星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

火村英生の推理2話ネタバレと視聴率!3話のドラマストーリー紹介

更新日

推理作家:有栖川有栖先生の小説『アリスシリーズ』を原作として手がけられている『臨床犯罪学者 火村英生の推理』も第2話の放送が終了しましたね。

今回の事件はシンプルながらも、決定打は最後の方まで出てこず、意外と超難事件といった装いの事件で、ミステリーファンの筆者としては、完全に釘付けになりました。

面白いことに、犯人が完全にボロを出してしまっていたのですが、そのボロとは一体何なのか?

また、『火村英生の推理』第2話の事件『異形の客』のネタバレも気になると思いますので、そのストーリーネタバレや、視聴率、第3話のストーリーを、本記事でご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

火村英生の推理第2話のドラマストーリーネタバレ!

火村英生の推理

火村英生の推理

みなさんは、ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第2話をご覧になられましたか?

今回の事件は、ある意味、簡単とも難しいとも、どちらにも受け取れる事件だったように思います。

基本的に、この事件は、包帯男の正体と、彼が何故包帯をして、身を隠す必要があったのか?という二つの謎が解決すれば、おのずと真犯人の犯行動機も見えてくる事件でした。

その中で、他の客も怪しいといえば、怪しい印象が見受けられている…

その怪しい客たちは以下の5名

・シャングリラ十字軍の脱会者・田ノ上絵里

・田上のことを心配していた元恋人・
(ただし田上からはストーカー扱いを受ける…)

・胡散臭い美容整形外科医の是枝

・この3名に加えて、有栖包帯男

の計5名。

包帯男は、とにかく顔を知られたくなかった人物であることに違いなく、有名人・指名手配犯・旅館の関係者・従業員という可能性も十分考えられるため、前述した容疑者5名(実質的に有栖は除外と考えて良く、残り4名)ということになります。

ただ、この時点では包帯男の正体は全く分かっておらず、有栖以外の全ての人物に包帯男の可能性があるため、もしかしたら4名ではなく、3名ということも考えられます。

それにしても、田ノ上が『シャングリラ十字軍』に入会し、なんとか脱会させようと破局後も接点を持とうとしていた呉との関係性や、明らかに胡散臭そうなCMながらも、一躍有名になられている是枝の仕草など、いろんな点において、今回の『火村英生の推理』は、ミスリードを誘う兆候がわかりやすく描かれています。

ただし、彼らにはアリバイが全く無く、完全にシロと言い切れない部分があるため、被害者である相羽との接点や、動機が全く見当たらないといっても、彼らを容疑者から除外できないのも事実。

おそらく『火村英生の推理』原作者の有栖先生からの挑戦状の一つとして、彼らが

『完全にシロであることを証明してみなさい』

と言っているかのように感じます。

さて、話を包帯男の件に戻しますが、事件後、この包帯男は一切登場しません

仮に包帯男が相羽であるとするなら、当然、命を奪われているために登場しないのは頷けますが、もし他の人物が包帯男だった場合、変装を完全に解いていることになるため、その変装道具(衣装など…)を何処に隠しているのか?という話になってきます。

事件後、鍋島と火村は、一時、相羽のアパートを捜査していますが、他の刑事の小野・坂下は、旅館に残り、聞き込み及び捜査されていたわけですから、もしおかしな兆候や物証があれば、すぐに発覚するはずです。

それらは何一つとして描かれておらず、また経緯を確認した上で、容疑者リストからも外されたところをみると、おそらく、3名の旅客の中に、犯人はいなかったと見るのが妥当でしょう。

是枝役の大河内浩(左)、田ノ上役の仁科愛(中)、呉役の寿大聡(右)

「是枝」役の大河内浩(左)、「田ノ上」役の仁科愛(中)、「呉」役の寿大聡(右)

残るは、相羽のアパートで聞き込みした時に登場した、友人と名乗る幡多のみが容疑者として怪しむことが最もセオリー。

ただ、彼は旅館にいたわけではなく、犯行は不可能とされていたわけで、当然警察もその件に関しては全く疑っておらず、この事件の1ヶ月前に起こった事件の犯人として、彼を疑っていたに過ぎませんでした。

しかし、ここで重要なのは、覆面男の存在なのです。

相羽は、引きこもりが目立ち、サングラスやマスクで常に顔を隠していた事が、大家さんの証言からも明らかにされています。

確かに、人目を避けるケースは多々見受けられますが、流石に自宅のドア越しといっても、宅配便などの客人対応までも、サングラス・マスクは、かなり異様ですよね。

大体、そんなふうに住民が出てきたら、相手に不気味がられるだけですし、『なにかおかしい』と怪しまれてしまう可能性だって出てきます。

いくら芸能人であっても、流石にそこまで顔を隠すなんてことはしないでしょう。

唯一、この行為が頷ける要因として考えられることは、相羽が醜形恐怖症であった場合のみだと筆者は考えています。

この話は、整形外科医の是枝も証言していて、顔にコンプレックスを持つ人が、美容整形を繰り返していく内に、いつしか顔全体を晒すことに恐怖心を抱いてしまい、さらに高額な整形手術を受けるという負のスパイラルに陥るケースがあるそうです。

もし、相羽が醜形恐怖症であった場合、自宅アパートで、ひび割れしていた鏡の謎は説明がつきます。

さて、次に、相羽と幡多の関係性についてです。

あくまで幡多は、相羽の友人と名乗っていますが、いくら世話好きな友人であったとしても、ここまで引きこもっている人物を、家族でもない1人の人間が、わざわざ買い出しまでして面倒をみるものでしょうか?

