星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

ひぐらしのなく頃にの実写ドラマキャストと評判が悪い理由!

更新日

竜騎士07氏が脚本・監督を担当した同人サークル『07th Expansion』によるゲーム『ひぐらしのなく頃に』。

コンシューマゲーム化、アニメ化、コミカライズと、さまざまなメディアミックス展開も行われたりと、人気絶頂期の盛り上がりは、物凄い勢いだったことを覚えています。

一度、実写映画化されたこともありましたね。

まぁ、こういったジャンルの実写化がどうだったかという結果については、あえて言うまでもないので、省略しますが…。

そんな『ひぐらしのなく頃に』が、なんと、実写ドラマ化されるのだそうです。

実写映画を知っている方にとっては、嫌な予感しかしない今回の実写ドラマ化…

そこで、まだまだ未定な部分は多いものの、現在わかっている情報について、当記事でまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『ひぐらしのなく頃に』とは?

ひぐらしのなく頃に

皆さんは、『ひぐらしのなく頃に』という作品をご存知でしょうか?

筆者は、内容が苦手なジャンルなため、とくに手をつけていないのですが、アニメ化もされ、有名だったため、名前などは知っています。

『ひぐらしのなく頃に』は、元は同人サークルによるゲームであり、昭和50年代の架空の集落・雛見沢村を舞台として、ストーリー展開されるミステリー作品です。

謎の連続怪●事件など、作品の内容的にひどい表現などが多いため、コンシューマゲーム化された際には、CEROがD指定だったほどです。

しかしながら、前半のコメディ部分、そして後半の暗く重いストーリー内容という落差が魅力であり、こういった部分に惹かれる方が多かったのだと思います。

また、『ひぐらしのなく頃に』は、ストーリーを読むという楽しみだけでなく、作中に登場する謎や、明記されていない部分について、ユーザーが推理や考察するという楽しみ方もあり、ユーザー同士の盛んな交流も人気になった理由のひとつと言えるかもしれませんね。

『ひぐらしのなく頃に』各編は基本的にパラレルであり、時空を超え、真のエンディングに辿りつこうとする、という流れとなります。

そうなると、当然ストーリーは複雑に入り組んでおり、完全なる理解というのは難しそうですね…。

これらのことから、筆者的には、『ひぐらしのなく頃に』は、恋愛アドベンチャーゲームのブランドである、『key』の作品に通じるものがあると感じました。

いずれにしても、ストーリー内容も濃く、複雑なため、ずっぷりと重厚なストーリーを楽しみたいという方には、おすすめのゲームですね。

 

『ひぐらしのなく頃に』が実写ドラマ化!

ひぐらしのなく頃に2

先ほど紹介した『ひぐらしのなく頃に』が、なんと実写ドラマ化されることとなりました。

元々何編にも分かれており、ただでさえ複雑でドラマにするのは、至難の業だというのに、『ひぐらしのなく頃に』の場合は、さらに表現的にも再現が難しいものとなっています。

そんな作品を、本当に実写ドラマ化することが可能なのでしょうか?

筆者的には、『ひぐらしのなく頃に』の実写ドラマ化の実現は困難だろうと、ずっと思っていたのですが、どうやら実写ドラマ化といっても地上波ではないとのこと。

実写ドラマ『ひぐらしのなく頃に』は、BSスカパー!での放送になるそうです!

1話60分の8話構成となっているらしく、

「地上波ドラマではできない過激な演出をリアルに再現」

されるそうですよ。

確かに、地上波でなければ、ある程度の自由は確保できますから、過激な表現にも挑戦することができます。

『ひぐらしのなく頃に』を実写ドラマにするのであれば、うってつけの場であるとも言えます。

実写ドラマ『ひぐらしのなく頃に』は、2016年5月から放送予定となっているそうです。

スカパーという限られたチャンネルでの放送となるので、実際に見る方は限られるとは思いますが、気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

『ひぐらしのなく頃に』のドラマキャストは?

