星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

FC東京の2017年の移籍補強選手一覧と最終年間順位をチェック!

更新日:

FC東京の2016年は、正に激動の年でした。

  • J1セカンドステージ半ばでの降格危機
  • 監督交代と篠田新監督の奮戦
  • 年末には、移籍でJリーグ最大の話題となった大型補強

などなど。

遊園地のジェットコースターのように、上がったり下がったりの出来事の連続でした。

FC東京の大型補強の目玉が、3年連続Jリーグ得点王の大久保嘉人選手の獲得です。

大型補強のかいあって、FC東京は2017年のプレシーズンでの練習試合では、6戦5勝1分けと好調ぶりを見せています。

こうなりますと、念願のJ1初優勝も夢ではありません。

そこで当記事では、FC東京の2017年度の移籍と補強、選手一覧及び、2016年の成績、2017年の展望などをまとめていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2016年のFC東京の成績まとめ!

FC東京

それでは、まずは2016年シーズンのFC東京の成績を振り返ってみましょう。

FC東京2016年のレギュラーシーズンの成績

Jリーグファーストステージ 9位
Jリーグセカンドステージ  9位
Jリーグ年間順位      9位

ACL グループリーグ3勝1分2敗
(得失点差で僅か1点及ばず、決勝トーナメント出場を逃す)

ルヴァン杯 ベスト4
天皇杯   ベスト8

個人成績(敬称略)

 チーム最多得点  前田遼一 6点
 チーム最多アシスト 河野広貴 ムリキ 小川諒也 3アシスト

といった成績となっています。

なお、セカンドステージでの通算順位は9位。

これは城福前監督のもとでの試合も含めたもので、篠田新監督に変わった後の成績は、

8勝2分2敗

で、同時期のリーグ2位に相当する成績でした。

2016年には念願のACLにも出場しましたが、グループリーグでは僅か1点の得失点差に泣き、決勝トーナメント出場はなりませんでした。

ただ、2017年を迎えるにあたり、日本歴代最多得点選手(大久保嘉人選手)と、チーム最多アシスト選手(太田選手)が加入!

これで得点力は倍増するでしょう!

 

FC東京2017年の移籍と補強選手一覧!

続いては、FC東京の2017年の移籍・補強について見ていきたいと思います。

FC東京に限らず、2017年の移籍ニュースで最大の話題となったのは、大久保嘉人選手のFC東京移籍です。

大久保嘉人選手は

  • 史上初の3年連続Jリーグ得点王(2013年-2015年)
  • J1通算最多得点記録保持者

として、日本最高のストライカーの一人であることに、異論がある人はいないでしょう。

川崎フロンターレ時代の4年間では、年平均20点以上をマークしています。

これに前田遼一選手など、FC東京のゴールを加算しますと、

チーム全体で年間40点以上は固い

ということになります。

むろん、これは取らぬ狸の皮算用ですが・・・

2017年のFC東京は、大久保嘉人選手のみならず、

  • ダントツのスピードがウリのフォワード永井謙佑選手の新加入
  • 抜群のキックの精度を持つ太田宏介選手の復帰

など、FC東京ファンなら泣いて喜ぶ、ビッグな補強を連発してくれました。

失敗続きの補強が多かったこれまでとは、うって変わった大変身ですね。

 

ということで、次にFC東京の2017年へ向けての移籍と補強の一覧を紹介しましょう。

2017年FC東京の移籍と補強一覧(敬称略)

監督

城福浩 セカンドステージ半ばで退任

篠田善之 コーチから昇格

移籍加入

FW 大久保嘉人 (完全移籍 川崎 34歳)

FW 永井謙佑 (完全移籍 名古屋 27歳)

DF 太田宏介 (完全移籍 フィテッセ 29歳)

GK 林彰洋 (完全移籍 鳥栖 29歳)

GK 大久保択生 (完全移籍 長崎 26歳)

新加入

MF 鈴木喜丈 U-18から昇格

MF 内田宅哉

DF 岡崎 慎 U-18から昇格

GK 波多野豪 U-18から昇格

退団

FW ムリキ (期限付き移籍期間満了 アル・サッドSC)

FW 平山相太 (完全移籍 仙台)

FW 林容平 (完全移籍 大分)

MF 高橋秀人 (完全移籍 神戸)

MF 羽生 直剛 (完全移籍 千葉)

MF 三田啓貴 (レンタルから完全移籍 仙台)

MF 幸野志有人 (完全移籍 長崎)

DF 駒野友一 (契約満了完全移籍 福岡)

GK 榎本達也 (契約満了 引退)

GK 圍謙太朗 (完全移籍 C大阪)

GK 権田修一 (完全移籍 鳥栖)

