大橋未歩アナの新しい夫のことを調べてみたのですが、全くと言っていいほど、情報が見つかりません。

どうやら、周囲が情報を漏らさなかったらしく、万全の協力体制の下、大橋未歩アナは結婚できたというのです。

そんなに口の固い職場に勤めている人なのかと思い、さらに調べてみると、大橋未歩アナの新しい夫は、

テレビ東京の社員

であることが判明。なるほど。

社内恋愛ならイメージ的なことも踏まえて、社内で情報統制する話も分かりますし、一部、ネットで大橋未歩アナの

浮気説

が流れていることも分かる気がします。

大橋未歩アナは、脳梗塞から復帰後、2015年4月には、朝の情報番組に出演していたこともあります。

元旦那さんの城石憲之さんとのすれ違いが高まっていたので、寂しさや、不安がのしかかっていた状況だったのかもしれません。

脳梗塞からも復帰し、朝の情報番組に出演中の大橋未歩アナ

脳梗塞からも復帰し、朝の情報番組に出演中の大橋未歩アナ

もちろん不貞していたとしていたら、それはいけないことでしょう。

そのことが事実かどうかは別にしても、離婚直後、大橋未歩アナは寂しさを募らせていて、同じ社内に務める男性に恋い焦がれていったことは、容易に想像できます。

大橋未歩アナにしてみれば、常にそばに居てくれそうな素敵な男性を求めていたのかも。

そんな人が偶然にも同じ職場にいたことから恋に発展して、スピード結婚が実現したのではないかと思います。

もちろんこの話には確証はなく、想像の域を脱することができません。

いずれにしても大橋未歩アナが再び結婚したことだけは事実です。


次のページへ >

-アナウンサー

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.