もし、1ヶ月前の事件の犯人が幡多であり、その現場を目撃され、相羽に脅されていたとすれば、稼ぎが良くない相羽がプレミアの価値を持つレコードを複数所有している理由、そして高額の整形手術を受けることが出来た理由も、全て辻褄が合います。

何より幡多は、事件が発生した旅館の息子であり、それなりに裕福な環境にあります。

相羽が、そのことを知っていて、彼を脅していたなら、金づるになっていてもおかしくありません。

買い出しの件も脅されていることを前提にして考えれば、十分納得いきますよね。

火村英生と有栖はこの様に仮定した上で、幡多に推論をぶつけていきました。

そんな中、幡多は動揺していたのか、一つのボロを出してしまうのです。

それは、大家が証言していた宅配物(観葉植物)の受取時間に、顔を隠していた相羽が受取していた時間のことです。

「幡多には、包帯男がチェックインした午後6時のアリバイがあるため、包帯男は君ではなく相羽くんだ」

と火村英生は、幡多に告げます。

すると、幡多は、『それは違う』と否定。

「相羽はそのころ宅配便を受け取っているはずだ」

と証言するのです。

さぁ、ここでおかしなボロが出てきました。

確かに、大家の証言で、午後5時半~6時ころ、相羽が部屋に不釣り合いな大きな観葉植物を宅配業者から受け取っていたと証言していましたが、このことを知っているのは鍋島と火村英生のみです。

火村英生役の斎藤工(左)鍋島刑事役の生瀬勝久(右)

火村英生役の斎藤工(左)鍋島刑事役の生瀬勝久(右)

そんな情報を、何故その日の午後6時から、サークル仲間とパーティーをして遊んでいた幡多が知っているのでしょうか?

大家が証言している限り、相羽を見かけたのはその日が最後で、幡多と相羽が会っていた、というのも考えにくいわけです。

もし知っているとするなら、幡多がその日に相羽になりすまして、宅配便を受けていないかぎり、幡多の証言はありえません。

あくまで火村英生と有栖の推測から成り立つ話ではありますが、幡多の実家である旅館の金庫から金を盗み、その金を相羽に与える、という約束のもとで、包帯男として相羽を旅館にチェックインさせ、共犯という形で、幡多はアリバイを立証させました。

そして翌日、幡多は、包帯男になりすまし、相羽の命を奪って、姿をくらますことで、完全犯罪の出来上がり!と考えれば全ての謎が立証できます。

ここにないものに光を当てる…

火村英生の下宿先の大家さんが、金庫の暗証番号を解読するための暗号文にあったヒントが、まさにこの事件を解く最大のヒントだったのです。

意外なところで意外なヒントが出ている…

これこそアリスシリーズの醍醐味!!

一見、簡単に思われる事件においても、その謎を全て解き明かすのは、かなり難しいものがあり、それこそがこのドラマ『火村英生の推理』の面白さであると改めて感じさせられました。

皆さんも細かい部分一つ一つに注目しながら、このドラマを見てください。

『火村英生の推理』は、謎解きの面白さを最大限に表現した珠玉のドラマと気づくことが出来ると思いますよ。

 

火村英生の推理・第2話のドラマ視聴率は?

火村英生の推理

火村英生の推理

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は、今期の地上波のドラマで、数少ない名作ドラマだと筆者は感じています。

もちろん好みの問題もあり、評価そのものとして絶賛されているというわけではありませんが、間違いなくミステリーファンにはウケが良いみたいですね。

さて、『火村英生の推理』第2話のドラマ視聴率は、何%取れたでしょうか?

『火村英生の推理』第1話の11.1%を超えることが出来たでしょうか?

早速、調べてみましたが、まだその結果はまだ出ておりません。

『火村英生の推理』2話の視聴率は、分かり次第、追記という形で発表していきますので、みなさんお楽しみに…

追記:

『火村英生の推理』第2話の視聴率は、9.9%であることが判明しました。

今回の民放ドラマの中では、中の上ぐらいの視聴率といえるのではないでしょうか。

まだ、始まったばかりですから、次回『火村英生の推理』3話に期待したいところですね。

火村英生の推理・第3話のドラマストーリー紹介!