権田修一選手、ムリキ選手、駒野選手、高秀先生、平山選手、羽生選手といったおなじみの選手が退団しているのが目立ちますね。

ムリキ選手以外は、長年見慣れた顔であり、FC東京サポであれば、一抹の寂しさを感じる人も多いでしょう。

 

FC東京2017年のポジション別選手一覧

FC東京3

それでは、2017年シーズンのFC東京のポジション別の選手一覧を紹介します。

2017年シーズンのFC東京のポジション別の選手一覧(敬称略)
スタッフ
役職 氏名 備考
監督 篠田善之 FC東京 コーチ
コーチ 安間貴義 カターレ富山監督
コーチ兼U-23監督 中村忠 FC東京 U-18コーチ
GKコーチ ジョアン・ミレッ 湘南ベルマーレアカデミー
フィジカルコーチ 矢野由治 城南一和天馬 フィジカルコーチ
分析担当 近藤大輔 FC東京普及部コーチ
ゴールキーパー
背番号 選手名 備考
1 大久保択生 元日本代表 V・ファーレン長崎 完全移籍
30 廣末陸 青森山田高校から新加入
33 林彰洋 元日本代表 サガン鳥栖 完全移籍
50 波多野豪 FC東京U-18から昇格
ディフェンダー
背番号 選手名 備考
2 室屋成
3 森重真人 日本代表
4 吉本一謙
5 丸山祐市 日本代表
6 太田宏介 元日本代表 フィテッセ 完全移籍
22 徳永悠平 元日本代表
25 小川諒也 元U-23代表
26 柳貴博
29 岡崎慎 FC東京U-18から昇格
36 山田将之 法政大学から新加入
ミッドフィルダー
背番号 選手名 備考
7 米本拓司 元日本代表
8 高萩洋次郎 元日本代表
10 梶山陽平 元日本代表
17 河野広貴
18 石川直宏 元日本代表
19 平岡翼
21 ユ・インス
23 中島翔哉 U-23代表/td>
24 佐々木渉
27 田邉草民
28 内田宅哉 FC東京U-18から昇格
35 鈴木喜丈 FC東京U-18から昇格
37 橋本拳人
38 東慶悟
フォワード
背番号 選手名 備考
13 大久保嘉人 元日本代表 川崎フロンターレ 完全移籍
15 永井謙佑 元日本代表 名古屋グランパス 完全移籍
16 ネイサン・バーンズ オーストラリア代表
20 前田遼一 元日本代表
44 阿部拓馬

これで2017年は全ポジションに

日本代表か元日本代表

がズラリと並ぶという夢のような豪華布陣になりましたね。

とくに前線の得点力には全く問題なさそうです。

懸案のボランチには高萩洋次郎選手が入りますが、他の選手とのマッチングには、多少の時間がかかるかもしれませんね。

ディフェンス陣は、センターバックは現役日本代表の森重選手と丸山選手で万全です。

サイドバックも若手の室屋・小川両選手が成長著しいので問題なさそうです。

ただ、センターバックの控えがちょっと手薄ですね。

ゴールキーパーも元日本代表クラスを揃えていて盤石でしょう。

 

FC東京2017年の年間順位は?

ここまで選手の情報などを紹介しましたので、次はいよいよFC東京の2017年の年間順位について予想しようと思います。

最初にズバリと書きます。

2017年の順位は、

優勝!

です。

ここまで大型の補強をして、優秀な選手を揃えたのですから、これで優勝できないわけがありません。

2016年(昨年)の予想では、

降格はしないが上位にも行けないだろう

という情けないもので、しかもこれが当たってしまいました。

ですが、2017年はかなり強気になれます。

これまでのFC東京の問題点は、

得点力不足

でした。

とくに2015年に武藤嘉紀選手が抜けた後は、FC東京の得点はビリから数えた方が早いという順位。

しかし、2017年は違います!

大久保嘉人選手はゴールを量産可能ですし、怪我上がりの石川選手の代わりには

中島翔哉選手という若手の俊英

がいます。

彼は、2017年にはかなりの得点を上げそうな予感がしています。

守備面では、元々FC東京は固い守備で定評があるチームですので、得点力アップが即順位に反映されると思います。

以上のようなわけで、

優勝いけるぞ!

という予想なのです。

FC東京

まとめ

こうしてFC東京の2017年シーズンの移籍補強情報と選手一覧、そしてFC東京の年間順位を紹介してきました。

これまでのFC東京のメジャーなタイトル取得は、2011年の天皇杯制覇のみです。

FC東京サポーターである筆者の夢は、

  • J1優勝
  • 天皇杯制覇
  • ACL優勝

ですが、2017年にはその内のいくつかが叶う可能性が高くなってきました。

まさに生きていてよかったなぁと…。

それぐらいの期待がもてるFC東京の陣容でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Jリーグ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.