星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

権田修一のホルンからサガン鳥栖へ移籍の理由と年俸を考察!

更新日:

長らくFC東京の正ゴールキーパーだった権田修一選手。

2015年の大半は故障のため、試合には全く出場できない日々が続いていたのですが、突然のホルン移籍となりました。

このホルンという小さな街が、権田修一選手が移籍する前に日本で(サッカーファン限定ですが)有名になったのは、あの本田圭佑選手が、クラブチームの実質オーナーとなってからです。

それでは今回は、権田修一選手のホルンへの移籍の理由と年棒、さらにはその後のJリーグ復帰となった移籍についてお話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゴールキーパー権田修一と本田ホルン

権田修一

権田修一

まず権田修一選手の経歴プロフィールから紹介していきます。

権田修一選手は、神奈川県・川崎生まれ。

小学生の頃からサッカーに親しんでいました。

サッカー少年として、FC東京に憧れ、そのFC東京の下部組織に権田修一選手は入団。

そして、これもFC東京ではお馴染みであったゴールキーパーの塩田選手の控えとして、ベンチ入りするようになっていくのです。

2009年には、塩田選手が病に倒れたため、権田修一選手が急遽開幕スタメンとして、公式戦デビューを果たします。

これがきっかけとなり、その後は、権田修一選手が長らくFC東京の正ゴールキーパーとなります。

好守に加えて正確なフィードで、チームに貢献してきました。

しかし、2015年夏に

オーバートレーニング症候群

を発症。

その後の権田修一選手はシーズン終了まで、試合には出場できなかったのです。

そして、権田修一選手が移籍することになった『SVホルン』。

このクラブチームは、オーストリア3部東部地区に属していて、2016年1月には3位となっていました。

首位とは勝ち点差は2と、地区優勝も、期待できる位置にいましたね。

とはいえ3部です。

ヨーロッパとはいえ、日本で『ホルン』が有名になったのは、あの本田圭佑選手が、実質オーナーとなったためです。

本田圭佑選手と、『SVホルン』が関わる経緯については、これまでに色々と語られておりますが、

『なぜ本田圭佑が、この片田舎のSVホルンというチームのオーナーになろうとしたのか』

という点は、いまだに謎に包まれたままです。

まさか

『日本人のためのヨーロッパクラブチームを作ろう!』

などいう理由ではないでしょう。

あるいは単に

『自分の意志で重要事項を決定できるクラブチームが欲しい!』

というだけの理由かも知れません。

さて、それでは一番興味深い点でもある権田修一選手が、何故突然のホルン移籍を決意したのか、次にその理由を見ていきましょう。

 

権田修一のホルン移籍の理由と年棒はいくら?

権田修一

権田修一

権田修一選手のホルン移籍の理由を考察すると、真っ先に思い浮かぶのは、権田修一選手の状況では、

『FC東京での居場所はないかも』

という不安感ではないでしょうか。

オーバートレーニング症候群という、一般人にはわかるような、わからないような病気(といえるのでしょうか?)を患い、選手としての復帰を焦る気持ちは痛いほど理解できます。

現在も怪我や病気で試合から長期欠場している選手なら、誰でもそのような不安を抱くことでしょう。

権田修一選手には、

『早く試合に出てプレーしたい!』

という強い想いがあったと思います。

そんなところに本田圭佑選手が実質オーナーであるホルンからの移籍オファーにより、権田修一選手は、ホルンへの移籍を決意したと思うのです。

権田修一選手のホルンへの移籍の期限は、

2016年12月31日までの1年間の期限付き移籍

となっていました。

ホルンから権田修一選手に支払われる年棒については、とくに正式発表がないため、実際の年俸はわかりません。

ただ一説には、権田修一選手がFC東京時代に在籍していた時よりも、やや安い

3,000万円台

とも言われております。

(これもあまりあてにはならない金額と思われます)

権田修一選手のコメントとして、

サッカーから離れてみたことで、今はプレーしたい意欲が今まで以上に沸いています。

この意欲を力に、欧州で一からサッカー人生を始めたいと思います。

と語っています。

このコメントは、まさに権田修一選手の真意といえるでしょう。

ホルンに移籍した権田修一選手は、クロアチア1部・ロコモティバ・ザグレブとの練習試合にフル出場し、0-0での引き分けに貢献しています。

権田修一選手のツイッターによれば、

などとコメントされています。

(本当によかったね!権田修一選手!)

