星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

警視庁ゼロ係のストーリーとドラマキャスト!主題歌やロケ地も紹介

投稿日

爽やかで誠実な青年という印象の役柄が多く、多くの視聴者からも好印象を持たれていた俳優:小泉孝太郎さんが、一転、先日放送されたドラマ『下町ロケット』で、これまで演じてこなかった悪役に転身して、新境地を築いたことには、多くのファンが驚かされたことと思います。

そんな小泉孝太郎さんが、今度も悪役ではないにしても、"KYな刑事"という、一見イメージの悪いキャラクターを演じると話題のドラマが2016年1月15日から放送されます。

タイトルは、『警視庁ゼロ係~生活安全課何でも相談室~』。

果たして、『警視庁ゼロ係』のストーリーや、ドラマキャスト・主題歌はどうなっているのか。

また、『警視庁ゼロ係』のロケ地情報も気になりますので、その辺りのことを本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

警視庁ゼロ係のストーリーあらすじ!

警視庁ゼロ係

『下町ロケット・ガウディ計画編』(後半部)で、阿部寛さん演じる「佃耕平」と対峙するサヤマ製作所の社長「椎名直之」という悪役キャラを演じた俳優:小泉孝太郎さんが、またしても好青年とは相反するキャラクターを演じるドラマが放送されます。

冒頭でも紹介しましたが、タイトルは、警視庁ゼロ係~生活安全課何でも相談室~

このドラマ『警視庁ゼロ係』では、『下町ロケット』で演じた「椎名直之」を彷彿するような東大卒で頭脳明晰な人物を小泉孝太郎さんが演じるわけですが、これまたKY(空気が全く読めない)な偏屈なキャラクターで、きっと『下町ロケット』で悪役を演じた経験が、十二分に発揮されるような予感さえ伺えます。

ただ、今回は、周囲の人物たちも特殊な人物で、ある種、問題児といえるようなタイプが、小泉孝太郎さん以外にも揃っているため、KYなキャラでありながらも、何かと衝突や困惑させられる事が増えそうな気もします。

実際に相棒となる「寺田寅三」は、有能だけど問題を起こしてばかりの人物で、小泉孝太郎さんが演じる「小早川冬彦」同様、警察組織の人物としては、不適合者と言わざるを得ないような、とんでもない人物のような印象を受けます。

警視庁ゼロ係

小泉孝太郎(主人公)と松下由樹(相棒)

その他にも、警察なのに定時になったら無条件で仕事を切り上げ帰宅してしまう人物や、ゼロ係を取り仕切る立場にありながら、気が弱く、全くと言って取り仕切ることができていない、頼りにならない上司など、本当にゼロ係が警察組織として機能しているのか疑問…

まぁ、現実社会では、こんな警察組織は絶対あってはならないと思いますが、良くも悪くも奇抜故に、ドラマとしては強く印象に残る設定として、『警視庁ゼロ係』は、多くの視聴者に受け入れられていくのではないかと思いますよ。

さて、ここまで濃いキャラクターが揃ったとなると、やはり気になるのは、『警視庁ゼロ係』のストーリーあらすじですよね。

では、早速、『警視庁ゼロ係』のストーリーあらすじを見ていきましょう。


 

市民の声に迅速に答え、安心して暮らしていくための支えとなることを目的として、杉並中央署生活安全課に設立された『なんでも相談所』

聞こえだけは非常に市民のことを考えた部署といえますが、実は、これは建前上の目的であって、本来の目的は、横領疑惑や結婚詐欺まがいのことをして、警察から厄介払いされたメンバーが集まった窓際族的な部署だったのです。

つまり、ゼロに何をかけてもゼロにしかならず、役立たずは何人いても意味が無いという意味から、彼らの部署をゼロ係と呼ばれているのです。

そんなこともつゆ知らず、科学警察研究所からようやく念願の現場勤務となって、意気揚々としている世間知らずのKY刑事(一応、肩書はキャリア警視)の小早川冬彦(役:小泉孝太郎)が、ゼロ係に着任してきました。

