星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

怪盗山猫の原作漫画ネタバレは嘘?広瀬すずと菜々緒の役どころ紹介

更新日

時折KYと言うか、世間知らずな天然発言をしてしまい物議を生んでしまう一面も持っている女優:広瀬すずさんと、最近は見るからに悪女一辺倒という印象が強く、一部の男性は彼女に近寄らなくなった、という話も聞かれるモデル・女優の奈々緒さん。

彼女らが、またこれまでの印象と異なる役どころで出演することでも注目されている、日テレ系土曜ドラマ『怪盗山猫』。

あくまで、このドラマ『怪盗山猫』の主演は、亀梨和也さんですが、脇を固めるキャストたちも魅力的で面白そうなドラマですよね。

そのためネット上では、このドラマ『怪盗山猫』の原作が漫画である、と言われているという話もチラホラ…

そこで本記事では、怪盗山猫の原作漫画ネタバレが嘘という話や、広瀬すずさん・奈々緒さんの役どころをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

怪盗山猫の原作漫画ネタバレは嘘?原作は小説!

怪盗山猫

皆さんは、2016年1月16日から放送される日テレ系土曜ドラマ(21:00枠)『怪盗山猫』の原作についてご存知でしょうか?

実は、このドラマ『怪盗山猫』の原作が、ネット上で「漫画である」と言われているのです。

おそらく、奇抜な印象を受けるキャラクター設定が漫画原作という印象を植え付けてしまっているのかもしれませんが、実際のところは、神永学先生の小説『怪盗探偵山猫シリーズ』が原作となっています。

シリーズというだけあって、過去には、『怪盗探偵山猫』『怪盗探偵~鼠たちの宴~』『怪盗探偵~虚像のウロボロス』などがリリースされ、その中でもドラマ『怪盗山猫』の原作として用いられているのは、『怪盗探偵山猫』という話でした。

つまり漫画原作と言うのはただの噂だったわけで、実際は小説です。

まぁ、前期のドラマ『掟上今日子の備忘録』も、かなり特殊な設定のミステリードラマでありながら、原作は、西尾維新先生の同作小説が原作となっているわけですから、多少特殊な設定だからといって、漫画が原作であると決めつけるのは、非常におかしな話…

もちろん、昔の時代劇で見られる『ねずみ小僧』のようなキャラ設定(悪党から金品を盗むという設定)の怪盗山猫が、天才女性ハッカーと手を組んでみたり、一風変わった女刑事が登場したり、コミカルな要素も多く、『怪盗山猫』が漫画原作と思いたくなるのも分かります。

また、後ほどお話していきますが、『怪盗山猫』のキャストとキャラ設定が、完全にちぐはぐで、

『ドラマはこれで大丈夫か?』

と思いたくなるほど、極端な方向へ飛んでいきそうなキャラクターが続々登場している、と筆者個人の意見としても、そのような印象が残っています…

それだけ、『怪盗山猫』は、ドラマ放送後は両極端に結果が出そうな気がしてならないのですが、まだどちらに転ぶか全く予想が付かないだけに、ドラマ第1話から目が離せないと思う次第です。

『怪盗山猫』の原作そのものは小説ですが、コミカルな要素もたくさんあり、実際にドラマを見ていてスカッとするという話なので、何かともやもやする現代社会ですし、今回のドラマで思い切りスカッと気持よくさせてもらいたいものですね。

さて、『怪盗山猫』の原作は漫画ではありませんが、小説なので当然ネタバレは存在しています。

そこで、『怪盗山猫』のネタバレをここで少しお話していきます。

まず、『怪盗山猫』の中で最終的に、主人公の山猫と雑誌ライターの勝村・女子高生の天才ハッカーの真央は、チーム山猫として行動をともにしていくわけですが、最初は完全に敵対関係にあります。

怪盗山猫

チーム山猫のメンバー

勝村は、雑誌の編集長から山猫の存在を知らされ、山猫の記事を書いてくれ、と依頼されたことで、彼を追いかけるようになりましたが、そんな中、ある事件が勃発…

その事件は、決して人を傷つけることはやらないというプライドがあるはずの山猫のはずが、一転、強盗の末に人をあやめてしまう事件を引き起こし、容疑がかかってしまうのです。

しかも、その被害者が、勝村の記者としての恩師だった今井洋介

そんな背景も有り、今井氏の弔いとして、事件の真相を追いかけようと山猫を追いかけていくわけですが、当然、山猫としてもプライドを傷つけられたことから真犯人を捕まえたいと熱望しているわけで、ここで利害が一致している2人は最終的に手を組みます。

まるで、今風で言うところの名探偵コナン怪盗キッドが手を組む感じと言っていいでしょう。

怪盗キッドも、基本は盗みを繰り返す犯罪者ですが、人が傷つく事件になるようなことには、一切、手を掛けないことをポリシーとしています。

しかし、時折、彼の名前が事件に利用され、人命に関わる事件や傷害事件が勃発すると、江戸川コナンと手を組み事件を解決していきます。

例えば、昨年公開された、映画『名探偵コナン・業火の向日葵』も、その一つで、鈴木次郎吉社長がオークションで落札したゴッホの名画:向日葵(実際には7枚世界に存在しているらしい…)を巡り、キッドの名前で帰国中の飛行機を爆破しています。

確かに盗みはやりますが、強盗はもちろん、傷害・人の命を奪うことなどは一切やらないキッドとしては、プライドを傷つける事件であり、ましてやこの事件の真犯人は、飛行機もろともゴッホの2枚目の向日葵の絵を破壊しようとしたのですから、まさに、信じられない話…