火村英生の推理

火村英生の推理

さて、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第3話は、また舞台が変わり、「准教授」役としてドラマ出演し人気を博した、ある俳優が誘拐されるところから物語がスタートします。

サブタイトルは『准教授の身代金』。

2005年3月、2008年3月にリリースされたアリスシリーズ『モロッコ水晶の謎』に収録されている助教授の身代金が、『火村英生の推理』3話の原作となっています。

では、一体どんなストーリーとして描かれていくのか、早速、『火村英生の推理』3話『准教授の身代金』のストーリーあらすじをご紹介していきます。


 

ドラマで「准教授」役を演じ、人気を博していた俳優・志摩(役:飯田基祐)が、何者かに誘拐され、京都府警が極秘捜査を開始させることとなりました。

鍋島は、火村英生・有栖の依頼で、現場に駆け寄り、捜査開始。

志摩の妻・恵里香(役:西田尚美)の証言によると、彼女が出張先の九州から京都に戻ってきた矢先に、犯人から脅迫電話がかかってきて、『身代金3000万円を用意しろ!』と言ってきたというのです。

さらに、恵里香は、このことを警察に届けると志摩の命は無いと脅迫され、初めは警察に知らせないつもりでいたとのこと。

しかし、マネージャーの城戸(役:児嶋一哉)が、そのことを知り、警察に通報したため、京都府警の鍋島達が現場にやってきたのです。

さて、警察の捜査が続く中、自宅に差出人不明の荷物が届きます。

中身は、志摩のものと思われる髪の毛の束と脅迫状でした。

脅迫状は

『用意した金をかばんに入れて、明日、指定した列車に乗れ』

というもの。

恵理香は、警察の存在に気づかれ、志摩が命を奪われてしまうことを恐れ、警察の同行を拒絶する代わりに、火村英生と有栖を同行させることに…

翌日、金を持って絵里香が犯人の指定した列車に乗り、火村英生と有栖も同行しますが、犯人からの連絡は一切来ず、その日は空振りに終わってしまいます。

火村英生は、その様子を見て、既に警察が介入していることを犯人が気づいた上で、犯人が計画を立てていると断言。

まもなく志摩が命を奪われた姿が廃墟で発見され、火村英生と有栖は、絵里香に脅迫が来る前には、別の場所で志摩は既に亡くなっており、廃墟まで運ばれたものと推察。

鑑識の見立ても、脅迫前に既に亡くなっていたと断定するも、脅迫電話を受けた恵里香は、

『確かに志摩の声を聞いた』

と言い張る始末。

あまりの言動のおかしさに火村英生は、恵里香が最初から志摩の命を狙うことを目的に計画を立て実行したのではと疑い始めますが、事件当日、九州にいた恵里香には、完全なるアリバイがあり、志摩の身体を発見現場の廃墟まで運ぶことは、到底不可能…

完全に迷宮入りへとストーリー展開していく様相を見せていくため、改めて恵里香に証言を求めるために、火村英生と有栖は、話を聞きに行きますが、そこで、意外な展開を見せ始めることとなります…


 

以上が、『火村英生の推理』第3話『准教授の身代金』の主なストーリーあらすじです。

ストーリーの設定そのものは、これまでと装いが異なりますが、ある意味、『火村英生の推理』第2話の事件同様、犯人はすでに確定していて、その証明を展開していくという装いのストーリーとなっていくように筆者は思います。

もちろん、まだ犯人が誰かと確定しているわけではありませんが、3話のあらすじをみる限り、おそらく恵里香が犯人で間違いなさそうですし、火村英生・有栖も恵里香を犯人と仮定しながら捜査していくものと思われます。

果たして、恵里香が持つ完全なアリバイを崩して、事件解決となるのか、それとも全くの想定外の真犯人が登場するのか…

ますます面白くなっていきそうな『火村英夫の推理』3話に大注目ですね。

 

まとめ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第2話の放送が終わり、今回も、ミステリーファンを楽しませる素晴らしい作品が描かれていた、と筆者は強く感じました。

果たして、皆さんにはどのように映ったことでしょうか?

やはり、今回も淡々と表情を変えずに、事件を解決していく火村英生の姿が印象的で、それゆえに賛否が分かれそうですが、ミステリーファンには、こういう作品があることは嬉しい話…

『火村英生の推理』第3話は、第2話の様に犯人が分かりやすいものの、アリバイ崩しやトリックなど、謎解き部分がかなり難しい事件となりそうです。

果たして、火村英生と有栖は、どんな推理を張り巡らせ、事件を解決してくれるのでしょうか。

次週の『火村英生の推理』のドラマ放送も楽しみですね!

火村英生の推理の記事はコチラもよく読まれています!

火村英生の推理の原作小説ネタバレ!ドラマ1話の内容と作者を紹介

火村英生の推理の1話感想・評価と視聴率!2話ドラマストーリーは?

火村英生の推理3話ネタバレと視聴率!4話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理4話ネタバレと視聴率!5話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理5話ネタバレと視聴率!6話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理6話ネタバレと視聴率!7話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理7話ネタバレと視聴率!8話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理8話ネタバレと視聴率!9話のドラマストーリー紹介

火村英生の推理9話ネタバレと視聴率!最終回ドラマストーリー紹介

火村英生の推理のドラマ最終回の結末ネタバレ!視聴率や続編は?

火村英生の推理のストーリーとドラマキャスト!主題歌とロケ地は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