良くも悪くも冬彦は、全く場の空気を読まない気質の人物で、早速舞い込んだ徘徊老人の保護という内容の仕事にも、周囲が嫌がっている中、『市民を守る』と積極的に手を上げ、一人飛び出していくのです。

難色を示す他の所員たちの顔色を一切伺うこと無く、場の空気も読まずに、天真爛漫に一人飛び出していく冬彦が心配なのか、係長の亀山(役:大杉漣)は、嫌がる寺田寅三(役:松下由樹)を説き伏せ同行させます。

上司の命令で、渋々、冬彦の面倒を見ることとなった寅三は、向かった公園に着くなり、徘徊老人の一件と、全く関係ない焼けたゴミ箱に興味を持ち始める冬彦の姿に、イライラを募らせはじめます。

その夜、公園の近所で火事が起きた、と知らせを聞いた冬彦は、いきなり現場へと飛び出して行き、焼け跡から焦げた麻ひもと木くずの燃えカスを見つけ、昼間の公園のゴミ箱にあったものと同じであったと気づきます。

しかし、刑事課の古川祐介(手塚とおる)や、寅三に、管轄外のことに手を出すなと諭され、現場を後にすることに…

普段、口が悪く他の署員から煙たがられる男勝りな性格の寅三は、怒りが頂点を通り越し、既に冬彦の行動に呆れるばかりで、一方、亀山や事務の靖子(役:安達祐実)は、各所との摩擦を起こす冬彦のKY行動に非難を浴びせる始末…

そんなこととはつゆ知らず、勝手に資料を分析し終え、昨夜の火事は放火だったと断定するどころか、連続放火事件と言う冬彦は、難解な用語を交えながら他の面々に説明するその姿に唖然とさせられるばかり…

しかし、冬彦がやってみせた放火実験や、上層部から越権捜査を注意されたことで、今度は寅三が反発し、ゼロ係は次第に事件の捜査に乗り出すことに…


 

以上が、『警視庁ゼロ係』のストーリーあらすじのさわりの部分となっています。

率直なところ、最初に舞い込んできた徘徊老人の一件は一体どうなったのか?と思うばかりで、本当に世間知らずどころか、完全に気まぐれで行動するタイプの全く刑事に向いていない人物が主人公、という印象が拭えないドラマですよね。

しかし、意外と何でも首を突っ込んでくるような、何処か気まぐれなタイプの刑事の方が、ドラマにおいては、難事件を解決するような気もします。

ドラマ『相棒』の杉下右京や、『おみやさん』の鳥居勘三郎もその一人で、もちろん彼らは、冬彦と違い、気まぐれで動くタイプではありませんが、事件を聞くと、管轄外のことでも首をツッコミ、事件を解こうと躍起になります。

そういう意味では、『警視庁ゼロ係』の「冬彦」とも、気質が似ているのかもしれません。

果たして冬彦は、数々起こる難事件を、ゼロ係の面々を振り回しながら、どのように解決していくのでしょうか?

放送は、2016年1月15日20:00から、テレビ東京系にて放送開始されますので、気になる方は、ぜひ『警視庁ゼロ係』の本放送を御覧ください。

 

警視庁ゼロ係のドラマキャストも個性派揃い!

警視庁ゼロ係

警視庁ゼロ係

ストーリーあらすじ紹介のところでも、『警視庁ゼロ係』の面々は、曲者揃いとご紹介しましたが、実際に演じるキャストも実に個性派な役者が集まりました。

では、早速、誰が『警視庁ゼロ係』にキャスティングされているのか見ていきましょう。

・警視庁ゼロ係キャスト一覧

小早川冬彦:小泉孝太郎
寺田寅三:松下由樹
本条靖子:安達祐実
桜庭勇作:木下隆行
安智理沙:原田夏希
亀山良夫:大杉漣

岩瀬厚一郎:寺島進

島本雅之:団時朗
谷本敬三:石丸謙二郎
杉内義久:半海一晃

古河祐介:手塚とおる
中島敦夫:堀井新太
早野二郎:日向丈

青山進:六角慎司
鮫島弥生:岸明日香

国仲春吉:加藤茶

以上が、『警視庁ゼロ』係の主なキャストとなっています。

この面々に、各話のスペシャルゲスト(事件関係者など…)として、ゲスト出演者が登場する形になるのだと思います。

ゲスト出演者を除いても、『警視庁ゼロ係』は、実に個性的なキャストが揃いましたよね。

俳優として脇役中心に、いぶし銀なところを見せる加藤茶さんや、脇役中心に活躍されている寺島進さん、大杉漣さんなど、名だたる面々がキャスティングされ、『警視庁ゼロ係』の主人公たる小泉孝太郎さんがピンぼけしてしまう印象すら見受けられます。