そこで、コナンたちに影で手を貸し、この事件を解いていくわけですが、2016年1月16日から放送される『怪盗山猫』もそんな一面が見られるそうです。

まさに怪盗キッドと名探偵コナンの関係性を持つような印象を受ける山猫と勝村の関係として、真犯人を追いかけることになるとのことですので、2人どうやって真犯人を追い詰めていくのか注目したいところですね。

一方、真央は、山猫が盗みを働こうとした個人情報を取り扱う会社社長の娘で、これまた敵対関係にある人物でした。

この会社社長は、天才ハッカーである女子高生の娘・真央に顧客情報をハッキングさせ、盗んだ個人情報を用いて、振り込め詐欺を犯していたのです。

しかも、ある政治団体と結びつきもあり、この悪党の悪事を暴くために、山猫は、その証拠となるデータを盗み出そうとしたのですが、真央によって妨害され、そのことをきっかけに対峙することとなり、今度はお前の親父から1億円を盗むと宣言するのです。

当然、真央は最大限のハッキング能力を用いて、山猫の盗みを妨害させようとしますし、父の会社には頑丈なセキュリティも引かれています。

そんな中、山猫は華麗に1億円を盗み、警察に密告までしてしまうのですから、それが犯罪と分かっていながらも気分爽快!!

そんな一件がありながら、ハッキング能力を存分に認めた山猫は、真央をチームに引き込んでいきます。

勝村・真央の2人は、山猫と完全に敵対関係にあったはずなのに、結果的にチームを組んでいくわけですから、山猫は、ただの犯罪者ではなく、義賊として惹かれる一面を持ち合わせているのかもしれませんね。

あくまで筆者個人の意見ではありますが、怪盗山猫の最大のネタバレは、チーム山猫を組む背景にあると考えています。

ここでお話したのは、『怪盗山猫』のその一部であり、更に掘り下げていけば、壮大なドラマが待ち構えていると思いますので、その全貌が気になる方は、ぜひ原作小説をご覧下さいね。

怪盗山猫の広瀬すずの役は奇抜な天才ハッカー!

広瀬すず

広瀬すず

今回、ドラマ『怪盗山猫』に出演する、女優:広瀬すずさんといえば、どことなく純粋な女性で、時折、世間知らずで天然系なKY発言を連発して物議を醸し出すこともある女優というイメージが強い方ですよね。

バラエティ番組のコーナー『食わず嫌い王決定戦』での一件も、大きな物議を生み話題になったことを、今もなお記憶している方は多いと思います。

さて、広瀬すずさんに対しては、少なくとも筆者の中で、そのイメージは今も変わりありませんが、今回彼女が演じるのは、周囲からいじめを受けた過去を持つ女子高生で、天才ハッカーとして行動する真央という、これまでにないキャラクターです。

先程もお話したとおり、チーム山猫の一員として最終的に行動をともにしていくものの、最初は山猫の窃盗を阻止する程、そのハッキング能力は折り紙つき…

そして、広瀬すずさんが狂喜乱舞するシーンも見られるらしく、かなり奇抜なキャラクターという話もあり、彼女が何処まで異色なキャラクターを演じられていくのか非常に楽しみです!

 

怪盗山猫の奈々緒の演じるキャラクターも異色で面白い!

菜々緒

菜々緒

ドラマ『サイレーン』でも存分に悪女キャラを演じた、モデル・女優の奈々緒さんといえば、根っからの悪役キャラで、いまや近寄りがたい存在ですよね。

正直、『サイレーン』で菜々緒さんが演じた「橘カラ」は、強烈な悪女であり、筆者個人としても消してしまいたいほど憎しみ溢れるキャラクターでした。

まぁ、あれだけの事件を繰り返していたわけですから、周囲から憎まれても当然ですし、そのイメージから、菜々緒さんに対しても良いイメージを持たれなくなるのも仕方ない話ですよね。

もちろん、菜々緒さん自身が悪女というわけではありませんが、間違いなく悪女以外の役が似合わなくなってしまったことは間違いないでしょう。

そんな菜々緒さんが、今度は一転して真逆となる刑事役を演じるというのですから、『怪盗山猫』は、実に大胆なキャスト起用ですよね。

一応、話では、男勝りなタイプの女性刑事でありながら、大学時代の先輩で憧れの存在である勝村の前では、猫かぶりしているという一面を持つキャラクターとのことです。

果たして、菜々緒さんが、『怪盗山猫』で、どんなキャラクターとして演じていくのか…

一件、広瀬すずさんの役どころと、菜々緒さんの役どころは、完全に逆じゃないかと不安視する部分もあるのですが、それだけに良い意味で期待を裏切ってくれることを願っています。

 

まとめ

2016年1月16日から放送開始する土曜ドラマ『怪盗山猫』は、例えるならねずみ小僧・名探偵コナン・怪盗キッドを足して3で割った様なドラマで、悪党から金品を盗み取り、彼らの悪事を明らかにしていくというドラマです。

もちろん『怪盗山猫』1話ごとに事件が起こり、警察に追われながら、怪盗山猫をはじめとする、チーム山猫の面々が、華麗なる窃盗を魅せつけていきます。

そういう意味では、ここにルパン三世も加わると言っても良いのかもしれません。

そして、最大級の事件として、山猫が人の命を奪ったという事件の容疑を晴らし、それを解決していくわけですが、果たして彼らはどのようにこの真相を追い詰めていくのか。

『怪盗山猫』のストーリーが気になる方は、ぜひドラマ本放送をご覧下さいね!

怪盗山猫の記事はコチラよく読まれています

怪盗山猫のストーリーとドラマキャスト!主題歌やロケ地も紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