星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

FC東京の2016年の移籍・補強選手一覧と順位予想!新監督に期待!

更新日

2015年度のJリーグでは、第1ステージで2位となり、念願のJ1優勝かと思われたFC東京。

しかし、第2ステージでは6位と失速し、終わってみれば、年間総合4位という成績でした。

2016年度で、再び王座へ挑戦するため、補強をしっかりと行って欲しい…

そう望むファンも多いことかと思われます。

そこで当記事では、FC東京の2016年度の移籍と補強、選手一覧及び、今期の予想などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

2015年のFC東京の成績まとめ!

FC東京

まず、FC東京の2016年を語る前に、昨期である2015年の成績を振り返ってみましょう。

Jリーグファーストステージ 2位
Jリーグセカンドステージ  6位
Jリーグ年間順位      4位

ACL    出場せず
ナビスコ杯 ベスト8
天皇杯   ベスト8

チーム内成績
チーム最多得点       武藤嘉紀(10ゴール)
チーム最多アシスト 太田宏介(13アシスト)

といった成績となっています。

後ほど紹介することになりますが、チーム最多得点選手と最多アシスト選手が、揃って海外移籍というのは、FC東京の2016年の成績を占うにあたっては、かなり大きなマイナス要因になりそうですね。

前回の長友佑都選手や、権田修一選手の移籍について紹介した記事でも述べたのですが、FC東京は、こと海外移籍となると、なぜこうも気前よく選手を放出してしまうのか…

サポーターである筆者としては、嬉しいような悲しいような、複雑な気持ちになります。

 

『FC東京2016』移籍と補強選手一覧!

FC東京2

続いては、FC東京の2016年の移籍・補強について見ていきたいと思います。

残念ながら、2016年度の移籍の話題として大きく反響を呼んだのが、選手の海外移籍(流出)です。

海外移籍が決まった武藤選手と太田選手ですが、先ほども触れたように、2015年度のチーム得点王とアシスト王なのです。

年間総合4位というFC東京の成績を支えた2人が揃って移籍…

かなりの痛手であることは間違いなく、筆者としては、ため息しか出ません。

気を取り直し、その他の主な移籍・補強情報をまとめてみますね。

【FC東京2016】監督

就任 城福浩

退任 マッシモ・フィッカデンティ

【FC東京2016】主な新加入の補強選手

MF ユインス(光云大学)

DF 柳貴博(FC東京ユース)

MF 水沼宏太(鳥栖)

GK 秋元陽太(湘南)

DF 駒野友一(磐田)

FW 阿部拓馬(甲府)

【FC東京2016】主な退団移籍選手

太田宏介(フィテッセ)

権田 修一(SVホルン)

【FC東京2016】移籍の噂などがある選手

DF松田陸(セレッソ、福岡)

MFウォーラチット・カニッシーバンペン(トライアウト)

となっています。

今回のFC東京の移籍・補強の目玉は、やはり駒野友一選手でしょう。

駒野友一

駒野選手は、サンフレッチェ広島でJ1選手としてスタート、広島がJ2降格となると、ジュビロ磐田に移籍しましたが、ジュビロ磐田でも、J2降格となってしまいます。

J1降格が2度もあるとは、

「駒野が入るとJ2降格」

という謎のジンクスがあるのでは?と思われてしまいそうですよね。

しかし、2015年にはジュビロ磐田のJ1復帰に貢献していますし、降格だけでなく『昇格選手』というジンクスもあるのではないでしょうか?

元日本代表という実績を持つ駒野選手は、

「FC東京ではACL出場を目指して頑張る」

とコメントしており、2016年度の活躍に期待ですね。

続いてのFC東京の注目選手は、ユ・インス選手です。

インス選手は、韓国のU22代表でもあり、弱冠20歳という若さです。

公式サイトでは、

「スピードに乗ったドリブル突破が得意な、得点感覚に優れたアタッカー。U-22韓国代表としてもリオ五輪出場を目指す」

と紹介されています。

ユ・インス選手は、現在のFC東京には、あまりいないタイプの選手なので、活躍への期待は大きいです。

また、現在のFC東京には、試合をコントロールする司令塔と言える役割の選手が不在なことが不安要素に挙げられます。

梶山選手は既に30歳となり、衰えも見え始めてきましたし、高橋選手や羽生選手は、司令塔と呼ぶには少しタイプが異なります。

このユ・インス選手が、FC東京に足りなかった司令塔の役割を果たせるのか?

ユ・インス選手には、ぜひ司令塔としての活躍に注目したいところです。

そしてもう1人、FWのネイサン・バーンズ選手にも触れなければなりません。

ネイサン・バーンズ

ネイサン・バーンズ選手は、オーストラリア代表として活躍、アジアカップではオーストラリア代表の優勝に貢献しています。

ユ・インス選手と共に、多くの得点が期待される選手です。

そして、最後の注目ポイントであり、ある意味で最大の移籍・補強は、選手ではなく監督かもしれません。

マッシモ・フィッカデンティ監督が退任し、新任として城福浩さんが監督となりました。

城福浩さんは、ある意味でFC東京の生え抜きともいえるお方です。

選手時代には関わっていないものの、指導者となってからは、FC東京の前身である東京ガス時代からサッカー部のプロ化に参画し、育成部長を務めたり、強化部にも在籍していました。

さらには、U16日本代表監督として、AFCでの優勝にも貢献し、その後はFC東京の監督に就任し、2008年から2010年の3年に渡り指揮を執りました。

FC東京サポーターには

「JFK」

の愛称で知られており、今回の城福浩さん監督復帰には歓迎の声が多いのです。

サポーターだけでなく、選手からの人望も厚いことから、その手腕が注目されています。

城福浩さんの下でスタートする、2016年度のFC東京に期待です!