ここでさらに『SVホルン』側から見た、権田修一選手獲得の理由について考察してみました。

筆者の推測にすぎませんが、権田修一選手のSVホルン移籍、これはやはり実質的オーナーである本田圭佑選手の強い意向があったものと考えています。

SVホルンは、権田修一選手のみならず、札幌のFWの榊翔太選手も獲得しています。

さらにはトライアウトなども行って、日本人選手を積極的に獲得しようと意欲的なのです。

ホルンという街には、とくに目立った産業と言えるほどのものはありません。

それだけに日本企業進出や、企業の宣伝効果が見込めることは考えられません。

やはりこれは本田圭佑選手の意志によるもの、と考えるのが妥当ではないでしょうか。

 

権田修一とFC東京の契約解除とサガン鳥栖移籍

2017年1月になって、大変残念なニュースがありました。

それは

FC東京が権田修一との契約解消!

およそ19年に渡って、FC東京一筋(ホルンを除いて)のサッカー生活を送ってきた権田修一選手。

これは大変悲しいニュースでした。

(権田ファンである筆者としても)

その後の権田修一選手の動向としては、ポルトガル2部リーグのオリャネンセが、権田修一選手の移籍先として有力に。

 

しかし、このオリャネンセと権田修一選手の移籍話は、立ち消えとなり、2017年1月のFC東京との契約解除を経て、

2017年2月に権田修一のサガン鳥栖移籍

が発表されたのです。

権田修一選手が日本に復帰するなら、当然FC東京と思っていた人が大半だけに、このニュースには驚く人が多かったようです。

FC東京との契約解除については、その理由や成り行きなどは全く発表されていませんので、不明です。

しかし、推測していくと、

  • FC東京側が権田修一選手を不要と判断
  • 権田修一選手がヨーロッパでのプレーを望んだため

このいずれかでしょう。

とはいえ、権田修一選手がヨーロッパでのプレーを望むにしても、あえてFC東京と契約解除する必要はあるのでしょうか。

契約続行のままヨーロッパでのプレーをすれば、もし移籍をすれば移籍金が発生し、FC東京に移籍金が入ることになります。

しかし、契約解除となれば、移籍金は発生せず、FC東京にもお金は入って来ません。

FC東京への愛着が深い権田修一選手が、あえてそのような状態を望むものでしょうか。

権田修一選手側からFC東京に契約解除を申し入れることはないと思うのです。

となれば、契約解除の申し出はFC東京側からでは?と見ています。

ただ、わからないことは、FC東京として権田修一選手がヨーロッパでのプレーを希望しても、

反対して契約解除する必要があるのか?

という点です。

さきほどお話した通り、契約解除となればFC東京に移籍金は入りません。

それをあえて契約解除というのも、おかしなものです。

このあたりの矛盾は、筆者にもよくわかりません。

いずれにせよ、FC東京と権田修一選手のゴタゴタ?で得をしたのはサガン鳥栖ということになります。

元日本代表選手を移籍金なしで獲得できたのですから、エビス顔でしょうね。

権田修一選手についてのおまけ情報

実は、権田修一選手のお嫁さんですが、これが大変な美人なのです。

権田修一の嫁

権田修一の嫁

この画像を見てもらってもわかるとおり、だれが見ても美人妻ですよね。

サッカー選手夫人の美人度ランクでも、堂々第1位

となっているのです!

 

まとめ

ここまで元FC東京の権田修一選手のオーストリア3部のクラブチーム・SVホルンへの移籍。

さらには、その後のJリーグ復帰となった移籍についてお話してきました。

結局、権田修一選手は、FC東京との契約は解除。

一時はポルトガル2部リーグのオリャネンセへの入団も有力視されていました。

そして、2017年2月になって、突然サガン鳥栖への移籍が発表されました。

権田修一選手には、サガン鳥栖という新天地で心機一転、再び輝きを取り戻して欲しいと、切に願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.