星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

べっぴんさんのストーリーあらすじ!主人公のモデルはファミリア!

投稿日

先日、2016年10月に放送されるNHK朝の連続テレビ小説(通称:朝ドラ)のタイトルが決定しましたね。

その名も『べっぴんさん』。

戦後日本で、子供服作りに目覚め、やがて日本初の総合子供用品店を開くまでになる女性のストーリーが描かれるそうです。

ちなみに、『べっぴんさん』の主人公は、実在の人物をモデルにしているとのこと。

モデルとなった人物や、『べっぴんさん』のストーリーなど、朝ドラファンであれば気になることが多いと思います。

そこで当記事では、2016年秋の連続テレビ小説『べっぴんさん』について調べてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

2016年秋のNHK朝ドラはべっぴんさん!

べっぴんさん

現在、NHKの連続テレビ小説は、『あさが来た』が、絶賛放送中ですよね。

そして、次期2016年前期には、『とと姉ちゃん』の放送が決まっています。

そんな中、先日、2016年10月から放送されることとなる、2016年後期のNHKの朝の連続テレビ小説のタイトルが発表されました。

2016年後期の連続テレビ小説は…

『べっぴんさん』

となります。

この『べっぴんさん』の脚本を担当するのは、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんの妻である渡辺千穂さん。

代表作として『名前をなくした女神』、『ファースト・クラス』などでよく知られていますね。

ちなみに、渡辺千穂さんは、現在妊娠9ヶ月ということもあり、

「私は今、脚本家としてこのタイミングでこの企画と出合えたことを、運命のように感じています」

とコメント。

後ほど紹介しますが、『べっぴんさん』の主人公は、娘を授かった母親という立場にあり、まさにこれから母親になろうとしている渡辺千穂さんにとっては、コメントの通り、運命の出会いと言えるでしょうね。

母親としての立場から描かれる『べっぴんさん』の脚本にも、期待が高まります!

余談ですが、渡辺千穂さんの夫である羽鳥慎一さんは、NHKの朝ドラの裏番組である『モーニングショー』でキャスターを務めていたり…

このままいけば、2016年の秋からは、まさかの夫婦で番組対決の構図となるようですね。

このことから、羽鳥慎一さんをナレーションで起用してみては?という質問が報道陣から問われましたが、このことについて、制作統括を担当している三鬼一希さんは、

「裏でかぶってますしね。こちらがよくても、先方がダメなのでは?」

とジョークで会場の笑いを誘い、現段階では羽鳥アナの起用は構想にないことを明かしました。

 

NHK朝ドラ・べっぴんさんのストーリーあらすじは?

指で示す女性

それでは、続いて『べっぴんさん』のストーリーあらすじについて、ご紹介します。

『べっぴんさん』は、昭和の初めに神戸の山の手で生まれた、刺繍や手芸が大好きな女の子、「すみれ」がヒロインです。

すみれの家庭は、会社経営をする父、元気な姉と恵まれており、18歳の時にはお見合い結婚も果たすほど、まさにすみれの人生は順風満帆。

娘も授かり、とても幸せな生活をしていたのですが…

この後、すみれの人生は大きく狂ってしまうこととなるのです。

それが、戦争のはじまり。

家は焼け、戦後にはこれまでの財産が全て没収…

すみれの幸せだった生活は、一転して地獄を見ることになってしまいます。

しかし、すみれは娘もいることから、なんとかして、生活していかなければならない…

すみれは生きていくために、子供服作りをはじめます。

仲間の女性や夫と、時にはぶつかりながらも起業し、やがて、すみれの子供服は宮内庁御用達にまで認められるようになり、日本初の総合子供用品店をオープンさせるまでに成長することとなるのです。


 

以上が、2016年10月からのNHK朝ドラ『べっぴんさん』のおおまかなストーリーあらすじとなります。

小さな頃から好きだった刺繍や手芸が、人生のどん底に陥ったすみれを支えることとなる…

まさに、○○好きが転じて何とやら、ですよね。

皆さんも、自分の好きなことを大切にして生きていくと、いつかそれに愛情を注いだ分が、何かしら良い結果が返ってくるかもしれませんよ。

 

NHK朝ドラ・べっぴんさんのモデルは誰?

考える

先ほど、『べっぴんさん』のヒロイン「すみれ」には、モデルとなった、いわゆる元ネタの人物がいると説明しました。

では、『べっぴんさん』の「すみれ」のモデルとなった人物は、一体誰なのでしょうか?

『べっぴんさん』のモデルは、子供服を中心としたアパレルメーカー・ファミリアの創業者である板野惇子(ばんのあつこ)さんです。

坂野惇子

父親が会社経営者というのも、史実に基づいており、板野惇子さんの父・佐々木八十八さんはアパレル企業・レナウンの創業者です。

そして、板野惇子さんの創業したファミリアは、なんと、板野惇子さんをはじめとした4人の女性たちで創業をしたのだそうですよ。

たった4人で創業とは、その事実に筆者はとても驚かされました。

はじめは、神戸のモトヤ靴店の中の、たった2台のショーケースを借りるという形で、ベビーショップ・モトヤとしてスタート。

その後、板野惇子さんや、その仲間たちが作った子供服は飛ぶように売れ、1950年にベビーショップ・モトヤを株式会社化し、現在のファミリアが誕生します。

「お母さんの身になって作りましょう」

をモットーに、愛情品質にこだわり、あかちゃん肌着や、おむつなど、数々の商品を考案。

ファミリアの子供服は、ベビー向け子供服業界に多大なる貢献を果たしたのです。

わずか4人で、2台のショーケースのみ、という狭いスペースからスタートしたベビーショップ・モトヤは、ファミリアとなり、そして宮内庁御用達のメーカーにまで成長…

ここまでに至る道のりは、きっと、我々では想像のつかないような苦難や努力の連続だったのでしょうね。

板野惇子さんは、2005年に87歳でこの世を去りましたが、彼女の掲げた信念は、今でも多くの母親たちに共感を与え、業界を支えているのです。

その生涯は、まさに、子を持つ母親たちの母…

今回の『べっぴんさん』のモデルとなった彼女には、その名にふさわしいものだったと思いました。

 

まとめ

2016年後期のNHK朝の連続テレビ小説、いわゆる朝ドラのタイトルは『べっぴんさん』に決定しました。

戦後日本で、子供服作りに情熱を注ぎ、ファミリアの創業者となった板野惇子をモデルとした主人公・すみれの人生が描かれることとなっています。

ヒロイン役は、すでに応募は締め切ったものの、まだ決まっておらず、今後、2016年4月までにオーディションで「すみれ」役を決定するとのこと。

いったい誰が『べっぴんさん』のヒロインとなるのか?

また、その他の出演者の発表など、キャストについても楽しみですね。

『べっぴんさん』の撮影は5月頃からスタートとなるそうで、放送は2016年10月からと、まだまだ遠いのですが、ヒロイン予想や、聖地巡礼など、これから大いに盛り上がりそうだと思いました。

今から『べっぴんさん』の本放送が待ち遠しいですね!

朝ドラの記事はコチラもよく読まれています

高畑充希のかわいいCMと朝ドラ主演!彼氏の噂と有村架純似の真相は

NHK朝ドラ・まれのストーリーネタバレ!感想と最終回の内容とは?

朝が来た!朝ドラ原作の土佐堀川とは?ネタバレとロケ地を紹介!

朝が来た!2015年秋NHK朝ドラのキャストやストーリーを紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