 

『FC東京2016』ポジション別選手一覧

FC東京3

続いては、2016年度のFC東京のポジション別の選手一覧を紹介します。

(名前の前にある数字は、選手の背番号となっています)

GK
13 榎本達也
31 圍謙太朗
47 秋元陽太
DF
2 徳永悠平
3 森重真人
5 丸山祐市
25 小川諒也
26 柳貴博
29 吉本一謙
50 駒野友一
MF
4 高橋秀人
7 米本拓司
1 梶山陽平
14 ハ・デソン
17 河野広貴
18 石川直宏
19 平岡翼
22 羽生直剛
24 佐々木渉
27 田邉草民
28 幸野志有人
32 ユ・インス
34 野澤英之
37 橋本拳人
38 東慶悟
39 中島翔哉
48 水沼宏太
FW
9 平山相太
16 ネイサン・バーンズ
20 前田遼一
21 サンダサ
23 林容平
44 阿部拓馬

以上が、FC東京の2016年の選手一覧です。

正GKは、秋元陽太選手が有力ですが、チームとしてはもう1人、GKを取ってもよいと筆者は思っています。

DFは森重・徳永両選手は既に鉄板となっており、こちらは安心して見ていられそうですね。

問題は、新加入した駒野選手の使い方はどうするかというところです。

右サイドバックであれば、徳永選手と役割が被ってしまいますから、駒野選手、徳永選手のどちらかを左に持って行くのでしょうか?

MFは高橋・米本両選手がおり、こちらも鉄板コンビです。

また、石川選手と羽生選手は年齢的にフルタイム出場は難しそうになっていますし、梶山選手は筆者的には、活躍が難しい状態にある…

という印象があります。

これらのことを考えると、やはりユ・インス選手を獲得したのは、FC東京にとって大正解なのかもしれませんね。

FWは、前田選手とネイサン・バーンズ選手ということになりそうですが、少し駒不足という感じもあり、若干の不安要素を残しているように思いました。

 

『FC東京2016』今年の順位予想は?

考える男性

選手の情報などを紹介しましたので、続いては、FC東京の2016年の順位について予想しようと思います。

ずばり!J1リーグのFC東京の順位としては、2015年度とほぼ同じ、4位付近になりそうな気がします。

つまり、降格争いに加わるようなことはないでしょうが、優勝に絡むようなこともなさそうだ…と

いうのが筆者の予想になります。

全く面白味のない予想で、筆者としても心苦しいのですが、現実的に考えれば、これが今のFC東京の実力でしょう。

また、試合の内容は、守備面ではいいプレーが見られそうですが、得点は多くないという、これもまた2015年度同様の結果になりそうな気がします。

その理由は、やはり質・量ともに、決定的なFWが不足しているという点にあります。

ネイサン・バーンズ選手クラスの選手がもう1人いれば…

というのは無いものねだりですが、今からでも何とかならないものかと思ってしまいます。

GKとFWは質的にも量的にも、現状を打破するために補強が欲しいポジションですね。

個々の選手では、若いユ・インス選手に期待しています。

個人としての力は相当なものがあるようで、その点では問題なさそうですが、FC東京の周囲の選手とうまくフィットするかという点が、筆者としては少しばかり心配です。

ユ・インス選手がどのくらい、FC東京の得点に絡めるかが、2016年のFC東京の大きなカギになりそうですね。

また、ネイサン・バーンズ選手の活躍にも期待したいです。

ネイサン・バーンズ選手には、それなりの実績もありますし、活躍する期待はできると思いますが、ユ・インス選手同様に、まわりの選手と上手く合うかどうかについては、やや気がかりです。

前田選手とはタイプが異なる選手なだけに、ツボにはまれば大活躍するかも知れませんし、その逆もありえます。

彼ら新戦力となった補強選手達をどう起用するのか…

FC東京の監督に復帰した城福浩さんの手腕にも期待です!

ちなみに、筆者個人としては、石川選手が大好きなので、彼の活躍に期待したい…

と思う次第です。

年齢的に、往年のような大活躍は難しいと思いますが、怪我をせず、たくさん試合に出て欲しいと、熱望しています!


FC東京

まとめ

いかがでしたか?

FC東京の2016の移籍と、補強情報と選手一覧、そして今期のFC東京の順位予想を紹介しました。

筆者が感じるのは、海外移籍した選手と、同クラスの実力を持つ選手は、そうはいないということです。

武藤・太田・権田などですが、これらの選手と同クラスの選手は、結局2016年に移籍で補強することはできませんでした。

これまでのFC東京のメジャーなタイトル取得は、2011年の天皇杯制覇だけです。

サポーターである筆者の夢は、2016年のJ1優勝、天皇杯制覇、ACL優勝ですが…さて、どれか一つは叶うものでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-Jリーグ