ここまで個性的なキャスティングになっていることに、筆者としては驚きを隠せないのと同時に、『警視庁ゼロ係』がいろんな意味で楽しみ…

はたして、この豪華なキャスティングと共にどんなドラマストーリーが描かれていくのでしょうか?

その全貌は、ぜひ『警視庁ゼロ係』の本作放送を見て確認したいと思います。

 

警視庁ゼロ係のドラマ主題歌とロケ地は?

コブクロ

コブクロ

『警視庁ゼロ係』の主題歌を誰が手掛けるのか、それを気にされている方もいらっしゃるみたいなので、早速調べてみたところ、主題歌は、コブクロが担当することが分かりました。

そのドラマ主題歌のタイトルは、『SNIFF OUT !』で、どんな楽曲なのかというと、人間の心のなかで戦う『真実』と『嘘』にスポットを当てて、その2つを見極める鍵とは何かを見つめながら、人間が持つ心情を生きるスリルに置き換え、奏でられた楽曲となっているようです。

実際に言葉で説明するのは難しいと思いますので、後はドラマ『警視庁ゼロ係』を通じて聴いてもらえたらと思います。

いずれにしても心に響き渡る素敵な楽曲になっていることに違いないと思いますよ。

人間誰しも嘘の一つや二つは付いたことがあるはず…

しかし、真実をつきつけられ、嘘を付くことの罪悪感や、真実を目の当たりにして、苦しむ心理模様が如実に描かれている楽曲となっているそうなので、『警視庁ゼロ係』を観ながら、その節々を感じてみてくださいね。

高円寺・純情商店街

高円寺・純情商店街

さて、『警視庁ゼロ係』のロケ地情報ですが、ヤフーニュースなどでも話題になっていますが、東京都杉並区を中心に高円寺・純情商店街アーチ下、善福寺川緑地などで、ロケ撮影されているそうです。

話によると、"杉並区"と区名がついているだけあって、その他にも杉並区の端々で撮影されているらしく、ゆるキャラ『なみすけ』も『警視庁ゼロ係』に登場し、観光PRに一役買ってくれたら、という話も聞かれます。

杉並区全面協力の中で、ロケ撮影も順調に進んでいるという話ですので、特に杉並区にお住まいの方は、『警視庁ゼロ係』に親近感を持てるドラマとなっていきそうですね。

曲者揃いが集まって織りなす独特のストーリー、個性派俳優が集まったキャスト、バラード調の楽曲が強く印象に残るアーティスト・コブクロが手掛ける主題歌、そしてそれらにめけず劣らず魅力的な街・東京都杉並区がコラボし、はたして『警視庁ゼロ係』は、どんなドラマになっていくのか…

ぜひ、その成果物を、2016年1月15日から放送される『警視庁ゼロ係』で満喫したいものですね。

 

まとめ

小泉孝太郎さん主演ドラマ『警視庁ゼロ係』が、いよいよ放送開始されます。

このドラマで、小泉孝太郎さんは、『下町ロケット』で彼が演じた、「椎名直之」に負けないくらいKYで勝手に突っ走る曲者キャラ・小早川冬彦を演じるわけですが、相棒を組む寺田寅三をはじめ、ゼロ係には問題児が集まり、どこか冬彦が可愛く見えてしまう一面も…

さて、KYで場を散々引っ掻き回しながらも、難事件を解決する優秀な能力を持つ冬彦が、同じく曲者揃いで厄介者扱いされている面々と共に、どのような事件を解決していくのか…

ストーリーはもちろん、主題歌や、ロケ地など魅力が沢山詰め込まれているドラマなので、皆さんも、ぜひ一度『警視庁ゼロ係』の本放送をご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