考える男性

ゲームやアニメ、漫画を実写化する…

原作ファンからしてみれば、実写化において一番抵抗のある部分が、キャストだと思います。

2008年に映画化された実写版『ひぐらしのなく頃に』では、内容の酷さもあったのですが、それ以上に、原作キャラクターの面影もないキャスティング、さらにそのキャストの演技があまりにも下手という、原作ファンを激怒させた過去があります。

それだけに、今回の『ひぐらしのなく頃に』実写ドラマ化でも、キャストがどうなるか、というのはとても重要なキー情報ですよね。

まだ、詳しくは発表されていないのですが、主要キャストはアイドルグループの『NGT48』のメンバーから選ばれるとのこと。

この時点で、既に地雷ドラマ化が見えてきたような気がするのは、筆者だけでしょうか…

ただでさえ、アニメやゲームは、実写化されること自体に抵抗のある人が多いジャンルです。

原作を愛する監督が、絶妙なキャスティングを行ったことによって、原作ファンからも受け入れられ、結果的に大成功というケースも、時々はあるのですが…。

このように、実写化の評判に大きく関わってくるであろう主要キャストが、『ひぐらしのなく頃に』では、役者ど素人と言ってもいいアイドルグループから選ばれると言うのです。

これでは、NGT48の宣伝をするためだけのドラマになってしまわないか、と思われても仕方のないことですよね。

さらに言えば、ただでさえ批判され続けていたAKBグループのゴリ押しが、再び行われているということにもなります。

話の内容で作品を魅せるジャンルであるノベルゲームが、アイドルありきのドラマになってしまう…

『ひぐらしのなく頃に』原作ファンの落胆する声が、今にも聞こえてきそうです。

正直、すでにあまり期待できる要素もないのですが、キャスト情報に関しては、さらなる続報を待ちたいところです。

 

『ひぐらしのなく頃に』実写ドラマ化の評判は?

怒る男性

もはやどこから突っ込めばいいのかよくわからない実写ドラマ『ひぐらしのなく頃に』ですが、ネット上の評判はどうなっているのでしょう?

早速調べてみると、案の定、早くも実写ドラマ『ひぐらしのなく頃に』は、批判の嵐となっており、

「これ以上ひぐらしを汚さないでくれ」

「棒読みアイドルはもういいよ」

「アイドルありきの内容待ったなしだな…」

など、『ひぐらしのなく頃に』の実写映画に憤りを覚えた経験のある方を中心に、怒りのコメントが寄せられています。

また、主要キャストがNGT48から選ばれるということから、アイドルの宣伝に利用されるだけ、と感じた方も多く、これがさらに実写ドラマ版に対する嫌悪感を助長してしまっているようです。

『ひぐらしのなく頃に』は、内容も複雑で、演技力も必要とされるであろう作品だというのに、まだ発足して半年程度のアイドルが主要キャストになるというのであれば、この反応も仕方ないと思います。

筆者も、好きな作品が今回の『ひぐらしのなく頃に』と同じような形で実写化が決定したらと思うと、非常に心持ちが悪くなると思うので、今回のネットの批判にはただ頷くことしかできません…。

 

まとめ

同人サークルの『07th Expansion』原作のゲーム、『ひぐらしのなく頃に』が、2016年5月からBSスカパー!で実写ドラマ化されます。

『ひぐらしのなく頃に』は、実写映画で失敗していることもあり、また、主要キャストが役者としては素人同然のアイドルを起用することから、原作ファンを中心に早くも批判が噴出している状態です。

筆者は、アニメやゲームなどが実写化される度に思うのですが、なぜ炎上するとわかっていて実写化を行うのでしょう?

怖いもの見たさで見る人がいるかもしれない、という意味ではよいのかもしれませんが、原作ファンからしてみれば、大半が原作を汚しているようなものばかりで、怒りすら覚えるケースが非常に多いという現実があります。

オリジナルコンテンツを作るよりコストがかからないから、ということもあるのでしょうが、そんなくだらない理由で作品を汚されるのは、原作ファンとしてはとても許しがたい暴挙ですよね。

ただ、唯一救いがあるとすれば、今回の『ひぐらしのなく頃に』は、BSスカパー!のみの放送ということ。

たまたまテレビをつけたら、気分を悪くするようなアニメやゲームの実写化映像が映っていた…

ということにはならないので、そこは安心していいと思いますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